人気ブログランキング | 話題のタグを見る

地域通貨

今日はカフェスローで行われた地域通貨体験ゲームに参加してきました。
今一番頭にあるのがこの地域通貨です。この会の中でもお金は「手段が目的になった」と説明されていましたが、この資本主義の世の中ではとても参考になる言葉と感じました。たとえば私は3児の母で、子育ては充分経験があります。若い世帯が共働きで子供を預けたいと思ったとき、一番に思いつくのは保育園です。私も保育園に預けた経験がありますが、その時感じたことは、子供ってその日、その時で、その子にあった時間を作ってあげるのが一番良いのではないかということです。何かに熱中していても、時間になれば片付けて仕度しなくてはならないのが保育園です。その現状を見て、3歳から自由保育の幼稚園に変えました。子供の頃って好きなことを好きなだけできる時間があるのが特権だと信じていました。規則正しい生活(リズム)の中で失われている大切なものがあると思いました。この話が地域通貨に繋がるのは、組織に縛られずに、経験者ができることと必要な人が出会えば、地域通貨でその保育が可能になるのではないかと思ったからです。保母の資格はないけれど、子育ての経験者がその子の時間に合わせてスローな保育をいけたら理想ですね。地域通貨は人との繋がり、信頼感が一番で、組織にしばられないところが好きだなと思いました。
by kisan35 | 2004-09-28 07:41 | 環境・社会問題

アースキーパーのつぶやき


by kisan35