人気ブログランキング | 話題のタグを見る

フェアトレードってなあに?

お金持ちの国の人たちが、より快適で便利な暮らしをするために、貧しい国の人たちが、よりヒサンな暮らしをしなければならないとしたら、なんだかとてもアンフェアですよね。もっと公平な取り引きをして、お互い気持ちよく暮らしたいね、という発想から生まれたフェアトレードは、作る過程でも人と地球に負担をかけない商品がいっぱい。

たとえばコットン。カジュアルウェアに欠かせないコットン製品を安く大量に作るためには、たくさんの農薬をまいて、できた綿花を機械で織ります。虫のつきやすいコットンを手っ取り早く作るためには、かなりの農薬をまかなくてはならないのです。昔ながらの手作業で作物を作ったり織物をしていた人たちは、安い賃金の工場づとめや失業をすることに。おまけに土地は農薬で荒れてしまい、そこに住んでいる人たちの健康をおびやかしています。日本の激安ブームのウラにはこんな事情もあります。

そこで考え出されたのがフェアトレード。人手のかかるオーガニックコットン製品を作ってもらい、私たちはそれを買うという方法で、作り手には安定した職場と収入が、私たちには安心な製品が、地球には農薬で汚染されない土地が残されるという仕組みなのです。コットン以外にも食料品や人の手のぬくもりのある雑貨など豊富にあります。たまには利用してみては。
by kisan35 | 2004-09-28 07:39 | 環境・社会問題

アースキーパーのつぶやき


by kisan35