人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

アースキーパーのつぶやき


by kisan35

塩工房「善助」

夕日が浦は、浦島太郎伝説の浜らしい。
本当のお塩の名前は「太郎塩」と言うのでした。「夕日が浦の塩」というのは、道の駅での販売用ということがわかりました。
お塩は毎日使うものだから、100gでは小さいので、東京での販売は250g と1キロの「太郎塩」にしようと思います。
今回から直接お取引ができるようになりまして、良いお塩を毎日使っていただきたいので、できるだけ安価に設定するつもりです。
来年は「太郎塩」でお味噌を仕込みたいです。おいしいだろうあ〜

お塩を作るときにできる「にがり」もマグネシウムがいっぱい入っていて、色々な使い方があることを知りました。
お風呂に入れたり、200ccの水に10ccのにがりを入れたローションは、肌がすべすべになります。
今まで「にがり」の効能は知らなかったのですが、EM発酵液に少し加えて家庭菜園で使えば、野菜にもミネラル補給になり甘くなります。
お米を炊く時も少々加えて炊くと、とてもおいしいです。
「にがり」300ccも販売します。

商品が揃ったらPhysis Shopの方に載せます。今週中にはできると思います。
サロンでは常時販売できるように置きますので、ぜひ使ってみてください。
「太郎塩」はとてもおいしくて身体中に体液と同じ海水のミネラルが行き渡る気がします。
たくさんとっても大丈夫なお塩です。


京丹後の塩工房「善助」で、実際にお塩作りを見学させていただきました。

塩工房「善助」_b0034072_13203023.jpg
塩工房「善助」_b0034072_13205812.jpg
海水を量子水転換器を通しチタン鍋に送水します。

約2日間かけて薪で焚き上げます。海水に含まれる放射性物質を含む化学汚染物質は、EM技術、アートテン技術を用いて中和します。
パイプ35、アートテン天体情報セラミック、ソマチッドセラミック、ピュアブラックセラミックの4種類のセラミックを釜内に入れてあります。

海水成分の中には貝殻の成分でもある硬石膏成分(硫酸カルシウム)が含まれています。これは人体における結石の原因であるとも言われ、この成分を取り除くのは大変困難なことであり、天日塩などはそのまま混入しているものがあると思われます。しかしここでは手作業で硬石膏を除去しています。
塩工房「善助」_b0034072_13461872.jpg
取り除かれた硬石膏



この後、海塩が折出してくるので塩溜桶に順次塩揚げしていき、次の日から塩溜桶の塩を取り出して、塩釜の熱を利用して完全乾燥後「太郎塩」になります。


塩工房「善助」_b0034072_13533429.jpg
さらさらのお塩


身体に良いと言われているものは、ほとんどに「にがり」が入っているようですが、ミネラル不足から色々な病気になることも考えられます。
良いお塩ににがり。
出会えて感謝です。
塩工房「善助」_b0034072_15533480.jpg
お天気に恵まれて「真名井神社」にも案内していただきました。
このあたりは緩やかな空気感で神話の世界が残っているような気がしました。

「太郎塩」を日常で使うようになり、私自身の変化は身体がいつも温かく、至る所にあるコロナ対策の体温を測る機械で、今までよりも高く表示されているので体温が上がったのかもしれません。
また、今まではお醤油や味噌を使うことが多かったけれど、塩だけで美味しいので(甘味があるのでおいしい)塩味の料理が増えました。
ご飯の塩むすびが最高です。最近ますます太っているのはそのせいかも?食事が美味しいのは幸せなり。








by kisan35 | 2022-06-12 15:57 | エコロジー食