人気ブログランキング | 話題のタグを見る

電化製品に思う

13年間使っていたTVが壊れてしまいました。修理の人にみてもらったら、「13年間も持つのはすごいですね。普通は10年前後で壊れてしまいます。ブラウン管が壊れてしまったら修理ができませんから。このTVはブラウン管は大丈夫ですが、1本のコードがだめになっています。でも13年前のTVなので、今はこのコードは生産されていません。」と言うことで泣く泣く、新しいTVを買わなくてはならなくなりました。、私はあまりTVを見ないので、これ幸いとTVのない生活を楽しもうと思っていたけれど、夫や子供達がTVが大好きなので、買うことに至りました。それにしても、13年前に買った時はとても高かったTVだから、たった1本のコードがないだけで、使い捨てになるのは愛着もあるし、残念でありました。パナソニックのTVです。

10年で壊れて、新しい製品を消費者が買わなくてはならない今の電化製品を、末永く使えるよう、部品も20年作ってもらえたらどんなに無駄が解消されるのではないかと思います。電化製品は寿命が10年かと思うと、高いものは買わなくなる時代が来ています。大量消費、大量生産の時代は終わり、良いものを末永く、修理しながら使う時代になっています。それを消費者が望んでいると思うのです。
by kisan35 | 2005-07-09 19:56 | エコロジー住

アースキーパーのつぶやき


by kisan35