人気ブログランキング | 話題のタグを見る

利尻島から稚内へ

利尻島の宿は「あや瀬」という旅館でした。
連休とは知らずに、どこもとれないので、じゃらんで一部屋残っていたところです。
お部屋はお任せプランでしたが、部屋からはペシ岬の岩が見え、目の前は利尻山。
隣がお寺で、眠れるかな?と思いましたが、全く問題なく、
気の良い旅館でお食事がとっても美味で、
温泉もよかったです。ぬるっとするお湯でした。
「残り物には福がある」ここでよかったです。

朝食後、フェリーの時間まで電動付き自転車を借りました。

昨日の観光バスツアーでひとつ残念だったことがありまして、
姫沼には行かなかったのです。ここ行ってみたいな。
原生林に囲まれた湧水をせきとめた沼ですが、
リシリアという天然ケイ素が入った水の水源地の近くです。

行ってみたい

午前中の観光バスツアーはここに立ち寄るのに、
本当に残念だ103.png

旅館の人からは、1時間のサイクリングでは
姫沼は無理だと思いますので、サイクリングロードを走って途中で引き返してください。
と、言われました。

バスやレンタカーは便利だけれど
鳥の鳴き声や風の音や木々の香りを感じるには、歩くか自転車がいいなあと思いながら
サイクリングロードを走っていたら姫沼まで25分とありました。
こういう時は、間に合わなければフェリーの最終便で稚内に行けばいいさと
時間もふっきって向かいました。

途中のサイクリングロードからの眺めが美しくて、
木々の香りが漂い、人もほとんどいない。

利尻島から稚内へ_b0034072_15044940.jpg
サイクリングロードから谷をのぞむ 山側
利尻島から稚内へ_b0034072_15045238.jpg
サイクリングロードから海側をのぞむ

利尻島から稚内へ_b0034072_15045009.jpg
姫沼
北側なので雪が少し残っています

利尻島から稚内へ_b0034072_15045103.jpg
途中で見かけた美しい花

利尻島から稚内へ_b0034072_15042310.jpg
針葉樹。スラミンが豊富だから持ち帰りたくなりましたが、やめました

原生林の中を風を切って、もう最高で
ありがとうと叫んでいました。
身体感覚がなくなって、周りと一体化したようです。


自転車を返したら、ちょうど1時間。
サイクリングロードから姫沼に行けるんですね?
と、宿の人も知らなかったようで、1時間内で行ける気持ちの良いサイクリングですよとお伝えしました。
地元の良さは、よそ者の方が気がつくことが多いです。

利尻島から稚内へ_b0034072_15045302.jpg
さようなら


お昼はフェリーの中で売っているビタミンカステラとレシリア。
ビタミンカステラも添加物が入っていない。卵と牛乳と蜂蜜で作られた素朴な美味しさ。
100円


利尻も礼文も稚内もレンタカーがとっても高いので
観光客は地元のバスを利用しますが、
これはいいシステムです。地元の産業に直接お金が落ちます。
イオンのような大型スーパーはなく、
島はコンビニもほとんどないので、
地元の産物が循環します。
行きのフェリーで買ったアイスクリームもビタミンカステラも地元の会社。
添加物なしなので、東京などでは販売せず、地元民に愛されているのもわかります。


ハートランドフェリーは、3回乗ったけれど、
ほぼ定刻に着きます。最近は5分ぐらい遅れると言っていましたが、そんな範囲の遅れで、
フェリーの到着、出発に合わせてバスも出るので、安心です。
路線バスは、バス停でなくても手をあげると乗せてくれます。
フェリーの中で販売しているのは、クリームパンもヤマザキではなくて、地元の会社のもの。
便利になった世の中で、ある程度の不便さは、豊かさにつながるなと思いました。
添加物なしの良い商品が安く販売していて驚きです。
価格競争に関わらず、良いものが残ってきて、ここでしか買えないブランドになりました。

稚内に着いて、また観光バスで宗谷岬など行ってみようかな。
ノサップ岬も行ってみたいなあ。

ところが、船でノサップ岬をぐるりと回って港へ入る時に、
心境の変化が起きました。
夕日が綺麗だとパンフレットにはあるけれど、
普通の海なのだ!ホテルの前からも海は見れるからいいかな。
写真と宣伝が上手なだけで、誘致している気がしてきました。

あなたが稚内でやりたいことはなんですか?

礼文と利尻で、十分海は堪能したので、もういいやと思いました。
宗谷観光バス、稚内はちょうど連休でもあるので、
バスガイドさんが旗持って、すごい人数でした。
やめてよかった!

利尻島から稚内へ_b0034072_17453062.jpg
宿はサフィールホテル。こちらもじゃらんで最後の一部屋でしたが、
フェリーターミナルにもJR稚内駅にも歩いて15分くらいの便利な立地で大正解。
しかも空港行きのバスがホテルに停まる。

お世話になったフェリーがホテルの脇に停まっているのが見えたのでパチリ!
観光バスでも行く防波堤ドームは、すぐ近くなので歩いてみてきました。

利尻島から稚内へ_b0034072_17452922.jpg
稚内の町中は、スナックやバーの小さなお店がたくさんありますが、
飲食店を含め、どこもお店をしめていて、閑散としています。
ぽつり、ぽつりと写真をとりながら歩いているのは観光客ばかり。

PM2・5のせいで、もやがかかっています。空気感が一気に悪くなりました。

明日は東京だ!
水と空気の悪さと暑さには慣れてしまっているけれど、
こうして旅すると、汚さを感じます。
だけど、また慣れてしまうのだろうなあ。

日々小さな感動はあるけれど
非日常と大自然の中の大きな感動が細胞を元気にしてくれます。
時々、旅にでよう!
旅人のように、人生を送っていこう!
なんちゃって思いました。


by kisan35 | 2021-07-23 19:29 | 旅行

アースキーパーのつぶやき


by kisan35