人気ブログランキング | 話題のタグを見る

礼文島から利尻島へ

礼文島は、海底が隆起してできた島で、クマやヘビはいません。
なので、トレッキングも安心です。
高い木がないので、森もありません。
ほとんどの人が漁業と、観光業で働いています。

今朝は民宿の前で、早朝から7時までうに漁でした。
7時になると、放送が入り、一斉に漁を終えます。

礼文島から利尻島へ_b0034072_12063543.jpeg
民宿の人もお手伝いです
礼文島から利尻島へ_b0034072_12070031.jpeg
バフンウニ

お手伝いの人も来て、からをむき、12時までに出荷しないといけないそう。
沢山とっても、12時過ぎると出荷できないので、
子供達のおやつになったりします。

こんぶも晴天の日に一日で乾かしたものが、味が良く高値で売れるので、
お天気を考えて、漁をし、干します。
一年を通して、なまこ、あわび、たら、ほっけなどとれます。
今の時期はほっけがおいしくて、煮たり、フライにしたり、つみれにして美味しいです。
ここでは、ほっけの干物はあまり食べないそうです。

礼文島から利尻島へ_b0034072_17445589.jpg
浜に出ると昆布と黒いのはウニ。たくさん見えました。豊かな海の幸。
ここのウニが美味しいのは利尻の昆布を食べているからだそう。

礼文島から利尻島へ_b0034072_12044452.jpeg
民宿はまなすさんの夕食
そいという刺身も美味。かにもあり、バフンウニもあり、帆立もあります。全部大好きなものばかり。



礼文島からフェリーで利尻島へ

フェリー到着と接続している宗谷観光バスツアーへ行きました。
島はレンタカーが高いので、見所をおさえて島を一周観光できてとても便利です。
値段も3300円。
時間は約3時間でした。

礼文島はハイキングで花もきれいだけれど、
利尻島は登山以外何もないよ。と言われていたけれど、
またいつ来れるか分からないので、利尻もついでによってみた感じでした。

火山が噴火してできた島なので、森もあり礼文島とは雰囲気が違います。
島の真ん中には利尻富士が、島全体から見ることができます。
花も終わっていて、小さな島なので、
観光する場所も少しで、本当に何もない島なのだな。
そこを3時間かけて観光するので、売店でいろいろ食べたり
昆布製造所で昆布のお土産買ったりして、
すごく暑かったので、20分ぐらい早めに終わりました。

だけど、この島の雰囲気がすごく好きで、
礼文島よりも私に合っているなあ。
そう!ハワイ島に似ているのです。気候も風もハワイ島みたいで気持ちがいいです。

礼文島から利尻島へ_b0034072_07375999.jpeg
ハワイのマウナラニ山に似ている利尻富士
礼文島から利尻島へ_b0034072_07382792.jpeg
溶岩の海岸

バスガイドさんもここは利尻富士しかないから見れてよかったですねー。
と言っていましたが、いやいやなかなかいい島です。
暖流が流れているので、雪もさほど積もらないそうです。

そして、この島にはケイ素の含有量が世界一と言われている、雪解け水リシリアがあります。
登山口に湧いていて飲むことができます。

今回の旅の反省点。

利尻島一泊で、今日は稚内へ移動するけれど、
もう1泊利尻にすればよかったな。
登山はできなくても登山口まで行って、この湧き水を飲んでみたかったです。















by kisan35 | 2021-07-23 08:24 | 旅行

アースキーパーのつぶやき


by kisan35