人気ブログランキング | 話題のタグを見る

香川へ 

3月20、21日と香川県の坂出の金山でサヌカイトコンサートがありました。
ただコンサートを聞きに行くはずでしたが、ボランティアスタッフになりまして、
受付や調理の手伝いをしていました。
金山はサヌカイトの山。「けいの里」でイベントは開催されました。
雨乞いにも使われたサヌカイトは、鳴らすと雨が降るそうです。
2日目は雨で寒かったです。
「けいの里」には空海ゆかりの瑠璃寺、金山が御神体の金山神社、
大昔、瀕死状態にあった兵士88名を救った霊泉があります。
香川へ _b0034072_09584486.jpg
金山神社

香川へ _b0034072_09585454.jpg
香川へ _b0034072_10020342.jpg
瑠璃寺

香川へ _b0034072_09590408.jpg
霊泉

香川へ _b0034072_09591503.jpg
モノリス?みたい

香川へ _b0034072_09592999.jpg
サヌカイトがゴロゴロ


この地を購入した故前田仁さんがいらした頃はEMを気に入って、
敷地内や泉に活性液を投入していらしたそうです。
この地にコミュニティーを作りたいと言うサヌカイト奏者の小松玲子さんの願いもあり、
菜園を作るにもEMがいいのではないかと地元徳島の元EM研究機構の芝さんもいらしていました。

匝瑳の田んぼの除染や会社のビルの工事など芝さんにはお世話になっておりまして、
地元徳島でもEMで活躍されていてとても嬉しかったです。

イベントは第1回目で、トラブルもありましたが、
人脈で無事解決し、より良いイベントにつながっていくと思います。
サヌカイトの響きは、山に眠っている石を目覚めさせ、さぬき(差抜き)横社会への始まりになるように感じています。
この地は寂しげでもありますので、EM活性液をまいて、霊泉も復活していくといいです。
虫が発生していたので。
地道な作業になりますが、聖地は掃除をして人が関わっていくと
地球自体の波動もあがっていくと思っています。
ヌーソロジーで微生物はΩ13 地球もΩ13
同じものがホログラムでミクロとマクロに見えている?


さて、香川はうどん。
やはりおいしいです101.png
香川の人はうどんを食べるのが早い!
そして車の速度も速いです。どの車もとばしています。

最終日に地元の中谷ご夫妻に連れて行っていただいた久枝。
香川へ _b0034072_10185513.jpg
丸亀製麺のようにセルフサービスでお盆を持って取って行きますが、
立ち止まらずにスムーズに取るのが香川流。
うどん屋さんに必ずあるおでんは、酢味噌とからしをつけて、おいしい!
ここのちくわ天とってもおいしかった。うどんの出汁はいりこだし。
私はうどん一玉だけれど、中谷さんのご主人は三玉。あっという間に平らげていらっしゃいました。

うどんも美味しいけれど鶏肉もとってもおいしかったです。
2日目の晩は、山を降りて、坂出市内の居酒屋でEM話が盛り上がり、
すっかり遅くなりまして、ビジネスホテルに鹿島さんと急遽宿泊しました。

サヌカイトコンサートだけでなく、心温まる楽しみがいっぱいありました。

香川にお住まいの中谷さんは、もとEcopureを執筆していらして、
今は、二宮式整体「まろうわん」をやっています。
香川県高松市円座町2001−5

香川へ _b0034072_10302589.jpg
ご夫婦二人で約1時間かけて整体をしてくれます。

サヌカイトイベント後に整体をやっていただき、身体に気がまわって元気になりました。

ノープランの旅行でしたが、泊まるなら塩江がいいよとホテルも決まりレンタカーを借りて
残り2日間は観光しました。
どこに行くか決めていなかったのですが、昔から行ってみたかった剣山に決めました。

香川へ _b0034072_10483881.jpg
剣神社

片側通行もある山道をくねくねと行くのは、聞いていましたが
剣山に登る道は3つあり、ナビが示した道はいちばん険しい道でした。
剣町からの道が楽です。四国の国道で4から始まる道は、どこも険しいそうです。
ある程度山を登ってきたら、通行止めの標識がありました。が〜ん145.png
ここまで来たのに戻るのか〜。
携帯電話も圏外だし。
ところがラッキーなことに宮司さんに電話がつながりまして、
どうぞ登ってきてくださいというので行くことになりました。
一抹の不安もありましたが、そこへ黄色の軽自動車がやってきて、
通行止めにもかかわらず山道をぐんぐん走っていくので、勇気をもらいました。
狭い道で落石した石も転がっていましたが、無事到着できました。
聖地はよくお試しがありますが、それだったのかな?と思いました。


香川へ _b0034072_10590280.jpg
登山道の入り口

山開きは5月だそうです。山からの湧水は花崗岩を通ってくるので硬水です。
おいしくて飲めます。
失われたアークが眠っているという伝説通り、宮司さんのお話では
地下50メートルで扉のようなものが戦前見つかっているそうです。
岩座には発信(とがっている岩)受信(平らな岩)があり、
剣山にはどちらもたくさんあるそうです。覆っている苔などを取り去ってきれいにしておくのが望ましいそうです。
中谷ご夫妻は岩座にとてもくわしいのです。
いつか頂上まで登れたらいいな。
宮司さんにご祈祷をしていただきまして、
まだ雪の残る霊山をおりてきました。



香川へ _b0034072_11045752.jpg
行きは飛行機でしたが、帰りは新幹線で。
高松から岡山へは電車で1時間。30分おきにマリンライナーが出ていて便利でした。
海があっても電車で行けて便利です。

四国は不思議な魅力がいっぱいあり、食べ物も美味しくて、
また来ることになるだろうなと思っています。
お世話になりまして、ありがとうございました。

























by kisan35 | 2021-03-26 11:17 | 旅行

アースキーパーのつぶやき


by kisan35