人気ブログランキング | 話題のタグを見る

改めて菌の偉大さ

良いお天気が続きます。
世間では、ゴムマスク人間が演じているし、この世は夢のような感覚を覚えます。
3Dの世界が崩壊始めています。
物質的宇宙は包み隠された意識(内在秩序・ブラフマン )の創造物でもあるので、
今の世界は、私たちの集合無意識がカオス状態で、新しいものを生み出しているのだと感じます。
このように感じることは、4Dの世界なのでしょう。

2016年に書いたブログ「ヌーソロジーと微生物」
微生物はΩ13で「汝が我である」という意識。
人間はΩ13が有機体に反映されて生み出されている。
この神のような微生物の意識が、人に良い働きをしてくれるのでしょう。


アーユルヴェーダDR.の上馬場先生の講座でも
生活習慣病のある人のコロナ死亡率が高いと言われていました。
血管内皮細胞にコロナウイルスが付着して、血がかたまり、
循環器障害である脳梗塞や心筋梗塞を起こすようです。
アーユルヴェーダでは腸内細菌層を良くするのに、食事療法とハーブ入りの浣腸をおこないます。
あと誰でもできる口腔ケア。
うがい、舌掃除、鼻洗い。
うがいはよくしますが、舌掃除と鼻洗いもとても良いです。
EM発酵液を薄めてやると、とても気持ちが良いのです。

インドではコロナの集団免疫ができたので、マスクをしていないようです。
広いので全土かどうかはわかりません。
改めて菌の偉大さ_b0034072_18020170.png

イベルメクチンは副作用も少なく安価でとてもいいようですね。犬のフィラリアの薬もイベルメクチンのようです。
イベルメクチンは伊豆土に含まれていた放線菌から誕生しました。

北里研究所に戻った大村博士は、研究室の研究者達と製薬企業が注目していない動物用抗生物質の探索研究に取り組みます。研究者達と各地の土を持ち帰り、分離した微生物を培養し、分析する日々。地道な努力が実り、メルク社と共同で74年に伊豆の土壌から分離した放線菌が生産する化学物質「エバーメクチン」を発見します。その後、この物質が動物の寄生虫を減らすことが明らかになり、動物の抗寄生虫薬「イベルメクチン」として実用化されたのです。


テラブレタのような土、微生物豊かな土で作られた作物が健康のためにも必要です。

EM1にも放線菌は含まれていますね。

さて、バシラスFという菌はご存知でしょうか?

自宅で簡単に培養できるパラダイス酵母を調べていて、バシラスF菌を知りました。
パラダイス酵母はとっても元気で、自宅で培養している人は
EM発酵液が元気に発酵しています。
ただ、パラダイス酵母にはバシラスFは含まれていないんじゃないかしら?
と思いました。
含まれていると書かれていたので。ただ、ここからバシラスFという枯草菌を知ることができました。
このカプセルは高価だけれど、購入して飲んでみましたら、
とても元気になります。疲れない。
このカプセルを入れ、EM発酵液を作ってみたら、ものすごく元気に発酵しますし、長いこと発酵しています。
バシラスFを入れて発酵液を作るよりも、直接カプセルを飲む方が効果があります。

以前、バータ が乱れてインドのJIVAでオジャスというカプセルを処方されました。
これもすばらしく元気になりますが、バシラスFはもっとすごいです。
ただの菌なのですが、腸内細菌層が整うのでしょうね。
オジャスとは、アーユルヴェーダでは血液がめぐりめぐって最期に作り出す滋養です。
体調が悪いと、そこの部分で食べたものが使われてしまうので、オジャスは作り出せません。

菌の活躍
芸能人はアドレナクロムという子供を虐待して出た血液を飲んで若返りをしていたようですが、
そうまでして若作りする芸能界自体が崩壊しています。
見た目って他人目線だから、これからは自分目線で。

今アップリンクで73本映画見放題1ヶ月980円です。
88才のアニエス ベルダかっこいい!

これからは菌が諸問題を解決してくれると思えるのです。


















by kisan35 | 2021-02-09 18:52 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35