人気ブログランキング | 話題のタグを見る

京都・奈良一人旅

中学校の修学旅行で行った奈良の法隆寺。
ここの釈迦三尊像が好きです。
そして、法隆寺にレプティリアン(爬虫類系宇宙人)がいるという。
地球には、大昔から別の惑星から来た宇宙人が共存している。

奈良へ行こう!と思い立ちました。

法隆寺の夢殿には、聖徳太子ではないかと言われている観音像もあり、それも見てみたい。

思い立ったら即実行です。

新幹線と宿のパックが安い!東京はGo toの対象外だけれど、かなり安いです。
京都に2泊しました。

1日目
南禅寺〜銀閣寺まで懐かしい「哲学の小道」を歩いてみました。
京都・奈良一人旅_b0034072_20290290.jpg
京都・奈良一人旅_b0034072_20294785.jpg
京都は他の土地と違う特別感があります。
座って庭を眺めていると、ざわざわこない静寂が訪れてきます。
東京ではこの感覚を味わっていないような気がします。
落ち着くなあ。

哲学の小道は思ったよりも距離があり、結構歩きました。
コロナ前は大賑わいだったのでしょう。カフェやお茶屋さんが閉店していて物寂しい感じでした。
永観堂というお寺にも途中で立ち寄りました。
「みかえり阿弥陀」がまつられています。
首を左にかしげ、ふりむいた珍しい阿弥陀様です。
京都は、背景に山があり、水が豊富に流れています。
建築物や庭が、背景に溶け込んで一体化していて、優雅です。
もみじの季節は美しいのだろうなあ。
お寺は5時までなので、あまりたくさんは行けなかったけれど、充分歩いて良い疲れです。

ホテルのある烏丸御池はおしゃれな雰囲気のお店がいっぱいあって、
しかもセンスが良いので、夕食はどこにしようかな〜と迷いながらも、とあるお店に行きました。
このお店のリーズナブルな値段と、出汁のきいた京料理にが〜んとノックアウトしました。
お刺身や、鯖鮨のおいしいこと。しかもビールはエビスだし。
2連続で夕食を食べに行き、帰りの日の朝食も食べました。
壺にはまった感じです。
携帯をホテルに置いたまま食べに行ったので、残念ながら写真が撮れなかったのですが、
朝ごはんは撮れました。

京都・奈良一人旅_b0034072_20420919.jpg
ご飯は一人前づつ土鍋の炊きたてを持ってきてくれます。
西京焼きも、だし巻き卵も赤だし何もかも美味しくて、感動しました。
これで、1500円です。糠漬けももちろんおいしい!



2日目
朝早く目が覚めてしまい、7時にホテルを出て奈良の法隆寺へ。
烏丸御池からは近鉄で途中まで行き、JR法隆寺駅下車で法隆寺参道前までバスです。
電車を降りるとタイミングよくバスが来ていました。1時間に3本ぐらいあります。。
来ましたよ〜

京都・奈良一人旅_b0034072_20483407.jpg
この貫禄

京都・奈良一人旅_b0034072_20485613.jpg
社会科見学の子供たちがいっぱい来ていました。
法隆寺は、数あるお寺の中でも別格です。世界最古の木造建築。
一度も火災や落雷にもあわず、地震にも耐えて来た建築物です。
この石の上に柱をのせる工法が地震にも強いのです。

金堂の釈迦三尊像は、昔と変わらずにありました。
人は成長し大人になって見た目も心も変わり、社会も変わり、何もかもが変化している中で
ずーっと同じまま見守ってくれている。
霊の世界の普遍的な愛が物質化されているよう。
また、来れました。🙏

五重塔は、中に入ることができず、金網ごしで薄暗い内部を覗いたのでレプティリアンが全く見えなかったのは残念でした。
もうひとつ残念だったのは夢殿にある聖徳太子かもしれないと言われている観音像が、今は公開されていなかったので見れなかったのです。
期間限定のようでした。公開されたら見にくる楽しみができましたが。

京都に帰る電車を途中下車して宇治の平等院も見学しました。
ここも修学旅行以来です。
京都の観光名所近くのお店は、お休みしているところが多いのですが、
宇治は違いました。観光客も多かったし、有名なお茶屋さんのカフェは順番待ちしていました。
おしゃれな街でした。
宇治金時のかき氷、抹茶パフェ、抹茶そばなど緑がいっぱい。
京都・奈良一人旅_b0034072_21021995.jpg
極楽浄土を描いた宇治の平等院。鳥が羽を広げたよう。10円玉でおなじみです。
鳳凰堂の中も拝観しました。
古の建物が、今の時代の私たちに極楽浄土を伝えてくれているし、感じられる。
芸術は時を超えて、伝わっていく。
宇治川を渡ったところに、世界遺産の宇治上神社もあり、そちらも行きたかったのですが、
またの機会にして、伏見稲荷へ向かいました。
ここは初めて訪れました。
延々と鳥居が続いていて、山の上までは歩けませんでした。
やはり、結構足腰が弱ってきているなあ。

京都・奈良一人旅_b0034072_21243009.jpg
鳥居の中をずーっと歩いていると、変性意識が生まれてきます。
朱色は生まれ変わる色らしいので、鳥居の数だけ生まれ変わっているのかもしれません。

くたくたでホテルに戻りましたが、このホテルには天然温泉のスパが付いているのでした。
京都市内を眺めながらお湯に浸かり、極楽でした。
極楽はここにあり。

訪れたところは、どこも定番コースでしたが、とてもよかったです。
寺院見学は結構時間がかかるし、1日にたくさんは回れません。
修学旅行の時と違う目線で見ると、面白い発見がたくさんありました。

海外旅行はハワイに始まりハワイに終わるといいますが、
国内旅行は京都に始まり、京都に終わるような気がします。



by kisan35 | 2020-09-19 08:28 | 旅行

アースキーパーのつぶやき


by kisan35