人気ブログランキング | 話題のタグを見る

JIVA JAPAN オイルコース卒業

JIVA JAPAN オイルコース卒業_b0034072_09235821.jpg
JIVA JAPAN卒業の花束

今年もあとわずかになりました。
思い返すと、2019年はJIVA JAPANでアーユルヴェーダを学んだ年になりました。
基礎講座半年、その後オイルコース半年。
JIVA JAPAN を知ったきっかけも不思議なものでした。

2018年、アーユルヴェーダに全く関心のなかった私に、
友人のYさんが(彼女はメッセンジャーなのかしら。。)
JIVA JAPANのメルマガを教えてくれて、代表の方が感じの良い人だったよと伝えてくれました。
そうか〜アーユルヴェーダも面白そうだなとメルマガをとることになったのがきっかけです。
インドのファリダバドのJIVA ツアーが開催されるを知り、
文分先生の文章から発信される何かに惹きつけられて、参加することに決めました。
生徒でもなく空港で初めて顔を合わせ、そのツアーは私と生徒さんと先生の3人でした!
こうして、次第にアーユルヴェーダの勉強を始めるようになったわけです。
ツアーの様子は文分先生がブログに書かれていました。こちら
このブログに書かれている通り、がらりと変わったのでした。

当時はとにかく疲れて疲れて、食べ物もマクロビやローフードやベジなど,
砂糖も良くないと頭で考えて食べていました。
それでも田んぼに行くと、元気をもらえていたのでしたが、坐骨神経痛が出たり、怪我をしたり。
何かが空回りしている感じでした。
身体も心も疲れはてていて、だからこそインドに行ってみようと思ったのでした。
最近、どなたかがストレスがあるから人は進化すると言われていましたが、
この時のストレスで初めてアーユルヴェーダをキャッチしたのでした。
ちょうど還暦を過ぎてヴァータ年齢になり、ヴァータが増悪していました。

基礎講座を受講すると、ヨガをやっているのに
見るからに冷え性な感じで、お話もあまりしない若い女性がいました。
彼女は基礎講座とオイルコースを同時に受講していたのですが、
シロダーラの講座の後ぐらいから、皮膚や瞳が輝き始め、自ら喋りだすようになりました。
こんなに変化するのだとびっくり仰天!
私の変化も、インド人もびっくりしたそうですが146.png
彼女は今いつも輝いていて、蒲田でアーユルヴェーダサロンをオープンしました。

アーユルヴェーダは宇宙です。

文化や食事は違っても、「体と心は宇宙のリズムと調和し、プラーナを取り込むことによって、

細胞が蘇り、心が明瞭になり、潜在意識が浄化されること」は全人類に共通しているのです。


文分先生のブログにこのように書かれていましたが、本当にその通りだと思います。
アーユルヴェーダの起源はとても古く、この世が出来た時からすでに存在していて、
永遠の知識は、この地球に伝わる前に、もっと高次の生命体が存在する天体で実践されていました。
地球以外の他の星でも、アーユルヴェーダは実践されているのでしょう。


JIVA JAPAN オイルコース卒業_b0034072_09235930.jpg
一緒に学んだ仲間と丁寧に教えてくれた方々
ありがとうございました。

昨日の卒業試験は、実際にお客様を施述しました。
はじめは緊張しましたが、温かいオイルを塗り、マッサージをすると皮膚が輝いてきます。
それを見ると、緊張感がなくなりました。
マッサージが終わり、帰る時は、みなさん表情が明るくなって若返ります。
オジャスが輝き始めます。
人が輝くのは、宇宙のリズムと同調して、細胞が輝くことなのだと思えてきます。

JIVA JAPANは、少人数のクラスでとても雰囲気がよい学校です。
特にオイルコースは、マッサージを教えてもらいながら、
同時に受けることもできるので、みなどんどん毒素がぬけて輝いてきます。
ヴァータ年齢、ヴァータ体質、ヴァータの季節にはアビヤンガはすばらしい効果を発揮してくれます。
特にヴァータの人は変化も早いので、一度体験してほしいなと思います。
JIVAのオイルコースはとってもおすすめです。楽しいですよ。
そして、練馬の近くの方はPHYSISもおすすめです179.png



10年間はEM、手作り生活や自給自足が軸でした。
そこにアーユルヴェーダが加わりました。
東京でサロンを開きますが、EMとの関わりと、自分で作るというスタンスは継続していきます。
背骨を骨折してからは、もう手作業の田んぼはできませんが、
小さな家庭菜園でハーブをEMで育てています。
春になったらゴトゥゴラ(ブラフミ)もいただけるので植えるのが楽しみです。

2020年は新たなステージになります。
昨日の卒業式は、始まりの一歩です。

年をとっても未病を防ぎ、死ぬまで心身ともに健康で輝いて生きるには、
EM(発酵)とアーユルヴェーダが必須になりました。最強の2本柱です。

「ヒマラヤ聖者の生活探究」の記述を読むと、
必要なものは物質化して、年をとっても老いることはないと書かれていますが、
そのうちそうなるのを楽しみにしています。
それまでは、想念の管理が大切ですね173.png173.png

昨年まで、まさか自分がマッサージのセラピストになるとは思ってもいませんでしたが、
アビヤンガの効果がとてもすばらしくサロンを開くことになってしまいました。
疲れていた当時を振り返ると、同じような人たちにオイルマッサージをしたくなってしまいます。
人生は何が起こるかわからないし、予測もできないものですね。
オイルコースの受講も、オイルマッサージを習いながら受けられるからとったのですが、
マッサージをするのがこんなにも楽しいとは思いもしませんでした。
それと同時に起こる出来事が、匝瑳から東京へ私を移動させたのでした。

今日は冬至なんですね。本当にスタートです。

「人の本質は宇宙の本質と同じ」(ヒマラヤ聖者の生活探究より)



by kisan35 | 2019-12-22 12:22 | アーユルヴェーダ

アースキーパーのつぶやき


by kisan35