人気ブログランキング | 話題のタグを見る

アーユルヴェーダ 「食」

今年もアーユルヴェーダを学びに、インドに行って帰ってくることができました。
心配だった9時間の機内も問題なく、圧迫骨折2週間で行けるのは「どうしても行く」という意思があったからだと思います。
そして、友人たちがたくさん遠隔ヒーリングなどをしてくれたおかげです。
ありがとうございました。

Jivagramに滞在した1週間、毎朝ヨガクラスがありましたが、
1日1日ポーズができるようになり、日に日に骨折が回復しているのを感じました。

アーユルヴェーダ 「食」_b0034072_18140802.jpg
ここまで回復しました!

ヨガクラスの後は朝食です。
アーユルヴェーダ 「食」_b0034072_18173527.jpg
毎食おいしい!

その後10時から12時半まで、Dr.ケジャブの「ストレスマネジメント」の講義でした。
アーユルヴェーダはドーシャ(ヴァータ、ピッタ、カファ)によって食べてはいけない食べ物がありますが、
それは絶対ではなく、とても緩やかです。
身体は食べたものが消化したものでできているので、
どんなものを食べるかはとても重要ですが、
それ以上に、料理をしている時の感情や、食べている時の感情、
見ているもの、聞いているもの、感覚器官を通して入ってくる情報すべてが影響します。
たとえそれがジャンクフードであっても、罪悪感を持つことなく
感謝して食べると細胞に悪さをしないと言われています。
食べる時に、黄色の色をイメージすると浄化されるそうです。(ターメリック色ですね)

私は以前から、食事にとても気をつけていた天然酵母のパン屋さんや
正食を伝えていた自然食料品の方が、50代の若さで癌で亡くなっているのをみてきて
なぜだろう?って不思議に思っていました。
ライフスタイル(やりたいことをやっている)常にオーガニックの良いものを食べているのに
なぜ?と思っていたけれど、今回アーユルヴェーダで、教えてもらったことでなんとなくわかりました。
良いものを食べているだけでなく、どんな心で食べているのかが大切なのです。

この世のものは、すべて五大元素でできているので、
絶対に食べてはいけないものはない。というお話。
どのように食べるのか教えてくれるのがアーユルヴェーダという
お話を聞いて腑に落ちました。
どんなに良い素材のものを食べていても消化されないとアーマを作り、アーマ=毒素
それがたまって、病気になります。
食べ物(アハラ)は口から入るものだけでなく、見るもの、聞くもの、考えるもの
すべてがアハラと考えられていて、
どんな食べ物であっても、リスペクトをしないと、日本では「いただきます」という挨拶がありますね。
毒になるそうです。

その逆で、どんな毒でも感謝して食べることで
解毒した聖者もいるそうです。

心は、肉体や感覚器官(物質)と魂(非物質)をつなぐ役割をしていて、
どんな気持ちで食べるのかはとっても大切だそうです。
アグニ(消化の火)が強ければ、問題はないように
心がサットバでいれば火が燃えているので、問題は起こりません。

身体にアーマが貯まるように
心にもメンタル アーマがたまります。
その原因のひとつが、情報の食べすぎ(取りすぎ)です。
facebookを復活したけれど、情報の取りすぎは心のアーマを増やしますね。
気をつけよう。

アーユルヴェーダ 「食」_b0034072_18451309.jpg
Dr.ケジャブは優しくてファンが多いです

インドでおそらくアーユルヴェーダクリニックの数では一番普及しているJIVAは
学校もあり、ヴェーダ哲学を教えるアシュラムもあるそうです。

アシュラムでは誰でも宿泊してヴェーダ哲学を学べるそうです。
ここのババジがJIvagramにパンチャカルマを受けにいらしていて、
定期的にいらしているよう。
英語ができたらヴェーダ哲学を学びたかったなあ。

今、医学と哲学が切り離されているけれど
人は肉体のみならず
魂や心が健康でない限りは肉体も健康ではないのだと
5000年も前からアーユルヴェーダが教えています。

アーユルヴェーダ(生命の科学)の歴史
5000年ぐらい前の大昔
みなが自然の中で幸せに暮らしていた。
好奇心にかられ、自然のなかを調べ始めたら病気が始まった。
環境汚染は全くない大昔。
病気を治すには聖者に聞くしかない。
55人の聖者をヒマラヤに集め、20カ国以上の聖者が集まり瞑想した。
神の力を借りて病気の問題を解決しようとした。
Bharodwaja が代表して神のところへ行き(ヒマラヤ)それが世界中に治療法が広まったのが
アーユルヴェーダの始まり。

以前は、アーユルヴェーダはインド内の治療法だと思っていたけれど
全ての人は五大元素でできているので、世界中の人、日本人でも根源的な治療を期待できると思います。

そしてドーシャがあるので、
どの人にも良い食べ物はなく、
たとえばローフードはカファの人には良いけれど
ヴァータの人は乾燥が進むので合わない。
ヴァータの人がローフードだけにすると、シワシワになってしまうの。
60歳すぎるとヴァータ年齢だから、ローフードは酵素がとれていいけれど
乾燥してしまうのだ!


アーユルヴェーダは面白い。



by kisan35 | 2019-10-09 19:20 | アーユルヴェーダ

アースキーパーのつぶやき


by kisan35