人気ブログランキング | 話題のタグを見る

疲れがふっとぶアビヤンガ 

孫たちが約1ヶ月滞在して帰ってから、しばらくはひたすら眠りましたが、
やる気が起こらず漂っているような日々を過ごしていました。
食事もオイルを取るように心がけていましたが、
どうもダメだわ。電車に乗るだけで疲れちゃう。

JIVA JAPANで美味しいランチを作ってくれた方のサロンに
アビヤンガを受けに行くことにしました。

普通のマッサージでは、ここまで疲れが取れないので
私にはアビヤンガがとても合っているし、
JIVAつながりで良いサロンを知ることができてよかったなあと思います。

アーユルヴェーダのドクターは「40歳を過ぎるとヴァータが少しづつ増え始めるので、
セルフ・アビヤンガを日常にしましょう」と言っています。

アビヤンガ=オイルマッサージは指圧と違って、それほど圧をかけないで、
オイルを全身にすり込んで浸透させます。
体質に合ったオイルが皮膚から浸透して、骨まで届き、老廃物などを浮き上がらせて排出してくれます。
自宅でもセルフ・アビヤンガをやっていますが、肝心の背中は自分ではできないし、
やってもらうのはとても気持ちがいいです。
サロンではその後、スエダナ発汗をしました。
外は暑いけれど、身体とくに足は意外に冷えているなあと感じました。
アビヤンガ、スエダナ、おまけにフェイシャルもしていただいて、
ツルツルになって感動でした。

身体には目には見えないけれどスロータスという菅があると言われていますが、
スロータスからもデトックスしたような、すっきり感。
疲れがふっとんで、生き生きとした生命力(オジャス)が蘇りました!

サロンには電車に乗るのもだるくて、車で行ったけれど
終わった後は、すごく元気になって、電車で帰って、買い物もしたいくらい。
でも、アビヤンガを受けた後は、静かに過ごすのがいいので、車で良かったです。

その後2週間ぐらい経っているけれど、いまだにとても元気で、やる気に満ち溢れています166.png

アビヤンガすごい!
良質の油をたくさん使うので、普通のマッサージよりは値段は高めだけれど
こんなに元気をもらえて、感謝です。

インドでは赤ちゃんにもアビヤンガをやるそうです。
そうすると落ち着いた子供になると言われていて、
孫たちにもアビヤンガをやりましたが、嫌がらずに気持ち良さそうでした。

東京の家庭菜園は、そろそろホーリーバジルを刈り取って、
大根を植える準備をしようと思っていますが、毎日ミツバチがいっぱいやって来ています。
羽音を聞いていると、うちで飼っていたミツバチの子孫が覚えていて来てくれているような感じがして、
花が終わるまで、刈り取るのをやめました。
大根は空いているスペースに少し植えよう!

疲れがふっとぶアビヤンガ _b0034072_12144715.jpg

疲れがふっとぶアビヤンガ _b0034072_12244073.jpg
何度か分封したので、どこかでこのミツバチの子孫はいるのだろうな〜

身体にオジャスが満ちていると、やる気が起こるし、
やる気が起こることは幸せなことだと実感です。

母の介護も、1日に何度も外に徘徊するのを
「来るな!」と怒られながらも、ついて回るのも苦になりません。
ほとんど歩けない時と、一人で手すりを伝わりながら、門の外に出ちゃうこともあります。
「まだ、一人で歩けるんだよ」と確認しているかのようです。
お医者さんは、「危ないから玄関の手の届かないところに鍵をかけたらいいですよ」と言われていましたが、
自分で外に出て、風や木々の香りを感じている方が元気なような気がしています。
徘徊した日は、夜の徘徊は無いよう。
今、言いたいことを言って、やりたいことをして、
母は癌にはならない気がします。

今日はヌーソロジーのことを書こうと思ったけれど
違う話題になってしまいました。
先日、ヌーソロジー東京レクチャーに参加して、とても面白い内容だったので。
びっくり仰天の内容ですが、筋が通っているのでまた書きます。

by kisan35 | 2019-08-31 12:54 | アーユルヴェーダ

アースキーパーのつぶやき


by kisan35