人気ブログランキング | 話題のタグを見る

匝瑳へ

最近は、月に一度くらい匝瑳を訪れています。
三重から戻り、翌日匝瑳へ行きました。
この日を外しちゃうと、6月は行けなそう。
母の介護は2日間ですが、その他の楽しい予定がどんどん入ってきていて
仕事がらみのことも多いけれど、それも楽しくて
楽しくやっていると、もっと楽しいことが入ってくるのがありがたいです。

匝瑳へ_b0034072_17455170.jpg
JIVA JAPANのシェアで知った、このサトヴィックな生き方の本です。
この本は、いろいろな宗教の教えにもつながる本質が書かれていて、とっても面白いです。

「この宇宙を動かしているのは、混乱ではなく秩序です」

今カオスのようにいろいろなことが起こっていますが、
すべては私自身の心が反映して環境も作られていくということが書かれています。

その中で
私たちは進歩し、進化する生き物であり、
どんなときも自分が学び、成長を遂げる為に最適な場所にいます。そして、もし私たちが
ある環境で必要な学習を積んだなら、その環境は間もなく、次の新しい環境にとって変わります。

この部分を読んで、本当にその通りだなと思いました。

開墾した田んぼを十年やってきて、やめることに戸惑いがありましたが、
手放すと、別のことが入ってくるのは本当です。
愛着があるので、うまく手放すことができるかな〜
とかマサルさんは一人でできるかな〜と
思いましたが、
マサルさんは一人で田植えしたおかげで、まっすぐに植えられて草取りが楽だったよう。
私がいるときは、家庭菜園は私がやっていたけれど、
月に一度しか来れなくなったら、ちゃんとやっていました。
それが確認できて、良かった!

今は、月に一日自宅の手入れに行くので、
田んぼまで行けませんが、大丈夫という安心感があります。
家庭菜園も、マサルさんが続けてくれていて良かった!

長い年月、自分がいないと大丈夫なのかな〜?(特に子供や孫に対して)
思っていましたが、いない方がうまく回るのを体験しています。
やることは、本当にやりたいこと
誰かの為にやっているのは、魂が喜んでいないし、空回りするのだなと思いました。

一期一会。
出会う人は、人生の一瞬を共鳴し合います。
その瞬間は、記憶の中に愛の種になって
永遠に続くのだなあと、思います。

匝瑳の家の庭木の剪定を少しして、帰るときに
2〜3年前に、道路に面したところがピンクの花が咲いたら綺麗だろうなあと移植した花が
咲いていました。忘れていたけれど、ちゃんと根付いてくれて良かった。
枯れ枝からは葉が出て桑のみが赤く実っていました。

忘れた頃に芽が出てくる。
忘れた頃に思い出す。
愛の種が時期を選んで芽を出します。
自然に任せていくことがうまくいく秘訣かしら。。。

by kisan35 | 2019-06-05 18:16 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

アースキーパーのつぶやき


by kisan35