人気ブログランキング |

生活の変化

令和の時代になりました。
新しい天皇陛下のお言葉を聞いていて「世界平和」をはっきりと述べられていて
いい時代になりそうと嬉しくなりました。

「五次元宇宙の物理学 大統一場理論」の五島秀一先生の講演会は月に一度東京であり、
お話がとても面白いので3月から毎回出席していますが、その中で
令和の時代は包容力の時代になりますよ。
自分に何ができるか自己確立する時代になり、
国際的に特に東南アジアの国々との交流が活発になるそうです。
奈良時代のようなイメージだそうです。
自分と同じものしか愛せない本能は誰でもありますが、
大きな包容力で外国人を見下すことなく己の小欲や他人の小欲を許す心を持っていくといいそうです。
そして、包容力を広げることでストレスが減るそうです。
ちなみに、人はストレスで自滅するのが圧倒的に多く、それは他人のせいではありません。
まとめ方が下手ですが、こんなお話でした。
もっと面白いお話がいっぱいありましたが、またの機会に。

年号が変わっただけですが、
2月3月から私自身もいろいろ変化があり、
新しい時代に移行した気持ちが強くあります。

もし、このブログを読んでくれている匝瑳の人がいたら、
きちんと書かないといけないなあと思いました。

NPO SOSA PROJECTのスタッフをやめることになりましたが、
自分の田んぼはまだ続けるつもりでした。
ここ11年間、GWは田植えでした。
自分の田んぼをやめようと思ったのは、数年前からの坐骨神経痛が一番の理由ですが、
母もどんどん目が離せなくなり、週に3日自宅に戻る時、妹だけだと母につきっきりになるので、
匝瑳に移住するつもりでしたが、それはできない。
認知症なので、母のいろいろな郵便物を私が受け取って手続きをしているので。
こちらで介護を数日して匝瑳に行くことも、以前はできましたが、
最近は、アクティブに活動すると疲れちゃうので、
拠点はやはり東京になりました。
それに蜂に刺されたり、田んぼの畔でこけて膝にひびが入ったり、
坐骨神経痛がひどくなると、もうほとんど歩けない母の手を取るのも大変になります。

田んぼを見ると、たくさんの思い出が蘇り、ぐっと来ることもありますが、
感謝の気持ちはたくさん、素粒子として残っていると信じています。
ありがとう!と思っています。
今まで田んぼで楽しかった!
自給自足の生活を完全に諦めたわけではなく
東京でも小さいながらも家庭菜園をやっています。
b0034072_18512662.jpg
コリアンダーとエキナセアと大根の花
手前にレタス。奥にはルッコラ、なす、ピーマン、キュウリも植わっています

このぐらい小さくても、いろいろ作れます。
アーユルヴェーダでは、人がいろいろな病気になるのは自然のリズムに合わない生活をしているからだと言われています。
Circadien Rythm

田舎にいると、朝日と共に起き、生活の糧の楽しい労働をして
1日が終わるというリズムはまさに理想的。
手作りで自分の生活を営んでいる自信にもなります。

東京でも、出来るだけCircadien Rythmにそった暮らしをしていこうと思っています。

さて、ヌーソロジーの半田さんの著書「奥行きの子供達」を読み終えました。

ここ数ヶ月、アーユルヴェーダ、インド哲学、ブラフマン、プルシャ、素粒子、観るもの、君、統一場
など、興味深いことが流れ込んできています。

アーユルヴェーダでも言われていますが、
この肉体は私ではない
魂が私で永遠である。
「奥行きの子供達」では奥行きの持続空間(素粒子は意識である)
全てを統一している場はブラフマン。(インド哲学)

生活が変わっても永遠に変わらないものは
ずーっとあり続けて、ずーっと見ている。

舞台が変わっただけなんだなあと思っています。

匝瑳でお世話になった方々、みなさんありがとうございました。

b0034072_19105037.jpg



by kisan35 | 2019-05-06 19:18 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30