ビリヤニ

この一週間、ビリヤニ熱が続いています。

カレーが食べたくなって、ランチに行ったインド料理店で
半分以上の人がピラフのようなものを食べていました。
あれはなんだろう?

ゆうみさんが匝瑳に来た時に聞いてみたら、
ビリヤニだそう。

麻賀多神社を参拝した後に、南インド料理店に行き、
私は、そのビリヤニを頼んでみました。
初めて食べるものはドキドキします。

b0034072_09362123.jpg
スパイスが効いていてとてもおいしい!

インド通のゆうみさんが、本当のビリヤニはジャポニカ米ではなくインド米で作るのよ。
それに、色も均一ではなく、ムラがあるの。

これも美味しいかったけれど、その本物を食べたいものだ!

本物のビリヤニを求めて、代々木上原のお店に行くことにしました。

b0034072_09395803.jpg
チキンビリヤニ
確かに全然違います

世の中ではビリヤニが流行っているのだろうか〜
ここのお店も全員ビリヤニを食べていました。

昔、初めてスペインでパエリャを食べた時
お米に芯があって、サフランがきいていて、こんなにおいしい炊き込み御飯があるのだ!
と感動した時以来のショックに近い感動をビリヤニに感じています。

色が均一でない

これはショックに近い、今までの常識にはなかった。

作り方を聞いたら、お米、カレー、お米、カレーと重ねて炊くので、
色にムラがでるらしい。普通のカレーよりも手間がかかるので、お祝いの時作られたりするそうです。

頭がビリヤニでいっぱいになり、
ゆうみさんから教えてもらったインド映画も観ました。

バーフバリ

「ベンハー」を思い出すような大作で、面白いです。
インドが突然近くなりました。

そして一度自分でもビリヤニを作ってみたいと思い、インド料理教室を教えてもらったら、
昨日西荻窪の「サザンスパイス」でビリヤニの作り方教室があるのを見つけ、
早速行ってきました101.png

インド料理の本を何冊か書いている渡辺玲さんの教室です。
少人数で、とても丁寧に教えてくれました。

レシピはパニールというインドのカッテージチーズのようなお豆腐のようなものを使った
ベジのビリヤニとライタというヨーグルトを使ったサラダとデザートでした。

b0034072_09570661.jpg
バニールビリヤニ完成!

3日間連続でビリヤニを食べていますが、これが一番好きです。

味付けが優しくて、お腹にもたれない。
信じられないくらいおいしい。
食べた後、お腹が気持ちがいいのです。スパイスの薬効でしょうか?
もちろん、うまみ調味料は全然使いません。
ちょっと辛くて、スパイシーの味が好きなので、100%はまってしまいました。

渡辺さんのカレーの作り方はyoutubeで見ることができます。
数種類のカレーの作り方を見ていたら、
どのカレーもターメリックはあまり使わないのがわかりました。

以前、二人の料理の先生からインドカレーを教えてもらいましたが、
渡辺さんのカレーはターメリックの量がとても少ないです。

毎日、料理教室や講座が開かれていて、
インド料理店の人も習いに来ていました。

b0034072_10085873.jpg

しばらくインド熱が冷めそうにありません。






















[PR]
by kisan35 | 2018-05-20 10:14 | その他

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30