匝瑳へ

3月末で「たまつき」を閉店し、勝さんは匝瑳に住民票を移しました。
家の中は、持ってきたものでまだ片付いていません。
私は、来年の春に移す予定です。

1ヶ月ぶりの匝瑳は、新緑と花がとてもきれいです。
留守中に家庭菜園のスナップえんどうは、収穫できるくらいに大きくなっていました。

b0034072_07390765.jpg
ネットをはっていって良かったです
でも、スナップエンドウではなくて絹さやだわ〜117.png

カーテンがないので、朝日が昇ると目が覚めます。さぎが鳴いています。
夜明けはカウアイは鶏で、匝瑳ではさぎの鳴き声が響き渡ります。
田んぼはカエルの大合唱。
東京にいると、あまり生き物の鳴き声を聞かないなと気がつきました。

今年は田んぼの周りに溝を掘って、水を抜いて草が生えないはずでしたが、
行ってみたら、こんなにたくさん生えています。

b0034072_07473943.jpg

b0034072_07482006.jpg
イチョウ苔がいっぱい!
この草が根をはっているので、取るのが大変なのです

やっぱり天地返しした方がよかったんじゃない?
天地返ししたところは、雑草が生えていないよ。
なぜか、天地返しを嫌がります。たぶん重労働だからかも。

2時間ぐらい2日草取りをして、約5分の2が終わりました。
田植えの頃には、また生えてきていることでしょう。

b0034072_07532768.jpg
今日は、自宅前の道路際に芝桜を植えようと思っていますが、雨で寒いです。
匝瑳は、東京に比べても寒くて、まだこたつに入っています。

日曜日は「里山資本主義」の藻谷氏の講演会が匝瑳の田んぼのある豊和地区でありました。
「なぜ豊和に若者が集まるか?東京で何がおこっているのか?」というテーマで、
とても面白かったです。

空き家が一番多いのは、東京だそうです。
特に印象的だった話は、1000年後の未来を想像してみて、
1000年先にも残っているものは何か?
高層ビルは、残っていません。
1000年前にも残っていたものが1000年先にも残っている可能性があります。
田んぼは1000年先にも残っているでしょう。

田んぼを耕すことは、大きな視野でみると、遺産を残すことにもなるなんて素敵な考えです。
東京から匝瑳に引っ越してきて、この生き方で良かったんだ!と自信になりました。
成田空港が近いというメリットもあります。

さてカウアイ島から引き続き、毎日雑草を抜いていますが、
昨晩は面白い夢を見たので、忘れないうちに書いておきます。
「自然エネルギーちば」の東さんに会ったからか、自然エネルギーの夢でした。

あるところでイベントがあり、私もチャーハンを作って売るはずでしたが、
面白そうなお店がいっぱい出店しているので、見て回っていたら
売る時間が過ぎてしまいました。

薬局がコインを販売していて、2000万円の売り上げがありました。
どんなコインなのかというと1コイン1000円で、自然エネルギーが買えます。
コインチェーンは1万円です。
電気代を払う時に、そのコインが使え、自然エネルギーにお金が流れます。
薬局で売っているのも何か意味があるのかしら〜?
実現できそうな面白いアイディアの夢でした。

コンビニでも自然エネルギーをコインで買えるようになるといいなあと思います。
我が家にも近い将来家庭菜園の上にソーラーシェアリングのパネルが付く予定です。


[PR]
by kisan35 | 2018-04-18 08:15 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31