小屋作り

日曜日に小屋作りワークショプがあったので、
早朝に出発して匝瑳にいます。
1日でどんどん進んでいきます。
b0034072_18285618.jpg
縄文トイレの扉をつけている青山くん

b0034072_18303824.jpg
屋根に断熱材をいれトタンをつけている作業

b0034072_18333659.jpg
縄文トイレ完成!
黒いのは、バーナーで焼きました(炭化)

b0034072_18343942.jpg
全景
小屋の両側に縄文トイレとソーラーパネル

今回が最終回でしたが、まだまだやることがいっぱいあり、
参加者の方々からのご要望でロケットストーブ作りも行うことになりました。
b0034072_18393435.jpg
東さん
このプロジェクトを作り、動かしてくれました。
自然エネルギーちば

b0034072_18412962.jpg
我が家の使い続けているロケットストーブ
醤油にする大豆を煮ています

ロケットストーブの良いところは、燃やすものが少なくても、火力があるところでしょうか〜
デメリットはすぐに木材が燃焼してしまうので、頻繁にまきなどをくべないといけないのと
火力が一定でないので、ぼ〜と燃えたり、下火になったりするとことかな。
ガスコンロは一定の火力を設定できるので、その辺が違う。
そして使う鍋にススがついて、なかなかとれない。
b0034072_18473392.jpg
普通のフライパンに蓋をしてピザも焼けます

火をおこすには風の力がとても大切で、(最近わかりました)
風の方向に合わせて設置するといいです。

料理を作る時は、まずは火をおこす
「失われた時を求めて」ではないけれど
遺伝子が喜んでいる感覚がします。

そう、生存と直結した作業は
今はどんどんなくなりつつありますが、
実はとても楽しいのです。

とは言ってもうちの畑の野菜は、こんな状態

b0034072_18555323.jpg
b0034072_18571535.jpg
これブロッコリーです
とほほ、白菜の葉を食べた虫にやられているし、寒いからこんなに小さい

昨日、地元の有機農家さんの香取さんのところに行きました。
いつもお醤油に使う炒った小麦を頼んでいるのでそれをいただき、
野菜も購入しました。

香取さんの畑にも、うちの畑にいるようないわゆる害虫がいて
ホロをかぶせたけれど食べられちゃって全滅したことがあるそうです。
竹酢液とかストチューとか
何か対策はしていますか?
と尋ねたら、何もしないそうです。

害虫の被害があっても何もしない〜(ー ー;)

だからいろいろな品種を植えているそうです。

害虫にも優しい香取さんです。

すご〜く気がラクになりました。
いいなあ〜
だから野菜が美味しいんだな〜


b0034072_19035882.jpg
海 もうすぐ日が沈む

以前、ルーク(犬)の身体が弱っていた時
砂浜を歩くといいかなと思って連れてきたことがあるビーチへ立ち寄りました。
今日は、無性にルークの存在を感じています。

b0034072_19065242.jpg
そしたら鴨?鳥がいっぱいいました。

あの日がなつかしい。


[PR]
by kisan35 | 2018-02-13 19:12 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28