柿酢

柿がこんな感じになってきたので、少しなめてみたら酢になっていました。

b0034072_17352568.jpg
柿の抗酸化力はすごいのだなと感心です。
腐らないで発酵して酢になりました。
こんにゃくのような酵母かな?が浮いています。

b0034072_17381658.jpg
布巾を敷いてザルで漉したら、下には透明な柿酢が・・・・きれいな色!
b0034072_17393973.jpg
まろやかな甘みがあって、自家製醤油と一緒に二杯酢にすると美味しいです。

柿酢は、瓶に柿のヘタを取って、皮をつけたまま下向きに並べるだけ。
あとは、自然に果汁が出て、時間の経過とともに柿酢になるので、とても簡単に作れました。

今回の匝瑳滞在は,
柿酢作り、ハーブを蒸留した化粧水作り、大豆の殻剥きと、
地元の人の家の梅の木を2本剪定しました。
剪定した木には名前を書いて、梅の実がいただけるのです。
梅干しがなくなりそうなので、今年は梅干しをつけようと思いまして、
梅の木を剪定しに行ったわけです。寒かったけれど、作業していると汗をかきます。

東京にいると部屋にこもっていることが多いですが、
匝瑳では屋外の作業が多いので、太陽の光をあびています。
セロトニンが作られるそうで、暖かな陽射しが気持ちいい〜。

合間に、鈴木医院さんにあいさつに行ったところ、
患者さんがあふれていました。
12月は100名ぐらいのインフルエンザの患者が
1月には1200人にも増えたそうです。
A型(発熱しないで関節が痛む)B型(発熱する)の2種類が流行しているそうです。

さて、農家の台所「せんのや」に、バイキングカフェがオープンしたので行ってみました。

b0034072_17493189.jpg
ランチは1000円。
サラダ、パン、カレーライス、唐揚げ、魚のあんかけなどのお惣菜、スープ、飲み物、デザートがあり、
ついつい食べ過ぎました。人が来た時に便利です。

今度の日曜日は、小屋作りの続きです。
縄文式トイレも作ります。
寒い冬も、匝瑳ではいろいろやることがいっぱいあります。

b0034072_17555091.jpg






[PR]
by kisan35 | 2018-02-01 18:04 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28