腸内細菌が人の遺伝子情報をコントロールしている

いつも読んでいるブログ「indeep」の記事から


この記事を読むと、人と共存している腸内細菌というよりは、
腸内細菌が人を生かしていると思えます。

私の頭の中では、半田さんのヌーソロジーとどこか繋がってしまいました。

持続の中においては「わたし」もまた記憶の一つだと考えなければいけません。
つまり、わたしが記憶を持つのではなく、記憶の中に「わたし」という記憶が作られているのです。
素粒子とはそのための機構です。

この中で、人=私として捉えると
腸内細菌=記憶と置き換えられて、
ぐでんと反転します。
おもしろいことになってきたなあ〜と思います。
人は、私は、記憶や素粒子や微生物によって目に見える形になっているのだ!
存在者は時間と空間の明るみに出つつも、
それを送り届けた存在の方は潜在的な静寂の中に身を隠すのだ。
私は過去に思っていた私ではない世界が始まりつつある予感です。
目に見えないものに生かされている私

今日もおもしろいことがありました。
窓の建具が古くてだめになってしまったので、開閉ができなくなり、
昨年からお願いしていたサンワさんが来てくれました。
もう古いから網戸も上がらない状態ですが、窓の開閉の部分に油をさして
部品を交換してくれたので、くるくる回って窓の開閉ができるようになりました。

普段はKURE CRC556を使っていますが、
このシリコンの方が後々問題が起きなくていいですよ。
どこでもすべりがよくなりますからと教えてくれました。
b0034072_18160314.jpg
そうなんだ〜いいことを教えていただきました。

職人さんが来ると、毎回学ぶことが多いので、観察しています。
網戸が開かないんですけれどと聞いてみたら、
網戸の滑る部分にシリコンを吹きかけてくれました。
本当にスルスルと上に上がります。

時々シリコンを塗ると、こんな風に開かなくなることもないんですよ!

そういえば、アルカディアの青木さんが、春先になると必ず
ハーベースターやコンバインに油さすように、毎年言われています。
シリコンを使ってみようと思いました。

匝瑳の家の雨戸もいつも途中でひっかかるので、シリコンをスプレーしようっと。

玄関脇の窓は、網戸がひっかかっていて、窓は開閉できるけれど
窓掃除ができず汚いのです。
この網戸はどうでしょうね?と尋ねたら
ここはシリコンをスプレーしても、からまっていてだめですねと言われました。
後で、みてみますね。
その間、ここの窓ガラスをきれいにしたいと思っていたので、
EM7倍希釈したのをスプレーして、網戸が上がるように
上の部分から全部びちゃびちゃに濡らして、何度も上がらない網戸を持ち上げていたら
スルリと上にあがってくれました。
やった!とばかりに窓ガラスもきれいに掃除しました。

サンワさんがびっくりして、
シリコンあるのですか?
と聞くので、
これでやりましたとEMスプレーを見てもらい
普段掃除に使っているんですよ。

改めてEMすごいです。

これはEMという有用微生物群でして
抗酸化力が高く錆ないだけでなく 
非イオン化効果で、こうやってすべりが悪いのは陽電子がくっついているので
微生物の作り出すマイナス電子で電荷がゼロになりはがれるんですよ
という説明は、なかなか理解してもらえなそうなのでしませんでした。

話がどんどん飛びますが、
昼ごはんの会話も面白かったです。

ご飯がないので、お昼はパスタかうどんのどっちがいいと聞きました。
M パスタだと食べ過ぎちゃうからうどんにしよう!
S カレーうどんか卵とじうどんのどっちがいいかな?
M Sがカレーうどん好きだから、カレーうどんでいいよ。
S う〜ん、私は卵とじうどんが食べた感じ
M カレーうどんにしよう!
S なんだ、カレーうどんが食べたいんじゃない。

最初からカレーうどんが食べたいと言ってくれればいいのに、
周りからいくのも、素粒子的だなと思いました。






















[PR]
by kisan35 | 2018-01-19 18:41 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28