EM活性液教室

昨日は和光のイーエムショップにてEM活性液教室がありました。
参加者の方々と一緒にりんご糖蜜を使ってEM発酵液を作りました。

2リットルの米のとぎ汁発酵液の分量

EM1 40cc
りんご糖蜜 40cc
海の塩 ひとつまみ
米のとぎ汁(米ぬかを布にいれてしぼった水) 適宜

これを全部よく混ぜれば出来上がりですが、
最初にペットボトルに米ぬか入りの水をいれておきました。
りんご糖蜜を熱湯で溶いてペットボトルへ加え、さらに塩とEM1を入れ、蓋をしてよく振ります。

人それぞれいろいろな作り方がありますが、家事用なのでりんご糖蜜がいいかなと思いました。
家に田んぼで刈り取ったまこもがあったので、希望者には5センチくらいこの中にいれてもらいました。
比嘉先生は仕込む時月桃の葉を入れるらしいとお聞きしてから、
まこもをいれて仕込むようになったら、発酵がスムーズで、出来上がりの発酵液がとてもよい感じです。

出来上がりの目安はにおいです。
P.H.が3、5以下は雑菌が混入していない状態なので、作りたては糖蜜の甘い香りがしますが、
出来上がると、少しすっぱいような香りになります。糖蜜が餌になって甘ったるい匂いがなくなります。

b0034072_07252936.jpg
きれいな色

田んぼや畑用は、黒糖の糖蜜を使いEM活性液を作っています。
海の水でも作ります。
家事用は、薄めてスプレーすることが多いので、薄めた場合すぐに使い切らないとカビが生えてきます。
スプレーボトルの中がヌルヌルになると洗うのが大変です。
なので、7倍ぐらいに薄めて使っています。7倍にうすめたりんご糖蜜発酵液だと、かなり持ちます。
とても便利です。

作り方や使い方は、変化していますが、今はそんな使い方をしています。

会の後半は、茶話会のようにいろいろな話をしました。
使い始めて1ヶ月の人、長年使っている人、印象に残った話です。

EMを使っていると、花粉症にもインフルエンザにもかからない。
便秘にならない。
床が鏡のようにピカピカになる
米のとぎ汁が濃いと、失敗した(腐敗臭がする)
お風呂にEM発酵液をいれて入り、残り湯の中に洗濯物を一晩漬け置きして洗っていると、
衣類のほこりなどがお風呂の残り湯を流す時に見える。
若さの秘訣はEMと畑作業だと思う(67歳なのに、50歳ぐらいにしか見えな人)
EMを入れ洗濯機で洗うと、黒いぽちぽちが白い衣類についてしまう

米のとぎ汁が濃い時は(豆乳のように濃い場合)は、使わないほうが無難かもしれません。
EM1を多めにいれないと餌として食べきれないくて腐敗するようです。
洗濯機の水垢などが剥がれるので、洗濯機クリーナーで掃除するといいかもしれません。
シャボン玉石けんから発売されているのは環境にも安心。

皆さん、環境に良くない洗剤はできるだけ使わないって言われていました。
無添加と書かれた洗剤も、実は安心ではないそうです。
EMを家庭で使う家が増えていくと、自然と環境も良くなります。
情報交換できて有意義で楽しい会でした。

さて、そろそろ田植えの季節が近づいてきました。
田んぼに米ヌカまいて、EM海水活性液を仕込まないと。

by kisan35 | 2017-03-30 07:54 | EM

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28