ハワイ島旅行記 二度目のワイピオ渓谷

朝から良いお天気。
朝食は8時。みんな揃って食べ、会話をします。
ドイツ人の女性がコナビールはおいしいと言っていました。
彼女たちはハワイ島の後、モロカイ、カウアイ、マウイ、オアフ島を回るそう。うらやましい〜。
エストニアからの新婚さんは、これからマウナケア山を登れるレンタカーを1日借りて、上まで行くと行ってました。彼女が高いところはこわい!って言ったら、旦那さんが手を握って「大丈夫だよ」って。やさしい〜。

b0034072_03420884.jpg
ワッフルと目玉焼き。ここの朝食は毎日変わり、美味しいです。
ホナウナウの海を見下ろしながら。風に乗って植物の良い香りがします。
まりりんがコーヒーを飲んでる!
実は大好きなんだって知りました。コーヒーは飲まないほうがいいと思っていたので飲まなかったけれど、身体にいいとか悪いとかも考えなくなって、好きなものを飲むようにしたらしい。
賛成!アクセスバーズを受けてから、いいとか悪いとか頭で判断するよりも、食べたいか食べたくないか本能で判断するのがいいと思い始めてます。人はどんどん変わっていくものですね。

帰国した友が、一番良かったのはワイピオ渓谷を下まで降りたことと言っていたので、またワイピオ渓谷まで行くことにしました。途中、カワイハエのプウコハラヘイアウにも立ち寄りました。

b0034072_06594786.jpg
b0034072_07002477.jpg
KAPU「立ち入り禁止」のシンボルの前でまりりんが感じているところ

ハワイのアロハの精神のすばらしいところは、ハワイの国旗とアメリカの国旗が並んでいるところです。
カメハメハ大王がハワイの島々を統一した後、島々の戦争がなくなりました。
別名「くじら」のヘイアウと言い、カメハメハの平和の願いが漂うヘイアウです。
ハワイ王朝の最後の女王リリオカラニが幽閉され、アメリカの州になりました。望まない現実だったけれど受け入れて二つの国旗が並んでいるのをよく見かけます。

カワイハエからワイメアを通り、TEXでマラサダを食べてワイピオへ行きました。このルートは3日前にも通りましたが、気持ちの良いドライブで、すっかりガイドになった気分ですが。
しのちゃんとまりりんは、シャトルツアーではなく、下まで徒歩で行きました。シャトルツアーよりも絶対徒歩の方が面白い!のです。悲しいかな私は膝が痛むので、二人で行ってもらうことにしました。4時間後に迎えにくるね。

どうやって時間をつぶそうかなと思って、ホノカアの町まで戻ってきました。
歩いて散策していたら、町のはずれに「マッサージ」のお店がありました。
ロミロミマッサージをお願いしたら、10分待ってくれたらできますということで、なんとラッキー!

b0034072_03494687.jpg
このお店に偶然入り、すばらしい施述を受けられ、誕生日ギフトのよう。
ちょうど痛い箇所があったので、そのことを伝えました。
すぐには痛みがなくならないけれど、かなりよくなり、2日後には治りました。
こんな小さな町のそれもはずれにあるので値段はすごく安い。1時間半で60ドル。
もう一回来たら、完全に良くなりますよと言われましたが、また来る時間がとれないので残念でした。
ここのトイレに「平」の文字が書かれていて、
To make world peace,
I make myself peace

ちょっと違っているかもしれませんが、「世界を平和にするには、自分自身が平和に」
平和は自分から
プウコハラヘイアウの平和がここにもありました。シンクロすることが多いです。

4時間後、ワイピオ渓谷の展望台で待っていたら、二人がキラキラしながら戻ってきました。
b0034072_07000917.jpg
思ったより、楽だったよ。ガッツポーズ!
夕方のワイピオ渓谷は美しいのだ。

ワイメアで夕食を買い、カワイハエまで下り坂を走っていたら、夕日が美しく路肩に車を止めて見ている人がいました。なんだ〜この美しさは〜。と感動し、ハプナビーチで夕日を見ることにしました。
b0034072_06585037.jpg
ただ感動

陽が沈むまでビーチにいたので、だんだん暗くなってきて、途中から真っ暗。
ハワイで夜の運転は、対向車のライトがまぶしくて、キャッツアイという反射板しかないところを、100キロぐらいですれ違うので、こわくてこわくて、暗くなってからの運転はしたくなかったけれど、
ラッキーなことに前を走っている車がいたので、意外にこわさがありませんでした。
なんだ、夜の運転もできるじゃん!とまたひとつできることが増えてよかったです。
苦手な部分を克服すると、世界が広がります。

他の車も、ウインカーを出しても曲がらずに、ずーと出しっぱなしにしていることが多く、もうすぐ曲がりますよという合図なのか、暗くて曲がる道がわからないのかなのだろうなあ。

b0034072_07512022.jpg
カルビにビールにワイン。前の日の残り物も全部食べちゃいました。
翌日はこの宿ともお別れで、ボルケーノからプナのジャングルのけいこさんの宿へ向かいます。

話は変わりますが、ハワイにいると沖縄と似ているなと感じることが多く、その後、沖縄の山城さんが釈放されたことを知りました。本当によかったです。


[PR]
by kisan35 | 2017-03-19 08:29 | 旅行

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31