人気ブログランキング | 話題のタグを見る

量子波その後

ニューヨークで小林健さんのヒーラーズプログラムに参加してから、
いろいろな場面で奇跡に近いことがおこっています。

私は妹がいて、妹ととても仲が良く、
それぞれの子供達を、いつも一緒で育てていたので、
いとこ同士がものすごく仲がいいのです。

その姪が、子宮癌になりました。
まだ、20代で結婚して2年目ぐらいです。
なかなか赤ちゃんができないので、不妊治療をしていたそうです。

鶴見クリニックでは子宮癌はほとんど良くなるなので、
そんな本を持っていったりもしたのですが、
姪は看護師で、全く信じられなかったのでしょう。

食べ物が身体を作っているから
食べ物のことも言うのですが、明らかに考えられないようで、
身内ほど、伝わらないっていつも思っていました。

小林健さんのブログを読んで、
癌は周波数が違うので、量子波で治療できると書かれているのを読んで、
共感しました。
姪の癌が良くなって、赤ちゃんが生まれますようにって
ヒーラーズプログラムの自己紹介の時に言いました。
妹にも、ちょうどその時母が脳梗塞で入院していたので、
姪の癌が良くなって赤ちゃんができたらいいので
ニューヨークに行くよと、話しました。

帰国して、3回姪に量子波ヒーリングをしたら、
高熱が出ました。高熱で癌細胞は死ぬようなので、「がんばって」と言っていたのですが、
炎症を起こしているということで慶應病院に2週間入院して抗生剤の点滴をしました。

高熱が出て入院してしまった!
量子波ヒーリングやらなければよかったって後悔したのです。

それが数日前、妹が
「今、つわりがひどくてね」っと言うのです。

退院してから赤ちゃんを授かったことがわかって、
それまでど〜んと落ち込んでいた気持ちが、よかった!って思えました。
だから、ブログに書いているのですが。

妹は、それが量子波だと信じてはいないと思いますが、
愛と幸せの波動は、いろいろなところで奇跡を起こしてくれるんです。

赤ちゃん、本当におめでとう!
その人の細胞レベルでの願望が実現するのが量子波だと思います。

by kisan35 | 2016-11-08 19:01 | ヒーリング・精神世界

アースキーパーのつぶやき


by kisan35