人気ブログランキング | 話題のタグを見る

水俣

水俣では、いろいろな気付きをいただき、一気に腑に落ちました。
それがまだまとまっていないので、文章にするとちぐはぐになってしまいます。

山を開拓して、家を作り、山の水を飲み、たき火で暖をとる生活。
自然と調和して、桃源郷のような環境は、現代病のほとんどを直す力があるように感じています。
水俣_b0034072_09560540.jpg
こちらは天野さんの二男の方のお住まい。
結婚して、土地を譲り受け、ふたりで3か月で家を作ってしまったそうです。
黒豚、やぎ、うさぎ、犬3匹、猫も飼っています。
これからは家を買うのではなく作る時代かも。

東京生まれ東京育ちの知恵では、
家を作るのはお任せと思っていたけれど、
ここではやればできるんだ!って思いました。
山からのミネラルいっぱいの水が引けるのは、最高の贅沢です。
水俣の工業排水から流れた水銀で具合が悪くなったという歴史が(具合が悪いのは移る病気と言われていて差別もあったそうです)
水を汚さないという環境都市になりました。
水俣病の被害者の方が甘夏ミカン栽培を始め、「きばる」は農薬を使えない人たちのため
チョーさんの農法で作っています。
支援で入った人達も、移住して水俣で暮らしている人がたくさんいらっしゃいます。

おそらく日本で唯一でしょう。
海上の小学校
水俣_b0034072_20360867.jpg
廃校になってしまいましたが、素敵な学校です。
ここがどのように再生されるか楽しみです。

水俣では、環境への取り組みや、その大切さの意識がとても高く、これからの日本をリードしていくのではないかなと思いました。
負の遺産をプラスにする住民の意識は熱いです。

水俣_b0034072_20400642.jpg
もじょか堂さんのツリーハウス
おしゃれです(^^)
ロケットストーブ、ピザ釜、バイオトイレなど
匝瑳でやっていることと同じでおしゃれ。
雨水タンクもあるし。この共鳴感がうれしい!

有機のアボガド栽培をしています。
切っても切り口が茶色くならない国産アボガドの誕生が待たれます。
ここの土地もふかふかで、
東京や千葉で、EM生ごみ堆肥を入れて3年経つけれど、
このふかふかさにはならない。
この微生物豊かな土壌は宝物です。

九州はいいなあ~って思いました。
水もいいし、しいたけも安心だし、レンコンも久々に食べました。
関東で暮らしていると、いつも「これは食べてもいいか」というセンサーが働き、
あの原発事故後食べられないものがたくさんあります。

水俣ではチッソ工場が流した汚物はドラム缶に入れ、資料館のある埋立地に埋められています。
埋立地を作ってしまったので、湾にやってくる魚たちの生態系にも影響があるそうです。
ドラム缶も50年ぐらいしか持たないそうです。
失ったものは、もう取り戻せない。
人々の悲惨な歴史も時間の経過とともに葬られていくけれど
学んだことをプラスにする意識が高い水俣。

今回知り合えた人々が、明るくて、前向きで
それこそが-を+にする力なのだ思いました。

水俣_b0034072_21025193.jpg
霧島神社も行きました!
水俣で出会った方々のインパクトが強くて、神社よりも人との出会いの旅行でしたが。



by kisan35 | 2015-01-23 21:07 | 旅行

アースキーパーのつぶやき


by kisan35