身体のクセ

人間の身体には、いろいろなクセがあって、その人独特の動きかたがある。遠くから歩いてくる友人や家族も、歩き方のクセなんかで、けっこう見分けがついてしまう。・・・でも、動物は、猫は猫、鳥は鳥、馬は馬、昆虫は昆虫、の、動きしかしていないように見える。(専門家なら、見分けがつくのかもしれないけど、私には無理)。

人間の場合、たとえばヨガのアーサナをしているときにも、「あ、しまった、今のは失敗、今度は、もっとうまくやってみよう。」とか、「あ、隣の人のほうが、上手にやっているなー。あんなふうに、なかなかうまくできないなー。」なんていうことを考えながら、動いていることはよくあるし、もっとマインドがにぎやかなときだと、「あ、夜のおかずは、なににしようか。」とか、「終わったら、あれをして、これをして・・・。」なんていうふうに際限なく、考えがわきおこる。そしてそんなときにかぎって、必要なところに力がはいっていなくて、よけいなところに力がはいっていたりする。

一方、動物たちは、なにかをしながら、「あ、失敗した。となりの豚のほうが、いい思いをしてそうだ。」とか、「これじゃなくて、ほかのほうがよかったかなー。」、「明日は、どうなっているんだろう。」、なんて、考えないんじゃないかな。うちの猫を見ていても、食べるときは、ひたすら食べているだけみたいだし、虫を追いかけるときは、ひたすら虫を追いかけている。瞬間、瞬間の、「今に生きる」っていうふうで、よけいなことを考えずに動いているので、動きにまったく無駄がなく、身体によけいなクセがついていない。

何度もくりかえされた心のクセは、身体にきざみこまれて、身体のクセになっていくんだね。

マインドのすみかは、大脳らしい。大脳っていうのは、あとからつけくわえられた器官なんだそう。マインドが静まってくると、脳の真ん中あたりの、爬虫類脳が、活性化してくるらしい。人間って、つくづく無駄が多いのね。でも、それだから、体験する範囲が広がるんだろうか・・・。と、そんなことを考えながら、今日のアーサナをしていた、人間らしい私なのでした。(by Hakuru)
[PR]
by kisan35 | 2005-03-18 12:49 | ヒーリング・精神世界

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31