人気ブログランキング | 話題のタグを見る

片付けはたいへん

買いもの好きの家族がいると、次から次へと、ものが増えてくる。家の中にものがたまってくると、なんだか氣の流れが悪くなってくる感じがして、落ち着かなくなってくる「処分屋」の私。こんなに春めいてくると、特に。

うちの不要品の処分スタイルは、こんな感じ。まず、そろそろ飽きてきたころを見計らって、箱につめて押入れの前のほうにしまう。この段階では、しまったあとに、「あ、あれどこいった?」と、たいてい声がかかるので、取り出しやすい場所にいれておく。「どこいった?」の声もかからなくなってきたら、次に押入れの奥のほうにしまう。ここまでくると、たいてい存在を忘れられてしまい、「どこいった?」と、聞かれることも、ほとんどなくなってくるけど、たまに聞かれても、「あの中」、といっておくと、取り出すのがめんどくさくなるらしく、あきらめてくれる。この段階で、処分してしまうものは、処分してしまい、処分しないものは、天袋にいてれおく。・・・ここまでくると、完全に忘却してくれるので、気のむいたときに、バサッと処分する。

フリーマーケットにはまっていたときは、最高で、年に4回くらい、出店していたけど、だんだんそれもめんどうになって、洋服や雑貨の使えそうなものは、バザーなどへ出して、本、CDなどは、ブックオフ。大物の家具などは、リサイクル屋さんに、ひきとりに来てもらう。リサイクル屋さんは、けっこう査定がきびしくて、値段のつかないものや、逆に処分代をとられるようなものもあるので、もれてしまったものは、救世軍に電話をかけてみると、タダで引き取ってくれる場合がある。

いろいろな手段をつかってもダメだったものは、ゴミの日送り。

ものは、買うときより、処分するために使うエネルギーのほうが、だんぜん多くて疲れるなあ、としみじみ思う。(by Hakuru)
by kisan35 | 2005-03-14 11:20 | エコロジー家事

アースキーパーのつぶやき


by kisan35