人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ワン ソング ファーム@カウアイ 1

カウアイ島の友人でナショナル トロピカル  ボタニカル ガーデンのひとつ「アラートン ガーデン」
のガーデナーのふみさんから、「モロアにあるサンさんという人のワン ソング ファームが
地元の新聞記事に取り上げられていて、取材したらいいと思いますよ」とメールをいただきました。

ふみさんは長野生まれの日本人で
数年前まで「アラートンガーデン」の日本語ガイドでしたが、
植物を育てることが好きで、ガーデナーになってしまいました。

ふみさんの担当する所は
アラートンガーデンのスタート地点です。
どのような仕事をするのかは自由で、すべてガーデナーに任されているそうです。
時々、皆で台風で倒れてしまった木々の後片付けをしたり
漂流してきた流木を片付けたり、共同作業の仕事もあるそうですが、
基本的に、ガーデンに植える植物を決めるのも
その日の作業のスケジュールも自由に自分で決めることができるそうです。
ボスに言われてやるのではなくて
任されていることがいいなと思い
数年前に雑誌「ドミンゴ」にこのシステムについて少し書かせていただきましたが,
残念ながら廃刊になってしまいました^_^;
ワン ソング ファーム@カウアイ 1_b0034072_20162969.jpg

ハワイの植物の事に詳しいふみさんと

カウアイのリマフリ ガーデンの日本語ガイドブックはふみさんが書かれています。
ハワイの歴史とからめて書かれていて、私のバイブルです。

前置きが長くなりましたが
ふみさんが紹介してくれた所だから
絶対に取材してみたいと思い、その日を迎えました。

ワン ソング ファーム
ワン ソング ファーム@カウアイ 1_b0034072_20215769.jpg

ワン ソング ファーム@カウアイ 1_b0034072_20223120.jpg

ワン ソング ファーム@カウアイ 1_b0034072_2023587.jpg


ワン ソング ファームの野菜は美しいのです。

サンさんはたったの2年で今の農園を作り野菜を出荷しています。
もともと写真家で、大手のゼネコンで働いていたサンさんは
20年前に農園で野菜を作ることを生業にしました。
オレゴン、マウイ島、ハワイ島など農園を点々としましたが
どこでも食べていける腕があるから、心配はなかったそうです。

ここカウアイの地も
古い車などが捨てられていてひどい状態だったそうですが、3か月かけて畑に戻し、
土が悪かったので窒素を固定する木を植えて、2年で今の状態にしたそうです。
農法はバイオインテンシブ農法。
日本ではあまり知られていないかもしれませんね。

ここの土地は、もともとアメリカ本土に住んでいるオーナーがいますが、
サンさんが、彼に作った野菜を食べてもらったら
「そのままこの土地を使っていいよ」と言われて地代は無料だそうです。
でも農地だから家を建てることも法律違反
エコなコンポストトイレも法律違反
法律が持続可能な生活に反しているから
自分はアウトローだと言われていました。
かっこいいです。

哲学者のようなサンさんのお話続きます。

クロワッサン ビオ11号にこの農園の記事は書かせていただきましたので
裏話をブログに書きたいと思います。
by kisan35 | 2010-12-18 20:25 | ハワイサスティナブルライフ

アースキーパーのつぶやき


by kisan35