ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

チリコンカンと物思い

暑いですねえ。
暑くてもクーラーなしで平気でしたが、
今年は田んぼでの作業でも、具合が悪くなることが多く、
「もう母さん、年なんだから!」の息子の言葉に少し自分に優しくすることにしました。
なんだか、ぼ〜としてやる気がおきなかったり、
放射能の影響でぶらぶら病かな?なんて思うこともありますが、
少しお休みの期間にします。

ふと以前の手帳を見ていたら、
この時期はホロスコープで言われるサターンリターンと言われる、リセットの時期だとわかりました。
すべて納得です。
星座の動きは、とても影響を受けますので、
最近、なんとなく空回りしている感じや、
家族のこと、特に沖縄の孫のこととかが気になって仕方がないのです。

安倍政権になってから、弱いものを排除する傾向がすごく強くて、
それも子供や孫が戦争に行く日が来るのではないかと。
そうならないように祈ります。

私の場合は、サターンリターンは家族との関係性の中で、土台を作る時期になるらしいです。

タイミングよく、仏陀の教えのメルマガが届きました。

『親が子に教えることは
悪の道に入らぬよう教え
自分で暮らしを立てていけるよう
導くことである』

自分で暮らしを立てていけるよう導くのは、
今の時代は、良い学校に入れて良い会社に入ることではありません。
私が子育てしていた時は、そうでしたが、
今は、違うような感覚を持っています。

それこそ、不食に身体がなるまでは
自分で食べるものを作れたり、家の修理ができたり
具合が悪くなったら、どうしたらいいのか自然療法の知識をもてたり
そういう、生きていくために必要な知恵を
お金で買わないで自分でできること
そうなるように導くことだと解釈しています。

さて、昨日あまりに暑くて、
息子が激辛が食べたいというので、
うちの黒豆を使ったチリコンカンを作りました。
辛くて、おいしい。
b0034072_19261290.jpg

黒豆を茹でて、その茹で汁も使います。
ニンニクと唐辛子を炒め、豚ひき肉少々、トマト4つ、ピーマン5つの玉ねぎ半分のみじん切りを炒めます。
そこに、黒豆と茹で汁を加え、味付けはバジルと塩、こしょう。
ホーリーバジルが収穫時なので、加えました。

付け合わせのキャベツは香菜と唐辛子を塩麹で和えたもの。

今年はトマトも唐辛子も豊作なので、
有り余るトマトと唐辛子でオニオンとホーリーバジルを加えたレリッシュを作って
朝食のオムレツやパンなどに重宝しています。

夏にオススメの激辛チリコンカンです。
ひき肉を使わない場合は、寺田本家のむすひの酒粕を代用できます。

今日の、都知事選は投票率も高いようだし、どうなるかなあ〜。

[PR]
by kisan35 | 2016-07-31 19:39 | エコロジー食

夏休みになりましたね。
関東地方は、今日が梅雨明け。
でも、すっきりしない曇り空です。

田んぼのある千葉県匝瑳で、移住した人たちが、この夏休みにいろいろなイベントを企画しています。

蛍を見る会
濡れ縁作り
ツリーハウス作り
ヨガリトリート

詳細はSOSA PROJECTのホームページをごらんください。

明日は、埼玉県の和光市EMショップにて、以下のお話会を開催します。
まだ、数名のお席がありますので、よかったらいらしてください。

b0034072_17391717.jpg



[PR]
by kisan35 | 2016-07-28 16:01 | 講演会・イベントのお知らせ

「知性体ソマチッドの衝撃」(ヒカルランド)の本を読んでいます。
ソマチッドはケイ素をひとつ含む生命体のようです。

先日の食事会でも話題はケイ素でした。
そして、昨日EMの友人たちとのランチでもケイ素の話題でした。

ケイ素はクリスタル。
クリスタルを削っても消化吸収できないので、液体ケイ素が今ひそかなブームらしいです。
そのサンプルを送ってもらって数滴飲んでみました。
ソマチッドは肉体と魂をつなぐと本に書いてありますが、夢がリアルでした。
数滴飲んだだけなのに。

そんな話しを今週の金曜日の講演会の金子さんとお話ししていたら、
とても面白いことがわかりました。
ケイ素はエネルギーを螺旋(光合成細菌)にするようです。
ヨモギやスギナ、モリンガに多く含まれているようですが、
ソマチッドは玄米の胚芽や雑穀にも多く含まれているので
ケイ素も多いはず。

まだ、本を読み終えていないので、ケイ素の話はもう少し読んでから続きにしますが、
私の中でとても面白いって思ったのは、
サットナムラサヤンで教えてもらったヨガの中で、レベル1の人たちがやったらいいクリアがありました。
それが自分の中の情熱(執着)を込めて、両手をあげてぐるぐる回す動き(9分)です。
やってみると分かりますが、呼吸は動作についてきて、肩甲骨をぐるぐる回し、
まるでエネルギーが螺旋に旋回している感じです、
これは、ハリ先生が、脳内物質や身体の化学物質を変えるって言われていました。

私の中で、ケイ素とつながったのです。

今日も、匝瑳の自宅の草刈りをしましたが、
つるを見ていても螺旋を描いています。

生ゴミとEMボカシで育てた野菜は、ケイ素もおおいはず。
作っている活性液に、ヨモギを入れてみました。

同じ種をまいたのに、東京の家庭菜園は毎日たくさんのモロッコインゲンを収穫していますが、
トマトはあまり良くありません。
匝瑳では、モロッコインゲンは同じ種で同じEM生ゴミ堆肥で育てましたが、ひとつも実らず、
でもトマトがものすごく元気です。
b0034072_18371810.jpg
完熟しても落ちない。
味が濃くて美味しい。


話は変わり、今日はランチに有名な「つちや食堂」に行ってきました。
かきやはまぐりが名物のようです。
マチャルはカキフライ
私はかき丼を頼みました。
どちらも量は普通で、なんとなくほっとしました。
ここはいつも外に行列ができる人気のお店です。

牡蠣といえば、このへんでは岩牡蠣がとれるので
Rのつく月でない夏でも牡蠣がシーズンで食べられます。

牡蠣もソマチッドが多いらしいですが、
滋養豊富な味は、自分の中で腑に落ちました。
放射能汚染、農薬汚染などなど気になることはたくさんありますが、
おいしいって思うことでソマチッドが光り輝くようです。

[PR]
by kisan35 | 2016-07-24 18:56 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

土用

今日から土用。
梅雨があけたのか、あけていないのか分からないけれど、梅干しを天日干ししました。
b0034072_17473221.jpg
同じ瓶に漬けているのに、赤しその色がみごとに違うのはなぜだろう?

b0034072_17484760.jpg
ソーラーパネルも天日干し。これで発電します。電気が使えないときに便利です。
バッテリーは、先日交換した車の廃棄処分になるバッテリーを使用しています。(まだ使えそう)
ミュージシャンは音に敏感ですが、ソーラーの自然エネルギーを使った方が音がいいそうですね。

今、世界中でいろいろなことが起こり、選挙も都知事選が今月末にあります。
世界中がカオスです。

都知事選に関しては、私はず〜っと宇都宮さんがふさわしいと思っていましたが、
野党統一候補でもしかしたら勝てる可能性のある鳥越さんを応援するため、出馬を断念されました。
宇都宮さんはが一番ふさわしいけれど、知名度では鳥越さんの方が高い。
断念されたことが生かされるよう、宇都宮さんの気持ちを鳥越さんに託したい思いです。
副知事に宇都宮さんがなってくれたらいいなあ。

世界中でおこっているいろいろな事件は格差から生まれている。
ニースの事件、トルコのクーデター、沖縄の高江、南スーダン。
新聞には乗らないけれど、世界中で天災もあり暴動があり、大混乱している。

東京オリンピック(開催できるのだろうか?)を境に
ハイパーインフレになると思っている。
その時、白洲次郎が「これから百姓になる」と言い、畑を耕して
食べ物がなくなった家に大根を届けたという話があるが、
食べ物、水をお金で買っている暮らしは、底がつきると思う。
戦時中は、振袖とお米を交換していたと祖母から聞きましたが、
今から、自分と家族の食べるものを作る生活にシフトしていくといいと思います。

できるだけ、生活の必需品を少なくして
できれば、それらを自分で作れるようにすること。

これがとっても大切だと思います。
それを長年実践している大先輩のけいこさんと再会!

b0034072_18152571.jpg
ハワイ島のけいこさんとお嬢さんのサラちゃんにお会いしました。
話の中で、サラちゃんのお姉さんのももちゃんが出産して、けいこさんはおばあさんになったのですが、
予防接種を一切しないでオーガニック、ベジで育て、自然出産した娘さんから生まれたお孫ちゃんは、
もちろん予防接種していないので、保育園に行くときに血液検査をしたそうです。
生まれて初めて皮膚に注射針をさされて、普通なら血が吹き出るのでアルコール綿で押さえるのですが、
注射針をぬいた途端、プシュって音がして皮膚が閉じたそうです。なので出血はなし。
これにはハワイ島の保健婦さんもびっくりしていたそうです。

アーミッシュと言われる人たちがコミュ二ティーを作っていることは以前から知っていましたが、
こちらの調査が面白い
自然に暮らしていくことが、どれだけ大切なのかすごくわかります。

人が戦争や病気で死ぬことで
医療業界や軍需産業が儲かるシステムの中に暮らしていると、
見えない人本来の免疫力の力の強さがわかります。

土用の期間は、人が耕さずに土のエネルギーに任せている期間です。
今日から8月6日まで続きます。

いろいろなことがカオスになっているって思います。
正直に言うことが善だと思っていた私の自我がそろそろ崩れるのかも。
言葉って発してしまうよりもだまっている方がいいのかもしれない。
個人と社会現象は常に連動しているって思います。

三宅洋平くんと安倍昭恵さんの会合(たまつき)のSNSを読んでいて思いました。
自分の心に留めておくことが楽だろうな。


[PR]
by kisan35 | 2016-07-19 18:52 | その他

昨日、匝瑳に行き田んぼの草取りをして、今日東京に戻りました。
今日の田んぼの様子
b0034072_18152465.jpg
出穂始めました。花が咲いている。

b0034072_18150499.jpg
真っ赤な赤とんぼ

b0034072_18144277.jpg
畔に植えた大豆も順調です
b0034072_18142054.jpg
青い空ととみどり一色

前回のブログにも書いたクンダリーニヨガの養成講座を3日間受けてから、
少しづつ、今まで感じなかった事を感じ始めています。

畔の草刈りをしていて感じたことは、大豆のエネルギー(間違って刈らないようにって思っていました)
を感じるようになりました。見れば分かるけれど、そこにたくさん生えている草とは違って存在感のあるエネルギーを出しているので、雑草に紛れていても、手の感覚で分かることに気がつきました。

クンダリーニヨガで教えてもらった瞑想をすると、
ビジョンとして浮かんでくるのが最後の写真の映像です。
天と地のエネルギーの調和がお米に現れています。

心は素粒子になって、それが物質化してくるというのは本当なのかもしれない。

亡くなった人も素粒子になって、意識をその後も引き継いでいるのだろう。

匝瑳から東京の自宅に到着したら、
小さな家庭菜園のトマトが完熟していて真っ赤でした。
マチャルに見て!と言い、車の荷物を降ろしていたら、
その真っ赤なトマトが下に落ちていました。

初めて種から育てたトマト(野口種苗)
3株植えたけれど、2株は根腐れ病のようになってしまいましたが、
唯一、立派な大玉をつけている一株です。

それが家に着いた途端、真っ赤に実っているのを目にして、数秒の間に地面に落ちました。

トマトがギリギリまで到着を待っていてくれたのだ!

どんな人も動物も植物も、心(素粒子)で繋がっているって思います。

種を植えたわけではないのに、どんどん大きく蔓を伸ばし、
立派なかぼちゃを実らせているのも、心の作用だと思います。

その時の心は空間の中に素粒子としてあって、
心という見えないものを物質化してくれているのが神なのかもしれない。

心が現象化する時代が来たので、
一人一人が自分の心に向かい合って、感じることが平和への近道なのだろうなって思います。


[PR]
by kisan35 | 2016-07-17 19:17 | ヒーリング・精神世界

サットナムラサヤン

クンダリーニヨガのサットナムラサヤンレベル1の養成講座(3日間)に参加しました。

クンダリーニヨガというと、クンダリーニが上昇して覚醒を起こすとか
危険だとか言われていますが、サットナムラサヤンの講座はほとんどが瞑想です。

10時から18時まで、約6時間の間、いろいろな瞑想をしました。
当初、こんなに長い時間瞑想するのは、苦痛かもしれないと思っていましたが、
場のエネルギーとか参加者のエネルギーに助けられて、気がつくと1時間ぐらいが過ぎていました。

私としてチャレンジでしたが、頭で考える時間が少しづつ減っていくのがわかりました。

頭で考えないこと。
ただ、ただ、感じる事。

講座に参加してから、
いつも自分が何かしら頭で考えていることに気がつきました。

たとえば、こうしたら、こうなって
次はどうしよう?とか。

その状態を感じ取るという能力が欠けていました。
脳は、そのように感じる機能を使われていないことで退化している部分があるそうです。

自分のまわりではいろいろなことが起こります。
楽しいことも、苦しいことも、悲しいことも、起こりますが、
その中でバランスをとる力が生まれてきます。

それは考えないこと。なのだ!

意識をすでにある無限につなげていきます。
レベル1はサットナムラサヤンのヒーリングですが、
ゼロになった意識で、ただ相手を触れた感覚だけ感じて
この人を治してあげたいとか
思わずに、ただただ自分の中で起こっていることを深く感じることでヒーリングが起こります。
その意識(メディテイテッド マインド)が無限につながると、バランスが整います。

あなたは私


このヨガは深い。

[PR]
by kisan35 | 2016-07-13 17:59 | ヒーリング・精神世界

現在(7・13)参加者が20名になりました。お早めにお申し込みください。
b0034072_17391717.jpg
おもしろい発表会になると思います。

放射性廃棄物の基準がどんどん上がっていますので、
私たちは、知らず知らずに被爆しています。
各自でできる「菌活」のコツを学べる講座です。


[PR]
by kisan35 | 2016-07-06 17:51 | EM

支那そば@旭

以前から「支那そば」の看板が気になって、行ってみたかったお店。
支那そば「へいきち」

あっさりしたスープ(澄んだ鶏のスープに数種類の漢方が入っている)に
そうめんのような極細麺。24時間煮たチャーシューはほんのり八角の香りがして、脂身もおいしくいただけます。
メニューは支那そばとワンタン麺の2種類です。
とってもおいしいので、また食べに行きたいお店です。

昨日も暑い日でしたが、夕方頃から雷がなって雨。
一気に涼しくなりました。

家庭菜園の草取りをしましたが、
毎日とっても、すぐに伸びてきます。
できるだけ根っこを残すように、鎌で刈り取って、その場所に置いてマルチにしています。
草の下の土が団粒構造になります。
鎌を使えない、野菜の根元は、伸びた草を手で抜きますが、
土が柔らかいので、すぐに抜けます。
砂地の硬かった土が、フカフカになってきたことに感動します。

田んぼや畑作業は、日々感動することが多いです。

今年は紫蘇の葉が、異常に大きくなりました。
紫蘇も勝手に生えてきて、たくさん採れるので、醤油漬けを作りました。
自家製醤油に紫蘇の葉を漬けるだけ。醤油が、たまり醤油っぽいのでよく合います。
b0034072_07412839.jpg
おむすびの海苔の代わりにまくと美味しい。

農家の香取さんが飼っている鶏が卵をたくさん産んだので、卵をいただきました。

b0034072_07434535.jpg
昔は稲わらで包んで、たまごを持ち歩いたそうです。
これ素敵です。

梅もたくさんいただいたので、梅干しを作りました。いい感じにつかっています。
重石をエンバランスの袋に水をいれたものにしたところ、水を抜けば重さが変わるので便利です。
こんな瓶でもしっかり重石が密着するので、カビる失敗もありません。
2キロの梅をつけるには、2リットルの水が入るエンバランスの袋の大がぴったりです。
梅酢があがってきたので、水を半分にして重さを1キロにしたところです。

b0034072_07471535.jpg
梅雨明けしたら、天日干し。

食べるのが楽しみです。

この梅干しでおむすびを作って、醤油漬けの紫蘇の葉でまくと美味しいです。


[PR]
by kisan35 | 2016-07-05 08:02 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

今日も暑かった!
ようやく4時頃から風が涼しくなりました。

家庭菜園では、何を育てるか?
ねぎはかなり農薬をまいているようなので、家庭菜園で作ることにしました。
緑の部分は、20回以上農薬散布されていると聞いてから、
確かに、本当は緑の中の部分はヌルヌルしているのに、カサカサに乾いているねぎが多いことに気がつきました。

野菜の中でも、ねぎ好きなので、
自分で育ててみようと思い、家庭菜園では優先順位になっています。

昨年の植えたねぎが今食べ頃で、とても香りがあり、根っこも元気で食べることができます。

ねぎはコンパニオンプランツとしても根をはらないので、どこにでも植えられて便利です。

今日は冬に収穫できるであろうねぎを家庭菜園に植えました。
ねぎは強いから、失敗なく根ついてくれます。
b0034072_07525455.jpg
金ごまの花が咲きました。ピンク色なんですね。

3時半ごろから畑を耕しました。
いくらか海風が涼やかになりましたが、それでも暑くて顔じゅう日に焼けて真っ赤になりました。

顔は土に似てくるかもしれない。鏡を見たら土みたい。

今日のランチは、飯岡漁港の近くの「浜ゆう」にて。
b0034072_18291183.jpg

お刺身も新鮮で美味しいし、ボリュム満載の海鮮丼1300円です。

飯岡の漁港ちかくのこのあたりは、2011年の津波でほとんどの家屋が壊されていました。
見事に再生してよかったです。
お客さんがひっきりなしに来て人気店のようです。

夜は、まりりんとしのちゃんが来たので、外で食事。
気がついたら11時を過ぎていました。

今年は、部屋の中にハエがいっぱい飛んでいて、香取さんのハエたたきが大活躍しています。
東京と比べものにならないほど、ハエが多いです。





[PR]
by kisan35 | 2016-07-04 07:57 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

里山活動

毎月第一土曜日は、里山活動日です。
地元の方々と一緒に、アルカディアの敷地内の手入れをして、一緒にご飯をいただきます。
昨日はカレーでした。
ご飯は薪で炊きます。
MY田んぼで米を作っている人たちが約30名に地元の方々が10名参加して大所帯。

裏山の草刈りや田んぼの周りの草を刈りました。
すごく暑くて、初めて具合が悪くなりました。
これはやばい!と思い、途中で作業を代わってもらいました。
昨日は、30度くらいの暑さだったと思うのですが、
これから真夏に向けて、十分注意しないと倒れてしまうと思いました。

地元の方がたくさん採れた人参とジャガイモを持ってきてくれたので、
それをいただいて、有機農家の香取さんの家に行きました。
NHK BSテレビの番組で香取さんが登場するので、事前打ち合わせです。
最近、メディアに取り上げられることが多いです。

会話の中で
香取さんが「野菜は作ることができないから、育てている」と言われていて、確かにそうだなと思いました。
もともと自給自足の村だったので、家もそこにはえている杉の木を切り倒して3年かかって作ったそうです。
でも、まだ完成していないよ

シュロで作ったハエたたきもいただきました。よくとれるそうです。
b0034072_08325371.jpg
植物を利用して、手作りでいろいろなものが作れるってすばらしいなあ。
トラクターでもハーベスターでも壊れた機械も、すべて直してくれますので、
SOSA PROJECTになくてはならない方です。

その血をひいている息子の望君は、農業を継ぐことになり、
冬場は自宅の木を削って、素敵なカトラリーを作って売っています。



b0034072_08440901.jpg
これはお玉です。

香取さんの所でもメロンや野菜をいただき、帰宅しました。
庭には、食べごろの空芯菜やきゅうりが実っていて、
天気もよく風が気持ちが良いので、庭のロケットストーブで調理しながら夕食。

ここに来ると豊かな気持ちになります。



[PR]
by kisan35 | 2016-07-03 08:50 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)