ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

10年間近くヨガを教えてくれた先生が、突然亡くなりました。
81歳でした。
ヨガのレッスンを終えた晩、突然息苦しくなり病院で検査を受けている間に、
急性脳溢血で意識不明に陥り、2日後に亡くなりました。

教会でのお葬式に参列させていただきながら、
呼吸を深めてね
という声がこだましていました。

牧師さんのお話も呼吸でした。
『息』は旧約聖書に書かれている言語では命・霊も表します。
漢字で息とは自らの心と書きます。
聖書では、息を吹き込むことによって人間が生まれました。

そういえば、先日聞いた話では、象が人に関心を示す時は、鼻先をくっつけてくるそうです。
その時、鼻先に息を吹きかけると、その人のことを一生忘れないそうです。

精神的に苦しい時は、
息を吸い込めても、ゆっくり長く吐き出すことができなくなります。

過呼吸気味だったかつて、
ヨガのお教室の場で、呼吸を深めることで脈拍ががくんと1分間に20位おち、
呼吸が安定してくるのを感じました。

生きること、息ることは同じなんだなあと先生が教えてくれました。

最後のレッスンは、いつものように終わりましたが、
いつもはおっしゃらない「ありがとうございました」と言われたそうです。
私は、なんとなくいつもと違う感じがしたのですが、
先生は100歳まで生きるだろうと思っていたので、
まさかそれが最後のレッスンになるとは夢にも思いませんでした。

今になってみると、
今年に入って先生が風邪でレッスンをお休みされたことがあり、
腹式呼吸を20分ほど続けたら、1日で良くなったと言われていましたが、
10年間、風邪を引かれてレッスンがなくなったのは初めてのことでした。

私たちのヨガ教室には、先生のレッスンを30年続けている人が二人いらして、少人数です。
毎回、先生が「気持ちの良い場、これは皆さんが作り出しています。」
「自分に向かい合っている時が一番美しいですよ」
「なんとも言えない言葉にできない美しさなんです。」
と感激しながら、イメージすることの大切さ、呼吸の大切さを2時間近く話してくれます。

毎週水曜日のヨガに行けば、どんなに辛い体調も副交感神経型の身体になり、
よくなることを体験してきました。

身体が副交感神経型になると
NK細胞、セロトニン、リンパ球が増え、免疫力が高まります。
最後の大の字の瞑想の時は、アジーナチャクラをしっかり見て、
おでこを広げ、呼吸に意識を向けます。
お腹だけが動いて呼吸をしていますが、呼吸をしているという感覚もなくなり至福です。
「この瞬間、自分の願望をイメージしなさい。叶えますよ」
欲深い私は、いろいろな願望をイメージしていましたが、
今年になって大の字の瞑想の時、ありがとう〜と思っていました。
自分の願望より、ただ、ありがとうという感謝の気持ちが湧いてきたのですが、瞑想を終えた時、
先生がいつもと違い、涙声になっていたので、
先生にありがとうが通じたんだ!と思いました。

先生が亡くなられて、もうヨガのお仲間とも会うこともなくなってしまいますが、
教えていただいたことを自宅で細々と続けていこうと思います。

17日の夜中、外に犬のおしっこを出しに出たら、
夜空の星がキラリと輝いて、先生が星になったと思いました。
やはり、その日が命日でした。

ヨガ教室の場が、気持ちの良いエネルギー場であったように
今度は、広大な宇宙空間を浄化してくれているでしょう。

こ冥福をお祈りしています。

b0034072_13262676.jpg







[PR]
by kisan35 | 2016-02-23 13:35 | その他

日常と4次元感覚

2月も半ばになりました。
この時期は、寒くて屋外ではあまりやることもありませんが、
春に向けての準備があります。

まずお醤油しぼりです。
b0034072_18450949.jpg
創意工夫しました!
b0034072_18455434.jpg
一滴、一滴落ちてきます。


なかなか美味しいです。

昨年田んぼでとれた大豆は、今年の味噌や醤油になりますが、
その前に、時間のかかる絞る作業が始まりました。

そして、こちらは5月の田植えに向けて
稲籾の浸水を始めました。

b0034072_18484781.jpg
これは発芽抑制をしているアブシジン酸を除く作業になります。

b0034072_18503183.jpg
その前に、種もみの選別がありました。
塩水選といいますが、大量の塩が必要なので、今年は海水でやりました。
下に沈んだ籾が種もみになります。

今朝は、練馬の家庭菜園で収穫した小さな大根を沢庵にしました。

ぬかと、塩と昆布でつけてみました。
初めてのチャレンジです。

味噌、醤油、沢庵、ぬかずけなどなど
日本の伝統的な発酵食品は、シンプルで簡単にできます。
手間暇をかける余裕があれば、誰でもできます。

こんな作業をしながら合間に読む「シリウス革命」。
おお〜と身震いしながら、この感覚をマスターしたいぞ!って思います。

半田さんがスターピープルという雑誌に投稿された記事がすばらしい。
私たちが半田さんの言うところのユダヤ的、鉄的、自分のエゴ的な意識
これに気が付いた時に、平和や環境活動の本質も変わるなあなんて思います。
ヌーソロジー(ヌース理論)は

奥行きがあり、とても面白いです。

人々の意識が変わる時社会が変わる。

それにしても、安倍政権、安部チルドレンの破廉恥さは、
光に気がつくための闇なのだろうか?

意識のシフトが起こった時、こうした闇は削除されるらしい。

意識は4次元、暮らしは三次元のはざまという感じです。

[PR]
by kisan35 | 2016-02-17 19:05 | ヒーリング・精神世界

裏と表

今いる世界は、全体の一部なのだ!

昨年の暮れから、なんだか今までと違う意識が立ち起こっている感覚があります。
それはどういうことかといえば、
あることが起こった時、今までなら慌てふためいて、そうならないよう作戦を考えたりしていたことが
なくなりました。
どうにでもなるようにしかならない世界を知りました。

自分が善意のつもりで行ったことがエゴだったり、
その人のためにならなかったり。

あらゆることが表裏一体で起こることを感じています。

なるようにしかならない。

改めて日々感じております。

もともとはこの世界の現象は、反転しているという「シリウス革命」の本を読んで、
かなり難解ですが、その中でももっともだと理解できる記述もあり、
今まで一方向でしか見えなかったことが、多次元的に見えるようになりました。

自分とは周りの空間。
宇宙とは自分の中。

この反転した意識に気がついてみると、
今までの見方が変わり、とても面白いです。

半田広宣著「シリウス革命」



[PR]
by kisan35 | 2016-02-13 19:34 | ヒーリング・精神世界

手前味噌仕込み会

お味噌は自分で作ると、買った味噌よりおいしいことが分かります。
それは、たぶん、家の常在菌の作用

手前味噌仕込み会第10回目のお知らせです

・・・味噌、自分で仕込こんじゃおう会!・・・

味噌作り工程を参加者全員でワイワイとご体験頂き、
後日みなさんのご自宅で仕込めるよう、
仕込みキット(材料)をお持ち帰りいただきます。

●3月8日(火)10:00~12:00

●場所:練馬区の自宅
     西武池袋線、地下鉄大江戸線「豊島園」から徒歩13分ぐらい
     有楽町線、副都心線「平和台」から徒歩15分ぐらい

  ご参加の方には道順を送ります

●料金  約4,5キロの味噌キット 5000円

山形新庄の無農薬栽培のお米を使った自家製麹
山形新庄の無農薬栽培の大豆
自然塩(ベトナム カンホアの塩)
手作り味噌の作り方レシピ

●持ち物 エプロン、筆記用具、タオル、スリッパ、マイカップ、味噌キットを持ち帰る袋
     大豆のゆで汁をお持ち帰りになりたい方は密閉容器

●定員20名 (定員になり次第締め切りになります)

●お申込み詳細

2月25日締切
麹の仕込みの関係で締切日を設けさせたいただきます
また発注の関係上、万が一のキャンセルの場合にも
全額お支払い頂きますが、どうぞご了承くださいませ。

参加ご希望の方は以下の内容をメールでお送り下さい。

1)お名前
2)参加者人数
3)携帯電話番号
4)メールアドレス

お申込み、及び、お問い合わせは
k-kiアットjg8.so-net.ne.jp
03-6914-8179

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます(^^)

※味噌キットのみの配送も承ります。
料金は送料込みで5000円になります。

味噌キットのみご希望の方は

以下の内容をメールでお送りください。

1)お名前
2)電話番号
3)住所
味噌キットのみ希望とお書き添えください


[PR]
by kisan35 | 2016-02-04 09:00 | 講演会・イベントのお知らせ

b0034072_08165514.jpg
あの事故が起こった3月11日に鎌倉芸術館にて映画「蘇生」上映会と比嘉先生の講演会があります。

5年たってもあの日を思い出します。
未来に希望を見出せなくなった大災害が降りかかり、絶望的な気持ちでいた時に、
EMが放射能対策になることを知り、どんどん活性液を作りました。
そうしたら、希望が見えてくるようになりました。

チェルノブイリでの子供達もEM飲んでいたことを知るようになり野呂さんに出会い、
東北でEM活性液を作りました。
2011年は、絶望だと言っている暇がないくらい忙しくなりました。
知らず知らずのうちに自分が明るく元気になり、EMを使い始めたお母さんたちも明るくなりました。
有用微生物は蘇生の力があるのを実感しました。

その後、自分の被曝量を測定するために理研分析センターに尿検査をお願いしたところ
b0034072_08432061.jpg
これなら大丈夫という数値でした。
私の場合、田んぼ作業をしたり、魚を食べたりしていたので、
有用微生物EMの抗酸化力と元素転換力(エセ科学と言われるのを覚悟で)のおかげです。

ここ数年、金子のぶみちさんと有志で放射能浄化実験をしています。
EMは条件が揃うと確実にペットボトルの中の放射能(セシウム)を減らしてくれます。

b0034072_08505208.jpg
b0034072_08511426.jpg
話は変わりますが、先日白鳥監督の祈りとお茶会に参加しました。
「祈り」の映画の中に登場する筑波大学の村上信夫教授の研究が、映画製作後もどんどん進み、
祈る力(意識の力)が眠っていたDNAをオンにすることが実証されたそうです。
意識の力が現象を生み出します。

前置きが長くなりましたが、
3月11日は鎌倉芸術館で集える幸せをかみしめる日になると思います。




[PR]
by kisan35 | 2016-02-02 09:05 | EM