ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

<   2016年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

sosa project(千葉県匝瑳市のNPO)の今年のMY田んぼの募集が始まりました。
週末ファーマーで、お米を自給しよう!

半畝の田んぼと大豆畑で、
自ら、田植えをし、種を蒔き、収穫します。
夏の間、こまめに雑草を抜いた人は、収量が多いです。
半畝の広さで2キロ〜20キロ。幅があります。

詳細はsosa projectのホームページのmy田んぼをごらんください。

一通り作業をやるので、(苗は香取の藤崎さんの苗を購入しますが、)
お米を作れる自信が生まれてきます。
いい汗かいて、大地と一体になる農作業は、とても楽しいですよ。

ただ、悲しいことに千葉県は東京と同じくらいに福島原発事故で放射能汚染されていますので、
こちらもお読みください。

b0034072_18290892.jpg





[PR]
by kisan35 | 2016-01-26 18:29 | 田んぼ

手作りキムチ

寒い日が続きます。
辛いもの大好きなので、ず〜っと前からキムチを作れたらいいなあって思っていました。
キムチ大好きです。
そのまま食べてもいいし、チゲ鍋、キムチチャーハンなどなど。
何度か作ってみたのですが、あまり美味しくなくて、でも
売っているキムチの原材料をみると、う〜んとうなってしまいます。

時々おじゃましている、鶯谷の料理教室で
キムチを作ることになりました。やった!

そのキムチはとっても美味しくて、先生はCookpadにもレシピを載せています。
フランスのコルドンブルーで学び、フランスのレストランで働いた経験があります。
そのレシピを身体によいように日本人向けにアレンジしていて、
味を知り尽くした人が、妥協せずに、日本の発酵食品を取り入れているのが素敵だなと思います。


⚫️キムチの作り方

まずはヤンニョムから
先生のレシピはこちら

キムチを漬け込む前にヤンニョムを作ってみてくださいね。
このヤンニョムは、鳥の唐揚げなどにも使えて辛くてニンニク味が好きな人ははまります。
甘みは手作り甘酒です。

キムチのレシピはこちら

生活クラブ生協に行ったら、和光のEM農家さんの清水さんの白菜やかぶがありました。
生活クラブ生協では、EM栽培とか自然栽培という表示はありませんが、
以前からこの野菜の味はEMを使っているはずだと思っていた方です。
パルク自由学校で野菜の作り方講座を今年から開催されます。行きたかったのですが、行けなくて残念です。

清水さんの野菜がなぜEMを使っているのかと思ったのは。。。
葉物を食べた時です。
EM野菜は、えぐみがなくて甘くて、野菜自体がとてもニュートラルでおいしいのです。

白菜一株とカブを買って、今日はキムチ作りをしました。

先生のレシピでの大根は、かぶになりました。

b0034072_18232639.jpg
清水さんのEM白菜とかぶを2%の塩をまぶしました。
野菜はしばらくEM発酵液の入った水に浸しています。

b0034072_18254033.jpg
こちらはヤンニョム。作りたてです。それぞれの素材の味が勝っています。
一週間おくと美味しくなります。ここでEMXgoldを少し加えました。

b0034072_18285173.jpg
キムチは発酵食品です。
日本のスーパーで売っているキムチは、何が入っているのか食品成分表示をみると食べられないなあと思います。

以前、ハワイのエコビレッジを訪ねた時、
プロバイオティクスの代表でキムチが人気あるのを知りました。
スーパーではkohalaというメーカーのキムチがありますね。

東京はとても便利だと思うのは、
アミの塩辛など韓国食材店がいたるところにあって、
キムチ作りたい!と思うと、車で少し走れば、材料が手に入ること。

何かに熱中して、何かを作っているときはとても楽しい。

私の場合、それが料理かもしれない。

キムチは買うのではなく、自分でも作れます。
その長年の夢がかなった嬉しい時です。





[PR]
by kisan35 | 2016-01-25 18:42 | EM

雪!

週末を匝瑳で過ごし、東京に戻ってきたら雪!
結構積もっています。

九十九里の海前の家は、強風と雨でしたが、
かなり暖かく、まさかこんなに雪が降っていたとは知りませんでした。

昨日って一体何がおこっているの?
月とか太陽などの影響を考えてもわかりませんが、
現象としていっぱい、いっぱい吹き出しているのを感じました。
幸いなことに、今まで言いたいことを全部吹き出してきている夫婦関係は問題がないのですが、
いろいろなことがおこり、子供達のこととか、友人との関係性とか
連絡が入るので、ああ〜ででいるなあっって思いながら
もう、それはそれぞれの問題だから、頭で考えていてこうすれば?みたいなことも通用しないのですね。
この現象は、心で素直に生きることなのかもしれない。

そのキーになる日が昨日だった気がしてなりません。
1月18日

昨日は不思議な日で、家の漆喰塗りをすることもできずに過ごし、
それぞれの噴き出すものを感じ、早寝遅起きしました。
寝ているときはとても幸せです。
三重円が夢に現れて奇跡のかつにだそうです。
意味わからないです。
三重円は、同心円ではなく一箇所でつながる円です。
これおまじないのように空間に描くと、面白いなあって思います。
何が起こるかお楽しみに。

今日も風が強かったけれど、太陽の光があまりに美しいので
デッキでヨガをしました。
これからはヨガを日常に取り入れようと思います。

昨日の大雨で長いことたまらなかった田んぼの水がついにたまりましたので、
EMをまいて東京に戻りました。
田舎暮らしは、自然と関わる時間が増えます。
それがとても心と身体に大切なエネルギーを都会では得られないエネルギーを恵んでくれます。

今年のsosa projectのMY田んぼの年間スケジュールが決まりましたので
近いうちにsosa projectのホームページにアップしますので、
半農半x、自給に興味のある方は4月から11月までの作業で、米作りを体験できます。
一年通してお米を作りますと、どこへ行っても米は作れる自信につながります。


 

[PR]
by kisan35 | 2016-01-19 19:51 | その他

ピラティスとつながり

週末ファーマーで東京での滞在は4日間ですが、
その間、ヨガとピラティスに通っています。
ヨガは8年くらい、同じ先生(80歳)に教えていただいています。
母と同じ年で、これだけ生き生きとしているのは(母や認知症)ヨガの効果だと思います。
ハタヨガで、ポーズはゆるやかですが、私はこのゆっくりとした流れがとても合っています。
でも、合わない人は合わないと思います。
40年近くヨガをやってきて、一番大切なのは呼吸(腹式呼吸)だそうです。

私自身は、いつも脈拍が多くて、結構がんばって生きているのだなあって思いますが、
ここで2時間ヨガをした後は1分間に20は下がっています。
副交感神経優位の身体になっているので、いろいろな免疫細胞も活性化しているはずですし。
副交感神経優位になると脳波が変わります。
α波、シータ波
それがとても気持ちが良いのです。

風邪をひいても一切薬を飲まずに、呼吸で治せる先生は素晴らしいです。
ご縁があってこちらで学べることが嬉しいです。
先生はスピリチュアルなことは言いませんが、場の空気を絶対によんでいると思います。
自分は場の空気がわかるとは言いませんが、私が瞑想の時思うことに、答えてくれているのを感じます。
そんなこと考えちゃダメとか、誰にいうことではなく言います。
私が先生のこと心配する気持ちを感じると、もっと集中してと言われます。
言葉ではないコミュニケーションがなりたっています。

ピラティスは、自分の身体の動き、たとえば頭の傾き具合とか歩き方が自然体ではないと思い、週に一度通い始めて
3ヶ月か4ヶ月になります。
身体の使い方が悪いと、私のように座骨神経痛になったりテニス肘になります。
今までは、それを直してもらおうと思っていましたが、
自分の身体のくせはどこかにひずみを起こしているので、
それがわかると、誰かに頼らなくても自分で治せると思いました。

今日もピラティスに行きました。
寝ている時、足をつることが多かったのですが、最近はつらなくなりました。
今の時期は寒くて、足先が冷えていることが多いです。
ピラティスでは、足のつま先をバレリーナのトウをたてるポーズがありまして、
私はこのポーズは足がつると思い、とても怖いのです。
先生にそのことを言いましたら、
みんな一緒だと大丈夫。
どこかで反発するからつるの。
って言われました。

足先の指先だけを曲げるのではなく、足首から足先までを伸ばす感じで曲げると
全然問題がないのを発見しました。

ピラティスは自分の歩き方のくせとか、頭の位置とか、
それまでの普通にやってきた行動が、ひずみや痛みになるのを教えてくれます。

私はと言いますと、
今まで忙しかったんですね。
体重がつま先になっていますと言われていました。

体重をかかとに移し、歩くときは、母指球で大地を踏み腹が前にでるようにあるくこと。
手を振ることで、一歩がぐんぐん進んで、今までの歩き方がおかしかったし、身体に負担をかけていたことに気がつきました。
駅に自転車をとめていたのに、歩くのが楽しくてすっかり忘れてしまって、、また引き返して自転車で帰宅しました。

歩き方は、大切です。



[PR]
by kisan35 | 2016-01-14 19:23 | その他

認知症

今後65歳以上の4人に一人は認知症になるという報告もありますが、
私の母も認知症で、前頭側頭葉型認知症だと言われました。
いつも不機嫌で怒っていて、
家のものが盗まれると言い、私は年金泥棒と思われていて
「お金を返してちょうだい」と日々連絡があります。
こうした身内の恥をブログで書くのも、心のどこかで抵抗はありますが、
おそらく同じような悩みの人もいらっっしゃると思い書いています。
そして、認知症は薬害、公害のミックスした病気ではないかと思うので、
恥ずかしくはありますが、ブログで書くことにしました。

母の場合、自閉症と似ているところがあります。
ものすごくこだわりがあり、
お金にとても執着しているので、
お金を渡すと、2種類の下着に包んで(大切だから)どこかに隠してしまいます。
そして、怒って電話してくるのです。
「あなたが取った年金を返してちょうだい。この家には一銭もないの。
どうやって暮らしたらいいの』

時間がある時は、家中押入れの中タンスの中をすべて探して、お金が見つかることがあります。
妹は母と二世帯同居をしているので、常日頃この繰り返しで本当に大変です。
お金が見つかっても、すぐにまた隠すので無くなります。
一万円札をコピーして渡せたらと思いました。(それだけで犯罪のようなのでやめました)

もともと社交的でないので、デイサービスに行くのは嫌がり、
週に2度、リハビリの人が来てくれていますが、それも嫌みたいです。
脳と足の運びが連動しないので、できるだけ歩かないとうまく歩けなくなります。
特にくだり坂は、加速がついて、何かにぶつかるまで止まりません。

普段はめったに笑うことがなく、いつも嫌味をいったり
何か言うとすぐに怒り出して大変なのですが、
昨日、うちに来ていた時、お腹をかかえて笑いました。
「こんなに笑ったのは久しぶり」と言いながら、顔つきが変わってくるのを目の当たりにしました。

b0034072_18272969.jpg
これなんです。
田んぼの畦でとれた大豆の殻むきを一緒にやっていたら、
その時間の間は、いろいろなことを考えないで済むし、どうも楽しくなるようです。
母は
「私でもお役にたっているって思えるの」
って言っていました。

一緒にお昼を食べても、その後公園を散歩しても
数分後にはすぐに忘れてしまう母が、今朝電話してきて今日も大豆の殻むきしようねと言ったことを覚えていたのです。

すごくびっくりして
「覚えていたんだね〜」と言うと
「あたりまえじゃない」と返事

「食べたものとか人の顔とかすぐに忘れるのにすごいねえ」
「そういえばそうだね」

と普通の会話ができたので嬉しかったです。

お米や大豆を手に触れて作業していると、
身体が熱くなり、私は着ているものを一枚脱ぐことが多いです。
それだけこの作物はエネルギーがあるのです。

デイサービスに行けば、折り紙をやったりしますが、
大豆の殻むきとか稲わらを束ねるという作業をお願いすると、
脳が活性化するような気がしてなりません。
デイサービスでも、こうした作業を取り入れるといいと思います。
手で大豆の殻をむいたり、種取りしたりという作業は時間がかかりるので、
デイサービスで引き受けてみたら、面白いように思えます。

地の力は奇跡をおこしてくれるかもしれません。

今後、私がどれだけ母に関われるかにもよりますが、
認知症で別人だった母が、腹から笑い、笑いが記憶をほんのすこし呼び起こし、
楽しい作業と思うことで、生きがいにもなったような気がしています。
そして、大豆の殻むきをしながら話す内容は、子供時代のこと。
これは不思議と覚えているんですね。私がまだ2歳の時、屋根から落ちたことを話すと、よく覚えています。

あなたはいつも屋根に登っていて、
あんな高い所から落ちたのに、かすり傷ひとつしていなかったのよ。

私は、落ちた瞬間「死んだ!」って思いましたが、
意識を失って目を覚ましたら、母がいて生きていたのだと2歳ながら覚えていました。
当時は、母は生活面でやることも多く大変だったと思いますが、生きがいがあったのです。
生きがいがなくなることが認知症の原因のひとつかもしれません。
人はいつでも誰かの役に立っていると思えることがどんな病も良い方向に向かうと思います。

折り紙よりもこうした手作業の土のエネルギーをもらえる作業で、
まだ自分は社会に役立っていることが感じられることが大切だと思います。
デイサービスなどでも普及してくれますように。


[PR]
by kisan35 | 2016-01-12 18:51 | 環境・社会問題

太陽の光

里山活動の日でしたので、匝瑳で過ごして東京に戻りました。
普段は東京よりも寒い匝瑳の海前の家ですが、
太陽の透明感のある光がキラキラと輝いているのを見て、
あまりに美しく、思わず写真を撮ってしまいました。

b0034072_20053493.jpg
b0034072_20061603.jpg
レインボーの光
この木に留守の間どろうぼうに入られないよう頼んでいます
手前の白いのはもぐら退治用の缶です。こうしておくと振動でもぐらが来なくなる聞き、やっていますが。

b0034072_20070529.jpg
黄色い花はオータムポエムの花です。

東京で出る生ゴミをEMぼかしを混ぜたバケツに入れて
こちらに来るときに持ってきています。
生ゴミは、よい肥料になり、ゴミが資源になるので、もったいなくて捨てられなくなりました。
畑の土がとても良くなってきています。
それでも、まだまだできる野菜は小さくて、
半年かけて種(種取りできる種)から育て、こんなに小さいのか〜とがっかりすることがほとんどです。
味は美味しいのですがね。

今まで何ども種をまいて小さな実しかできなかった人参。
今年は、形がおかしいですが、できました!
葉を広げて育っているのはわかっていたのですが、
こんなに大きく育ってる!
この感動は、この方法で畑をやっていってもいいよ
と許可が下りた気がしました。

b0034072_21263061.jpg
すぐに生で食べたのですが、くせがなく甘くてフルーツのよう。
おいしい!
自然栽培の人参はとってもおいしい。自分でも作れる!それがわかった記念日です。

この葉っぱは、くるみとニンニクと塩、オリーブオイル、寺田本家の醍醐の雫の酒粕と混ぜて
フードプロセッサーでペーストにして、パンに塗り食べました。

おいしいものが手創りでできて最高の幸せです(^ ^)

今朝、あまりに気持ちが良いので、
太陽の光を浴びながら、庭でヨガをしました。
全身の細胞に太陽の光が行き渡り、
サバーサナという大の字の瞑想は、何時間でもできるくらい気持ちが良かったです。

何時間たったのかわからないくらい瞑想していて、
起き上がって空を見上げると、天使の羽、龍の形の雲がぽっかりと漂っていました。

ひとの意識が空間に影響を及ぼしているんだ!
現象がそうだよって教えてくれました。

光がかつてと違うし、太陽の力は変容の力なのかもしれません。
水瓶座の時代なんだなあと実感です。

[PR]
by kisan35 | 2016-01-10 21:43 | EM

イニシエーション

エリザベス ハイチ著「イニシエーション」を読み、根源的な仕組みが少しわかり始めています。
2015年年末から読んでいる数冊の本が、一貫して同じことを伝えてくれていることは、
意識で現象が変わると言うことです。
これは今の時代はエセ科学と言われていますが、それは頭で考えることが唯一ということであり、
自分の学んだとても狭い知識の中で生きていることにもなります。

earthanksさんのビジョンマジックで見たビジョンが、心に残っています。
平和な街並みで、一面シロツメグサに似た植物が生えていました。そこでは犬がその草を食べていました。
犬はドッグフードは食べずに、この草を食べて元気なんだよと言われました。

子供達が風船を手にして遊んでいます。
浮き上がっては降りてくる。弧をえがくように。
こんな素敵な玩具があれば楽しそう!って思いました。
ビジョンマジックから覚めても、あの面白そうな玩具が忘れられません。
あの風船は、上に行く、下に行くという持ち手の意識に反応し、
反重力の力も応用しているって思えました。

それで、ネットで反重力を検索したら
またまたおもしろい方がいらっしゃいました。
岩崎士郎さんです。
この方は反重力というより、幾何学模様(三角形)を描くことで、
空間エネルギーの力を日常に役立てるということを教えてくれています。
三角形は神のエネルギーなのですね。
先端の尖ったところから電子が出ていくそうです。
霊障のある人は、部屋の四隅に三角形をおくといいそうです。
私の中では円がパワフルと思っていたのですが、
三角形すごい!と思います。
たとえば三角形を名刺で作りその上にコーヒーをおくと、苦味が緩和されるのです。

こうした現象はなぜ起こるのか?考えていますが、
しょせん主婦の頭で考えることで大したことはわかりませんが、
腑に落ちたことは
三角形の先端にエネルギーが向かうのは、矢印の方向が表すのと同じと気がつきました。
これは矢印の先端に意識が向かうという集合意識が、エネルギーを向かう方向を作っていることに気がつきました。

おもしろいな〜
意識が現実を作るんだよなって考えていたら
「波動の法則」の足立育朗さんが
こんなこと書かれていました。
物質の質量である原子核を構成する
中性子は意識
陽子は意志
そしてその周りを回っている電子は
それを実現する役割だそうです。

そして身体も地球もそうですが、
99.9%以上が質量のある原子核ではなく空間でできている。
空間=宇宙
なので、素領域(空間)を味方につけると神様が応援してくれるということに辿りつきました。

新しい知恵、価値観の変換は私を自由にしてくれました。

「イニシエーション」の本より興味深かった内容です
出生児のホロスコープはその前の生で死んだ時と同じ。
瞑想するときは、呼吸に意識を向けますが、対象を逆にするといい。
生きていると日々困難があるが、それを乗り越えていくことがイニシエーション
ピラミッドに入らなくても、日常に気付きがある。

年末から読んだ本の数々、それにシンクロしたネットワーク
面白くて生きているのが幸せだなと思います。

最後に場の調整と奇跡は、日常でもたくさん起こります。
その一つの例として
私が今の夫と結婚するきっかけになったのは、
飯田橋の東京大神宮になんとなく行ったことから始まりました。

二人でおみくじを引いてみたら、
私のおみくじは「年下の乙女座の人がいい」
勝さんのおみくじは「かなり年齢の離れた酉年の人がいい」とあり
お互いのことなのでびっくりして、その後結婚することになりました。

それからしばらくして、
東京大神宮を訪れ、おみくじを引いたのです、
後日ひいたおみくじは具体的なことは全然書かれていないので、そこでも驚きました。おみくじは、もっと抽象的な形なのに、あの時はなんだったんだろう?って話しています。

あれは、神様が「この人と一緒になるように」って
奇跡をおこしたとしか思えないのです。

不思議なことが起こる時は、その時は案外気がつかないものです。
数年して、その時の出来事がなぜおこったのかわかるようになります。
「イニシエーション」の本にもありますが、
時間軸がなくなると現象が先に起こることもあるのだなあって思います。
それは、意識が場を動かしているとしか考えられえないのです。
結婚とかパートナーとの関係性は
お互いの魂を切磋琢磨して磨き上げること。
お互いに鏡面になって、気付きを促していることに気がつきました。
ありがとうございます。

[PR]
by kisan35 | 2016-01-08 20:58 | ヒーリング・精神世界

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年のお正月は暖かく、初詣に行くのにコートなしで行けました。
何かおかしな感じがします。
クリスマス時期毎年寒いニューヨークは、半袖でも大丈夫なくらい暖かく、
冬でも暖かいカルフォルニアは異常に寒いそうです。(in deepより)

クリスマスイブの保江さんの講演会で紹介されていた本「イニシエーション」エリザベス・ハイチ著。
「愛の方程式」と同じことが書かれているとあり、早速購入して読んでいました。

「イニシエーション」素晴らしい本です!
私のバイブルです。今までのたくさんの疑問がこの本を読んで溶けていきます。
保江さんも、人の書いた本は読んだことがないそうです。
いつもページをバラバラとめくると内容が入ってくるけれど、
「イニシエーション」は一語一句きちんと読んでいますと言われていました。
かなり厚い本でナチュラルスピリットから出版しています。
私も夢中で読み進み、読み終えた後もまた読み直していますが、
気づきがたくさんあります。
エリザベスさんはヨーロッパで最古のヨガスクールを作られた方で、
瞑想していた時に、過去生でエジプトの妃だった時、神官からイニシエーションを受けた内容を
詳しく思い出し、多くの人にその教えを伝えてきました。
その教えを聞いた人が、内容を書き留め1953年にベストセラー本になり、17カ国で翻訳されました。
日本では2015年に出版された本です。

保江さんの「愛の方程式」
テレポーテションできるkanさんの「時空を超えて生きる」
そして「イニシエーション」。
どれもおなじことを伝えているのがわかります。

しかも偶然息子の部屋で見つけたNewton2010 2「無」の物理学
こちらにも同じことが書かれています。

無の空間はなにもないと思っていたけれど、実は素粒子は無の空間という「場」から生み出される。
さらにその空間そのものが変化する相転移が起きたりとNEWTONに書かれています。
kanさんの本には、「潜象界」から虫や花はやってくると書かれていて、ああ〜同じことだ!って思いました。
保江さんは場を愛とか情で満たすと素粒子が変化するということを言われています。

腸内細菌が整うと考えが変わり、遺伝子が変わり、運命が変わる「遺伝子も腸のいいなり」の藤田さんの本にもつながります。

リサ ランドール博士の素粒子の動きの動画を見ていたら、
フランスパンを縦にいくつか切って、その切った隙間は5次元だと言われていました。
実験でも姿を消してしまう素粒子もあるそうです。
kanさんの潜象界、「無」といわれる場は、日常では目に見えない次元の違う場で、今私たちがいる場に重なって存在し、
そこから物質化が起こっているのであれば
その場から生み出される素粒子は愛や情、「ありがとう」という言葉にも反応して場が変わり、
素粒子が変化して奇跡がおこるということは理解できます。

「イニシエーション」ではどう書かれているかといいますと
この地球に生まれることは、一なる神の状態から分かれた結果であり、
それは真の自己の目に見える半分でしかない。(なぜならこの地球の善悪という2極の世界は、陰と陽の関係で目に見える物質化した肉体と
目に見えない半分の霊体でなりたっている)
人として生きていることは、顕在化されない目に見えない半分もいるのです。
で、引力の法則で、一人ではなくパートナーを求めるわけです。(一なる神に戻りたい願望から)
残念ながら、誰かと肉体的に結びついても、一なる自己にはなれないことに気がついていきます。
神なる一から分離し、地球で肉体を持った時から、半分と切り離されているので孤独感が常にあるわけです。
でも、人との関係では埋めることができない。潜在意識にある自己の半分とつながること。
これなんですね!
本当のパートナーとは自分の潜在意識にいる半分の魂と合体するなんだなあって思いました。
答えは常に自分のうちにあるという言葉が、わかり始めてきます。


水瓶座の時代は、これから数千年続きます。
今は幕開けですが、
今後物質世界ではなく波動の世界へ移行していきます。そのように本にも書かれていました。
価値観の転換が徐々に起こります。

今、この世界はいたるところで戦争が起こっています。
政治や指導者が変わっても、変化は期待できません。

かつて調和と平和のあった社会は母系社会で
物質やお金ではない世界がありました。
これからは一人一人が「米」のように八方に光を放射して
自分が神であったことを思い出してくれたら宇宙意識ともつながりいいなあと思いブログを書いています。

で、ここからがスピリチュアルな内容になります。

以前からご縁のあるearthanksさんのところに行きました。
肉体を持って生まれた私は、
もう半分の自己に出会い、
一なる自己という感覚を味わいたかったのです。
ひとりひとりが神であるという感覚が、かつての平和な時を思い出し
自分が奴隷ではなく、創造主であるということを思い出すと期待しました。

彼はすばらしい魂の導き人で、信頼しています。
ビジョンマジック
多次元旅行をしてきて見えたビジョンは平和でした。
宇宙が私であり、私という空間に私がいる。
私という意識は創造の源であり、神であることが
ビジョンマジックで実際に体験して肌で感じました。

日常生活は、いろいろ問題もあり大変ですが
ひとつ学んだのは、一人一人の宇宙があるので
自己を感じるとただ漂い、時間の経過と愛を送るだけだという感覚をえました。
自分が必要以上に手助けすることが、どれだけその人の魂の学びをうばっていたのだろう!特に親子間。
いたく反省しています。

人として生きていることは死であり、
肉体を離れ霊体に戻る事が生なのだという感覚です。
今までと違う価値観が生まれているのを感じています。

[PR]
by kisan35 | 2016-01-05 20:00 | ヒーリング・精神世界