ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

<   2015年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

癌は生活習慣病だと思う

周りで癌の人が多くて、放射能の影響が後押ししているかなあって思います。
癌は不治の病ではなく、玄米菜食で完治している人が私の周りでは多く、
食べ物を変え、身体を温める温熱療法、そして微量の天然放射線を出すホルシミス効果のある岩盤浴など
脳腫瘍から子宮がんなど、治っている人が多いです。
そのほとんどの人が抗がん剤治療を受けずに、まずは断食、そして酵素たっぷりの野菜ジュース、身体を温める療法などでよくなっています。
お肉や乳製品が大好きで
野菜をあまり食べなかったり、出来合いの添加物、農薬、化学調味料いっぱいの食事を食べていたり、
そこを変えればいいんだよ〜。
食べ物で身体はできているから、
食べ方を変えてみて!
と思います。
でも、食べ物と身体の関係がわからないと理解不能でわかってもらえないのが悲しいです。
みじかな人にどうやって分かってもらえるのだろうか?

病気になったら病院で最先端の治療を受ける人
自分で食べ物を変え、生き方を考え直す人

多分、自分で直す人の方が生還率が高いはずです。
芸能人など、最先端の治療を受けた人は、一年以内にかなりの確率で死んでいますが、
私の周りの癌が治った人は、現代医学の治療を受けてもその後やめて、玄米菜食、砂糖、肉、乳製品は食べない生活で治っている人がとても多くて、EMXゴールドの抗酸化力で癌がよくなっている人もたくさんいます。

ここ数十年、私は健康診断を受けていないのですが、
どこかが悪いかもしれません。
健康診断の検査の数値は、私はあまり信じていなくて、たとえば癌マーカーがその日は高くてもNK細胞がやっつけてくれるだろう、もし死ぬことになるなら、それは自分で決めてきた寿命なんだと思うのです。

癌は生活習慣病。食べ物を変え生き方を変えれば癌は治るというのを
私の周りの人たちが教えてくれています。

[PR]
by kisan35 | 2015-09-29 18:49 | その他

新米と夢 

憲法違反の安保法案がきつねにつままれたような形で可決されてからは、
シナリオが組まれているような早さで、集団的自衛権を行使するために自衛隊の派遣先が中国の護衛で南スーダンに決まったり、軍事目的の研究費にたくさんの大学、企業が応募したり、新聞を読むのが嫌になりますが、
今年も新米ができました!

b0034072_08292132.jpg
農家さんで籾摺りをしました。
今年は未熟米が多いそうです。
うちも籾の状態で200キロ以上ありましたが、玄米にしたら140キロぐらい。
一週間早いけれど、田んぼの枝豆も採ってきて、新米と枝豆をいただきました。おいしかった!
今年もお米がとれたことに感謝です。

天日干し、籾摺りなどで結構ほこりを吸い込んでいるので、
昨晩は咳が止まらなくなりました。
咳で苦しい時、夢を見ていて、それが印象的だったので書きます。
夢の中で道路の左はじを歩いていて、そのまま進むと橋があって、その先が暗い森のようになっています。
右には迂回路があり、そちらは明るいので、そちらに行きたいと思うけれど、人がたくさん歩いているので、
そこをクロスしながら行かないといけないので諦めて、橋を渡り始めました。
途中で、その先があまりに暗くてこわいので、やっぱりやめようと思い、
引き返して明るい方へ歩き出した時に目が覚めました。

は!これは三途の川だったのかもしれない。

その後咳も治まり、朝までぐっすり眠ることができました。

今朝は、匝瑳は雨。
午後はMY田んぼさんのお米の籾摺りをします。

誰かがハワイのアフプアアの記事を載せていて、読んでみると私が2004年に書いたブログでした。
ハワイの知恵 アフプアア1〜3

今から11年前、この時はまさか自分でお米を作るとは思っていませんでしたが、
米作りとタロイモ作りの共通点を感じます。
改めて読み直して、この精神性の高い誰からも奪わないハワイの知恵が日本でも広がりますように。


[PR]
by kisan35 | 2015-09-27 09:09 | ヒーリング・精神世界

ピラティス

座骨神経痛で痛かった時は、もう米作りができないんじゃないかと落ち込んだりしました。
ヨガは週に一度通っていて、息子の幼稚園の頃の友人も一緒に通っているのですが、
彼女が、腰痛にはピラティスがいいと教えてくれました。
それもできれば個人レッスンがいいよ!

そう言われた時に、なぜかピンときて、
ヨガは何年もやっているけれど、座骨神経痛は治らなし、
すごく痛い時は整体院やマッサージを受ければいいけれど、
根本的に筋肉が長年の習慣でおかしくなっているから
ここで軌道修正したら、まだまだ身体は使えるかなと思い、
ピラティス個人レッスンに週に一度通い始めて、約1ヶ月になります。

稲刈りの時などは腰痛が出ますが、
座骨神経痛のあの変な痛みはまったくなくなりました。

ピラティスは根幹とインナーマッスルを鍛える機械を使う簡単な体操ですが、
始めてみて分かったのは、私の動きはニュートラルではなく、変な負荷をかけている動きに気がつきました。
そして、最大の欠点は、腹筋がないくて骨盤が後ろにそれていること。
妊娠中は羊水も含めていつも6キロぐらいの負荷がお腹にかかる上に
子供を守る本能が働いて、子宮も後屈しているのですが、
腹筋を使うのが怖いのだと気がつきました。
お腹に力が入らないのです。

長年の力のアンバランスが身体を痛める構造になっているんだ!

農家さんで私よりももっと年をとっている人でも元気な人に共通するのは
身体の動きが丹田を中心にしてまるで糸にひっぱられるような感じがするのです。

こういう動きができたらいいなあ〜

まずは自分の身体を整えて、
ヨガの先生がいつも言われるように「自分の身体に意識を持っている時が一番美しい」
身体の声を聞いていこうと思います。

身体におこることと、自然現象はなんとなく似ていて、ピラティスで気がついたことがいっぱいあります。

自分の身体の根幹が整うと、
物事の捉え方もニュートラルになれる気がしています。




[PR]
by kisan35 | 2015-09-25 19:00 | その他

岐路

安保法案=戦争法案=違憲

日本は第二次世界大戦で、もう二度と戦争しないと決めた憲法9条がありますが、
その時代の背景、戦争の悲惨さ、平和憲法を誇りに思って生きてきたのが、間も無く覆されようとしています。

権力とマスゴミNHKを味方につけ、昨日のシールズの奥田君の国会での公聴会での発言は
「寝ている議員さんが多いのですが」で始まっています。

練馬区の区議選でも同じ感じでした。
市民との対話の場で、対話せずに逃げ出した現在の練馬区長。
もう決まっているから、話聞くだけ無駄という雰囲気があります。

対話がなく公聴会での国民の声を聞く耳を持たないのは、人としてありえないですねえ。
政治家は国民の声を代表していると思っていたのに、がっくりです。

たぶん強行採決されてしまうと思うのですが、
今日の国会審議を阻止しようとした民主党議員、野党の皆さん、本当にありがとうございます。
日本人は、もう誰も殺したくないし、憲法9条を大切にしている人が多い。

世界中でいろいろなことが起こっています。

希望があるのは、イギリス、オーストラリアで左派のリベラルな党首が誕生したことです。
世界全体の動きを見て、時代は変わりつつあるのを感じています。
今、与党で安倍政権についている人は、この流れの中では生き残れないのを感じています。
すばらしい流れの始まりです。


b0034072_21313049.jpg
安倍総理「支持なくとも採決」「成立後に国民は理解」???
みんなあなたについていくことはできないのがわからないのか〜。

今まで野党は党派に縛られていて、それぞれがバラバラだった感じがしたけれど、
愚総理が祖父の亡霊に導かれて日本人の平和の心という根幹を崩したことで、
超党派が団結してよかった!安保法案強行採決反対で皆がまとまって平和を確認できた気がしています。

時代は変わり始めています。


[PR]
by kisan35 | 2015-09-16 21:51 | 環境・社会問題

稲刈りと神秘体験?

今週末もお天気に恵まれて稲刈りでした。
ほとんどのMY田んぼの皆さんも稲刈りを終え、オダ掛けの風景が秋空に映えます。
通りがかりの地元の人から「皆さん、楽しんでいますね」と言われます。

b0034072_07581266.jpg
b0034072_07584143.jpg
稲刈り時は彼岸花がきれいに咲いています

b0034072_07590068.jpg
うちの田んぼ。ドロドロになりました。あと、もう少しで終了です。

b0034072_07592055.jpg
b0034072_07594056.jpg
うちの田んぼはほとんどの稲が倒れてしまいましたが

今年はとても順調に稲が成長していたので喜んでいましたが、8月になって、ほとんどの稲が倒れてしまい、その後は正直言って、テンションが落ち、やる気なし。農家さんは「倒れた稲は売り物にならない」そうです。

稲刈りもドロドロになりながら、昨年の収量の半分くらいかなあと思って刈っていましたが、
茎はドロドロでも稲穂は無事という稲が多くて、「稲ちゃんすごい!」って思いました。
倒れた稲同士が支えあっています。
今年の稲は、背丈が高く、稲も立派で分蘖も多いので、「来年は倒れないよう工夫をするね」と思いました。


b0034072_08113790.jpg
土に埋まっている稲は芽が出ていて、これはさすがに土に還しました。
お米は種なのだ!だから生命力があるのだ!

1日目の稲刈りを終え、田んぼに降りていくとまりりんが一人で稲刈りをしていました。
大地と空とまりりんが一体に溶け合っていて、こうして人の手で大地を耕すのを自然が喜んでいるような気がしました。人と自然が一体になっていて、なんだか別世界にいるみたい。その瞬間音もなく永遠に止まっているような不思議な感覚。こういうのを神秘体験というのかなあ。
この時、人が大地の世話をすることが平和・すべての幸せに繋がるということが一瞬にして身体の中に入ってきました。理解するというより、感覚で分かりました。

これからも大地を耕していこうと思います。
Malama Aina(ハワイ語で大地の世話をするという意味です)

そんな感動をして、自宅に帰る途中で大きな虹が見えました。

b0034072_08172215.jpg
9月13日は新月でしたが、すばらしい体験と方向性を教えてくれました。
これでいいのだ〜。


[PR]
by kisan35 | 2015-09-15 08:32 | 田んぼ

田んぼオダ作り



9月はNPO SOSA PROJECTのMY田んぼの行事で、週末はほとんど田んぼ作業です。
先日は、オダ作りでした。

里山の竹を切りだしてオダを作っていましたが、
もうほとんど竹がなくなってしまったので、昨年使った竹を雨が当たらないよう保管しておいたのを使いました。
大丈夫かなあ〜っと思いますが、地元の人は、「夏に切った竹は1年ぐらい乾かしてから使った方が強いから、全然問題ないよ」と言っていますが、どうなることでしょう?

土日、東京は雨模様でしたが、幸いにも田んぼはお天気がもちました。

b0034072_17210426.jpg


オダの作り方をレクチャーしているマチャルと手前の二人はまりりんとしの。
誰かが真面目に話している時に、このゆるい感じがいい!

b0034072_17264010.jpg
このふたり・・・よく食べるし仲良し

b0034072_17283216.jpg
レクチャー後は、自分達で使うオダ作り開始

3本の竹がきれいな三角形で、木づちで打ち込む時は、手を離しても自立していることが倒れないコツ

b0034072_17304337.jpg
肝心要のなわ結び。
強い力をかけてもずれないように結ぶにはコツがあります。

このような体験は初めての人が多いけれど、
今まで知らなかったけれど、面白くて結構楽しいのです。


b0034072_17334436.jpg
MY田んぼの人たちが植えた大豆畑(田んぼ)
田んぼの中に植えてもこんなに大きくなりました。かかしも作ってくれました。

b0034072_17373960.jpg
私たちの田んぼにオダを作っています。
今年は稲全体が倒れてしまって、いろいろ反省はありますが、密植が原因かなと思います。
5分の1位稲刈りして、オダに干しましたが、ドロドロ稲ちゃん。
幸い発芽していない稲が多くて、この雨で泥を流して、一気に乾いてくれたらいいなあ。
稲はお互いに水につかないように支えあっています。
この台風の雨風でもなんとかなるかもしれない。稲の底力が発揮されるのを祈っています。

東京にいると、安倍政権の暴走に希望が見えず、
辺野古問題、原発問題、安保法案、マイナンバー(予防接種の記録までのるらしい)
国民の大多数の意見を全く聞かない暴走安倍政権に日本人で税金を払っていることが罪作りのような気にもなってきます。海外ではシリアからの難民を受け入れるためにEU諸国は、難民のために予算を組みました。
ボランティアの人たちは、「WELCOME」で動いています。
日本は武器を4兆円超をローンで購入しました。難民受け入れはせず、福島原発事故の対応にもはがゆいおもいを感じています。なんて、低レベルの国なんだ!って思います。
自民党の中でも、安倍政権についていくしかないように、魂を売って追従している。
おまけに受信料を払っているNHKは、安倍政権に都合の悪い報道はしない。

この先どのようなことがおこるのだろう?

でも、米を作り大豆を作る。少しだけど野菜も作る。
大地は、みんなに活力をくれるのは確かだと感じています。
私も、今の自給自足的な生活がなければ、かなりぶれて鬱になっていたかもしれないなあ。

大地よ、ありがとう!


[PR]
by kisan35 | 2015-09-09 18:13 | 田んぼ

弘法の湯

次男が夏休みで帰ってきているので、母を連れて1泊温泉旅行に行って来ました。
以前から一度行きたいと思っていた「弘法の湯」。
いい機会だから、ここに行こう!って思いました。
母の足の具合も悪いし、私も座骨神経痛がなかなかよくならないのです。

「弘法の湯」に行こうと思った理由はこちらをお読みください。
ホルミシス、北投石から微量にでる天然の放射能が、身体を健康にしてくれるようです。

b0034072_18431755.jpg
前日は三津の宿に泊まったので、車で15分。11時頃到着しました。
途中通った「弘法の湯 長岡店」の駐車場はいっぱいでしたが、本店はすいていました。

ここの湯治場は、癌でもう治療ができなくなったのに、北投石の岩盤浴に1日3回入っていたら
すっかりよくなった社長さんが建てたところです。
日帰り入浴(タオル、浴衣込み)1500円は、具合の悪い人に来てくださいねというメッセージを感じます。
そして、ここに働いている人は皆さん親切で、何かが違うのです。

b0034072_18525875.jpg
弘法の湯本店は、岩盤浴、露天風呂、ラドン温泉、ミストサウナがあります。
母が途中で、もう入らないというので、この通りにはいきませんでしたが、
約1時間半ぐらいいました。

母は帰りは、一人でスタスタと歩いていて、
来た時は誰かの手を借りないと歩けなかったけれど、杖を片手にひとりで歩いていました。

岩盤浴で汗をかいている母を見ていて、
普段は、冷房の効いている家の中にずーっといて、
汗かくこともなかったなあ。って思いました。

母が、一皮むけた感じだと言っていましたが、
認知症なので、自宅に帰ったら「温泉なんか行っていない」って言っています。

私も、久々に腰に重い違和感がなく快適です。

すごいわ!


[PR]
by kisan35 | 2015-09-01 19:05 | 旅行