ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

10年ぐらい前から、ある時、路上のゴミを集める場所を見て、
こんなにたくさんのゴミを燃やすことに、危機感を覚えて、
生ごみは特に、燃やすのに燃料費もかかります。
生ごみがなんとかならないのかと思っていたら、EMぼかしを使って生ごみ堆肥を作り
土に戻せばいいのだ!って気が付きました。

今日は吉田先生の「菌ちゃん元気野菜」の講演会に行きました。
行政と一緒に、生ごみを使って農園にまく活動をしている人たちがたくさん集いました。

生ごみは宝なのです。
でも、発酵させるのはなかなか大変なんだな~って思いました。

自宅に戻り、今日の先生の話を聞いていたら
かなり、やばいくらい生ごみを置きっぱなしにしている。
毎日暑いし、やばい!
思い切って生ごみ容器のふたをあけたら、ううう~くさい!
うじは湧いていないけれど、めちゃくさいのです。
この中には、魚の内臓も入っていたと思うのですが、EMぼかしをたくさんかけているので過信していたのですが、
夏場は2週間ぐらいで土に混ぜるといいと聞き、ゆうに1か月半は過ぎていると思って、ふたをあけてよかったです。

で、このくさい生ごみにドボドボEM発酵液をかけて、しばらくして土に埋めることにしました。
こうした腐敗した生ごみを土に埋めるのはかつてもやっていましたが、
長い目で見ると、必ず発酵にむかうのです。

EMのすごいところは、しばらくおくとにおいが消えること。
あの蓋を開けた時の、腐ったにおいが見事に消えていました。
それから土の中に埋め、上からEM発酵液をまいたら、土の浄化作用ってすごい!
この地球上ではたくさんの戦争があって、たくさんの死体もあると思うけれど、
土が浄化してくれるのですね~。

東北大震災で気仙沼の魚の倉庫が、津波で崩れた時、痛んだ魚をEM発酵液をまいて土に埋めたそうですが、
こんなくさい生ごみもにおいを消し、土に戻してくれるEMの力はすごい!

そして
捨てればゴミ
生かせば資源
生ごみをプランターなどの家庭菜園に使えば、無農薬で虫のつかないおいしい野菜を作れるのを確認できました。

生ごみをなんとかしようなんて思う変人が集っていましたが、(私も変人)
循環型社会の行動をしている人たちが集っていて、もしかしたら世の中が変わるかもしれないと思いました。

[PR]
by kisan35 | 2014-07-29 21:02 | EM

夏!

関東は梅雨明け!
暑い!暑い!
千葉の家が涼しいので、東京に戻ってくると朝から汗が噴き出してきます。
メガネが汗で曇って本も読めない。
外を歩いていてもアスファルトからの照り返しと無風状態で、気持ちが悪くなります。
夏は一番好きな季節ですが、毎年この夏の熱気と都会の滞った空気感が苦しく感じます。
汗をかくのはデトックスですから、この時期はどんどん汗をかいてとりいれちゃった放射能を出しましょう!

b0034072_19134421.jpg
サーファーたちが集う吉崎浜

今年のお米は、例年よりも1か月も早く花を咲かせましたので、稲刈りが8月中かもしれません。
b0034072_19231264.jpg
うちだけ特別に早いと思っていたら、他も早いようですね。
植物はセンサーが働いているから、地球規模で何か起こっているのかもしれません。

EM農業塾に通い始めたおかげで、今年の夏野菜はなかなかいい感じで収穫しています。
匝瑳と東京の家庭菜園では、桃太郎トマトは順調に収穫しています。
これも、トマトは元肥はやらずに、水もあげないほうがいいと教えてもらったおかげです。
EM発酵液を散布していますが、おいしいです。
なんでも初めての体験は、感動を伴って嬉しいです。
これが、トマトは当たり前のように作れるって思うと、このワクワク感がなくなるのでしょう。
今は、毎日見ては、脇芽を欠いていますが、実ができる前でもトマトの近くに行くとトマトの香りがします。
全部がトマトなんだ!って自分で作ってみて実感しました。
トマトを買っている時は、赤いトマトがトマトと思っていました。


そして、きゅうりも初めての収穫です。
b0034072_19323614.jpg
狭いスペースなので、普通よりも身の丈を低くピンチしました。
このきゅうりの苗は、植えた時は、全然大きくならずに葉が黄緑色になってきて、もうだめかもって思いました。
「菌ちゃん生ごみ野菜作り」の吉田先生の講演会で、それはマグネシウムが足りないって書いてあったので、
早速、EM発酵液ににがりを入れてまいたら、それからぐんぐん元気に成長しました。

このきゅうりが、ものすごくおいしくて、ぬかずけにして毎日食べています。

トマトもきゅうりも、農薬をまかなくても虫もつかずに順調に成長しています。
EMは、素人でも簡単に無農薬・無化学肥料で自然栽培で野菜を作ることができます。


b0034072_19381320.jpg
これは固定種のとうもろこしですが、やはり初めて作りました。
実がついています。

b0034072_19391972.jpg
これは、たぶん冬瓜かな~
b0034072_19400302.jpg
これはモロッコいんげん!
順調に大きくなって花をたくさん咲かせていたのですが、この虫たちにやられてしまいました。
がっかりです。
虫がつくうちはまだまだ土ができていないと言われていますので、
がんばるぞ~

無農薬でも虫がつかなくなる野菜を作りたいです。
順調に発芽しても、小松菜などの葉物は、全部食べられてしまいました。
人参もアゲハの幼虫がついてしまって、ほとんど食べられてしまいました。

EM活性液を10倍ぐらいに濃くしてまいたら、人参には来なくなりました。

今、イタリアンパセリは幼虫がたくさんいて、むしゃむしゃ食べています。
先日、幼虫を移動させようと袋に移していたら、きれいなお母さんちょうちょがやってきました。
幼虫を見守ってきたのでしょう。
悪いことをしたな!と思い、イタリアンパセリは幼虫のえさにすることにしました。
アゲハも農薬を使っていない葉っぱが分るかもしれません。

2畳ぐらいしかない小さな都会の家庭菜園は、
ちょうちょのほかに、産まれたばかりの小さなカエルもいます。
我が家の堆肥の中はカエルの家になっていて、いつのまにか子供達も生まれていて
家庭菜園の虫がエサになっているようです。

今、世の中は戦争に突入するような危機感を覚えますが、
Think small first
もう殺し合いはやりたくない!
経済よりも命が大切!
世界も家庭菜園もつながっているような気がします。

[PR]
by kisan35 | 2014-07-23 20:05 | その他

日本ミツバチが順調に数を増やしています。
この間、巣箱をあけてみたら、
b0034072_18233103.jpg
どんどん増えています。卵もいっぱいあります。
2000匹が1万匹くらいに増えているって言っていました。

巣箱の蓋についていたフレッシュなみつろうをカットしてくれました。
b0034072_18523572.jpg
この美しさ。
早速、アロマ化粧品作りの名人のEさんに教えていただきました。

蜜蠟は、お湯に入れて溶かして、こしてから冷めると固まるからということでやってみました。
b0034072_19022755.jpg
コーヒーフィルターでこしてみたのですが、
あれ?冷めてもみつろうらしきものが固まっていない。
ガ~ン!
どこにいっちゃったんでしょうね?と探していたら、コーヒーフィルターの中にいっぱいついていました。
これじゃ、不純物も一緒だからこした意味なかったねえ(^_^;)
b0034072_18311431.jpg
とにかく、めでたくみつろうがとれました。

クリームとリップクリームふたつ作りました。

みつろう、ホホバオイル、シアバターを湯煎にしてさましてからアロマオイルを入れました。
ついでにはちみつもいれよう!
b0034072_18332385.jpg
b0034072_18345993.jpg
この通り、極上の日本ミツバチのみつろうクリームとリップができたのです。

Eさん、いつもありがとうございます。
b0034072_18344741.jpg
これ全部トランクに入れて持ってきてくれました。

このクリームは香りもいいし、しわ予防にもなるそうです。
寝る前に目の下に塗ったら、朝起きたらなんとなくしわがとれているような。
まさか、そんなにすぐに効果が表れるはずはないけれど、うれしい。
つけていると心まで和むクリームです。





[PR]
by kisan35 | 2014-07-21 18:39 | その他

匝瑳でのこと

あさっての18日(金曜日)一度中止しましたが、タロットおしゃべり会をやります。
どうぞいらしてください。

週末は匝瑳でアースバック作りをやりました。
師匠の吉田鉄平&のんちゃんが日本中でアースバックハウスを作り、匝瑳に戻って来てくれたのもつかの間、
彼らのホームグラウンド北海道に行くことになりました。

土間作り
土と消石灰とセメントを混ぜたものを、たたいて土間にしました。
b0034072_17584050.jpg
鉄平君
鉄平君が土を作り、まりりんが土をふるい、のんちゃんと私でたたいて水平を測りながら土間にしました。
やった!
米作りも同じですが、この達成感は最高ですわ。自信にもつながります。

東京ではお盆!
母からメールが入りました。
22年前に死んだ父が家に帰っているから、帰らないと。

前の晩、みんなで食事した時、5キロ以上の鹿児島のぶりをさばいてくれ鉄平君。
そのあらで煮物とあら汁を作ってくれたのんちゃん。
刺身と、sosa projectのみんなが心こめて作ってくれた食事を食べて幸せいっぱいでした。
sosa projectのメンバーは時々集まって食事をするけれど、
コミュニティーとは、ちょっと違っていて、それぞれがあいた時間で会っています。
時間が合わなければ来れないのもO.K.
来たい人だけで集まっているけれど、本音で話すから、おもしろいよん。

話がそれてしまいましたが、
その時残った刺身とあら汁を持って
実家に行きました。

仏壇の前に、テーブルセッティングされていて、
あ~そんな豪華じゃない、シンプルなんだよって思いながら
母が用意してくれた器をほとんど棚に戻し、一緒に食べました。
家庭菜園でとれた野菜、なすやトマトやいんげんを味噌で煮たものを一口食べて

あなたはこんなにおいしい野菜を食べているの?

うちでとれた野菜だよ!(うれしい)

刺身やあら汁を飲んで、
いつも近くのスーパーで買っている母は、
「全然違うね。全部、元気になれる気がする」
って言っていて、大満足でした。
本物は、伝わるのだなと思いました。

「ありがとう」って言ってくれて
なんともうれしかったのです。

昨晩、夢を見ました。かなり意味深です。
大きな力が、こっちの水は甘いよのごとく誘導しているシステムがあります。
でも、その甘い水に全然魅力を感じない人たちが別の方へ向かっています。
大きな力は思惑通りにはいかない。
好き勝手に自由に生きている人達がミツバチのように一つの集合体を動かしている。
そんな夢を見て、ああ~今の世の中と一緒だと思いました。

それは、こんな素朴な、でも採り立て作り立て、愛情のこもった汁を飲んだ時
今までのご馳走の価値観が母の中で変わったのかもしれないなあと思いました。

[PR]
by kisan35 | 2014-07-16 18:23 | 講演会・イベントのお知らせ

たまには犬のこと

物心ついた2歳ぐらいから、犬を飼っていました。
犬がいない時は、今までなかったので、犬は家にいて当たり前です。
猫も好きですが、なんとなく犬を飼う事になって今に至ります。

今の犬は16年前にコジマで買って来ました。
5代目です。
b0034072_18390359.jpg
どこに行くにも連れて行きます。
幸い、車酔いもしないので毎週末は匝瑳へ一緒に行き、田んぼ作業をしている間は
車の中で待っています。

ミニチュアダックスドはヘルニアになることが多いのですが、
一度そけいヘルニアになり、手術をしました。
手術後痛いのでしょう。私達から離れて、しばらくじ~っとしていました。
その後、また動きがおかしくなり、もう老犬だから手術をしたくないので、どうしようって思っていたら、
自宅の近くにアニマルクリニック「モナミ」があることを教えてもらいました。
犬のカイロプラクティックを施術してくれます。
背骨をトントンとたたいて、その後かなりよくなりました。
これが治療か?と思うほど早かったです。
同時に、エサを変えました。
鶏肉、野菜、ご飯+おから

おからの力はすごいです!
体を丸めて排便しようとしても出ないから苦しそうでしたが、
大きな便をするようになりました。

ペットフードをあげていた時は、
血便がひどかったのですが、やはり食べ物を変えると健康になるのだなあと思いました。
ひと手間かかりますが、ぜひわんちゃんにはおからをあげてください。

私がEM好きなので、エサにもEMを入れています。
発酵のおいしさを知ったようで、ぬかずけが大好きなのです。
きゅうり、なす、大根、なんでもぬかずけを食卓に並べると、食べたくて吠えています。

もう年なので、歯も悪いけれど、
EM活性液を歯茎にスプレーしています。

歯医者さんが歯周病で歯がぐらぐらしている患者さんに
EM活性液で歯磨きするようにって言ったら、歯がしっかりしたという話を聞き、
犬に使っていますが、かなりいい感じです。

片道2時間車に乗って、田んぼ作業している間は車の中。
それでも田んぼに行くのが嬉しいのか、よく分りませんが、
東京では散歩を嫌がるのに、田んぼでは走り回っています。

また、来年も一緒に田んぼに行けるのかなあ~。長生きしてね!と思います。


[PR]
by kisan35 | 2014-07-11 18:56 | その他

EM発酵ジュース

EM発酵ジュースの作り方です。

季節の果物
砂糖(りんご糖蜜)

EM1、EMW,P.H.3.5以下のEM発酵液(p.h.3,5以下とは消毒がいらない状態)

きっちりと蓋のできる容器に、季節の果物を入れます。
大きいものは切って、小さなものはそのままいれます。
量は瓶の大きさによって調節してください。
たとえば今の季節はプラムがおいしいですが、大きな瓶にプラム1個では足りません。
この写真位の瓶でしたら、プラムなら5~10個ぐらいでしょうか。
b0034072_10033554.jpg

これは、今つくっている発酵ジュースですが、前の果物を捨てずに使っています。
このやり方だと、新しくジュースを作る時に入れる果物の量は少なくても、すぐに発酵してきます。

りんご糖蜜は、おたまで4杯(200ccぐらい)
EM発酵液は100~150cc
EM1 大匙1
後は水を入れて、おたまでよくかき混ぜておきます。
昨日作ったものですが、もう発酵しています。

味見をしたら、ちょっと甘いけれどもう飲めます。
このまましばらくおいておくと、シュワシュワして発酵がすすみます。
甘い方がいい人は、早めに飲んでください。

このジュースは、明日の匝瑳での発酵ワークショップに持っていきます!

EM発酵液がph3.0以下でいい香りなので、たくさん入れていますが、
EM1やEMWだけでもできます。

飲んで味見をして、途中で砂糖をたしたり、EMを足したりしながら調節してください。

但し、りんご糖蜜とEM1とEMWは食品ではありません。

発酵食品を食べると、身体がじわ~っと熱くなります。
EM発酵ジュースもおなかの中がじわ~っと熱くなり、汗をかくこともあります。
このじわ~は代謝がよくなっているのかなあと思います。
EM発酵ジュースは、このじわ~がパワフルです。
この違いはなんでだろう?って元理科の先生に聞いてみました。


EM発酵食品=乳酸発酵+酵母発酵+光合成細菌の光合成の複合発酵合成。
何を合成しているかというとATPです。
そして、光合成ATPによる生成物が乳酸菌と酵母の発酵エネル
ギーになり、その生成物が光合成に利用されてATPを生成し熱になるので、
エネルギー循環が生じて「増幅」されます。
なので単体
発酵の糠漬けより増幅エネルギーが強い筈。体温も上昇しますね。
体内に入ると、食品と腸内細菌の更なる複合発酵のエネルギーに
なるので、腸内細菌は労せずATPの生成ができます。
すると、そ
の波動は全身のミトコンドリアと共振するので、あまり活発にエネルギーを作らなくても波動共振でエネルギー増幅でき効率的。長寿の秘密がここにあって、ミトコンドリアを車のエンジンに例えると、高速回転しなくても馬力が出るということで、長持ちするという訳です。


なるほど!って思いました。

EM活性液でも同じです。

畑にまいても発酵型の土になり、おいしい野菜ができます。
野菜にいいものは人にもいいのだなあと実感しています。

[PR]
by kisan35 | 2014-07-05 10:08 | EM

ネオニコチノイドが今や、ペットのノミ取りやゴキブリ退治にも含まれ
有機JAS認定でもまく量が少なければO.K
生活クラブ生協の野菜にも、使われています。

ネオニコチノイドは神経伝達をおかしくし、
細胞に入り込むので、今までの農薬と違い洗ってもとれません。

そんな危険な農薬を、日本中にまかれているので
日本ミツバチが絶滅の危機になっています。

田舎の方が飼いやすいのに、この狭い敷地でも
東京の方が日本ミツバチの生存率が高い。
住宅街ではガーデニングをしている人が多いので
花粉や蜜も確保できるからと言われ
我が家でも日本ミツバチを飼う事になりました。
b0034072_18292181.jpg
黄色い花粉をかかえ、蜜を口に含んで巣箱に入る日本みつばち。

今までは蜂はこわいと思っていましたが、飼うようになると、かわいいものです。
基本的に西洋みつばちのように、刺すことはなく、群れを守っています。
2キロ以上は飛べないので、巣箱を移動する時は、夜中に扉を閉め(夜には巣に戻ります)
一度置いたところは、偵察蜂がぶんぶん飛んで、偵察して位置を教えています。
巣箱の中で弱った蜂は、容赦なく外に出されます。
群れを守ることが一番なのです。群れから離れると生きていけないミツバチです。

b0034072_19014444.jpg
こうしてミツバチが集めた花粉いりはちみつをいただきましたが、このあたりの花の香りの集合体。
せっせと集めたのを奪ってしまってごめんなさいと思いながら、少しだけいただきました。
はちみつは、小さなみつばちがかかえて来てくれたもの。ありがたいことです。
甘くておいしい!

でもね、今日も話していたのですが、
なんだか今の政府みたいに感じるのですね。
せっかくミツバチがとってきたのを、人が食べてもいいのかなあって。

冬の間は蜜を取れないから、
この群れにはこのくらいの蜜が必要だとわかるので、
必要以上にはとらないって教えてもらいました。よかった!

搾取構造はイヤイヤ。
安倍政権もイヤイヤ。ここまで築いた日本への信頼感が失われています。
b0034072_19182134.jpg
今までは憲法9条があるから、他国でも攻撃されることはなかった。
中村哲さんのコメントを読んでください。

脈略がない文章ですみません。

とにかく今の政府イヤイヤです。
ミツバチは搾取されても群れを守っていて、尊敬します。



[PR]
by kisan35 | 2014-07-03 19:36 | 環境・社会問題

7月1日は、集団的自衛権、憲法解釈を閣議決定した日です。
こんなにたくさんの市民が反対しているのに、NHKはそうした報道もせず、コントロールされています。
新宿では50代の男性が、このことに反対して焼身自殺をはかりました。

b0034072_19284559.jpg

アメリカの累計赤字が莫大で、軍事費をまかなえないから、急いでいたという報道もあります。

こんなに勝手に平和憲法を変えてもいいのだろうかはこちらを読んでください

山本太郎議員も、首相官邸デモで警察官に取り押さえられました。

堤未果著「貧困大国アメリカ」は、今後どのようになるのか書かれています。

まずは、お金のない若者がターゲットになります。
学資資金をローンで返済することができなくなると、自衛隊の給料は甘い蜜の味がします。
でも、どれだけたくさんのアメリカ軍の人が、人を殺すことで精神病になることは知らされていません。
低所得層の子供たちがアメリカ軍としてイラン・イラク戦争で戦い、
それはお金のために、
そして神経を病んでいるのか分りますので読んでください。
お金を返しても、心がやみます。

大学はたいしたこと教えませんので、ローンで行くのはやめましょう!
学校に行かなくても幸せに暮らせます。

これからは、いかにお金を使わないでも幸せに暮らしていくか
そうした暮らしにシフトしていくことで、
経済がどうであろうと、関係ない暮らしがうまれてきます。

経済学者さんは、それではとか、いろいろ言いますが、
経済の発展、たとえば無駄な道路を作ればゼネコンは潤いますが、それは一時です。
もうお金を回すことはやめて、自分たちでお金が少なくても、豊かに暮らせる社会を作りましょうって思います。

学資資金を借りてしまって、おそらく大学4年を卒業したら500万円ぐらいの借金を背負うことになると思います。
マイナスからのスタートと割り切って、都会に住んで働くよりも、田舎に暮らして家賃も食費も安くなる
半農半Xを目指してほしいなあと思うのです。

食べるものを作ることができれば、安心です。










[PR]
by kisan35 | 2014-07-02 19:55 | その他