ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

WEBエコ・ピュア

先日、鎌倉で行われた「EM有機農業実践塾」での講演が、WEBエコ・ピュアに公開されました。

有機農園で未来のビジョンが見えてくる
http://www.ecopure.info/topics/topics_092.html

※足踏み脱穀機は、三浦の田んぼで使っていました。
匝瑳では、ハーベスターを使っています。

江川さんは、ここの熟生です。
いろいろなハーブ、ホーリーバジルなどプランターで栽培している体験から、
親睦会で「一粒の種の力はすごい」とお話されていました。
思わず、うなずいちゃう内容でした。

参加された方々は、何十年もEMで有機農業を実践されている方がほとんどで、
たった5年間しか田んぼをやっていない私の発表は、子供と大人ぐらいの違いがあるのに、
みなさん、とても謙虚なんですね。
私に質問までされるのです。

有機農業塾の佐藤先生は、くわを持つと、オーラがすごい!そうです。
土にサクってひと振りした姿が美しいそうです。
あいにく、背広姿でしたが、まるで偉大なオーラを隠しているかのようでした。
なんでも、そうですが、この先生のお人柄をはじめ、みなさんキラキラ輝いていて、人格者で、
ここで学んでみたい!って思いました。
3月からスタートです。

現在、エネルギーを含めた問題がいろいろありますが、
私は、これからは「EMと農」が要だと思います。
よい土作りをして、善玉菌の微生物がたくさんいる野菜を食べて、
まずは、私たちの腸内細菌を善玉菌でいっぱいにしていきましょう。
そうすれば、健康になれるし、腸内細菌がセロトニンを作り出してくれるので心も丈夫になります。
アナスタシアの本に書かれていたことを信じるなら、
地球を、人の手で耕していく事は、なによりも地球が喜び、環境を良くしていくことだそうです。
そして、自分で作った作物は、その人に必要な栄養が含まれるそうです。(これも微生物のなせる業)

私達人間は、土に還るわけですから、人も土も地球も同じです。
人も地球も善玉菌でいっぱいにしていきたいですね。
私たちの腸内細菌が発酵型の善玉菌でいっぱいになれば、
地球も善玉菌でいっぱいになり環境もよくなっているはずだなって気が付きました。

b0034072_9272497.jpg

写真は、久高島です
[PR]
by kisan35 | 2013-10-29 09:41 | EM

腸内細菌

人の細胞は60兆
微生物の数は1000兆個とも言われています。
特に腸の中には沢山いるようです。

日本人の腸内細菌叢に特徴的な遺伝子も見つかっている。この遺伝子は海苔やワカメなどの水生植物に含まれる糖類を分解する酵素をコードする。通常は海洋細菌が持っている遺伝子である。最近の私たちの解析から,約40名の日本人の約80%がこの遺伝子を持っており,一方で,124名のヨーロッパ人(デンマーク人とスペイン人)ではわずか3名(2~3%)にしかないことがわかった。
この遺伝子は海洋細菌から腸内細菌にある時点で乗り移ったようだ。これはr遺伝子の水平伝播」とよばれ,細菌間で頻繁に起こっている現象の1つである。この遺伝子が日本人の腸内細菌叢に高い頻度で見つかることは,生魚や海苔,ワカメなどを食べる古来の日本人の食文化と関係する。一般に海苔やわかめは消化されないのでダイエット食品になるとされるが,これはヨーロッパ人にはその通りだが,日本人には当てはまらないことになる。
つまり,海苔やワカメの糖類は日本人の腸内細菌によって代謝され,栄養素やエネルギー源となる。私たちのグループはこの分解酵素以外にも日本人に特徴的な細菌叢の遺伝子を多数見つけている。これらが日本人の食文化とどのような関係を持った機能なのか,またどのように獲得されてきたかを調べることは今後の課題となっている。

コピー元


このことは「死にいたる虚構」肥田舜太郎共訳の以下にも当てはまると思う
1980年になぜアフリカ湿地帯で最初にエイズが発生したのかを検討する。
1950年代末に実施された国連調査で指摘されたように、雨の多いこれらの諸地域では大気圏核実験の時期に大量のフォールアウトが降り注いでいた。調査によればこの地域の人の骨には放射性ストロンチウム90が世界一の高濃度で蓄積されていた。彼らの説では、性的活動のピークが1980年にあたっている人々の免疫障害と放射線によるウイルスの突然変異やカルシウム摂取などの食事性因子を関連づけている。スターングラスとシェールは西インド諸島トリニダードでの不思議な事例を取り上げている。そこの住民はかねがねアフリカ系とアジア系であるが、エイズはアフリカ系住民のみ発生し、アジア系住民には全く発生していない。この違いについて彼らは、アジア人の食事はカルシウムの豊富な魚と米が圧倒的であり、そのため放射性ストロンチウムが骨に沈殿するのを防止したものと考えられている。


腸内細菌のなせる業と思うのです。
日本人のDNAは稲のDNAだと、筑波大の村上教授も「アホは神の望み」で書かれています。
目に見えないけれど、お米や魚や海藻を食べて生きていた日本人のDNAは、すばらしい働きをしてくれますね。できるかぎり抗生剤などで殺菌することなく、この恵まれた腸内細菌DNAを代々つなげていきたいものですね。

お米の力は、きっとすごいものがあると思います。
遺伝子組み換えされない、本物の米を食べることで
代々孫の世代も、きっと恩恵があるはず。
食べるとは、カロリーや栄養素ではなく生命力をいただくことなのだなあ。
と思うのです。
これからは農と微生物なのだ~って思います。

何があっても平気な遺伝子を持つ子供を産むには
正直に作られたお米を食べるといいんじゃないって思います。
日本人に生れてよかった!
[PR]
by kisan35 | 2013-10-25 20:26 | エコロジー食

11月10日EMサミットが開催されます。
真実を知り、子供たちを守るサミットです。
いろいろある中の一つがEMで、EMを普及する目的ではありません。

お申込み締切 11月5日(託児あり)
託児のお申し込みは11月3日までにお願いします。

b0034072_18493297.jpg
b0034072_18494924.jpg

[PR]
by kisan35 | 2013-10-11 19:02 | EM

我が家には15歳になるミニチュアダックスフンドがいます。

もう、老犬なので、散歩も近くを少し歩くだけ。
夏場は、食欲もなくて、もうだめなのかな~って思っていたけれど、
涼しくなってからは、食欲がもりもりです。

一度そけいヘルニアの手術をしてからも
便が出にくくて、大変でした。
いくら体を丸めても、便が出ないし、ちょこっと出ても腐敗臭がします。
血便、粘液もありました。

このままだと、たぶん癌になるだろうな?

でも、老犬だから全身麻酔で、ヘルニアの手術は無理でしょうって
あきらめていたのです。その間も、犬は苦しいとか言わないです。

それから、鶏肉の量を減らしておからと鶏肉とキャベツにしてみました。
玄米もあげたのですが、体調が悪いと吐いちゃうので、やめました。

そのごはんを冷凍にしておいて、電子レンジでチンするときに、
EMXゴールドをスプレーして数か月。
信じられないくらい、りっぱな便になり、血も粘液もついていないのです。

そして、今はいくらでも食べたがるようになりました。

EMXゴールドは、腐敗臭のある便が発酵臭になり
手術を考えていた、犬の腸の状態を良好にしてくれたのです。

私は、今までシックハウスで具合が悪い次男や
放射能で汚染された田んぼや
自分の鬱の時など
いつもEMに助けられているって思います。
EMという言葉が嫌な人には
発酵系の善玉微生物に助けられています。


最近、不思議なんだけど
この犬と会話ができるようになりました。

最初は、しばらく沖縄に行くので、
ペットシッターさんにお願いしたことから始まりました。
実家で預かってもらえていたけれど
母の体調が悪くて預かってもらえない。
夫は夕方から夜中の2時ぐらいまでいない。
その間、ペットシッターさんにお願いしたのですが、
私は、さびしがっているんじゃないかとか心配なんです。

で、沖縄に行く前の晩、一緒に寝ていた犬に尋ねました。
「明日からしばらく沖縄に行くけれど、さびしくてごめんね」

そうしたら
「あなたからは、いつもいっぱい愛をいただいているので、心配しないで行ってください」

って聞こえてくるの。

犬ってしゃべるんだ!って思いました。

それから、いろいろテレパシーで話しているけれど、
犬は、すべて見通して、寄り添って生きているって感じて感謝でいっぱいです。

そろそろご飯の時間だけど、外出していて、
「ごめんね」って言うと
「ああ~今寝ていました。気にしないで楽しんでください」と言うの。

b0034072_20165019.jpg


今まで犬の声とか聞こえなかったけれど、
きっと自然界の生き物は、私達に声なき応援をしてくれているのだと思います。
ひとりぼっちにしてかわいそうだという
私の思い込みを、
大丈夫ですよ。
って言ってくれる犬。

猫も犬も、すべて飼い主に寄り添っていきてくれることに感謝しています。

すべてに命がある。
そして、人間のわがままを認めてくれている。
いとおしいと思う。
[PR]
by kisan35 | 2013-10-08 20:28 | EM

自分が自分でいるってどういうこと?

沖縄の孫の運動会に行ってきました。
しばらくぶりで会った瞬間、なんだ~この髪の毛は?って思うほど、
自分で切っちゃった短い、にわとりのトサカのような前髪。

思わず、母である娘に、
もうすぐ七五三なのに、これじゃ、って言ってしまいました。

東京に戻って、母や妹と話していたら、
妹が
「おネイちゃんだって、小さい時いつも前髪切っていたじゃない。私は、こんなに短くしていいのか心配していたよ」

私は記憶にないので、びっくりしました。

前髪を自分で切っていたんだ。

隔世遺伝でしょうか~。

孫たちは、思いっきりうるさいし、好き勝手しているので、大変ですが、
思えば、自分であることをつらぬいているので、押さえつけられないくらいママ・パパが忙しいのは
幸いかもしれません。

私は、小さい時あまりに奔放で、
親や先生から注意されて、行動規制して育ってきたように感じています。

で、なんとなく過去の自分を思い出して
七五三で、着物着て、多少かっこ悪くてもいいなあって思いました。

自分が体験したことは、認めることができるんです。

見た目とか、世間体とか、学歴とか
今、地球上で起こっている変化の中では、あまり重要ではなくて
自分がどう生きているか
それが、周りに共鳴を起こして、世の中の変化につながっていくのだろうなって思います。

自分が自分でいるのは幸せで、
今でも、時々自分の前髪をチョキチョキ切っているんですね。

もうひとつ宣伝です。

まだ、詳細が決まっていないのですが、
11月10日に東京でEMサミットをやります。

詳細は随時こちらにアップしますので、
たくさんの方に聞いていただきたいなあって思っています。
ベラルーシでチェルノブイリ原発事故後何が起こっていて、今どうなっているのか?

EMは、不可能な事を可能にしてくれました。
「微生物」、「発酵」は、これからのキーになると思っています。

自分が自分でいることは、
たとえばEMはアンチEMがたくさんいて、
私の発酵ジュースの作り方の動画を見ていただくと分るのですが、
ものすごく反発があるのが分ります。

でも、自分が本当にいいと思って、
家族もいいって思っていることを伝えることは
自分が自分でいることだって思います。

どんなバッシングがあっても
いいと思う事を伝えられることができるのは幸せだなと感じています。

人の幸せは微生物の力かもしれない。
目に見えないけれど、微生物は、セロトニンを作り出してくれる。
発酵系の微生物に囲まれて暮らすのが
自分が自分でいることを迷わず促してくれる気がしています。

脈絡のない文章ですみません。
[PR]
by kisan35 | 2013-10-06 17:48 | ヒーリング・精神世界