ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

優雅に食い倒れ台湾旅行

今回の旅行記は、思い出として書き留めておこうと思います。
長文ですが、よかったら読んでください。

かねてから、「また旅行したいね」と話していた、長年の友。
のんちゃんと台湾旅行へ行って来ました。
二人共台湾は初めてです。

彼女とは高校一年からの長~いおつきあいで、
一緒に旅行をすると、かなりの頻度で、不思議なことが起こります。
お互いに結婚してからは、旅行に行く機会もなく今に至りました。が、
ようやく念願かなって、台湾旅行2泊3日に行ってきました。

さて、どんなミラクルが起こるか・・・

宿は、憧れの圓山大飯店に決めました。
昔から一度泊まってみたかったんだ♪

のんちゃんから、「シティビューがいいよ」と言われ、
いろいろ調べていたら、楽天トラベルで2連泊すると、
マウンテンビューの値段でシティビューにアップグレードというのがあって、それに決めました。

b0034072_15163281.jpg

風水的にも、すばらしい場所みたいです。気持ちの良いホテルです。

b0034072_15173693.jpg

ホテルのロビーで記念撮影です。

部屋は最上階のプレステージに、アップグレードされて、大喜び。
朝食も無料でついていました。
以前は、一緒にいると、ポルターガイスト現象が起きたり、こわい思い出がいくつかありますが、
今回は先行きがいい感じです(^O^)

このホテルに泊まる時は、楽天トラベルを利用するといいと思います。
インサイドの部屋は、窓がなくて、暗いので、
予約をする時は、シティビューがおすすめです。

久々のアジアへの旅。

台湾は、どこヘ行っても活気にあふれていました。
元気パワーいっぱいは、運転にも現れていました。

原付バイクが多くて、信号待ちしていると
先頭は、原付バイクがたくさん並んでいて、これから競争でも始まる感じ。
日本は、車の方が優先で、原付バイクは、端っこにおいやられていますが、
台湾は、原付バイクが主です。二人乗りで、マスクをしている人が多かったです。

信号が青に変わると、ゴー。
でも、車もまけていません、
日本では、バスは乗用車よりもゆっくり走っていますが、
台湾のバスは、レースさながらの車線変更。
トロトロ走っている乗用車をあおります。

その隙間をバイクは、前だけを見ながら、(たぶん、サイドミラーは見ないんじゃないかなあ)
車がよけてくれると信じて、前進しています。
いや~すごかったです。
レンタカーを借りなくてよかったホッ!!
不思議と、事故がないんですね。

外国を旅すると
日本の常識の中で生きている自分の常識が通用しないのが楽しいですね。
わ~、こんな運転してもいいんだ~って楽しくなります。

日本の非常識が、普通に通用する発見が楽しいのかもしれないです。

のんちゃんは、タクシーの運転がとても乱暴なので(上手なので)
ちょっとこわがっていたみたいでした。

その後、故宮博物館に行きましたが、
ガイドツアーの人で、パリのルーブル博物館以上の混みよう。
人気なのだ!
有名な翡翠の白菜を、行列しながら見ました。

で、ここの陳列物が、すごいのは、古さが違う。
BC何年とか、書かれている器は、文字が書かれているし。
この時代は、確か人は猿だったんじゃないの?
日本の縄文時代以前にも、こんなものを作っていたんだ!って思いました。

二人で、中国史勉強したけれど、全然分からなかったね
と話しながら、さくさく展示品を見て、士林の夜市に向かったのでした。

b0034072_1754447.jpg

博物館前から乗ったバスは、こんなにカラフルでした。
バスは安い。
台湾は、交通費がものすごく安いです。15元。50円ぐらい。

士林到着。
まだ、お腹もあまりすいていないから
足裏マッサージをしようということで、ようやく探したお店に入りました。
1時間、首・肩・頭+足裏マッサージ60分コース 800元(2300円位)
いや~、あまりに上手なのでびっくりしました!
ツボを外さない。
道路に面した店で、ずら~って椅子が並んでいて
ひっきりなしに、お客さんが来ます。
隣では、のんちゃんが悲鳴をあげています。
身体硬いからね~。
見事、マッサージ師さんに具合が悪いところを指摘されていました。

夜市は、ものすごく興奮しました。
日本では、めったに食べれないものがいっぱい。
それも、ものすごく安い。

あれも食べたい
これも食べたい

だから、二人でひとつをシェアーして
いろいろなものを食べてみました。

おいしいお店は、行列を作っています。
どれもおいしい。

胃袋が二つあればいいねと言いながら帰りました。屋台飯の安さ、美味しさ、楽しさ、
歩けないほどの人ごみと熱気に、昔の日本の縁日を思い出しました。
しかもゴミは散らかっていないし、
人は親切。

1個30円の焼き饅頭は、長蛇の列。
手を抜かない作り方。皮も手作りです。
日本では、飲食店は冷凍品を使うところが多いので、いいなあ。
台湾食文化、最高だわ。

お腹も満足
身体も満足
旅の一日目は、アップグレードされた部屋で寝心地がよいベッドで熟睡できました。
こんなに長時間眠ったのは久しぶりです。

翌日は、雨。
のんちゃんは、まだ眠っている。
前の晩は、2時間しか寝ていなかったと聞いていたので、
ゆっくり眠れてよかったね。

プレステージ専用のラウンジで朝食がついているので行ったら、ひと組しかいなかった。
普通においしい朝食でした。
台湾屋台の味を知ってしまったから、物足りない感じもありましたね。
ドラゴンフルーツやパイナップルがおいしい。
カットしたフルーツが屋台で売られているけれど
台湾のフルーツはおいしいから、買いたくなります。
ハワイのファーマーズマーケットで、好んで買っていたチェリモヤ。
台湾では、びっくりするくらい安く売っていました。

きれいとか清潔とか見た目とか、気にしていないところに屋台飯があります。
食べると、とても元気になります。

郊外の九分へ

メトロを乗り継いで、バスで1時間半。バス料金は102元(300円)
日本の交通費は高いなあ。
台湾では、こんなに安くいろいろなところに行ける。

話が変わりますが、台湾へEVA航空で行きました。
ANAやJALがいいと思っていたけれど、発着時間が悪かったので、
EVA航空は、時間帯によって、価格が変わり、台北へのアクセスがとてもよかったのです。
ボロボロの機体だと思っていたけれど、
とってもハイテクな、新しい機材でした。
機内食は、とてもおいしかった。
なんでも、試してみるものだなあ~って、思いました。
すべてがキティちゃんなのは、なんでだろうな~って今でもわかりませんが・・・
b0034072_18282465.jpg


台湾のメトロ(モノレール)は、
切符がプラスティックのコインでした。リサイクル可能です。
丸くてかわいいの。思わず、これが切符?って笑っちゃいます。
でも、改札ではタッチすればよくて、出るときは、回収されます。
とってもエコだと思います。

宮崎駿監督「千と千尋」の舞台になった九分は、行ってみたかったんだ。
九分行きのバス停は、どんどん長蛇の列になりました。
もともと金鉱の場所で、ゴールドラッシュで一時期は栄えたけれど
寂れた町だったみたいです。
それが、今では、センスのよい新しい感覚と、古くてノスタルジーのある感覚が
うまく混じり合って、人が集まる場所です。

風が強く雨が降る九分は、天気に関係なく
人々の熱気であふれていました。すごいや~
雰囲気は、江ノ島とか、モンサンミッシェル島(フランス)に似ていますが、
熱気が違います。

雨とトイレに行きたかったので、茶房に入ることにしました。
それが、大正解!
とっても素敵な茶房。でも、烏龍茶700元。
今まで食べたもので一番高いけれど、入ってよかった。

b0034072_18424318.jpg


b0034072_18432865.jpg


それぞれの席に、囲炉裏があって、炭で湯を沸かしています。
雨にぴったりの静かな空間と心地よさ。
お茶を入れる
もっと大切に大事にしていこう、なんて思っちゃいました。
お茶も生きているんだね。って気が付きました。

九分の風景

b0034072_20471273.jpg

b0034072_2048119.jpg

坂です。

b0034072_19492049.jpg

牛肉麺と魚丸麺。

牛肉麺は、まるで沖縄そばのよう。
これで200円。

今日は、ここまでです。
[PR]
by kisan35 | 2012-10-30 15:54 | 旅行

お手前市&国産大豆

11月4日(日)
日本一美味しい「大桃豆腐」さんで、お手前市を開催します。
b0034072_18432833.jpg


私は、タロットリーディングをやります。
なんちゃってタロットですが、ご興味がありましたら、ご予約をお願いします。

今年の田んぼのあぜで実っている大豆
b0034072_18464937.jpg


地力がいいのか、EMをまいているのか
私たちの行いがいいのか?(笑)わかりませんが、
あぜの大豆が、豊作です。

とっても嬉しい。感謝!

こんなに簡単にできるのだから、
みんな大豆をまこうよ。

農家さんは、大豆を大量に作っても、お金にならない。
安い輸入した大豆が入ってくるからね。

でも、千葉の匝瑳で、MY田畑の人たちは
米と大豆(畑)で、作って、今まさに収穫の時だけれど、
こんなに味の濃い枝豆は食べたことがないですとか、
自分で作ったお米はおいしいって感想を言われています。

私もそうです。
自分で丁寧に作った米や大豆は、今まで食べたことがないくらいおいしい!
それが、手間暇かけることだと思うのです。

米と大豆を自給することは、
おいしいものを存続させて、日本の自給率を高めていきます。

もっと
もっと
自分で食べるものを自給しましょう。
買う消費者から、自分でつくる生活者へ。

最後になりますが
大桃豆腐さんは国産大豆100%、揚げ物の油は遺伝子組み換えしていないものに
こだわっています。

とっても美味しいです。
大桃豆腐

11月4日は、お豆腐屋さんは、お休みです。
お豆腐の販売はありません。

[PR]
by kisan35 | 2012-10-23 19:03 | 講演会・イベントのお知らせ

今年は、草取りを怠けてしまったので、
お米の収量がぐ~んと減りましたが、収穫の喜びを感じています。
天塩にかけて育てたお米の美味しさは格別です。

そして、
今年も、玄米からはセシウムが検出されませんでした。

ありがたいことです。
EM活性液と、光合成細菌をじゃんじゃんまいたからかもしれません。

埼玉県ふじみの市にある自然食料品店「サン・スマイル」では、シンチレーションで測定してくれます。
1検体 3000円(30分なので、待っていると結果が分かります)

お店は主に自然農の野菜を販売しています。

店舗の前には、サン・スマイルの松浦さんの畑が広がっています。

b0034072_1825657.jpg

茶色い和綿。かわいい!

b0034072_18274686.jpg

松浦さんと美しい自然農の畑

自然農の野菜は、豊かな土壌の微生物に守られて、放射能を吸い上げない気がします。
松浦さんも、自然農の野菜は、まず放射能が検出されないと言われていました。

そして、注意しないといけないのは、
西日本のしいたけなどからは、一部出ているそうです。
がれきを燃やしていますから、西日本だから安心とは言えないですね。
反対に、これは絶対に放射能の数値が高いだろうっと思って測定した関東や東北のしいたけでも、
でないものがあるそうです。

不思議です。

東京の土壌はベクレルが比較的高いけれど
埼玉は低めです。

ちなみに、松浦さんの測定場所は
ホリバで測っても0.04~0.08ぐらい。
低い!
私の家では、0.1を下回ることは、あまりありません。
平均で0.16あります。

だけど、なんだかものすごく元気です。
EMのおかげかな~

先日渋谷のアップリンクで「祈り」という映画を見ました。
つくば大学の村上和雄教授の実験で、おもしろいものがありました。
イースト菌の実験です。
思い(祈り)を込めたイースト菌は、活発に活動するそうです。

また、薬も、プラシーボ効果は3割から5割あると確認されたそうです。

新薬は、これを超えないといけないね

もっともだなと思います。

私は、EMは、本物だと思っているので、
プラシーボ効果もあるかもしれませんが、
EMを使ってお料理をしていると、大丈夫って思えます。

本物は、いつの世もバッシングにあいますが、
使い続けていくことで、必ず後世に残るって思えます。
昨日フジテレビで、EMの番組が放送されたようです。
テレビがないので、分からないのですが、
初めに、EMを批判する内容の番組をつくる意図があって、
何も知らない人が取材して、作られたのかもしれませんね。

今までは、テレビの報道が、正しいような気がしていた人も
原発事故後、テレビの報道は正しくないことに気が付きはじめています。

EMで除染したり、
いろいろなところにまけば、
私たちの身体も食も環境もすべていい方向に向かいます。

本物は、すべてにいい影響を与えるものです。

たとえば、これには効くけれど、これには効かないというのはないはずです。

私は、微生物君たちの力に祈りを込めていきたいなあと思います。
だって、楽しいからね。

みんな楽しいことをやりましょうね!
[PR]
by kisan35 | 2012-10-18 18:50 | EM

生きること

最近、スーパーやデパートに行っても買いたいものがない。
過剰供給の末、もう購買意欲がなくなってしまっているのを感じます。

ファッションも携帯電話も
すべて流行があって、ちゃんとこわれるようになっています。
新しいものを買う。消費を煽るメーカーの意図があり、
おかしなものだと感じています。

息子たち二人を育てていると
ゲーム機を購入しても、どんどん進化して
高いお金を払って、サンタさんになって、買っていました。
今は、どれも必要なく、捨てています。
一体いくらお金を使ったのかなあ~

消費に踊らされてしまいました。


最近、すべてがお金で動いているって気がつきました。
3.11以後、こんな状況の中、普通の感覚であれば、
まず、福島の子供たちを避難させて、汚染されてしまった田畑は
東電が買い取るなり、やってしまった事故の責任を当然とると思っていました。

それが、なんだかおかしい。
汚染されたガレキを運んで、日本中に小型原子炉を作って
放射能で汚染させてしまう。

日本中を汚染させてしまえば、
放射能の影響で病気になっても、わからない。
おまけに、病人が増えれば、どこかが潤う、お金が流れる構図があるって思います。

いつから、こんな国になったんだろう!
私たちが収めている税金は、必要なところに行かずに
原子力村構図の企業に流れている。

答えを生きる

忙しく働いて、日々外食している人は
まるでロボットみたいに感じることがあります。
もっと本源的に生きてほしい!

本当に優秀な人は
生きることに答えを持っている人だろうなあって思います。

そろそろ、自給自足的な生活を視野にいれていかないとね。
b0034072_1957218.jpg


田んぼで米を作っていると、
種籾があれば、どこでも食べていけるという自信につながります。
自分で作った食べ物を食べれば、まず病気にはならないでしょう!
[PR]
by kisan35 | 2012-10-10 20:00 | その他

先週の木曜日に、台風の影響で、稲刈りして干してあったおだが壊れてしまったと、報告を受けて、
急遽匝瑳に行くことになりました。
田んぼは水がたまっていて、稲はすぐに芽を出すから、
お米で食べられなくなってしまうらしい。

それで、my田畑の人の、修復作業をしたり、
私たちの田んぼの稲刈り、脱穀をしたり、
肉体労働で、結構くたくたになっていたけれど、
一晩ねると、疲れがとれます。これ、不思議です。
大地での作業は、頭脳労働や、アスファルトでの運動と違って疲れないです。
おまけに、毎日出るあくびが出ないのです。
そろそろ、拠点を東京から、匝瑳に移す時が来たなあって思います。

ただ、素手で稲刈りしていたら、手首に水泡ができたり、
これって、放射能の影響か、稲でかぶれたのかわからないけれど、
ガイガーカンターで測ると、匝瑳も汚染されているので、結構高いところもあります。
0,6マイクロシーベルトのスポットもあります。
でも、東京よりも、息が楽です。

今回、匝瑳の家のMちゃんの本を読みました。
それが、マイケルローズの本でした。

九十九里の自宅で、ひとりで庭の草刈りをしていた時、
鎌で、バッタの足を切ってしまいました。
ごめんね。
かたむいて飛べない バッタを見て、ものすごく反省しました。
これから、草を刈るときは、こうした生き物がいるから、
気をつけないといけない。
バッタに触れると、びっこだけれど、ピョ^ンと飛びました。よかった!

それから、田んぼ作業に行った夫たちが戻ってきました。
会話の中から、田んぼ作業の人が、鎌で指を切って病院に行ったことを知りました。

すべてはつながっているんだ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう数十年前のこと、
珍しく東京に大雪が降りました。
庭のまきの木が、雪の重みに耐え切れず、折れてしまいました。
その後、いつもお世話になっている植木屋さんが足を骨折しました。
そして、私も、交通事故にあい、鎖骨を骨折しました。

植木が折れた事と
私たちが骨折したことは、偶然ではないかもしれない・・・

そして、今回、バッタの足を鎌で切ってしまったこと
田んぼ作業の人が、鎌で指を切ったこと
これも、偶然ではないのかもしれない・・・

さて、私は庭の作業をしながら、マイケル・ローズの本を読んでいました。

で、気がついたのです。

すべて、つながっている。
偶然ではない。

人の判断では、いいとか悪いとか、
自分に都合がいいとか悪いとか、
判断の起点が自分ですが、
すべては、調和の中におこっていることなのかもしれません。

今回の、バッタ事件も
たかがバッタの足かもしれませんが、
ものすごく多次元にわたる大きなつながりを感じたのです。

すべては調和にむかっている。
ベストなタイミングで、ものごとがおこっています。

b0034072_2151652.jpg

初収穫の今年の大豆。
大豊作です。甘くておいしい。味が濃いです。
コメ作りは、反省が多いけれど、何もしなくてもこんなにおいしい大豆ができました。
この大豆は、千葉の在来種の小糸在来です。
毎年、収穫した大豆を、あぜにまいて3年。
受け継ぐことが、こんなに立派なおいしい大豆になりました。至福の時です。
[PR]
by kisan35 | 2012-10-08 21:59 | ヒーリング・精神世界

3.11以後放射能の汚染が、毎年拡大している。
事故当時は、あれも食べられない、これも食べられない
この食品はこれだけ汚染されているって心配していたけれど
最近のスーパーでの買い物客は、
何もなかったように、以前と同じように
買い物をしています。

小さな子供がいても、気にしていない。

なんだか自分が神経質すぎるのかなあと反省したり。
でも、みんな、知らないのか、知らないふりしているのか
忘れようとしているのかもしれない。
なんでも安心して、食べたいものを食べることは
3.11以後ありえない。

もしかしたらチェルノブイリ以後も
ありえないって思っていた先駆者もいると思います。
私は、遠く離れた日本で、チェルノブイリの放射能汚染のことは人ごとでした。
でも、今の私のように、そうした情報が入ってくる環境にいたら
おそらく水道水も飲めなかったでしょう。
知らないからよかったとは思えないのは、
長男は1985年生まれ。長男の野球部の友人が中学生の時、白血病で亡くなりました。
もししたら・・・と頭によぎります。
長男も、小さな時から身体が弱かったし、今でもアトピーが治りません。
健康な身体に生んであげたかったなあ。
もっと、いろいろな知識を知っていたら、よかったなあと後悔しています。
何も知らないで、マクドナルドのハンバーガー食べたり
合成洗剤使ったり・・・すぐには影響は現れないけれど、蓄積されているのを実感しています。

毎日の食材から内部被爆がおこります。
あぶないものは避けて
今の時期は、くりやきのこはきちんとベクレル調べているものを食べてください。
特に、小さい子供ほど、気をつけてあげて。

今までは、子供に財産を残してあげるのがいいと思っていたけれど
本当の財産は、資産やお金ではなくて健康です。

チェルノブイリの原発事故から25年。
まだ終わっていません。
福島原発事故の後遺症はこれからますます増えていきます。
テレビの報道よりも、きちんとした情報を知り、
子供たちを守ってください。
[PR]
by kisan35 | 2012-10-03 20:56 | 環境・社会問題