ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

約4年間、「OHANACAFEから」メルマガを発行させていただきました。

メルマガは1日発行を目指してきていましたが、
みなさん、それぞれの活動や仕事でお忙しく、
原稿を書き上げて、1日に発行するのが大変になってきていました。

しかも、一方通行のお知らせで、顔が見えない・・・・

4人で考えて、
facebookに移行することになりました。

こちらです。
OHANACAFEより

カフェでおしゃべりしていたみたいに
皆様からの書き込みもお待ちしております。

私達もメルマガで書いていた情報などを
不定期で書きこみたいと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

皆さんの交流の場になりますように。
[PR]
by kisan35 | 2012-03-29 09:46 | その他

滋賀に来ています。
桜が咲いていました。春ですね~
b0034072_9483592.jpg


関東から滋賀県に移住された岸田ファミリーと一緒に
南草津、市民センターで、EMおしゃべり会をやることになりました。
EMを使っている幼稚園児のいるママたちの情報交換会です。
託児はいっぱいになっておりますが、
まだ5人ぐらいは大丈夫だそうです。
こちらにご連絡してください。
yayoimiyauchi@yahoo.co.jp(宮内さん)

滋賀はいいところだなあ。のんびりしているし、人が優しいし。
リサイクルショップも充実しているし。
楽しんでおります。
[PR]
by kisan35 | 2012-03-28 09:58 | EM

EMXゴールド入り発酵ジュースの作り方はこちら

b0034072_8512569.jpg

そろそろなくなりそうなので、2回目を作りました。

b0034072_8521669.jpg

いちごを追加して

b0034072_8523218.jpg

スプーンでつぶし、、砂糖を入れました。

b0034072_8525311.jpg

EMXゴールドを5cc加え

b0034072_8555850.jpg

水を加えました。蓋をします。

b0034072_8531314.jpg

一晩おいたら、発酵しています。

2回目は、水を加えても、ぶくぶくとすぐに発酵してきました。

こうやって、継続して作っていくと、簡単においしいジュースができますね。

飲みきらないで、次のジュースに受け継いでいくと、発酵がスムーズです。

おいしいですよ(^^)
[PR]
by kisan35 | 2012-03-24 08:59 | EM

ドイツのテレビ局が取材した番組です。

見てください!


http://www.dailymotion.com/video/xpisys_yyyzdf-yyyyyyy_news
[PR]
by kisan35 | 2012-03-23 15:23 | 環境・社会問題

EM1を使った発酵ジュースの作り方は、以前ご紹介させていただきましたが、
今回はEMXゴールドを使った発酵ジュースの作り方です。

EM1は生きた微生物がたくさん入っているので、発酵ジュースが簡単に作れます。
おいしい!でも、土壌改良剤だから、自己責任で飲みます。

EMXゴールドは、微生物が作り出した酵素です。
これは清涼飲料水だから、EM1飲むの?と不安な方にも、おすすめです。
こちらもおいしいですよ。

では旬のいちごを使った発酵ジュースです。

材料

いちご
砂糖(今回は白砂糖を使いました)

EMXゴールド  

作り方
1. いちごをスプーンでつぶす 
2. いちごと同じ位の量の砂糖を手でまぶし、EMXゴールド5ccを入れ、密閉容器に入れる
3. 時々手で混ぜると、数日後、ぷくぷく泡が出てきます
4. その中に、お好みの濃さになるように水を入れます
5. 2日後ぐらいから、発酵ジュースになります。

微炭酸で、甘くておいしいいちごジュースです。

b0034072_1055535.jpg


上の写真は昨日のジュース
下の写真は今日のジュース

b0034072_10565565.jpg

一日おいておいたら、こんなにぶくぶく発酵しています。
だいたい完成まで一週間かかりました。

EMXゴールド発酵ジュースは、胃があたたくなるような気がします(^^)
[PR]
by kisan35 | 2012-03-23 11:00 | EM

いつも直前のご案内で、すみません。

明日、茨城県東茨城郡城里町阿波山38−4
城里町商工会桂支所で13:30分からEM講座を開催します。

029-289-2132 ‎

ここは、EMの培養液を作る機械があるそうです。
訪れるのが楽しみです。

話すときはいつも緊張します。

話すのが楽しみになる日を夢見ています!
[PR]
by kisan35 | 2012-03-20 20:16 | EM

福島で微生物を使った実験で
金沢大学の田崎教授が、微生物は放射能の数値を下げる
セシウム137のような半減期30年のものも、微生物が、すぐに下げてくれる。
そして、その土壌は、セシウムの代わりにバリウムが増えている。

という記事を読みました。

それが、2日後には削除されました。

同じように、ベラルーシの放射線研究所のニキティン博士の話。
EMを入れた水を飲んでいる鶏は、セシウムの体内被曝量が減り、
肉が太るという報告を11月のEMフォーラムで発表されました。
その内容が、福島テレビで流れたのを確認したのですが、
こちらも、すぐに削除されました。

だれが削除しているのでしょうね?

こちらのビデオは削除される前に、ぜひ見てください。
http://www.youtube.com/watch?v=oDpbyVY1hLw&feature=youtu.be

お母さんたちは、微生物が放射能を除去するという話を聞いて
納得する方が多いのに、
男性は、なかなか理解できないようですね。

伝えるためには、感情とか直観ではなく
理論的に伝えることが求められています。

電子顕微鏡で見ると、あきらかに、光合成細菌の周りで
鉱物化したセシウム(安定して悪さをしない)のが確認できるようです。
理論的に証明される日も近いと思います。


子供の命を守るために、母子疎開している人が、とても増えています。
本能だと思います。
本能には、説明がいらないですね。

東京都23区でも、線量の高いところにいると
子供は、やる気をなくします。視力もおとろえてくる子供も多いです。
それまで、勉強をせずにだらだらしていた子供が
疎開先では、見違えるように一生懸命勉強を始められた話を聞きました。
おまけに、最近は突然死や心筋梗塞が多い。
これも放射能の影響だと思います。
パンダジェフスキー博士は、チェルノブイリで被ばくした人たちを病理解剖して
当時は、調べてはいけないと言われていたので、何度も投獄されながらも、調べてくれました。
今、日本で講演会を各地で開いてくれています。

その研究によると、ミンスクの子供には20ベクレル以上のセシウム137が体内に残り、
85%が心電図に病理変化を記録している
体内放射能が認めれない場合でもさえも、4人に一人の心電図に変化があったと報告されています。

心臓、肝臓、腎臓などにたまりますので、気をつけてください。

突然死と聞くと、放射能では・・・と思います。

また、放射能は、身体の弱いところが助長されます。

低線量被ばくが、どんなようにおこるかは伝えられていませんが、
白血病や甲状腺癌で死ぬのは、最後です。だから、気をつけてくださいね。

被ばくは抗酸化療法である程度防げますので、
酸化=老化
アンチエイジングしていきましょう。
マクロビオティック、ローフード、ビタミンcほか
いろいろな手段があります。

EMは私はず~っと使っていたので、一番簡単にできるのです。

微生物の力は、上のビデオを見て、すばらしいなあと思いました。
微生物を抗菌、殺菌で殺さず、発酵食品を自宅で作る生活がいいなあと思います。
微生物君ありがとう!
[PR]
by kisan35 | 2012-03-17 18:54 | EM

タロットおしゃべり会

★★★タロットおしゃべり会★★★


日時 4月17日(日)
時間 14:00~16:00
定員 6名
会費 1000円(お茶とお菓子が付きます)
場所 練馬区の自宅

久しぶりにタロットおしゃべり会を開催いたします。
タロットカードが初めての方も、
カードを見ていると、
今まで気がつかなかったことが浮かびあがってきます。
その日のテーマは自然とカードが導いてくれます。
左脳を使うことが多い日常ですが、
右脳を使って直感的な気づきを得ることができます。
カードリーディングとおしゃべりを楽しみましょう♪

ブログで書ききれないことなどのお話もさせていただきます


☆ご予約はメールにてお願いします
k-kiアットjg8.so-net.ne.jp(アットを@に変更してください)
※ミニチュアダックスフンドの犬がいます。ご了承くださいませ ワン!

[PR]
by kisan35 | 2012-03-16 09:01 | その他

今日は健康相談のお手伝いの後、池袋でのイベントへ野呂さんと参加しました。

改めて思うのは、
私たちの身体は、食べたものでできています。
食べ物は環境でできています。

何を食べるというのは、どう生きていくかにつながると言うと大げさですが、
これからは、食べ物に気をつけていくといいなあと思います。

降り注ぐ、電磁波、放射能、公害、
そしてストレス

身体がどんどん錆びて老化にむかいます。
活性酸素が遺伝子も傷つけます。

酸化した食べ物を、できるだけとらないこと
酵素のむだ使いをしないよう、シンプルな食事をとること

秋月達一郎さんが、長崎原爆で被爆しながらも
長生きした食事は
塩の効いた玄米のおむすび
ぬか漬け
わかめと油揚げの味噌汁
と言われています。

シンプルだから、消化酵素もあまり使わない、
しかも、ぬかずけや味噌や玄米の酵素が身体に入ります。

現代人は、飽食時代なので
これを食べていれば、スナック菓子や、ケーキを食べてもいいのかというと違うかなと思います。

「チェルノブイリへのかけはし」で保養にきていた子供達
EMXゴールドを飲んで1か月後には、内部被ばくが測定不能になりましたが、
ならない子供たちもいたようです。

それは薬を飲んでいる。
スナック菓子をおやつに食べている。

おやつは、酵素のとれる生のフルーツにしてあげてください。
油で揚げたものは酸化しているから、できるだけとらないように気をつけて。

EM活性液を作っても発酵しないおうちは、
抗菌とか殺菌のような洗剤を使っていないかな?
ぬかづけや、味噌やパンを焼いているおうちは、
ちゃんと発酵します。
もし、発酵しないようなら、今使っている微生物を殺してしまうような家事を
ちょっと見直してください。

私も、今、ものすごく身体がアトピーのようにかゆくてたまらなくなってきています。

花粉なのか?
マスクをしないからなのか?
講演会のストレスか?

EM使っているからと過信しないで、
すべてはトータルで動いていくから
マスクもしなくては・・と思っています。

収束には、ほど遠い放射能。
3.11。この日を境にすべてが変わってしまった!
以前の暮らしを見直す時。

日本中で瓦礫を受け入れるし、
原発があるから、どこも安全な場所はないですね。

これからを生きていくキーワードは
つながり、自給、発酵、微生物、と思っています。

免疫力を高めていくしかない!
[PR]
by kisan35 | 2012-03-11 18:49 | エコロジー食

3/11健康相談@保谷

午前中の診療になりました。3名様のあきがあるようです。

【3月11日(日)健康相談会を開催します】
 ◆受付開始:3月2日(金)22:00より

福島第一原発の事故からちょうど1年が経ちます。この1年間、放射能による健康被害が言われながらも一方で政府の「安全です」のアナウンスが奏功(?)してか、危機意識がすっかり薄れていると感じます。
地震・津波の被災地以外では、表面的には事故以前と変わらぬ日常が戻っています。
あたかも原発事故などなかったかのように、汚染地域の産物が、きちんと検査もされずに店頭に並んでいます。

でも、本当に安全でしょうか? 福島第一原発はまだ放射性物質を出し続けています。
安全と言われる中、体調不良を訴える人もいらっしゃいます。
流通している食品から放射性物質が検出されたというニュースも流れています。
不安を抱えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

そんな中、このたび「子どもたちを守る会西東京」では、NPO法人チェルノブイリへのかけはしさんと協力して、健康相談会を開催することになりました。

あくまでも医師による「記録だけ」しかできないのが現状で、治療はできませんが、甲状腺の腫れが見つかって医療につながったお子さんもいます。西東京市近辺でそれほどの症状があらわれている方はないかもしれませんが、福島第一原発の事故の放射能による体調不良ではないかとお悩みの方がいらっしゃいましたら、医師に相談してアドバイスをいただける機会です。

少しでも不安を払拭できるかもしれません。
おひとりで悩んだいらっしゃるようでしたら、この機会に相談してみませんか。

※大変申し訳ありません、「子どもたちを守る会西東京」はまだインターネットサイトが整備できておりません。お問い合わせなどはメールでお願いいたします。

【開催概要】
日にち:3月11日(日)10:00~15:00(12:00~13:00は休憩です)

場 所:保谷駅前公民館第2会議室にて
    http://www.city.nishitokyo.lg.jp/sisetu/itiran/lib_komin/hoyaekimae_komin.html

費 用:500円

時 間:1.10:00~11:00
    2.11:00~12:00
    3.13:00~14:00
    4.14:00~15:00
    5.何時でもよい    
上記各時間帯ごとに各10名まで
※ご相談お一人につき1名とカウントします。
お母さんとお子さん一人や、お子さんお二人のご相談の場合は2名になります。
※時間が多少前後することがありますので、ご了承ください。

受 付:各時間帯の15分前から受け付けいたします。

申 込:子どもたちを放射能から守る会西東京
    kodomo.mamoru.nishitokyo@gmail.com (@を半角に)まで、以下をお知らせください。

     □お申し込みの方の氏名  :
     □自治体名        :
     ■相談なさりたい方の氏名 :
     ■相談なさりたい方の年齢 :
     ■相談なさりたい方の性別 :
     ■希望時間帯       :第1希望: 第2希望:  
     □連絡先         :メールアドレス:
                  :お電話番号

※複数の方のご相談の場合、■について必ず人数分の記載をお願いします。
※もれなくご記入ください。

受け付けは先着順になります。やむを得ずキャンセルされる場合は、必ずご連絡ください。
受付開始は、3月2日(金)の22:00からとさせていただきます。

当日まで:かけはしのHPに問診票がありますので、お手数ですがそれを印刷して当日までに記入してきてください。
当日は時間を有効に使いたいため、また、なるべく多くの情報を医師に診てもらえるよう、必ず事前の記入をお願いたします。

当日お持ち頂くもの:
1.記入済みの問診票をお忘れなくお持ちください。
2.後日、問診票を返送いたしますので、返信用封筒をお持ちください。切手は折ってよければ80円、A4のままの場合は120円です。
※必ず切手を貼り、宛先をご記入の上お持ち下さい。
※ご家庭の事情などで、返送してほしくない場合はご相談ください。
3.小さいお子さんの場合、お気に入りのおもちゃなどお持ちいただくといいかもしれません。

問診票:http://www.kakehashi.or.jp/
    かけはしのサイトの下の方に問診票があります。

大切なこと:・あくまでも治療や診断行為ではなく、相談会です。でも、相談の結果、問題があれば、どのようなお医者さまにかかればいいかを教えていただけます。

・心配するお母さん同士で繋がれる機会です。
・お医者さまはボランティアで来てくださっています。連絡先などを訪ねたりなさらないよう お願いいたします。
・問診票の記入をお忘れないようお願いいたします。

お預かりする個人情報は、当会とチェルノブイリへのかけはしで責任を持って管理いたします。
また、チェルノブイリのかけはしで健康データとして個人を特定しない形で集約する以外には使用いたしません。
[PR]
by kisan35 | 2012-03-09 18:24 | 講演会・イベントのお知らせ