ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

本源的な生き方

12号の健康生活宣言を読んで思いました。

この表題
「本源的な生き方の実践」

比嘉教授はなにがなくても生きていける自信、生きる力の本源からくる自信に満ちている。

私たちは、自分以外の何者か、それは地位であったる、権威やお金であったり、
理論やデータであったり、様様な自己矛盾を内包する価値観によりかからないと自信が持てなくなってしまします。

比嘉教授の強さと魅力は、自然とともに生きる本能に従い、本質を見抜き、本源的な生きる力を持っていること


さて、この本を読んで、改めて
今のシステムへのメスを入れ、なおかつ、普通ならその反動で
芸能人ならテレビに出れない、などいろいろありますが、
ずば~っとメスを入れている潔さに感動しました。
今でもEMはバッシングを受けていますが、
この雑誌を読んで、ああ~何もこわいものはないのだなと思い感動しました。


EMを家事に取り入れた理由は
EM菌家事日記にも2003年かいたとおりです。
こちらです


ばい菌さえもに受け入れちゃうんだ~
一緒に蘇生にむかう微生物なんだ!と
今の時代は争いの時代です。
それまでの家事は、ばい菌を殺菌とか抗菌とかで殺してしまう。
でも、それは薬と同じで対処療法にすぎないではないですか。
根源はなんだろう?と思うと
EMは、まさにぴったりでした。

対処療法では、だめ
根源的に元の原因をつきとめた時
何も殺さず、放射能も受け入れて、それをいいエネルギーに転換してくれるEMは
限りなく効果的だと思っています。

それが、今チェルノブイリから25年たったベラルーシでEMの効果が
現れている。

まさに光だと思います。
12月16日の午後~夕方にかけて

練馬区のどこかの場所で
「チェルノブイリのかけはし」の野呂さんの講演会を開催予定です。
今場所等、いろいろ検討していますが、
長年にわたって、チェルノブイリで被曝した子供たちを受け入れていらした野呂さんのお話は
気を付けることと安心できること
その実体験を聞いていただきたいなあと思います。

詳細が決まりましたら、ブログに書きますね。

たくさんの方に聞いていただきたいお話会です。
[PR]
by kisan35 | 2011-11-29 19:46 | EM

今日はこんなイベントがあります。
お近くの方は、いらしてくださいませ。
b0034072_8491871.jpg

[PR]
by kisan35 | 2011-11-27 08:49 | 講演会・イベントのお知らせ

失敗は成功のもと

今日は、息子の友達が泊りに来るので
パンを仕込んだのですが、水の分量が多すぎてしまったようで、
でれ~っとお好み焼きの種のようになってしまいました。
ガク!
気合を入れると、大体こんな風に失敗するんですね。

友人が食事に来てくれると思うと
気合が入って料理を作るのですが
たいてい、うまくいかないです。
リラックスして作る~これ大切です。

今日は、この失敗してパンにもならない、種をどうしようと思い、
鉄板に流し込んで、自家製のバジルペストと冷蔵庫で眠っていたカマンベールチーズをのせ
焼いてみました。
b0034072_1852585.jpg

おいしいじゃ~ん!

失敗は成功の元だな。

思えば、人生って
失敗をばねにして生きていくことかもしれません。

失敗のない人生のほうが、単調でつまらないよなあと思えるまで成長しました。

クリエイティブでいこう!
[PR]
by kisan35 | 2011-11-26 19:02 | ヒーリング・精神世界

沖縄の放射線量

今回の沖縄滞在は「チェルノブイリのかけはし」の野呂さんにもお会いできたり、
各地でEMを活用されている方々に、直接お話しを聞くことができて、
それが大きな収穫でした。

また、シンチレーションカウンターという、セシウムを検出する機械で
沖縄の気になる場所を測定していただきました。

娘家族は那覇から、読谷に越したら、
孫の体調が著しく悪くなり、嘉手納基地の影響ではないかなあと案じておりました。

私のガイガーカウンターは中国製のRENSです。
それで測ると、読谷の数値は高く、0.2μのところもありましたが、
今回、シンチレーションカウンターで測っていただいたところ
基地近くは高いけれど、0,08マイクロぐらいでした。
海辺が、とても低いそうです。0.03μぐらい。
海に行くといいですね。

なんだか、ほっとしました、
基地周辺は、いろいろな通信機があるので
それをひろっていたと思うようになりました。

ただ、沖縄にも大手スーパーには、
いろいろな汚染されたかもしれない食材が売られています。
内部被曝がこわいから、気をつけてください。

沖縄は、空間線量が低いから、のびのびと空気が据えて
ああ~いいなあ~と思いました。
身体からふわ~と力が抜けます。

びくびくしながら暮らしているのは苦しいから、
思いっきり遊べて、空気がおいしいところに住むのは
今では最高の贅沢かもしれません。

数年前の贅沢と、ずいぶん違っています。

これからは、
生きていくために何が必要か

そして、本当に必要なものだけが残っていくので、ないでしょうか。
[PR]
by kisan35 | 2011-11-24 21:01 | 環境・社会問題

今朝の東京新聞にも

ここ数日の東京新聞は、希望がある記事が増えて来ています。
枝野さんも、ずいぶん変化してきているようです。
電気料金も広告費、財団法人への拠出金などを原価に入れるのは認められなくなりました001.gif
今まで総括原価方式で、経費に+3%上乗せしたものが電気料金になって
私たちに請求されていたのです。
ですから原発をどんどん建てた方が、儲かる仕組み。
ここにメスがようやくはいりました!すばらしい一歩ですね。

さて、「こちら特報部」の記事
チェルノブイリの子供 内部被ばくの危険今も

ロシア国立小児血液・腫瘍・免疫研究センター長のアレクサンドル・ルミャンツェフ教授

内部被ばくした子供たちには、どんな症状が現れるのか。
フリーラジカルの影響を説明した。
フリーラジカルは遺伝子の損傷や免疫不全、心臓疾患の一因になるが・・・・

「遺伝子の不安定性や免疫不全を引き起こす可能性が示唆されているが、低線量の内部被ばくの影響は学問的にはきちんと説明されていない。病気との関係が解明されるべきだ」

甲状腺癌は被ばく時の年齢が低いほど発生率が高くなる
被ばく6年後から発生が増加し、13年後にピークを迎える
甲状腺がんは治りやすいタイプが多い。健康診断によって早期に発見すれば十分治療可能だ

セシウムで内部被ばくした子供の対策として
1.汚染されていない食物、バランスのとれたビタミンの提供
2.最低1ヶ月半の抗酸化療法を挙げた

2の抗酸化療法って、EMXGを40日間飲むことでしょうね。きっと!

EMフォーラムで、ベラルーシ国立科学アカデミー放射線生物学研究所のニキティン氏の報告でも、
ストロンチウム90の野菜への移行は、土壌にEMを使うことで、かなり減らせる研究報告がありました。

こちらがテレビで報道された動画です

そして、ベラルーシの小児科医のスモルニコア先生も
沖縄に避難されているお母さんたちのお話会の中で
日本にはいい液体があるからと言われていました。
b0034072_11415675.jpg


実際に、EMのことを言うと、ものすごく嫌な顔されて
医学的根拠を示してほしいと言われることがありますが、
チェルノブイリの原発事故で子供たちをみてきた、お医者様や研究者の
こうしたデータをきちんと示していける。と思うと、ますますEMを使って、
低線量被曝から子供たちを守っていきたい!
決意も新たにしています。

心配しないで、EMを使っていきましょうね。
b0034072_11323129.jpg

比嘉さんご夫妻、「大地といのちの会」吉田さん、「チェルノブイリのかけはし」野呂さん、
あかね台脳神経外科 杉本さんと一緒に、コスタビスタの懇親会にて

杉本さんのお話を聞いていて、コレステロールや高脂血症の薬など、
今までの常識がこわれていくお話でした。薬信仰もやめていかないといけないです。
携帯電話の電磁波の危険性。
いろいろなところで予防医学の講演会をされますので、聞いてみてください。
そうそう、子宮頸がんワクチンやインフルエンザワクチンのお話もためになりますよ。

吉田さんのお話はげらげら笑えました。ものすごく面白かったです。

コスタビスタのお料理はとてもおいしくて、ここのホテルに泊まると熟睡できます。
b0034072_11421883.jpg

楽屋でいただいたお弁当のおいしかったこと!コスタビスタ特製弁当

東北でのEM活用

三陸EM研究会の足利さんのブログ

岩手コンポスト
 熱を加えることで、500bqを検出下限値まで下げることに成功

平野勝洋さん タンクローリーを偶然持っていたことから、その中でEMを培養して、学校の校庭にまいている
[PR]
by kisan35 | 2011-11-23 11:43 | EM

EMフォーラムでのご報告

今まで、こんな大きな会場で報告をするのは苦手だから
終わるまで、ず~っと目の上のたんこぶ状態でした。

とりあえずレスキューレメディを飲んで、深呼吸。

舞台に上がってみたら、
予想に反して全然緊張しませんでした。
でも、終わってよかった!ホッ!!

参加してよかった!
パネリストとして、ベラルーシの国立科学アカデミーのニキティン氏からの報告。
ベラルーシでは、チェルノブイリ原発事故後25年を経て、セシウムよりも、ストロンチウム90とカリウム40の内部被曝が深刻な状態になっているそうです。

詳細はfacebookで杉本一朗さんがアップされていますので、読んでください。

そして、「チェルノブイリのかけはし」の野呂さんの発表。

チェルノブイリで被曝した子供たちが、
各国に保養に行きました。最初は、放射能が出ていくとは、だれも思わなかったそうですが
実際に保養に出た子供たちの体内から放射能が出ていきました。
その数値のグラフを見たら各国平均は50%なのに、
日本は81%。その理由はEMXを飲んでいたからです。

ベラルーシの小児科医のスモルニコアさんもいらしていました。
その報告は、「チェルノブイリのかけはし」のサイトに載ると思いますが、
1986年におこったチェルノブイリ原発事故は、1991年に甲状腺癌の一つ目のケースが現れたそうです
25年たった今のほうが、子供の罹患率が、ものすごく高い。
癌にならなくても、循環器系、泌尿器系、神経系、消火器官など、先天性の障害児を含めて
ものすごく増えています。

そして、年間1ミリシーベルトは絶対に守らなくてはいけない砦だと思いました。

あまり知られていませんが、一関、平泉も、とても高いです。
鼻血が出ている子供が多いそうです。

できたらEMを使ってほしいです。
EMフォーラムでの発表を聞いていて、
ますますそう思います。

放射線量が高い地域では
なにかしらの異常が起こります。
ただ、具合が悪くても、それが放射能のせいだとは思いません。
今朝の東京新聞にもエイズ患者が増えているとありました。
放射能で免疫が落ちてくるとエイズかかりやすくなる。
肥田先生が翻訳された本「死にいたる虚構」で
放射能とエイズの関係が書かれています。
放射能とエイズ、手足口病、帯状疱疹、などの感染症は密接な関係があるように思います。

いろいろなデータを見ていると、
EMは、やはりかぎりなく効果的であると思わないわけにはいかないです。

EMフォーラムでのお話の中でも
津波で、家や会社を流されてしまっても
東北の被災地でEMをまいている方々のお話は、
EMの力、放射能に効果的であり、
人々を元気にしてくれる力を
改めて再確認いたしました。

EMフォーラムの内容はこちらにアップされていきます。
[PR]
by kisan35 | 2011-11-22 19:48 | EM

塩麹と夢の話

塩麹に夢中です。
1週間、麹と塩と水で発酵させて、今使い始めていますが、
あまりのおいしさに衝撃を受けています!
なんだ~、このうまさは・・・・

作り方は、とても簡単です。
ネットで検索すれば出てきますので、
ぜひ、作ってみてくださいね。

先日、田んぼファミリーの、りこちゃんが作ってくれた
かぶと塩麹を合えたものも作りました。やはり、うまい・・・

我が家は、今でも時々肉を食べますが(豚君、命をありがとう!)
豚肉に塩麹と、ねぎをまぶして、ネギ塩カルビのようにしたところ
あまりに、おいしくて絶句。

肉沢山食べちゃうなあ。すみません。

だけど、塩麹がこの時代に、流行っているのは、
日本の食文化が、すごいなあって思います。

かつて、エイズが流行って、沢山の人が死んでしまった時でも、
アジア人は、誰も死んでいないのは、カルシウムが豊富な魚などを常食していたからではないかと
書かれた本を読みました。

チェルノブイリ原発事故や、核実験で、免疫力が0になった人が
エイズに感染して、あっという間になくなってしまったのです。

発酵食品を食べることで、身体の活性酸素を減らしていくことができるので
ぬかづけ、手作り味噌、塩麹、甘酒、など
日本の食文化をつなげていく。
腐敗でなく、発酵にむかっていきましょう!

私の好きな造り酒屋さん、千葉県香取の「寺田本家」の寺田さんが言われています。
微生物は「うれし」「たのしき」「ありがたき」

さて、先日久々に金縛りにあって、
身動きなとれない状態で、小さな人に囲まれた夢を見ました。
ハワイのメネフネかもしれません。
まさに11月12日。運命の日でした。ジャ~ン。

私は夢ではなく、実際の出来事かもしれないと思っているのですが、
小人3人組が「一年後も変わらない」とか言いながら、
私の頭から光の柱を入れて、その間は、こわくはないのですが
動けなくて悪戦苦闘していたのです。
目の前に富士山がイメージアップされてきました。

そして、目が覚めて、起き上がってみると
別に、何も変わっていないけれど、この体験はなんなんだ~と思っていたところ、
この度田んぼがご縁で匝瑳市に移住したこられたMさんが、
「ものすごく末広がりで、グラウンディングしている。
まるで富士山みたいなの」
と言われていたので、びっくりしました。

小人3人組は、私にグラウディングを仕向けたのかもしれません。

こういった目に見えない不思議な世界が大好きです。
寺田さんも、UFOを見てから、目に見えない世界を信じるようになったそうです。

私も、中学3年生の時見た、自宅上空の巨大なUFOが忘れられません。
今回の小人君は、そのクルーかな~なんて、
イメージがふくらみます。

目に見えない力が、いろいろおこっています。
微生物は、かつての宇宙人かもしれない、なんて思っています。
[PR]
by kisan35 | 2011-11-16 20:10 | ヒーリング・精神世界

昨日聞いた話

昨晩、千葉から池袋「たまつき」に戻ると
アースカラーの石川君が「福島支援」のイベントをやっていました。

そのひとり、味噌作りの会社の社長さんは
郡山に会社があるので、度々行くそうです。

そこで測ると
11マクロシーベルトは低いくらいの数値のようです。
私が郡山で測った数値は1.8マクロシーベルトでしたが、
ガイガーカウンターはアルファー線を計測できないものでした。

アルファー線の図れるガイガーカウンターの数値だそうです。

もう、住める状態ではないところに
今もたくさんの子供たちが住んでいます。

国は、避難しなさいとは言わない。

そして、福島の人は、ほとんど、福島産の野菜を食べないそうです。
今、都内のスーパーでは、買い叩いた福島産の野菜が、並べられています。

安いから買うのではなく
安いのは、何かがあるんだよ。
お母さんたち、
ちゃんと気をつけてね。

関東からの目線でしか、書けなくて
ごめんなさい。
[PR]
by kisan35 | 2011-11-15 19:12 | その他

2011年11月11日

占星術師のジョナサン・ケイナーは
この日を「リセット」と言われました。

今日は自宅でタロットおしゃべり会でした。

ここのところ、ず~っともんもんとしていたけれど
2~3日前にそれがはれた
と言う方が多くて、驚きました。

今、確実に、変化が起こっていて
どんどん巣に戻っていくような、促しがあるのかもしれません。

そんな時、本当に10年ぶりぐらいに
サビアン占星術(なおい あきら著)を読んでいて
生まれた日で、その人が、何を望んできているのか
アストラル界での自己実現が、これから加速するのかもしれないな
なんて思っちゃいました。

人それぞれ、魂レベルでの自己実現は違っていて、
幸せ感も違っていて、
かなり苦しいけれど、実は魂は喜んでいるようなことって
あるんだろうな~

昨日、ブログに書いたナオミ・クラインの「ショック ドクトリン」
「ショック 毒取り」のようだ!
市場至上主義を推進する最適の時は大きなショックの直後です。経済の破綻でも、天災でも、テロでも、戦争でもいい。人々が混乱して自分を見失った一瞬の隙をついて、極端な国家改造を一気に全部やるのです」

ショックを受けると、変容を促すのも
あながち、間違っていないかもしれないなあ。

静かな幸せよりも
ショックを受けてカルマの解消もありうるような気がします。

「リセット満月」

皆様は、何か変容がありましたでしょうか?

私は、大いにありましたよ。
[PR]
by kisan35 | 2011-11-12 19:25 | ヒーリング・精神世界

EM発酵ジュース

EM発酵ジュースはおいしい!
ただし、EM1は土壌改良剤なので飲用は、自己責任になります。

で、EMエコ家事ライフの共著者のゆうみさんが
しっかりとおいしい配合をメモしてくれましたので、お伝えします。

りんご1 1/2こ
砂糖 200グラム
水 1500cc
EM活性液(EM1) 100cc

密閉容器にくだものを入れ、砂糖を混ぜます。
手で混ぜて、果物に砂糖をまぶした後
水を加えて、EMを入れます。

よくふって、底の砂糖をとかします。

そのまま、時々ふってあげながら、おいておきますと
3日目ぐらいから、おいしいジュースになります。

ゆうみさん、ありがとう!

私は、いつも適当で、このぐらいと言うだけで
実際に測ったことがないので
この配合は、目安になります。

ただ、この配合がベストではありません。
果物の種類や砂糖の種類にもよるので、
参考にしていただいて、ご自身のお好みのジュースを作ってくださいね。

b0034072_2073029.jpg

最近の発酵ジュースは、このようにジュースを飲んだ後の
フルーツを捨てずに、新たに少しだけ果物と砂糖を加え、手で混ぜた後
水とEMを入れて、ジュースを作ることに成功しています。

そのほうが発酵が早くてパワフルなのがわかりました。

この写真は
最初、りんごで作って、それから、ぶどうやみかんやキューイを入れて、
作っているジュースです。果物がミックスしていておいしいです。


話は変わりますが、ジュースと関連したお話です。
遠藤周作さんの本を読んではっと!としたのですが、
愛とは、続けること
この言葉は、すごいなあと思いました。

EM活性液や発酵ジュースをつくる時に
かならず古いものも加えてほしいのですが、
それは、より発酵してくれるからです。
常に新しいものを仕込むのではなく、古いものも加えていくこと。
愛とは継続なのだなと思うに、
日本そばのつゆのかえしも、必ず古いものを加えてつくりますね。
文化とはそういうものだと思います。
そして、愛もね。

今日、車の中で聞いていたラジオでの歌で
「寒いね」と言って
「寒いね」と答えてくれる人がいる。

今はいないけれど、それが幸せだったという歌詞に納得しました。

EMお話会を、たくさんやってきて思うのは
子供を守りたい母親と、家族を養っていく父親の
放射能に対する温度差が、とてもあるということです。
なかには、子供と疎開した母親が、離婚を言い渡されて
母子家庭になるケースもあります。

この状況で、別れてしまう、
それを乗り越えて一緒に暮らしていく
愛とは継続していくものだから、
放射能で家族が別れてしまわないように
お互いに歩み寄れたら、ものすごくいい関係になるのだろうなと思います。

本当に、大切なものを失わないで、
この危機を便乗して、経済構造を変えようとしている動きもあるから
基準を経済から幸せにシフトしていくといいなあ


「市場至上主義を推進する最適の時は大きなショックの直後です。経済の破綻でも、天災でも、テロでも、戦争でもいい。人々が混乱して自分を見失った一瞬の隙をついて、極端な国家改造を一気に全部やるのです」
と警鐘を鳴らした。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv68771811?po=news&ref=news#0:06:44

ショックの時こそ、何が大切か問い直していく時だなと思います。
[PR]
by kisan35 | 2011-11-11 20:32 | EM