ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

EM活性液の作り方と使い方講座~活用編

EM実践家の高坂早苗さんを招いて、第2回目のEM講座を行います。今回は土曜日の開催。活性液づくりもみんなでいたします。1回目に参加された方も、内容が異なりますのでどうぞご参加ください。なお、初めてでもよくわかる図説の小冊子『EMレシピ』(350円)も販売します。(真南風に常設します)
    ********************

EMは食品の発酵に使われる有用微生物が多数含まれていて、微生物たちのさまざまな共同作業により、環境をきれいにしてくれます。チェルノブイリの原発事故後の、汚染された大地や、今回の福島原発事故後の東北でも使われています。
えさになる糖蜜(黒砂糖)を加えてあげることで、数100倍に培養することができるので、コストもあまりかかりません。今回は、EM活性液を皆さんで作り、お持ち帰りいただきます。また、EMXゴールドの使い方、EM活性液の二次培養、発酵ジュースの作り方など、第1回目と違った内容です。

★日時:10月29日(土)14:30~17:00(入場は14:15から)
★場所:からだと心のヒーリングスタジオ 真南風 ma-pai(常磐線馬橋駅東口すぐ)
 松戸市馬橋301-1 片野ビル2階
http://www.ab.auone-net.jp/~ma-pai/
★予約先:ma_pai@@ab.auone-net.jp(@をひとつはずしてください)  電話 090-9370-0752
★定員:15名
当日参加も大丈夫です
★参加費:2000円
★内容 みんなでEM活性液を作ろう!
     EM活性液の使い方
     EMXゴールドの使い方
     EM活性液の二次培養
     EM発酵ジュースの作り方
     EMのお話
     Q&A

【持ち物】1~2リットルのミネラルウォーターの空のペットボトル
     あればロート(じょうご)、15ccの大さじ、

前回のブログでも書きましたが、
EMを使って内部被爆もほとんどしていないし、
お米からも検出されなかった。
というのは大きな自信につながりました。

ひと手間かけるけれど、
この手間をかけたから、大丈夫だったんだとも思えます。

EMを知らない方から
すでに使っている方まで
時間も長いので、いろいろお話できたら嬉しいなと思います。
b0034072_19184032.jpg

  
[PR]
by kisan35 | 2011-10-25 19:18 | EM

千葉県匝瑳市で自給米を作り出して、3年目。

東京よりも放射能で汚染されている地で、
しかも、私たちの田んぼは、谷津田と言われ、
落ち葉などが堆肥となり、湧き水を使っているので、
今年も米作りをするかどうか迷いました。が、
今年とれた玄米から、放射能は検出されませんでした。
やった!

政府の暫定基準値500bq/kgではなく、
検出下限値5bq/kgの検査の結果ND

b0034072_10553290.jpg

3年目の冬期たん水不耕起の田んぼ

b0034072_1056199.jpg

今年から始めた安久山田んぼ

どちらも放射能が不検出という嬉しい結果です。

田植え前から、どちらの田んぼもEM活性液を約4リットル
50倍位に水で薄めて、述べ10回位は、まいてきました。
EMのおかげかもしれません。

日本一安心でおいしいお米です\(^o^)/

内部被曝にしろ、作物にしろ
今回の検査の結果からみても、
EMは放射能にも、限りなく効果があります。
[PR]
by kisan35 | 2011-10-20 11:04 | EM

3.11以後、ほぼ毎日EMを取り入れています。
EMXを飲んだチェルノブイリの子供達が、内部被爆が検出限界値以下だと知り、
ますますEMを使うようになりました。
確かに、今は以前にもまして、ものすごく元気で体力がアップしています。
本当にEMが放射能対策になるのか?という思いもあって
理研分析センターに検査をお願いしました。

ヨウ素131、セシウム134、セシウム137で検査日は10月9日です。

ヨウ素は不検出(検出限界 0.12bq/kg)
セシウム134 0.15bq
セシウム137 0.13bq

測定機器 ゲルマニウム半導体検出器 ORTEC GEM20-70

普段の食生活は気を付けていますが、肉も魚も牛乳も飲み、外食もしているので
この数値はかなり低いのではないかなと思います。

水も水道水を、エンバランスに入れ、竹炭とパイプ35を加え
一晩置いたものを使っているので、ミネラルウォーターは、ほとんど使っていません。

0ではないけれど、限りなくEM効果を実感しています。

尿検査の通常の検出限界値は0.3~0.5ですので、
通常なら検出されずNDという結果です。

今回は、本当にEMは内部被爆対策になるのかどうか知りたかったので
検出下限値が低い検査をお願いしました。

b0034072_1952165.jpg


気になる肉、魚、野菜をEM活性液に浸けて料理する。
毎朝、空腹時にEM発酵ジュースを飲む
EMXGを温かい料理に使う

年齢もあるのかもしれませんが、
以前と変わらない食生活していても、この数値であることに
EM効果を感じています。

EMを知っていて、よかった!
放射能の心配がなくなりました。
[PR]
by kisan35 | 2011-10-14 19:07 | EM

以前練馬区のホームページを見た時、
「年間100ミリシーベルトまで安全」
「水道水は安全ですので、赤ちゃんのミルクはミネラルウォーターではなく水道水をお使いください」
と書かれていて唖然としました。
が、脱原発の議員さんもいらしてほっとしました。
池尻成二さんのブログ : http://ikejiri.exblog.jp/

市民の声ねりま・脱原発プロジェクト主催の講座です。

田中優&小室等 「原発」のない明日へ  ~子どもと地球の未来のために~
お話:田中優さん ※「未来バンク」理事長、『原発に頼らない社会へ』著者
歌とメッセージ:小室等さん  ※ミュージシャン・日本チェルノブイリ連帯基金理事 
●日時 11月2日(水) 6時20分開場 6時45分開会
●会場 文化センター小ホール(練馬駅北口)
●チケット代 一般1,000円、学生500円(中学生以下無料)
お申し込み、お問い合わせは市民の声ねりま5933-0108、siminnokoe@nifty.com
http://ikejiri.exblog.jp/16238998/

田中優さんのお話は、わかりやすくて、おもしろいですよ。
いつも希望をいただきます。
EMはどうもお嫌いみたいなのが残念ですが・・・

「チェルノブイリのかけはし」代表の野呂美加さんが本を書かれました。
b0034072_16211917.jpg


母の愛がいっぱいです。放射能に勝つのは愛ですね。
EMのことも書かれています。

今日は強風!
自転車で練馬まで行って、帰ってきたら
のどがイガイガ、目はしょぼしょぼになりました。
ガイガーカウンターで測定したら時折0.2マイクロを超える風が吹いていますので、
どうぞお気をつけてくださいね。

9月27日に再臨界したとか、
真実が報道されないからわからないけれど、
何かおこっているのかもしれません。

このグラフ http://atmc.jp/plant/rad/?n=1

原発が収束したと思っている人が多いけれど、
以前よりも東京の空間線量は高くなっています。
こういう風の強い日は、マスクするといいかもしれません。多少は違うかな。

11月19日EMフォーラム2011@沖縄にて
少しだけ「EMでエコ家事」のお話をさせていただきます。
初めてパワーポイントを使って、悪戦苦闘しております。
人前で話すのが、すごく苦手だから、緊張します。
チャレンジです。

EMコスタビスタに泊まれて、翌日比嘉先生の農場にも行けるのが
今から楽しみです。

11月20日の夜に沖縄でEMお話会をやる予定です。
場所は娘のお店 「LOTTA」読谷です。

沖縄のEM家庭菜園の様子も見てきます。
雑草がぼうぼうにのびているらしい。やはり沖縄は植物の成長が早いです。
b0034072_16363869.jpg


EM農法は、放射能で汚染された土壌の作物からセシウムを検出されなかったことが実証されました。
こちら
微生物君、やるね~

3.11以後EMを以前よりも、たくさん取り入れるようになったら、
ものすごく元気になって、知らないうちに体力が出てきた気がします。

今まで自転車で登りきれなかった坂道も
スイスイと上りきれるようになって、年齢と体力は関係ないんだななんていい気持ちです。
[PR]
by kisan35 | 2011-10-07 16:46 | 講演会・イベントのお知らせ

料理に使うEM

EM活性液を3.11以後、料理を作るときに使っています。
EM1は有機農業に使われる土壌改良剤で
食品の発酵に使われる有用微生物が80種類以上含まれています。
ですから、あくまでも自己責任になります。

自己責任と言うと、すごく無責任な感じがしますが、
土壌改良材として売られているので、?と思いますが、
考えてみれば、山林という地目でも宅地になったりするので
表記というものは、そういうものかなと思います。

遺伝子組み換えしていませんという大豆は
5%まで遺伝子組み換えしていてもいいということです。

表示に惑わされないこ
大切です。

放射能と遺伝子組み換えは
関係ないようですが、遺伝子を傷つけるという点では同じで複合汚染です。
これだけ汚染されているからには、少しでも複合汚染を減らして
身体に負担をかけないでいきたいものだなと思います。

比嘉先生の著書「EM医学革命」で
チェルノブイリの汚染地区でのラットの実験で、
活性酸素が作り出す過酸化脂質を
EM1を飲んでいるラットはものすごく少ないことを知りました。

低線量被爆を慢性的に受けていると身体にフリーラジカルを生じ
免疫系等がおかされるとらしいです、

それ以後、料理の時にEM活性液を使っています。

b0034072_2028343.jpg

b0034072_20283113.jpg


肉や魚や野菜やくだものをEM活性液を100倍ぐらいに薄めて1~2分浸します。

そうすると
不思議な現象が起こります。
あくがでない。
そして、鍋に油がつかない。

今日は豚の角煮を作ろうとおもい、
EMをいれた湯で茹でて、油だししました。
b0034072_20322755.jpg

あくがほとんど出ません。この写真は、茹でてすぐの写真で、時間が経過するとほとんどあくがなくなりました。

話は変わりますが
b0034072_2034211.jpg

20年使っている台所の排水溝のごみいれです。
いつもさらっとしていて、ぬるぬるベトベトがないので掃除が楽です。

EM効果を感じます。

同じように、身体もEMを取り入れていると
このようになるのだなと思いま。

ベトベトしている家は、そこに住んでいる人の血液もベトベトしている。

換気扇を見ると、その家の人の健康状態がわかるといいますね。
油でべとべとしていたら、血液も同じだね。

EMの効果は、非イオン化で、安定させてしまうので
排出しやすくなるらしい。
微生物は偉大なのだ、と思います。
[PR]
by kisan35 | 2011-10-05 20:38 | EM

収穫

今年も、無事お米の収穫を終えました。

いつもなら、おいしくいただくのですが
放射能測定をすることになりました。千葉ですから・・・

結構せっせとEM活性液をまいてきたので
大丈夫と信じたいのですが、どういう数値がでてくるのか興味津々です。

今日は秋空の晴天。
田んぼで作業していると、自然の中の音色が聞こえて
心から豊かになります。田んぼにはサンショウウオやかえる、こおろぎ、かまきりなどの生き物がいます。

ハーベスターは、とても便利だけれど、
この水田に暮らす生き物には、戦車のようだろうなと思います。
天日干しして、刈り取られた稲は米粒に栄養を送るので
大きな米粒になります。
それをベルトコンベアーの機械で脱穀すると
なんだか、ごめんなさいと思ってしまいます。

方丈記より
ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

すべては、変化して同じではないけれど
稲作は変わらない。

私は、この変化の時代に
変わらないものが好きです。

根源になるもの。
EMもそうだと思っています。

田んぼのあぜに実った枝豆がとってもおいしい!
普通に作って、できたてを食べると、なんでもおいしい。
枝豆を茹でるにおいもこうばしい。

本当に単純なこと
食を取り戻していこうね。

お母さんが、食から離れたらだめだよ
と、思います。
[PR]
by kisan35 | 2011-10-03 20:10 | 田んぼ