ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

前回のブログの続きになります。
マウナケアティーのたかさんの友人ラリーさんをワイピオ渓谷にたずねました。
彼はモントリオールで介護の仕事をしていたけれど、友人が住んでいるので訪ねて来て
住みついてしまったそうです。
実家は以前から農業をやっていたので自然の流れのようです。
無農薬の農業は、彼の祖父が以前からやっていたスタイルだと言われていました。
b0034072_20334573.jpg

タロイモは上4分の一をカットしたものを植えると、また収穫できる。
ワイピオでも無農薬でタロイモを作っているところは少ないよ。


ハワイ島のワイピオ渓谷はハワイアンの聖地でもあります。
山と山に囲まれたこの地は、はるか海のかなたからやってきた
ハワイアンの祖先が、安心して居住できる場所でした。
この地形をアフプアア地形といいます。

ハワイ島でも一番文明と無縁の地はワイピオかもしれません。
以前は電気も通らず、住民が60名ほど。
豊かな水が流れていて、道というか川というか・・・
この地を歩くなら、膝まで水に浸かるのを覚悟しないといけません。
ツアーはワゴンツアーやシャトルバスツアーがありますが
どちらもハワイアンの人の経営になっています。
守られた地域なのですね。
b0034072_2037067.jpg

ラリーさんの家までの道(川)

この地に住み着いてしまったラリーさんはセルフビルドで家を建てました。
b0034072_20385993.jpg

b0034072_20392546.jpg

美しい緑色のモザイクは空き瓶の底です
b0034072_2040824.jpg

羊が草を食べていました。ヤギみたいな羊です。

ワイピオ渓谷は私有地が多い所です。
だから「プライベート プロパティー」の標識に出会います。
今回は私有地を通ってラリーさんの家に行きましたが、
途中で住民から「どこに行くの?」と聞かれました。
住民がこの地を警備しているのだなと感じました。

美しいワイピオ渓谷の写真です。
b0034072_2048165.jpg

b0034072_20533259.jpg

b0034072_2049528.jpg

ワイピオ渓谷へはこの急な坂道を下りて行きます。
ラリーさんが「プロパンガスなど資材を運ぶのが苦労だ」と言われていましたが納得です。
この先に川渡りもあるのですから・・・
家を作るのも大変だっただろうなあと想像できますね。
b0034072_21214933.jpg

徒歩はきつけれど、歩けるよ。

b0034072_20513776.jpg


大好きな場所なので文章はいらないかな。
b0034072_21164299.jpg

美しく不便な渓谷の暮らし
b0034072_20471390.jpg

[PR]
by kisan35 | 2010-11-30 20:55 | ハワイサスティナブルライフ

マウナケア ティーのたかさん(通称名) ホノカア(ハワイ島)
b0034072_1941640.jpg


マウナケア ティーは自然農のお茶農園です。
たかさんはアメリカの大学で環境学 サスティナブル ファーミングの勉強をされ、
ねんどだんごを使ってカルフォルニア国立公園の牧場をレストレーションする実験を10年近くやっていました。
たかさんの日本語のブログをネットサーフィンしていて見つけた私は、是非お会いしたいなと思いメールしました。
ブログを読んでいただくと分かりますが、とてもためになります。
「わら一本の革命」と「りんごが教えてくれたこと」がお気にいりの本として載っています。
国は違っても、惹かれる本は同じなんですね。

映画「ホノカア ボーイ」で有名なオールドタウン ホノカアから山側に15分ぐらい入った場所に「マウナケア ティー」はありました。 マウナケア山の裾野にあたるのかしら。


b0034072_192433.jpg

お茶畑
人柄を表すように整然として美しい。

カルフォルニアで実験したことをハワイ島で奥さまと一緒に実践しようと思ったそうです。
お茶は雨が大好きなので霧がでるような山を選んで、この地に決めたと言われていました。
確かにホノカアの町から、上ってくるとひんやりとします。
5年前に偶然この土地を見つけたそうです。

野菜ではなく、お茶を栽培しようと思った動機を伺いました。

お茶が一番土の事を教えてくれる
人と天と地がいっしょにならないといいお茶ができないと中国では言われている
土 スキル 天気がよくないといいお茶ができないからおもしろい

お茶は自然のことばを素直に話すから
肥料入れたら肥料の味になる
土でも違う


インタビューしていて、たかさんってりんごの木村さんみたいだなとじ~んときました。

ご苦労もありますが、たかさんのスタンスは100年計画。
コンセプトややり方が続けばいいと言われていました。

山の木を見ていたらよくなるのが分かる
人が耕すと悪くなる
100年みたら良くなる方にいくことがサスティナブル。


ご苦労を聞きました。


お茶はあまりお金にならないから大変
もうすこしお茶畑が増えたら楽かな。

最初からむずかしいと思っていたけれど、今少し分かってきた。
お金がかかることがむづかしい。
肥料入れたら安くいっぱいできるのに、肥料いれないと少ししかできない。
買う人は肥料を入れないのがいいとは思わない
コンポストは使う 岡田茂吉さんのやりかたで土を温かくして使う
自然の葉っぱは生で落ちるからコンポストも生で使う
次のシーズンまでおいておく
3年目から虫がつかなくなる


そして、お茶は釜入り。
熊本で釜入り茶を作っているところに勉強に行くそうです。

お茶を飲んでいる時が一番幸せという
たかさんの作られているお茶は、マイルドでやさしくて素直な味です。
ハワイ島でこんなにやさしいお茶を作っている人がいるんだ。


b0034072_1944990.jpg


いろいろなお茶を試飲させていただきました。
どれも、くせがなくて
こういうお茶を飲んでいたら心も素直になるような気がしました。

b0034072_196731.jpg


後ろに見えるのがお住まいです。

この日はワイピオでオーガニックのタロイモを作っている友人がいるから
行きましょう!ということで、たかさんが運転するトラックの荷台に乗せていただいて
ワイピオ渓谷に行くというおまけ付きでした。

b0034072_19464546.jpg

夕日に染まるワイピオ渓谷

その後、たかさん宅で
皆で食事を作りながら夕食をいただき、泊めていただくことになりました。

ありがとう!たかさん。
[PR]
by kisan35 | 2010-11-25 19:07 | ハワイサスティナブルライフ

勇気と希望を与えてくれるお話会を開催します。

20年ほど前に父を肝臓がんで亡くしました。
当時最先端の治療「肝動脈塞栓術」を
いやいや5回ほどやりましたが、
結局全身に転移し、死因は下血でした。
治療の見込みがなくなってからは、自宅で看取りましたが
壮絶な闘病生活でした。
毎日日記をつけていましたが、いまだに読み返すことができません。

さて、ここ数年癌は成人病の一種でストレスが原因だとする説を聞くようになりました。
生き方や食べ物を変えて、癌が治ってしまった人達が増えております。
今回は、自分で癌を克服した二人の美しい女性から体験談を語っていただこうと思います。
癌=死ではない、勇気と希望をたくさんいただくことでしょう。




○○===========================○○
      『自分で癌を克服した女性たち 』

~久米明美さん・霜崎ひろみさんの体験談から見えてくるもの~
○○===========================○○


「日本人の2人に1人が癌になり、3人に1人の死因が癌」
と言われています。
医学が進歩してもなかなか癌で亡くなる人は減りません。

しかし、余命を宣告された後
自分で食べ物を変えたり
生き方を変えて癌を克服した方々が少しづつ増えています。

どうして癌が治ったのか?癌が消えたのか?

久米明美さん、霜崎ひろみさんに体験談をお話いただき、
質疑応答の時間を持ちたいと思います。

「私も癌を治した」という飛び入りのお話も大歓迎です。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

【日 時】   12月11日(土) 13時半~15時 満席になりました
        お申し込みが多数ありましたので10:30~12:00の回を設けました。
        ご予約は10:30からのお話会になります

         午前の部も満席になりました

【参加費】  1000円+1ドリンクオーダーをお願いします

【場 所】    たまにはTSUKIでも眺めましょ
         
【定 員】   15名

【お申込み】  お名前、人数、ご連絡先の電話番号をお書き添えの上
         メールにてお申し込みください:k-kiアットマークjg8.so-net.ne.jp
[PR]
by kisan35 | 2010-11-22 16:49 | 講演会・イベントのお知らせ

作日の東京新聞の記事です。

鹿野道彦農相は戸別所得補償制度を拡充し、
作付面積の大きい農家に加算金を支給して優遇する「規模加算」を
2011年度から導入する方向で検討することを明らかにした。
TPPで貿易自由化をにらみ、農家の大規模化を促進して生産性向上を図り、
日本農業の競争力を高めるのが狙い。
農地の集約を目指す。

TPPはおそらく参加するのでしょうね。
そうでなければ、約9000億円の予算を組みこまないでしょう。

木材の完全輸入化で日本の林業が壊滅状態になったように
日本の農業も同じように壊滅するでしょう。

戸別所得補償制度の意図は以前のブログをお読みください。

農地が大規模になると言うことは
農薬、化学肥料、いづれ遺伝子組み換えの種も使うことになるでしょう。
農業の工業化です。
作物が病気になったら、全部だめになります。007.gif


どうしたらよいのかな?と考えてみました。

関税ゼロになって、安い農産物が入ってきても
買わなければいいのです。消費者が社会の流れを変えることができます。


・小さな農家さんが戸別所得補償制度がなくても暮らしていけるよう、
 直接野菜や米を購入する。

補償金を貰わなくても
日本一小さな農家さんが家族4人で暮らしています。
ミニマム主義 金沢の源さん  風来
ミニマム主義のブログがおもしろい

夫くんと相通じるところが沢山あります。
ダウンシフターズです!!

安い外国産の米や野菜と競争することはないです。


・新庄水田トラストや茨城アイガモ水田トラストのようなトラストに加入する。
トラストの顔の見える関係で、生産者さんを支えていくことは
豊かで安心な食生活につながります。

・コンビニやファミレスなどの外食をひかえる。
価格の安い食材を使うからね。

・自ら田んぼや畑で作物を作る。
 田舎に引っ越すのもいいですね!


ひとりひとりの選択が大切だなと思います。
日本の農家さんを支えていくのは消費者の選択ですね。

農家さん、がんばれ!!

S.510法案。「食品安全近代化法」
食中毒や食品リコールの損失が多いので
FDAの権限を拡大させ、生産者の登録(有料)・検査を徹底する目的のようです。

でも、同じものを食べていても
食中毒になる人とならない人がいる。
それは各自の自然治癒力の違いです。自己免疫力と言うのかな。
それだけ食中毒になるというのは
いかにアメリカの食生活や暮らしが貧しいのかを表している
と私は思うのです。

病人を増やせば経済的的に潤うという構図が頭をよぎります。028.gif
[PR]
by kisan35 | 2010-11-20 13:49 | エコロジー食

アメリカの上院510法案「食品安全近代化法」

「家庭菜園と種子の自家貯蔵を違法化する食品安全近代化法」の票決が今週末にあります。

詳しくはこちらのブログをご覧ください。

Natural News (英文)

法案賛成者が多数で反対者がわずか(涙)

上院にて承認され大統領が承認すれば規則制定です。

米国の政府職員と食品業界の代表者は、
米国が世界で最も豊富、安全、低価格な食品が供給されている国の1 つであることを議会で証言しているらしい。

もし、これが規則制定されると

家庭菜園
ファーマーズマーケット
自家採種
は法律違反で逮捕。

大規模農業だけが残ります。
遺伝子組み換えのモンサント社が喜びそうな構図。

こんな法律が決まるほどアメリカ国民はおろかではないと信じているけれど、
この法案に賛成した議員がこんなに多数いるとは驚きです。

そして今年の米価暴落。
実際、減反政策もあって、田んぼが大規模農業者に集まり始めているそうです。(鴨川など)

そしてTPP。
日本が参加すれば、安い輸入米が入ってくるので
米農家さんが日本からいなくなる日が来るかもしれません。

石油の次は食品、そして水(?)の独占の構図が見えてきて、
いろいろ最悪なシナリオが頭をよぎりますが、
自給する人が増えているのが希望です。

内橋克人氏が提唱されているFEC自給圏を目指そう!
「Food Energy Care」大事なことは他にゆだねない。
食料を赤の他人に任せない。
[PR]
by kisan35 | 2010-11-19 19:19 | 環境・社会問題

改めて食を考えてみる

明日は国産大豆100%でおいしい大桃豆腐さんの「お豆腐を味わいつくそう会」です。
詳細はこちら
お豆腐のうまみを生かしながら、できるだけ手をかけずに
おいしいお料理を作ります。
残席1名様です。
この機会に、大桃豆腐さんを知っていただけたら嬉しいなと思います。

いろいろな問題がたくさんあるけれど
私は一番「食」の問題が気になります。

かつて合成洗剤が普及した時
私は果物を洗う時は、農薬がついているから
皿洗い用の合成洗剤を入れた水で洗っていました。

今の私は、これはおかしいなと思います。

最近の農薬
ネオニコチノイドは、洗ってもとれない。
浸透性があるので、農薬そのものを食べてしまうことになるのです。

知らない間に洗ってもとれない農薬を食べているのはこわい!!ですね。

さて、
生活クラブ生協の「生活と自治 11」から
「食」に関してすばらしい内容がありました。
徳野貞雄氏

感動した箇所を少しだけ要約して抜粋します。

農薬や添加物の問題に関心があっても
その意識が実際の買い物に反映されない「分裂型消費者」が半数以上もいます。
どうしてそうなるかと言えば、それで不都合がないからです。不都合はないけれど不安はあるということです。

現代社会は安全な農産物を海外から「オーガニック」として輸入することができます。
でも、そこまで「赤の他人を信じていいのか」
本質的には自分自身が生産者になるしかないです。
でも都市部に暮らしている人は無理ですね。
だとすれば信頼できる農家さんや生産者さんとつきあうということになります。

食を他人任せにしない

食料は自分で作る、自分の家族と作る、親族と作る、地域の人と作る
これができなければ
知っている農家、信頼できる生産者さんとの関係で作ることでしょう。
このつながりが社会の財産とよべるものではないでしょうか?

暮らし方を見直す

行動様式を変えられるかが鍵ですね
消費者は無駄使いをしている。
と言うのはペットボトルで150円のお茶を買うとする。
自分で入れればいいのに、買う。
ペットボトル1本のお茶を買っても茶葉の生産者さんには収入は1円か2円にしかならない。

お弁当を作れば原価なんて80円ぐらいだ。
でもコンビニで買う人が多い。350円ぐらいの出費だと思うが、
これは安いと思っている。
まさに高額で貧しい食事をしているのですね。

「食」は商品にしてはいけないと思います。
自分で作ったものを食べるのが一番いいけれど
できない環境であれば、
顔の見える関係で作っている人から買う。
食べ物を通して、そのつながりが豊かさにつながると私は思います。
[PR]
by kisan35 | 2010-11-17 19:48 | エコロジー食

日々徒然 幸せ気分

今日発売の週刊誌SPAに
ダウンシフターズ特集が載っています。
「競わない生き方のすすめ」です。

ダウンシフターズが増えているのかな?と思えます。

就職難で、大卒の就職率も減り
「内定できればどこでもいい」と思う大学生がいる。

読んでほしいな週刊SPA!

さて、

久しぶりに温泉旅行へ行きました。
紅葉の美しい伊香保温泉へ。
b0034072_19352379.jpg

後ろの紅葉を見てください
b0034072_19331670.jpg

榛名神社です。
わお~この石すごいですね~
スピリチュアルスポットのようですね。
伊香保温泉の宿は地産地消の食材を使っていて、おいしい!
豪華さはないけれど、野菜がおいしくて大満足でした。
おまけにマイ箸を持参すると宿代が少し安くなります。
この流れがいいなあ~と思います。

そして、
今朝おいしい野菜が宅配で届きました。
築地御厨

自然農の野菜は素直な味でおいしい。
おいしい野菜を生で食べるには、やはりシンプルな料理法ですね!
赤峰勝人さんのレシピを参考に
味噌とかんきつ類の汁をしぼって和えただけ
b0034072_1940722.jpg

手前のみかんはすっぱいから誰も食べないと言われていた
姫みかん。だいだいよりも甘みがあって春菊とよくあいますね。

おいしいものに感動です。
幸せ気分。

私はダウンシフターズというより
セミリタイアー組と自分では思っているけれど
毎日感動することがあって、幸せだなと思います。

これから先は
田舎暮らしで、米作って、野菜作って
できれば米麹も作って
クロワッサンビオで取材させていただいたヤナさんのような
暮らしをしていきたいな。

なにがあっても生きていける暮らしをおしゃれにクリエートしたい!!
願えば叶う。
[PR]
by kisan35 | 2010-11-16 19:57 | その他

ハワイ島 ホノム

ハワイ島ホノムはアカカ滝の観光に行く人が通り過ぎるちいさな村です。

b0034072_19253263.jpg

盆踊りがあるようです
b0034072_1925729.jpg

この家に住んでいる人はサーファーだね
大きなバニアンツリーには精霊がいっぱいいそう
b0034072_19244261.jpg

日系人の作るあんぱんが有名なイシゴパン

b0034072_19235873.jpg

ビンテージのガラス瓶がたくさんあります

ハワイ島には
こんなちいさな魅力的な村(町)がたくさんあります。
ホノムはアカカ滝からの帰り道
さとうきび畑がとぎれるあたりから
教会が見えてきます。
バニヤンツリーの大木も。
村の暮らしをかんじるホノムは
昔から変わらないのんびりとした時間があります。
ホノム時間?かな
[PR]
by kisan35 | 2010-11-12 19:39 | ハワイサスティナブルライフ

ハワイ島 ヒロ

ハワイ島ヒロ
どこかなつかしい感じのする都市です。
b0034072_206469.jpg

経済発展は望めないのをまじかに感じる都市です。
アーケードはテナントが入らないまま
でも、ヒロのすごいところは
シャッター街にはなっていないところ。
移り変わりの中で、ここでビジネスがなりたっているってすごいなあと思うのです。

ヒロのファーマーズマーケットはいつも人気
b0034072_206827.jpg

b0034072_2052319.jpg

アースデイ マーケットのようです。
掘り出し物のおいしいものにも出会えます

b0034072_205870.jpg

蓮の花を売っていた女性
惹かれました。

ヒロは、雨が多く
観光地としては、短い滞在では訪れたい都市ではないかもしれません。
コナはゴージャスなホテルがあるけれど
ヒロのホテルは寂れたホテル。
でも、なんだか分からないけれど惹かれる魅力があります。
一昔前の日本のようだからかもしれません。
ウインドウショッピングをしていても
「こんなもの売っているんだ」
とディスプレイに驚きます。
だけど、失ってしまったこんなものに郷愁を感じる自分がいて
ヒロっていいなあ~と思うのです。

ハワイ島に旅行するなら
コナからヒロへ是非レンタカーで行ってみてほしいなと思います。

失われた時を求めて
ヒロはその答えがあるような気がします。
[PR]
by kisan35 | 2010-11-11 20:20 | ハワイサスティナブルライフ

思いこみを超えて行く

今日はヨガの日でした。
ここ数年週に一度ですがヨガ教室に通っています。
先生は70代。
生徒さんは60代が多く、ヨガ歴30年の方が多いです。
私は50代ですが、ヨガ教室では「若い人」と言われています。

このヨガ教室は
かなりのつわものぞろいです。
1分間の脈拍が40台の人もいるのです。
ビシバシポーズを決めることはありません。
無理すると逆効果なるそうです、
基本は呼吸。
完全呼吸法を学んでいるのなか~と思っています。

昨晩は息子の誕生日パーティだったので
嬉しくて飲みすぎました。
最近、お酒が翌日に残るようになって
これは消化酵素が年齢と共に少なくなっているそうです。
自重しなくてはいけないな~
でも嬉しい時は飲みますね。

ヨガに行った時は、お酒も残っていて脈拍が1分間に86.
過去最高記録でした。
それが2時間のヨガの後に測ったら60まで下げていました。

ヨガはセレトニンという物質が一番でるらしい。
ヨガを終えた爽快感は格別で、自宅への自転車をこぐ足の力も変わります。

ヨガのポーズで
こんな形絶対にできないと思うけれど
イメージすることで
なりきっちゃいます。

そうするとしっかり身体がそのシグナルをとらえ
そのうちできるようになるのです。

イメージする。
できると思いこむ。

これ、とても大事ですね。

癌を治してしまった人が
私の周りでも沢山いらっしゃいます。
「癌は治る」と信じてしまうこと
そして食事。
どちらも大切だなと思います。

ある本で読んだ話
かなり前にブログでも書いたので重複しますが
手足を切断することになった男性が
小さいときからとかげを見ていて
切断してもはえてくるこを信じて疑わなかった。
そうしたら本当に手足が生えてきたというお話。

癌は治らない。
切断された手足は、もうない。
もうだめ。

などの自分の思いこみを超えた先に奇跡が起こるのですね。

そんなお話会を12月11日13:30から予定しております。
詳細が決まりましたら、ブログに載せますのでいらしてくださいね。

b0034072_20415445.jpg

バジルが種を作ってくれました
b0034072_2042699.jpg

その種をまいたら2世誕生
こちらの方が香りが豊かで葉が柔らかい

種取りするすることは持続可能の一歩.

「種は買う」という思い込みを超えて「種は採る」になりました。
[PR]
by kisan35 | 2010-11-10 20:48 | メンタルセラピー