ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

お米屋さんからのご意見です。
農家の戸別所得補償制度の目的は?


 今、米価が猛烈に下がっています。
古米で4000-5000円
新米で安いところは8000-9000円
新米平均は1万というところでしょうか。
(愛知県の中で豊川市は一番高く1万1千円です)

この価格は戦後最安値じゃないでしょうか。
親の記憶においても最安値らしいです。

で、その原因を業者(卸)が買い叩くからとしていますが、
僕の立場(流通の立場)からするとちょっと見方が違います。

やはり主原因は、民主の戸別補償制度です。

農家も一般国民も、この制度を大いに誤解しているのですが、
すべての中小零細も含めた農家を保護しようという目的の制度ではないのです。
目的は、大規模農家育成にあるのです。
具体的にいうと、
農業者300万人(稲作従事者250万人)を50万人に減らす政策なんです。
つまり兼業農家を淘汰し、大規模だけにすると。

価格に関しては、市場原理を入れる。
(現在、市場原理が猛烈に入ってます)
価格維持政策を止め、市場原理を入れることで、低米価に誘導する。
(現在、政府買い入れは一切していません。例年ならしていますが)

なぜ低米価にするのか?
・農家を淘汰するため。
・FTA締結後(最近ではTPP)、外米に対抗するため。
・(建て前では)輸出のため。

最大の目的は、輸入農産物関税率を0%にするためにです。
(経団連の悲願が、関税率0%化。トヨタなど輸出産業のためです)

輸入農産物関税率0%にするということは、
1俵1000-3000円の中国米が、垂れ流しで国内に流入するということです。

市場原理主義者の農業学者はいいます。
低米価にして、米を輸出しよう。攻めの農業をしよう。農業は成長産業になると。

実際は、なりません。

現在、日本の米の生産量は850万トン。自給率ほぼ100%。(MA米77万トン)
しかし、輸入農産物関税率0%になったら、
非常に楽観的にみて、
国内生産は、200-300万トンに落ち込み、残り500万トンは中国アメリカ米に。
悲観的にみて、
国内生産は100万トンまで落ち込み、残りは数100万トンを中国アメリカ米に
なると思われます。

民主や経団連、市場原理主義者の落とし所は、こんなところでしょう。
自給率は12%になります。
彼らは、12%もあるんだから、いいじゃないと常々言っています。

じゃ、その500万トンやらは誰が輸入するのか?
イトウチューら大手商社です。
最大の受益者になるでしょう。(丹羽が中国大使になった目的はコレです)

・・・

卸も米屋も今の破壊的な価格に喜んでいる人は知っている限りではいません。
確かに農家からすると、買い叩かれていると思うのも当然ですが、
農家は戸別補償(金)をもらっているじゃないか、
俺たちは今も昔も一切補償などしてもらったことがない。
別に安く値切っているわけでもなんでもなく、相場で買っているだけだ。
というのが、買う立場の意見になります。
という話はよく聞きます。
(ちなみに、うちは単なる米屋で集荷してないので・・・^^;)

安く買い叩いて、高く売っているから悪い。
これは、米屋(現場)の立場からすると、かなり違和感を感じます。
小売の現場では、卸がスーパーでとんでもない値段で激安攻勢をしています。
実にバカバカしい消耗戦を加速化しています。
多くの米屋仲間は現状を憂いています。
多くの米屋仲間たちは、値段を下げないよう下げないように必至に努力しています。

米屋が下げたら、それこそ、玄米価格はさらに暴落しますから。

なので、僕からすると、
高く売っている店をみかけたら、よく頑張っているな。
良心的だなと、思うわけです。
農家の味方なわけです。

ただ、悲しいかな、農家は米屋を敵対視していますよね(苦笑)
きちんと付き合えば高く買ってくれる米屋は多いんですが・・・。
いかんせん敵というか見下していますよね?農家って米屋を
ま、いいんですけど

個人的に、農家の二重三重価格に憤っている米屋は多いです。
つまり、卸やJAには安く売り、親戚にはタダでやり、
米屋には2倍3倍にふっかけて売っている

ちなみに、
生産量850万トンの30%は縁故米でほぼタダで流通しているんです。
そんな中、商売している米屋は大変なんですよ~

話がそれました。

で、米価をいくらに設定しているか?
1俵1000-3000円まで下がるまで頑張るでしょう。
数年戸別補償が続けば、現実化するでしょうね。
現在古米が4000円ですから、現実味あります(イヤですけど)

なぜ、その価格か?
輸出したいんでしょう。

で、どうなるか?

日本米1000トンを輸出するかわりに、
中国米500万トン強が輸入されるでしょう。


輸出産業(トヨタや経団連)とイトウチューら商社のために、
地方や農村は壊滅する可能性は高いです。

でも、それが民主の農政です。
伝統や文化、歴史を否定するリベラルな民主の政治そのものです。


農家さんのお話、お米屋さんのお話をそのまま載せました。
[PR]
by kisan35 | 2010-10-30 20:05 | 環境・社会問題

農家さんの悲鳴

少し前に書いた新庄水田トラスト
http://earthkeepe.exblog.jp/14172958
農家さんと繋がって、直接顔の見える関係でお米を買うようになって数年たちます。
おかげさまで、喘息もちの息子も、その後小中学校を病気で休むことなく
自然治癒力が高くなり、寝込むことがほとんどありません。
小中学校では皆勤にちかい出席率でした。
風邪で熱がでて、具合が悪くても
病院に行かず薬も飲まず、民間療法で治してきました。
それも、食べ物がいいから、特に主食がいいから
生命力の強い「さわのはな」のおかげだと思っています。

「さわのはな」の生産者さんから、こんなお話がファックスで送られてきました。

「実りの秋。収穫の秋を喜べなくなって久しいか、この9月中旬全農山形が今年の県産米
の概算金を発表した。60キロ当たり9000円だと言う。
過去最高の下げ巾である。昨年より一俵あたり3000円低い。米消費減速と昨年からの米余りだと
説明するが、政権交代で民主党が打ち出した戸別所得補償制度、10a当たり15000円保証金が
入るから下げても構わないと大手卸業者の思惑があると思う。
私の耕作面積は370aである。その34%を減反しないと戸別所得補償の対象にはならない。
減反すると245aになる。
15000円×245a=367500円
これが私が貰う個別補償である。米価の引きさげ分を補てんできるものではない。
そんな中ネットワーク農縁、水田トラストは大変助かるが無農薬無化肥栽培米は手間と時間がかかり、
病害虫のリスクも高く面積の拡大はなかなかむずかしい。頭が痛い」


農家さんの話から分かるように戸別所得補償制度があっても、
農家さんの所得にプラスにはなっていない


戸別所得補償制度は減反しないともらえない

新庄のお百姓さんの生の声を聞いて、消費者として何かできないだろうか?
と考えています。

現金収入が少なく、きびしい中
「さわのはな」を作ってくださるお百姓さんを応援したいです。

ネットワーク農縁のお米はこちらから購入することができます。
おいしくて安心です。

はちどりのひとしずくで、世の中が少しづつ変わる。
お米を食べる私達の選択が農家さんの未来を決める。

「TPP」でコメの自由化絶対に反対!

2年前に書いたブログ
[PR]
by kisan35 | 2010-10-28 21:08 | 環境・社会問題

新米

千葉で収穫したお米の籾摺りが終り、ようやく玄米になりました071.gif
今年はお天気とにらめっこで、ここまで来るのが長かった。
はさがけの竹が4度も倒れて、稲が水に浸かり
芽が出てしまったので捨てたり、脱穀機が故障して籾が出てこないトラブルありで
随分お米を無駄にしてしまいました。
毎回、いろいろな挑戦がありますね。
でも、困難だと感じたことはありません。
いつも、いつも田んぼ作業は楽しい♪

昨年は3畝の田んぼで150キロの玄米がとれました。
今年は約130キロの収穫量になりました。
家族3人が一年間食べることができる量です。

三浦でも田んぼを始めたので収量が増えた分
お米は夫の店「たまにはTSUKIでも眺めましょ」でも食べていただけます。
自分で作っているお米を出しているバーは東京では、ここだけかもしれません。

夫くんは最近本を出しました。
b0034072_11535097.jpg

田んぼの話も書かれています。
b0034072_1154246.jpg

三浦の籾を天日干ししながら昼寝
まさにダウンシフター!

大豆の収穫も終りました。
千葉の田んぼにいっぱい感謝です。
ありがとう
[PR]
by kisan35 | 2010-10-25 16:14 | 田んぼ

晴天に恵まれて三浦の田んぼで脱穀をしました。
初参加の夫君の母さま、妹さんと2歳の姪のKちゃん。
渡辺君も、また参加してくれました。
ありがとうございます(*^_^*)
b0034072_11501713.jpg

右手前がレトロな足ふみ脱穀機。大活躍でした。
ほのぼのピクニック気分。

手作りのおいしいお弁当もいただいて、一気に3畝分ぐらいの量を脱穀しました。
渡辺君の足ふみ脱穀機のリズムが大地に響き渡ります。
籾がはじけとぶ♪

その後天日干ししたら、なんと沢山のてんとう虫などがいっぱい籾に集まっちゃいました。
籾袋をあけたら、虫がうじゃうじゃ出てくることでしょう。
さあ、どうしようか?
毎回いろいろな学びがありますね。

b0034072_11551490.jpg


これからの作業は脱穀した籾の天日干し(これは池袋の自宅の屋上でやる予定)
とうみにかける
籾摺りをする

88の手間をかけると言われますが、お米で食べるまでもう少し時間がかかります。

b0034072_11583627.jpg

同じ種もみからできた稲ですが、
右側が千葉、左側が三浦です。
長さが10センチちかくも違いました。
食べ比べが楽しみです。

三浦で作った苗を差し上げたたかいく農園さんは3畝のでなんと、150キロもとれたそうです。
この夏の暑さで、からからにひび割れた畑でも、見事にお米になりました。
稲ちゃんがんばったね(涙)
水田がなくても畑でも米が作れることを見事証明してくれました。
岩澤信夫著「究極の田んぼ」にもマダガスカル農法として、その方法が書かれています。
我が家に届いた「たかいく農園」米は、おいしくて感激しました。
奥さまのエイコさんが、「穀物を作れるって、安心感が違いますね。苗がとても強かったからですよ。」
「たかいく農園さんの土もいいからですね。」こういう会話ができるのは嬉しい058.gif
b0034072_1281390.jpg

こちらがいただいたお米です。
見た目が違うわけではないけれど、うちのお米の兄弟分です。

三浦の田んぼにはたくさんのセイタカワダチソウが生えていました。
b0034072_12101627.jpg

わ~きれいだなと思っていたのですが、
このセイタカワダチソウの生えている土地は農地に復元すると無農薬・無肥料で栽培できる
よい農地になるそうです。しかし3,4年たつと、野菜がうまく育たなくなるそうです。
そうしたら耕作をやめるといい!
再び耕作放棄地になったところには、セイタカワダチソウ(外来種)は生えずに
在来種の野草が多種芽生えて、自然が再生される。
と、茨木大学教授の中島紀一さんは本「種まき大作戦」の中で言われています。

おもしろいなあ、自分で試してみたいなあと思うのです。
[PR]
by kisan35 | 2010-10-21 12:27 | 田んぼ

どうぞいらしてくださいね♪

ハワイのサスティナブルライフを取材した仲間の大宮夏樹さんが
葉山のカフェで報告会をやります。
写真家池田徹さんの写真のスライドショーもあります。
ハワイ好きの方々は、ダイナミックなハワイ島、ガーデンアイランドのカウアイ島の
美しい写真にハワイの風を感じることでしょう(*^_^*)

以下告知文です。


6月の後半に元スロービジネススクールの仲間三人でハワイ島、カ
ウアイ島にいって、持続的な暮らし・農的な暮らしをしている人や
コミュニティを 回ってきました。

期間は二週間で、回ったところは、15箇所ほど。

かなり実験的な取り組みも多いのですが、なかには完成度の高いエ
コビレッジもありました。

今まで、エコビレッジというと、ヨーロッパやオセアニアが多かっ
たように思うのですが、ハワイならでの、開放的で、楽しさに満ち
たエコビレッジ は、規模は小さいし、完成度はもうひとつかもし
れませんが、ダイナミックで刺激的です。また個人の農場は、びっ
くりするような暮らし方をしている 人たちも多かったです。僕ら
にとって、参考になる取り組みもいろいろありました。

随分時間かかっちゃったのですが、その報告をまとめましたので、
僕の報告と同じく同行した葉山の写真家の池田徹さんのスライドシ
ョーと二本立てで報告会 をやろうと思います。池田さんの美しい風
景や魅力的な人々の写真をお楽しみに!

また同じく、同行者の高坂早苗さんが マガジンハウスのクロワッ
サンビオに記事を書き、彼女の写真と池田さんの写真が載っていま
す。当日もご紹介 できる予定です。 現在発売中のvol.11号です。
http://magazineworld.jp/books/all/b.php?gosu=8629

【日時】 10月22日(金) 19:30~21:30 報告を
はさんでスライドショーを二回やる予定です。 

【参加費】 ドネーション・投げ銭でご協力お願いします。なみも
OK!

【場所】 レインボウカフェ  1オーダー以上前払いでお願いし
ます。(日替わりのおつまみ、おにぎり等あります。)
http://www.r-c.jp/

【申し込み】 なるべく席を確保できるよう、参加する方は、前
もって、 natsuki.ohmiyaアットマークnifty.com までお知らせくださると助か
ります。もちろん、当日急に時間ができた方もどうぞ。

ハワイの空気のレインボーカフェに、どうぞいらしてください。
お待ちしています。
b0034072_19545245.jpg

[PR]
by kisan35 | 2010-10-19 19:56 | ハワイサスティナブルライフ

もってのほか

「もってのほか」とは紫色の菊の花です
b0034072_19455958.jpg

近くに安くて新鮮な八百屋さんがあります。
今日通りかかったら、箱で「もってのほか」200円とあり、
買ってしまいました。

食用菊は、種類もいろいろありますが
「もってのほか」がおいしいと思います。

祖母が山形出身なので、
子供のころから、菊の花が好きな祖母を見ていました。
お仏壇に備える菊の花を持っていくと、
花をゆでて食べてしまう明治生まれの祖母でした。

ある時、こそっと
「菊の花はむらさきが一番おいしいよ」と教えてくれました。
まだ小学生だったので、菊の花がおいしいとは思えず
今に至りましたが、やはり血をひいているのでしょうか~?
もってのほかを見ると、無性に食べたくなります。

菊の花はがくをとって、酢を入れた熱湯で3秒ぐらいゆで、水にさらし
私はポン酢で食べるのがおいしいと思います。

以前母を連れて蔵王の温泉旅館に泊まったら
最初のお茶受けに「もってのほか」が大皿で出てきました。
お菓子よりも嬉しくてパクパク食べて、その時同行していた息子は
「もってのほか」の大ファンになりました。

若い時は分からないけれど
食は年をとるにつれ、ルーツが見えてくるような気がします。

b0034072_19545551.jpg

今日千葉の田んぼで収穫した枝豆。
なかなかハンサムでしょ!

明治生まれの祖母は98歳で亡くなりましたが、
和裁が得意で呉服屋さんを営んでいました。
私の母を和裁学校に通わせてくれたそうです。
「手に職があると、何があっても大丈夫。女も手に職を持たないと」が口ぐせでした。
70歳まで呉服屋を営み、息子たちには経済的にも世話にならず
年とってから、老人ホームに住むようになっても
「こんなところに住めて、ありがたいね」と言っていた祖母
人の悪口は絶対に言わない

私の父の方が祖母より先に死んでしまったけれど
たぶん息子に先に死なれる悲しさはいっぱいあったと思うけれど
その心を誰にも話すことがなかった。

「もってのほか」は「もったいない」に似ているなと思う。
[PR]
by kisan35 | 2010-10-14 20:12 | その他

もってのほか~

もってのほか
b0034072_1944792.jpg

[PR]
by kisan35 | 2010-10-14 19:44 | その他

フランス料理、中華料理、日本料理だと思っていました^_^;
え~!トルコ料理なんですね。
今までケバブ以外食べたことがなかったので反省。

今日は京都大学の研究員の方のお話を聞きながら
トルコ料理を味わうチャリティーパーティに参加しました。
茨城アイガモ水田トラストの平野さんからのお誘いです。

おもしろい話を聞きました。
世界中でチャイナタウンがあるし、中華料理はどこでも食べられますが
トルコにはたった一軒しかないそうです。
それは、トルコ人はトルコ料理が一番という誇りを持っていて
豊かな土壌からの生産物がおいしいので
他国の料理を食べたいと思わないそうです。

写真で見る限り、一般的な家庭の朝食はとても豊かです。
ローフードとあえて言わないまでも、豊富な果物、チーズ、オリーブの朝食。

食事は皆で床にすわって、お料理を囲み
それぞれ取り皿などないので、スプーンで直接食べます。
スープも同じ食べ方です。

富む人は貧しい人に施しをするというイスラームの教えにそって、
揚げドーナツなど沢山作って、配るということも日常で普通に行われているそうです。

ラマダンという断食月は、
日没まで水も飲めませんが
人々は、仕事に集中するよりも、日没後何を食べようかということに意識集中している
そうです。その月限定でラマダンの食事という内容の記事が載っていたりして
人々の食欲をかりたてているのがおもしろいです。
赤十字がラマダンの時は、貧しい人に配給をするので
断食月は、意外に楽しい月だそうです。

今回のトルコ料理はどれもおいしくてヘルシーでした。
水餃子にヨーグルトをかけて食べるのも初体験。
b0034072_2354221.jpg

b0034072_23545524.jpg

ズッキーニのおやき、甘い人参ボール、ピラフ、サラダ、ベジ料理が多い
本日のメインは、尊敬する大内シェフの作った肉のシチューをなすのペシャメル和えと
一緒に食べる料理。大内シェフは、料理の天才だと思います。

チャリティーの資金はフィリピンの優秀な人で
資金がない人に国際会議に参加して意見をのべるチャンスになるよう使われます。

美味しいものをいただいて、興味深いお話を聞いて、資金がよいことに使われるのは気持ちがいいです。

トルコののびるアイスクリームは有名ですが
本場では気温が42度の真夏でもとけることなく
ヤギのミルクを10分の一に煮詰めた高カロリーでおいしいものだそうです。

トルコ料理はおいしいしヘルシーだし、地産地消でした。
[PR]
by kisan35 | 2010-10-10 00:08 | その他

農家さんと繋がる

末の息子が生まれてすぐに気管支肺炎になり、
その後喘息。
薬漬けになるのを恐れて、
食べ物を変えてみようと思ったのが15年前。
その後友人から、在来種のお米を無農薬・無化学肥料で作っている情報が入りました。
新庄水田トラスト

すぐに効果は現れないけれど
毎日、在来種の生命力の強いお米「さわのはな」を食べるようになりました。

それから2年ほどして
知らない間に喘息の発作がなくなっていました。

その時の繋がりで
自分でお米を作るようになっても
未だにトラストには入っています。

トラストのお米は
沖縄の娘が待っています。
孫が「さわのはな」だとおいしいと言っていっぱい食べるそうです。
子供は味に敏感だから生命力があるものが分かるのですね。

新庄トラストの生産者さんとのつながりも長くなりました。
「さわのはな」の生産者の高橋さんが
注文していないのに、この時期採れたての枝豆を送ってくださいます。
b0034072_20525324.jpg

これがうまい!

枝や葉付きで送られてくるので
手作業で豆をはずします。
この作業が、また楽しいのです。
枝豆が豆だけで売られている今、こうした作業の行程を知らない人が多いのが
残念です。

「食」は、こうした過程を経て
「いただきます」というきもちになれます。

食べ物が作れるところは豊かです

カウアイ島に取材に行った時
聞いた言葉
「売るなんてつまらないじゃない。美味しいものは、あげるのがいいのよ」
豊かさを感じます。
[PR]
by kisan35 | 2010-10-08 21:02 | エコロジー食

ハワイ島プナ地区のエコ コミュニティーを見学した後は、
デモクラティック スクールに行きました。
ここは、かつてけいこさんのお嬢さんが通っていた学校。
現在は「ドラゴンズ アイ」という名前になっています。

b0034072_19561233.jpg

創立者のディガさん

公立の学校以外に、こうしたチャータースクールを選ぶ親が増えているようです。

デモクラティック スクールはアメリカの「サドベリバレースクール」が有名です。
生徒は自分の好きな授業を選び、嫌いな科目を勉強しなくてもいいと聞いたことがあり、
以前息子にぴったりな学校だと思ったことがあります。
卒業後は皆,勉強が好きで
大学の進学率も高く、社会に出てからも活躍しているという評判です。
詳しくはこちらのホームページをご覧ください

b0034072_19575543.jpg

教室

訪ねた時は、
敷地内を乗馬をしている子供たちがいて
乗馬に興味があれば、いつでも乗ることができるそうです。

学校の食料は80%自給。
敷地内にある農園は水耕栽培でディガさんの工夫が見られます。
b0034072_2035350.jpg


ディガさんはコリアン ナチュラル ファーミングの趙さんに傾倒していました。
趙漢珪さんはこちらのブログが分かりやすく書かれています。
ハワイでは「藁1本の革命」の福岡正信さん以上に趙さんの自然農が有名でした。

学校はコミュニティーの一部であることを感じます。

食料の自給を考えている学校は
日本の自由学園も農業を教えていたりしますが、
違う点は、好きな事を重点的に学習できることです。
成績もない。
b0034072_20115359.jpg


こうした自由な学びを義務教育の時点で始めることで
将来、自分の進む道を決め、社会的にも挫折感(劣等感)なく歩み始めることができるのは
とても嬉しい。だから、デモクラシックスクールを応援している親の一人です。

そして、生きていくためにはお金を稼ぐこと以上に
食べ物を作れることが、大切だと思い始めている私にとって
学校で自然農で食料自給率を高めているのも魅力。
農に興味がなくても、毎日目に触れていれば
子供はいつか分かるものです。

こうした学校が生まれているのですね。いいなあ。
[PR]
by kisan35 | 2010-10-01 11:17 | ハワイサスティナブルライフ