ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

<   2010年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

佐渡島 自転車の旅

年をとるにつれ、体力を使う旅が増えています。
昨年は北海道の羅臼岳登山。
このおかげで私は随分体力に自信がつきました。
今年は自転車で佐渡島を半周する旅になりました。
両津から二つ亀~1泊、河原田1泊で自転車で北側を回り
レンタカーに乗り換えて南の小木にある御宿「花の木」に2泊。
b0034072_651114.jpg

新潟行きの新幹線にはエチゴビールがあった!
旅行気分で普段は食べないポテトチップスを買ってしまった夫くん。049.gif

佐渡島観光協会で電動付きの自転車を借りました。
予想以上の暑さとアップダウンの道だったので電動付きでよかった!
両津から34キロの距離にある最北端の二つ亀キャンプ場
約3時間かけて到着。
前日まででキャンプ場は通常営業が終わっていたので
人が少ない。
b0034072_6471731.jpg

b0034072_6473838.jpg

海がとってもきもちがいい。

b0034072_1649421.jpg

海から山まで棚田が広がる美しい風景。

翌日は65キロの道のりを汗だくでお尻が痛くなりながら自転車で移動。
下調べをしっかりしなかったので、宿が見つからず
佐和田のキャンプ場で1泊。自由気ままな旅だから、仕方がない。
風と土地の匂いを感じながらの移動でした。

b0034072_1734528.jpg

どの民家の軒先にもつるされていた玉ねぎ。大事にされているなあ。
b0034072_1764288.jpg

麻の帽子は強い陽ざしから頭を保護してくれて重宝しました。

約120キロの自転車の旅を終え、
3日目からはラクラク レンタカーで移動。
港町小木近くの御宿「花の木」

b0034072_17103336.jpg

部屋からの風景  田んぼが広がる~

佐渡島は田んぼの島でした。
休耕田が少なく、収穫の時を待つはさがけの準備が整っていました。
トキが住める農薬を散布しない冬期たん水不耕起の水田も増えています。
そしてどの田んぼには、畦シートがない!だからよけいに美しいのです。
私達の千葉の田んぼも畦シートを使わないように整備しよう!と思いました。

他にもいろいろな所を見たけれど
佐渡島は田んぼがいっぱいという印象が強い旅でした。

そして、自転車の旅では
朝、キャンプ場の水道の水を入れて出発し
汗だくで、峠を登ったところで飲む水のおいしさ。
持参したお米を炊いて、手前味噌と少しのおかずでいただく美味しさを味わい
レンタカーの旅では
宿の海の幸のお料理も堪能しました。
b0034072_3241842.jpg

お刺身、煮魚、大きな蟹がつきました。
どちらも経験できて、とてもよかったです。

身体を動かすと、何でもおいしい。
宿で布団に眠れるだけで幸せだなと思えるのもよかった!

改めて恵まれている日常を振り返り、
感謝の気持ちが湧いてきました。
心のデトックスの旅でもあったようです。
[PR]
by kisan35 | 2010-08-30 07:00 | 旅行

ハワイのサスティナブル10を書こうと思ったけれど、
デトックス月間なので夫婦喧嘩について。

暑くて、体調があまりよくないです。
外に出るとめまいと吐き気がします。
それでも昨日は夕方から、逗子に行きました。
湘南新宿ラインに乗っていても、途中で引き返そうかと思うほど
気分がよくなく、戸塚を過ぎたあたりからよくなってきました。
逗子駅に到着。
涼しい風が吹いていて、気分はすっかりよくなりました。
この夏都会で過ごすのは、ほんときついです。
部屋の中は35度。
エアコンつけないといられない私と
エアコンつけると体調を崩す夫。
別々の部屋にいることが多くなります。

見ている方向、むかっている方向性は同じだけれど
それ以外は反対のことが多いので
夫婦喧嘩もよくします。

喧嘩の後は、私はだいだい睡眠不足になるので
ますます体調が悪く、身体によくないなあと反省しながら
どうしたら円満な関係を築くことができるのかなあと学びの日々です。

ほとんど私が爆発して、
最初のころは、夫は謝ることが多かったのですが
最近は、反発することに決めたようで
2人の相反する考え方や暮らし方の中間着地点が定まるまで
口論合戦です。
なにしろ、弁の立つ人なので
私も進化させてもらって、ああいえば、こういうで頭を使います(笑)

先日もそんな最中に、2人の知人と一緒に田んぼに行きました。
ライターのAさんは、すごくいい言葉を言ってくれました。
Aさんは結婚して15年になるのですが、
私達のようなささいなことでは今は喧嘩しないそうです。

たとえて言うと
丸いねんどがあって上から石を落とすと、ぎゅ~と広がるでしょ。
夫婦はそんな感じでお互いのキャパシティーが広がるんですよ。

喧嘩して、ぎゅ~と広がって人間成長していく。
的確な表現!まさにその通りだなあ。

結婚年数が長く仲の良い夫婦は
結婚して5年はすごく喧嘩するそうです。
そのあとお互いを思いやる平安な時間がおとずれるものよと
教えてくれた人もいます。

それにしてもこの暑さで喧嘩をするのは、この夏で最後にしたいものです。
b0034072_11502480.jpg

氷を首にまいて暑さを乗り切っているワン!
[PR]
by kisan35 | 2010-08-16 12:00 | その他

稲穂

稲穂の様子
b0034072_8395754.jpg

b0034072_8394519.jpg

実りの秋をむかえ、来月は収穫です。

b0034072_9222077.jpg

写真は田んぼに生えるコナギ。
コナギは食べられるのです!知らなかった。
くせがなくて食べやすい。
空心菜に茎が似ているから、油で炒めるとよさそうです。

田んぼは楽チン!
3週間ぶりに行っても、雑草はほとんどはえていません。
b0034072_931135.jpg

大豆が大きくなっていて、畦の草取りを1時間ほどして
ビールを飲んで、「八日市場ふれあいパーク」で買ったお弁当を食べて
昼寝をして帰宅。

おいしいビールを飲むために千葉まで来たのです068.gif

田植えは5月23日で、それから6度目の田んぼ作業です。
今月はもう行かずに、あとは稲刈り。

田んぼは大変でしょう~と言われますが
小さな田んぼで自給用ならとても楽です。

以前私達も田んぼを始める時、
葉山で冬期たん水不耕起栽培で自給米を作っている
アーティストの真砂さんに尋ねると
「田んぼは簡単だよ!」と言われていました。
本当に簡単

かん田んぼ


です。

真砂秀朗さんのホームページ

8月22日葉山でライブがあります
詳細はこちら

昨年収穫したお米は、まだまだ食べきれずに残っています。
結局一度もお米を買わなかった。
お米は100%自給することができました。

米作りは、もうひとつ予期しない効果をもたらしています。
それは腕が066.gifこんな感じになります。

先日友人のパーティにお邪魔した際
アシュタンガヨガの人に、言われました。
「ヨガでその筋肉がついたの?」
自然と鍛えられていい感じです。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

毎日暑くて、いまだに排毒作用が続いています。
携帯電話もいきなり壊れてしまって、データーがなくなりました。
細胞もデーターもうまれかわっています。
[PR]
by kisan35 | 2010-08-14 09:35 | 田んぼ

排毒2

富士見台の自然食料品店は以前のままだったけれど、
数年ぶりに訪れた富士見台駅は変わっていた。

相変わらず肌がすべすべで美しい奥さまに会えて嬉しかった。
以前よりも若返っているなあ。

私を見て
「内臓は美しいから大丈夫よ」
「腎臓に貯まっている塩が固くなっていて
この暑さが、それを流そうとしているのよ」
「夏野菜、なすやきゅうりやうり、油を使って溶かすといいですよ」
とご指導いただきました。

そういえば、おとといは三浦の田んぼに行ったのですが
その帰り京急電車の天丼の広告を見て
「食べたい」と思いました。
夫くんが「てんぷらが食べたいなんて、珍しいね」と言っていたなあ。

で、私は陽性の体質なのですが
厄年に交通事故にあいました。
そんな話をしていたら、
体のバランスをとるため
陽性の人は交通事故
陰性の人は病気になりますと言われていました。

おこることはすべて身体のバランスで
食べ物を変えるとすべてが変わるのだなと思いました。

痒いとかきむしってしまう私は
エネルギーが大きいらしい。
自分でもそう思っています。
かいてはいけないのが分かっていながら
なぜ、こんなに皮膚を痛めつけるほど
かきむしるのかなと思っています。
陰性の体質の人は、痒いところをなでるようですが
私は、最悪のシナリオにむかっていながら
かいている。

これって人生の縮図じゃない
と思いました。

最後に手相をみてくれて
未来は本人が決めるので分からないけれど
過去はみえるのよ。
あなたは、やりたいことをやって
後悔しないようにしてね
と言われ、
過去の固まった塩を抜くデトックス最中の私は
夢で昔のノスタルジーを感じることしばしば。
なんだか妙に心にしみわたる言葉なのでした。
[PR]
by kisan35 | 2010-08-03 20:40 | その他

排毒

~富士見台の自然食料品店の奥さま~

今年は皮膚の調子がとても悪い。
夏になる頃から、虫さされがひどく、痒くて、かいた痕が一向に治らない。
ここにきて、ますますかゆみがひどくなり、皮膚が見るも無惨な状態なので
皮膚科に行こうか迷っていた。
もしかしたら内臓が悪くて、こんなに痒いのかもしれない。
一抹の不安
成人病検診も10年以上受けていないから行ってみようか。
いつになく弱気になっているなあ。

あれこれ考えていて、ふと富士見台の食料品店の奥さまにみてもらおうと思った。
以前OHANA CAFEを経営していた時、
正食講座で玄米の炊き方を始め、陰陽のお話などしてくれた方
今でも無料で健康相談を週に3回やっていて
沢山の重病の人を治してきて、私はとても尊敬している。
昔からサイキックな人だという噂があったけれど
陰陽を学ぶと、いろいろなことがみえるようだ。

それで、早速電話をしてみたら
皮膚が痒いとは一言も言わないのに、
「この夏の暑さはものすごいエネルギーで、体内にたまっている陽性の排毒なのよ」
「今出しておかないと、あとから大変なことになるから、いいことなのよ」
「陰性でアルカリ性の血液をきれいにするものを食べてみて」
と言われて。

痒くて皮膚が汚いのは排毒なのだ!
ふ~とひと安心。

「あなたは症状が軽いから、お店で立ち話程度で大丈夫。
それでもよかったらいらっしゃい」
と親切に言ってくださったので、久々に富士見台へ行くことにした。
なんだかOHANA CAFEを思いだして、懐かしい気持ちがふわ~と包んでくれた。

身体におこっていることは
自浄作用なのだと改めて実感すると共に
よき出会いに感謝です。
[PR]
by kisan35 | 2010-08-03 09:58 | その他

~パーマカルチャー コミュニティー ラアケア~

エコ コミュニティーはいくつかあるけれど
ラアケアは完成度が高く美しいコミュニティーでした。

約束の時間10時にラアケアを訪れたけれど
メールで案内をしてくれる約束をした人がいなかった。
それで、ドナさんという60歳でラアケアの共同出資者の一人が案内してくれました。
それが、かえってよかった!
彼女のようになれるなら、ここに住んでもいいと思ったほど
かわいらしくて、正直で純粋で、自分の生き方を持続可能にするために
いろいろなコミュニティーを回り、見て、考えてここにやってきた人。

着いて早々に
「トイレを貸してください」
と言ったら、
「大はコンポストトイレで、小はこのカップにしてバナナの木にまいておいて」
と大きな計量カップを渡されました。
このカップに入れるのは技が必要だから
バナナの木に直接してしまえ~
自然のことは恥ずかしいことではないという感覚を
この旅では体験してきました。

b0034072_215734.jpg

ドナさん
オレンジ色の顔料は、日焼け止めの植物
「私はタマネギの皮からできた日焼け止めを塗っているよ」と言ったら、同士を得たようで喜んでくれました。
b0034072_2175564.jpg

太陽光発電で低電力の洗たく機
b0034072_2164990.jpg

冷凍庫を電気を切ったりつけたりすることで冷蔵庫として使うと消費電力をとても抑えることができるそうだ
b0034072_2162036.jpg

ラアケアのダイニング(コミュニティ スペースかな?)
b0034072_2184762.jpg

雨水と太陽光温水器の屋外シャワー

プナ地区の中心地パホアは、昔ヒッピーが住み始め
ファンキーなオールドタウンなので
観光客はちょっと近寄りがたいイメージがあるけれど
着実にグリーンムーブメントが広がってきています。
ちょうど「テイラー キャンプ」という写真集もボーダーズで売りに出されていました。
場所はカウアイのハエナです。

自然にかえるということは
原始人に戻ることではないけれど
ライフスタイルだけでなく、自分の中の文明的な羞恥心を減らすことにも必要だと思いました。

ラアケアだけでも1冊の本が書けるくらい
とてもすばらしいので、しばらく書き続けていきます。
次回はコミュニティーの中の人間関係です。
[PR]
by kisan35 | 2010-08-02 21:38 | ハワイサスティナブルライフ