ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

笑顔

「薬でうつはなおらない」の宮島医師のメンタルセラピスト養成講座に参加しています。
その中で、宮島さんが、笑顔が基準になると言われていて
ああ~本当だなと思いました。

楽しいと思っていても、笑顔がでないのは
楽しくないのだなと思います。

今、楽しくて幸せかな?
笑顔がでているかな?

最近、なんだか楽しくてうきうきしています。

自分が自分にやさしくなれると
人にもやさしくなれるから
身内関係もいい感じで
ようやくこの状態に到達できたなと
うれしくなります。

家族の話を、いい悪いの判断をなくして聞けるようになる。
これが、一番の笑顔の源になります。
[PR]
by kisan35 | 2009-10-31 20:36 | その他

ひとりも楽しい

最近は、一緒に暮らしている息子もバイトで忙しく
夜、暇な時間を持てるようになりました。

今まで一人暮らしを経験したことがなく
いつも家族と一緒に生活だったから、
ひとりでいる時間が長いと、さびしくなってしまう自分がいました。

でも、これが大変化
今まで、誰かのために費やしてきた時間を自分のために使う喜びは大きいです。

一人暮らしになれたようです。

わお~自分が喜んでいるのを感じます
誰のためでもなく、自分のための時間があること
幸せじゃないの。
今まで、ぽっかり穴があいてしまってさびしいと思っていたけれど
それは慣れていなかったからかもしれません。

最近は、夕方から美容院に行ったり
今まで夕方には家に帰ることが基本だったので
そんな外出も新鮮でうれしいのですね。

誰もいない夕べ
お風呂に入ってビールを飲みながら
マッサージをしている
初めてのことなので新鮮で楽しいなり。

改めて自分に時間をかけていることの大切さを感じます。
さあ、これからは自分に時間をかけてあげようと思うのです。

今まで御苦労さま
ありがとう!と自分の身体がいとおしくなります。
[PR]
by kisan35 | 2009-10-28 22:44 | その他

鳩山首相の所信表明演説

今朝、鳩山首相の所信表明演説を読みました。
今日の台風一過のようにすがすがしい気持がしました。

民主党は原発推進だから、原発のことは載っていなかったけれど(残念です)
今まで思い描いていた社会が、この演説の文章に感じられました。

いのちを守り国民生活を第一とした政治

「居場所と出番」のある社会、「支えあっていきていく日本」

人間のための経済

懸け橋としての日本


市民の力が生きてくる社会になりそうな予感がします。

先日、日仏会館にドナ トーザン「フレンチパラドックス」の講演を聞きに行きました

フランス人は週に35時間働くという法律があるそうです(日本では考えられないです)

子供の保育も充実していて
3歳になると朝8時から夕方5時まで保育してくれるシステムがあるから
カップルの60%は結婚していないけれど、
子供を産んで育てることができる社会システムが完備されている。
そのおかげでフランスの出生率は2人とヨーロッパでは最も高いそうです。

また、この35時間システムは、
家族と過ごす時間を増やすために法律になったそうです。
保育園のお迎え時間にあわせています。
実際、残業などもやらなければならない職種もあって
たとえば自動車会社のルノーは、日々残業があるので
夏休みは8週間とることになるそうです。

そして、労働条件が悪いと、ストやデモはあたりまえ。
交通のストは、通勤に支障があるけれど
誰も文句を言わないそうです。
市民力が生きているフランスがモデルになったらいいなと思います。
[PR]
by kisan35 | 2009-10-27 20:48 | その他

没蹤跡

今日の東京新聞に「没蹤跡」(もっしょうせき)という生き方の記事が載っていました。

私を引きずらない
自信を持ち、今に没頭せよ


没蹤跡とは、足跡を残さない生き方

足跡を残さない生き方とは
死後ばかりでなく、生きている間も過去を引きずらないこと

自分の過去を人に示してどうなるのだろうかという考え方

現代人は情報に埋もれたうつ状態
自信をもって「今」に没頭し、そんな自分を信じられれば
どんな状況でも求めに応じつつ沈黙のうちに自足して暮らせる

なんだかMさんのブログとリンクしています

生き様を見せる生き方
没蹤跡 生き様を残さない生き方

陽きわまれば陰になる 
[PR]
by kisan35 | 2009-10-24 20:34 | ヒーリング・精神世界

非電化工房 籾すり機

「土と平和の祭典」で購入した非電化工房の籾すり機を使いました
b0034072_0491410.jpg

ギコギコと籾をするのはおもしろい。
さて、籾摺りを終えた後、トウミでもみ殻を吹き飛ばすのですが
今は自宅にないので、私が思いついた方法で試してみました。
ドライヤーとダンボールを使います
b0034072_0514031.jpg

コツはドライヤーの位置と、手でかき混ぜること

2時間ぐらいかかってようやく玄米ができました。

米になるまではスローにやると時間がかかるのだ。

その後、もみつきの玄米も見つかったので
もう一度、籾すり機にかけ、
なお、塩水につけて、玄米を集めました。

今日の玄米はおいしいなあ。
[PR]
by kisan35 | 2009-10-23 00:55 | 田んぼ

水の力おそるべし

19日の月曜日は田んぼに行って来ました!
稲刈りも終わり、冬の間も水が引けるように用水路の工事をしてきて、
さあ、いよいよ冬期湛水不耕起栽培の始まり001.gif

田んぼの畦に植えた大豆の収穫と
水がはられた田んぼを見るだけだから
いつも自宅で留守番の犬も一緒に連れて行って、
近くの九十九里までドライブしましょう♪
なんて、思いながら行ったところ

が~ん

田んぼに水がない!

前回湧き水の用水路をせきとめたのに、
水の力は、とっても強くて
せき止めた下の土を崩して、流れ出ていました。

優雅に海へのドライブと思っていたのに、
用水路の土木工事になりました
愛犬も、見守っています
b0034072_20381286.jpg

b0034072_2038227.jpg


用水路の工事
材木を切って、ぴったり合うようにせきとめました。
夫くんがその作業をしている間
田んぼに犬を連れて、枝豆の収穫をしていたら、
犬の紐のような蛇が田んぼにいるではないですか~
うう~こわい、

自然はすばらしいけれど
あたふたしている自分がいる
自分を見つめるいい時間だわ。

さて、用水路の補強を終えて
田んぼに水がはられました
b0034072_20473435.jpg


人間は失敗からしか学べない
用水路の工事を一生懸命にやったけれど
自然の水の流れにまけてしまいました。
農作業は、今までの勉強で教えてもらわなかった学びを
実践を通して、教えてくれます。ありがたき幸せなり。

自宅では、
足ふみ脱穀機を購入しました
b0034072_20542325.jpg


日本中で、こんな家ないんじゃないかな~
マンションの部屋で脱穀しているのはうちだけかもしれません。

都会のマンションに住みながらも
インテリアに足ふみ脱穀機やトウミをおしゃれに飾れたらおもしろい。
それには色を工夫してほしい。

農機具がインテリアに・・・
非電化工房の籾すり機を「土と平和の祭典」で購入しました。
b0034072_8311521.jpg

かわいいでしょ!
[PR]
by kisan35 | 2009-10-21 21:16 | 田んぼ

長野県原村へ

友人と日帰りで原村に行って来ました
新宿から高速バスで2時間半。とても便利です。

原村は原生林が残っていて、湧き水が豊富
空気が乾燥していて、おしゃれでセンスのよいところでした。
とっても気に行ってしまいました。

移住された人たちが、
原生林の中で自然と調和してアートしている家
映画にでてくるような景色

友人がブログで書いているので
詳細はこちらを読んでください

計画しないで行った原村だけれど
ピンポイントで原村のすばらしさを見てくることができ
人々のやさしさをたくさん感じました。
みなさん、お世話になりましてありがとうございました

b0034072_2352453.jpg

森の中のパスタ屋さん

b0034072_2353952.jpg

カナディアン ファーム

b0034072_2362011.jpg

ツリーハウス

b0034072_2394974.jpg

この場所すてきでした

この感動がどんな形でこれから動いて行くのかなと思うと楽しみです
[PR]
by kisan35 | 2009-10-17 23:15 | 旅行

3連休の日曜日、田んぼに行ってきました016.gif
いつもよりも首都高が混雑していましたが、
田んぼに行ける悦びで全然気にならないのが不思議です。
今回は古代米の稲刈りと冬期湛水不耕起のたんぼ作りの土木工事をしました。

まずは古代米は刈り取って、自宅の屋上ではさがけしています
b0034072_19144826.jpg

稲わらの香りが風にふかれて漂ってきます。

冬期湛水不耕起は、私たちが目指す田んぼ作りです。
「耕さない冬水たんぼ」
詳細はこちらのホームページがわかりやすい

田んぼは用水路から水を引きます。
収穫が終わるころから冬の間は、用水(農業用水)が使えなくなります。
冬でも水がはれる田んぼ作りは、なかなかハードルが高いのが現状です、
が、幸い、冬の間用水路が使えなくても、湧き水が流れている水路があるので
それを利用して、冬場でも水の引ける工事をしました。

ちょろちょろ流れている湧き水をせき止めて、
田んぼに流れるようにパイプを通す土木作業をしました。

b0034072_19255694.jpg

b0034072_19262633.jpg
b0034072_19263742.jpg


冬水たんぼになりました。

冬に水をはることで、
小さな生物が生息できる
雑草が生えにくい
耕さないので、耕すときに発生する二酸化炭素を減らすことができる
何よりも、楽

初めての体験なので
今後改めることがでてくるかもしれませんが
自然のサイクルで持続可能な米つくりは、冬期湛水不耕起だよな~と思っています。

自然のサイクルから外れてしまうと
その外れた作用が連鎖的におこってきます。

うれしいことに、こうした田んぼの稲は
しっかり根をはっているので
今回直撃した台風でも倒れることがありません。

さて、自宅で種もみを選別して乾かして
来年のお母さん種です
b0034072_19431728.jpg

袋に入れて、「ありがとう」と感謝の気持ちを送っています


b0034072_19464914.jpg

ある日の夕食
自分たちで作ったお米と枝豆
野菜は、千葉の有機農家さんから直接購入したもの

誰が作ったのかわかる

原点に戻るのは気持ちがいいな
[PR]
by kisan35 | 2009-10-13 20:04 | 田んぼ

タロットおしゃべり会

月に一度開催しているタロットおしゃべり会。
OHANACAFEをクローズしても、いまだに自宅で続けています。
今日はタロットおしゃべり会の日でした。

はじまりは、6~7年前。
子供の保育園、小学校を通じて知り合ったお母さん
そのお母さんのつながりで知り合ったお母さん
みな一様に同じ悩みを持っていました。

当時タロットーカードを学んでいた私は
自宅でお茶をしながら、カードでリーディングをしました。
そうしたら、不思議なことに、自分では意識していなかった
潜在意識の思い、感情が表れてきて
同じ思いを共有している連帯感と
信頼できる、何を話しても大丈夫な関係で
大波を超えてきた仲間ができました。

その後OHANACAFEでのタロットおしゃべり会
閉店してから自宅での集いに
みなさん参加してくれます。
ありがたいことに、OHANAのサポートもあります。
思えば長い間のお付き合い。
忙しい中で時間を作って毎回参加され
1か月たつと、個人的な悩みは発酵されて、良い方向へ向かうようにできているのだなと感じます

そのさ中は誰でも苦しい。
そんな胸の内を話すと、意外に自分が悩んでいる核が浮かび上がってくることがあります。

ネイティブの集いは、火を囲んで丸くなって語ります。
ある人の問題は、その人の問題だけではなく
集った人の問題でもあるのだなと思います。

だから、一緒にいるのね。
問題を共有するってとても大切。

社会は個の集合だから
個人が家庭レベルで幸せを感じるなら
それは社会に波紋するのは確かだと思っています。

タロットおしゃべり会は
いつも学びがあって、問題を共有することで
自分の問題解決になる素敵な会に成長したなと思います。
[PR]
by kisan35 | 2009-10-10 20:28 | リビング ウィズ ジョイ

種もみ選別

来年の稲のお母さんになる種もみを選別しました。
まずは、地道な手作業の脱穀です
b0034072_1983288.jpg

b0034072_1984784.jpg


思ったより細かい作業で時間がかかります
愛犬も稲わらの脇でお昼寝。
私たちも眠くなってしまいそう~
3時間ぐらいで作業終了!

翌日、塩水選で来年の種もみを選びました。

塩水選は、新鮮な卵が横になって500円玉ぐらい浮かぶ塩水を作り、
その中にモミを入れて、沈んだものを種モミにします
なんでも初めてのことだから、わからないけれどやってみたところ、
え~!もっと塩を足すの~と思うくらい
塩を大量に入れないと、卵が横にならないことがわかりました。
かなり濃い塩水です。
b0034072_19163284.jpg

水の中では卵は沈みます
b0034072_19165883.jpg

塩を相当入れました。真っ白でしょ。

こんな濃い塩水で沈むモミなんてないんじゃないかなあと心配になりました。
b0034072_19181075.jpg

やはり、こんなに浮いている  ガ~ン!
おそるおそる沈んでいる種モミを確認して取り出しました。
b0034072_19191711.jpg

わ~たくさんあるじゃない。うれしくなりました。
塩分を水で流して、自宅の屋上で乾燥です。
b0034072_1920408.jpg

カラスに食べられないように、モミを乾燥しながら
デッキチェアーで昼寝しました。

塩水選で選別した種モミは
大きくて、どっしりしていて
一粒が2500粒になるお母さんです。
ありがとう!

来年は、冬水田んぼになります。
これからの田んぼの作業は、冬でも水をはれる田んぼにすること
古代米を収穫すること
畦に植えた大豆の収穫です

そして、来年の種モミができました。

種が子孫を残して、その土地の気候風土を感じながら
選び抜かれて、次のお母さんになる。
このサイクルを繰り返していくことで
在来種のように、強くたくましい稲になるのですね。

地道な作業をしながら
愛読書「不耕起でよみがえる」岩澤信夫著の本をいつも読んでいます。
その中に

イネの種子は買ってはいけません
販売している種子は必ず農薬で種子消毒をしています
その種子ができるまでの栽培中の履歴が大切です


自家採種の大切さを感じています。
[PR]
by kisan35 | 2009-10-09 19:56 | 田んぼ