ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

2005年 収穫・感謝祭
「今年は、生産者より心から感謝を込めて」
 


★12月4日「感謝・収獲祭」

* 日時:2005年12月4日(日)、10:00受付開始・開会~17:00閉会 (都合の良い時間にお越しください)
* 場所:横浜「TKP横浜会議室」(横浜駅西口の県民綜合センター裏・久保田ビル8F) 横浜駅徒歩5分。

ネットワーク農縁も皆様のおかげをもちまして、11年目の収穫を迎えました。
12月4日には、新庄のお百姓11名が上京いたします。

このお百姓たちは、2005年9月に「GMOフリーゾーン・東北」を立ち上げ、東北地方のお百姓、消費者と協同して、東北地方を「GMO(遺伝子組み換え作物)を作らない地域」とする運動を進めています。
大豆畑トラスト、水田トラストの他にも、新庄の水を考える新庄最上環境会議、有機農業者教会、 神室の自然を守る会、新庄バイオマスセンターと共に歩む会、神室産直協議会等の活動を継続しています。

<新庄の生産者からのメッセージ>

消費者と山形新庄の生産者との提携が始まって10年。
私達生産者が、まず、皆さんに会いたいのです。
私達生産者が、会員の皆さんの気持ちを知りたいのです。

生産者として、今後どうしていくことが、産・消提携にとって良いことなのかをつかんでいきたいと思っています。そのために皆さんとお会いして、皆さんの思っている想い、あるいは要望、希望を、そして不満や苦情を吐露していただき、アイディアもあれこれ受け取って、今後の10年に結び付けて、「顔と顔の見える関係」を築き上げていきたいと思っています。
 
今年の『収穫・感謝祭』は、私達新庄の百姓に、「これからも続けられる農業を」、「環境を守りながら生産活動のできる農業を」、「後継者の育つ農業を」の希望を実現させるために、産直・産消提携という形で、都市の消費者と結びつき、実践に踏み出してゆく勇気を与えてくれた『会員の皆さん』に、まず私達生産者が感謝を示したいと思い、とにもかくにも会員の皆さんに一目でも会えることを、一言でも話を交わせることを年頭において準備させていただきました。どうか横浜にあぞびがてらのついでに寄るような気持ちで、万障繰り合わせの上お越しください。生産者一同、漬け物やよもぎ大福、餅などを用意して、楽しみに待っております。

★12月4日夜「生産者・消費者合同寄り議」

* 日時:12月4日18時ー19時(夕食) 19時ー22時(合同寄り議)
* 場所:障害者研修保養センター「横浜あゆみ荘」横浜市都築区葛が谷2-3 ℡ 045-941-8383
  横浜市営地下鉄仲町台駅からバス(センター南行き等)、「都筑ふれあいの丘」下車徒歩5分です。
* 宿泊可(¥2600)、夕食も可です。

★ご都合のつく方おいでください。会員以外でも参加OKです。友達を誘っておいでください。
[PR]
by kisan35 | 2005-11-29 20:22 | エコロジー衣

アロエ

おとといの晩の胃痛も、今日はすっかり良くなりました。
アロエのみじん切りを3回飲んだだけです。胃の存在を意識しなくなりました。
アロエに感謝です。
胃潰瘍の薬もストックしてあるのですが、これを飲むと、便秘になります。アロエは植物だから、臓器をコントロールするのではないので、副作用がおきないように思います。まるでEMみたいです。

このアロエですが、1本切り刻んで焼酎に漬けておくと、すばらしい化粧水になります。今使っていますが、シミにも効果があるようです。すぎなの化粧水を買ってみましたが、これもすぎなを焼酎に漬けて、グリセリンを加えているようです。香りと使った感じが良く似ていました。
自家製アロエ化粧水は、安心して使えますし、何より安いので全身に塗りたくっております。

すぎなの季節には化粧水を作ってみようと思うのです。手作りが一番!楽しいです。
[PR]
by kisan35 | 2005-11-29 18:30 | エコロジー食

昨晩はひさしぶりに胃痛がおきて、夜中痛みました。
ちょっと胃が弱っていたところに、きのこを沢山入れたスパゲティを食べたのが原因です。
無性にきのこが食べたくなって、それこそ数種類のきのこを山盛り入れて、ツルツルとよく噛まずに食べたのです。今まで胃の調子もず~とよかったので、自分は胃が弱い事を忘れていました。
思えば胃潰瘍も何度かやっているし、こんにゃくやごぼうなど、つい食べ過ぎる、胃痛になる体質のようです。
胃が痛いと背中まで痛くなります。お腹がすきだすとキリキリと痛み出し、胃がSOSを発しているようです。こんな時はアロエを食べてみます。アロエの葉をトゲを取り除き、みじん切りにしたものを、ティースプーン1杯お水と飲みます。口の中でかむと苦いので、できるだけごくりと飲み込みます。
1度飲んだだけで、かなり痛みがひきますが、まだまだ油断はできません。しばらく飲み続けますと、必ずよくなります。親戚のものはアロエを毎朝スプーン1杯飲んで、手術するほどの胃潰瘍を直したことがあります。
苦味は胃に良いのですね。

このアロエはほっておいても、どんどん繁殖します。、ヤケドにも効果がありますから、1鉢、家に置いておくといいですね。
[PR]
by kisan35 | 2005-11-28 19:18 | エコロジー食

大根

冬は大根が美味しい。
近くの農家の無人販売所で掘りたての大根が1本100円で売りに出ています。子供たちは大根の煮物が大好きです。おでんの大根も美味しいけれど、特に子供たちに人気の1品の紹介です。

大根1本
粉かつお
雑穀
塩、みりん、しょうゆ

1.大根は輪切りにして米のとぎ汁で8分通りゆでておきます。
 こうすると子供が喜んで食べます。

2.1の大根をさっと水洗いして、だし汁(うちの場合は水に粉かつお)に入れ、好みの味付けをして煮ます。この時、水に浸しておいた雑穀(あわやひえ)も一緒に入れます。分量は好みで、沢山入れるととろみがついてあんかけ風になります。

大根の葉もきざんで油いためにできますが、今はせっせと干しています。冬の間に結構大根の干し葉ができそうです。

大根は薬効もあり、のどの痛い風邪には大根のしぼり汁でうがいをすると良いです。風邪をひいてしまったら、大根おろしにしょうがと塩を少々、熱湯を入れたおつゆを飲んでいます。すると、、そのうち具合が良くなります。自然治癒力が高まるので、病気にあまりかからなくなりました。

大根をせっせと食べましょう。
[PR]
by kisan35 | 2005-11-25 10:49 | エコロジー食

場所  東京国際フォーラム展示室1

日時  11月22日~23日

11月23日午後12時から13時まで、茨城アイガモ水田トラストのステージプレゼンテーションがあります。

内容 伊豆の棚田、アイガモ無農薬米作りへの取り組み紹介
    無農薬アイガモ米の稲ワラを使ったワラ細工のおもちゃ作り教室
    棚田 黒米 アイガモ無農薬米 古代米などのお米のお話
    

今年収穫した茨城アイガモ水田トラスト米を食べています。このお米を育ててくれる根本さん、そしてアイガモたち、息子もアイガモのお米と言うと、一度見に行った田んぼを覚えていて、とても楽しかったので愛着もあるようです。

しかし、昨晩土曜日に見たテレビで「お母さん、遺伝子組み換えは安全みたいだよ」と言うのを聞いて、遺伝子組み換えの怖さを話したのですが、さすがにテレビの影響はすごくて、大学の偉い人が言っていたから、お母さんは間違っていると言われました。「遺伝子組み換えが本当に安全なら、なぜこの食品は遺伝子組み換えしていますとラベルを貼らないの?」などど聞きましたが、正直言って親からの話よりも、テレビの大学教授の話を信じることにがっかりしました。
この事は、都会に住んでいて、実際農業を体験していないので、どのようにして作物が作られるのか?実感として分からないので仕方がないことかもしれません。いつも安心 安全のお米を作ってくださるトラストの方とお会いする機会があるので、息子を連れて行って、生産者の方にお話してもらおうと思いました。机上の学問と体験する事とは違うことを思い知らされ、これからは、農業体験も一度させてみたいなと思いました。
[PR]
by kisan35 | 2005-11-21 19:43 | エコロジー食

オーラ

最近、植物や人のオーラが見えることがあります。
どの色がどういう意味があるのか、まだ分かりませんが、あの人は何色と色で分かります。
家の庭に咲いているエンジェルトランペットは、とってもきれいなエメラルドグリーンの色を発しています。色の密度は軽いほうです。また、松の葉はシルバー色のとても密度の濃い重厚なオーラを感じます。色が数字に変換する事があります。私の中では赤はなぜか1なのです。会って話をしていると、この人の色は何色で数字は何番と思いつきます。でも、それが何を意味しているか、まだ分かりません。この色と数字の秘密が分かると、楽しいだろうなと思っています。
いつもは赤い色の人が、本当に心を開いて話すとエメラルドグリーンになるのだなと気がつきました。赤と緑はイコールだからかもしれません。
エメラルドグリーンと金色のオーラーを発ながら話している人を見て、この人はこの人の真実を素直に語ってくれているのだなと思いました。真実はたくさんあって、受け入れた時に、自分の中で現実化するようです。
[PR]
by kisan35 | 2005-11-15 19:39 | ヒーリング・精神世界

すごい!クリーナー

我が家から合成洗剤が姿を消して、数年たちます。
でも、家の中は汚くなっていないのです。いろいろな汚れを落とすのは、TVのコマーシャルに登場する洗剤を使わなくても、とてもきれいになります。
普段からEMと重曹を使っていましたが、何気にEMと酢を組み合わせたら、すごいパワーで汚れを落としてくれるので、嬉しくなりました。EMと酢は似ている作用をするので、今までこの二つをあわせることに気がつきませんでした。

水1リットル+酢小さじ1+EM発酵液ペットボトルのふた1杯

これを容器に入れてスプレーします。酢を使えない鉄などを除いて、どこでもシュシューしますと、油汚れも、お風呂汚れも、家具の汚れ、あらゆるものが、きれいになるのです。漂白作用もあるのでしょうか?お風呂のタイルの目地のカビの汚れもブラシでこするときれいになります。

こうした発見をすると、なんだか得した気分で、食器洗い用のボトルもこれに切り替えました。油汚れもすっきり落ち、臭いも取れます。ほんの少しの酢とEM発酵液のおかげで、今まで苦手な掃除が楽しくて、家中磨きたてています。水に流しても地球を汚す事のない、自然のもので家事をするのは気持ちがよいものです。

汚れを落とした水が、海に流れることを思うと、土に還るものを選んでいくことが、ひとりひとり、この水の惑星の地球を守る事につながるように思います。天然の洗剤は汚れがおちないと思っていらしたら、このEMと酢のパワーを試してみてほしいなと思います。
[PR]
by kisan35 | 2005-11-14 18:51 | エコロジー家事

最近読んだ本の中で、特に面白い本のご紹介です。自然食通信社発行の本です。
中耳炎にはユキノシタをもんで耳につめると直る、糖尿病にはヨモギ茶を飲むと糖が出なくなる、咳止めには、ほおずきの実を煎じて飲む、などなど身近なものを上手に使って、病気を治してきたふみさんの知恵がぎっしりつまっています。身体の症状別に、どの薬草(植物や野菜)をどのように使えば良いか詳しく書かれていて、とても為になりました。そして書かれていることは、ふみさんの体験されたことだから、納得できます。
b0034072_15273148.jpg

さて、先日から大根の葉を干しています。一冬、茶色くなるまで干すと薬草の効果が上がるそうです。この干し葉を煮出して、お風呂に入れると、婦人系の子宮などの病気に良く効くそうです。産後にもとても良いそうなので、春に出産予定の娘の為に、せっせと作ろうと思っています。
今日はついでにゆずの皮も一緒に干して、お風呂にいれるつもりです。身近な薬草で自分で身体のバランスが取り戻せたら、素敵だなと思います。、
[PR]
by kisan35 | 2005-11-12 15:51 | その他

トラストのお米

新庄トラスト茨城アイガモ水田トラストのお米が収穫を迎えました。今年は例年になり豊作です。
茨城アイガモ水田トラストからは、お米が届きました。お米のほかに古代米やもち米、アイガモのお肉もトラスト会員は希望すれば、いただけます。古代米の香ばしい香りは、今まで食べていた古代米とは全く違うものでした。おいしいものは香りがいいのだなと改めて感じました。

私がお米のトラストに入ったきっかけは、息子のアレルギーによるところが多いのですが、それだけでなく、今安心して食べる事のできるお米ってどれかな?と考えたからです。毎日食べるものだから、できるだけ安全なものを食べたいと思いました。パッケージには契約農家とか、無農薬米とか書かれていますが、本当に表示どおりのお米が入っているのか分かりません。魚沼産のお米と書かれていても、別の生産地のお米が入っていることもあるようです。
食の安全を考えると、生産者のかたとのつながりが一番大切だと思いました。パッケージではなく、お米を作ってくれる生産者を信頼するのが一番の近道です。
加入しているトラストは、この人たちの作ってくれるお米なら絶対安心だという太鼓判を自分の中で押しました。それがトラストのよいところだと思います。大地とつながって正直に作られたお米は、おなかを満たすだけでなく、心も満たしてくれます。
[PR]
by kisan35 | 2005-11-09 19:05 | エコロジー食

お灸の効果

最近お灸にはまっています。
これはジワジワと効果が現れますので、これから寒くなる季節にお勧めです。
もともと、親の影響で、あんまさんや灸や針治療が大好きなので、身体のバランスを整えるには、一番だと思うところがあります。
何より副作用がなく、気持ちが良いです。
お灸がすごいなと思ったのは、次男を妊娠中、9ヶ月で逆子でした。逆子体操をしていましたが、一向に戻る気配がありませんでした。その時、いつもあんまを頼んでいるおばあさんが、逆子のツボにお灸をしてくれました。場所は足の親指の先端です。モグサを直接のせて、お灸をすえてくれたら、今でも信じられないけれど、おなかの中で赤ちゃんがグルグル回転し始めました。その後の検診で、逆子が直っておりました。もう、これにはビックリしました。
そのあんまさんのおばあさんは、逆子だと帝王切開になるけれど、今の医療では鍼灸は治療にならないから、ちょっとお灸をすえれば直ることを知らない人が多いから残念だと言われていました。
鍼灸はギックリ腰にもとてもよく効きます。ギックリ腰で整形外科に行っても、電気で温めて、湿布薬と鎮痛剤をもらうだけです。日本はこうした鍼灸のすばらしい医療技術があるのだから、保険をこうした医療に適応させれば、不必要な薬に頼ることなく、副作用なく、健康な身体にしてくれるのになと思っています。
鍼灸治療に保険が適応されることを切に望んでいます。

逆子がお灸で直る事を目の当たりにして、私はせっせと具合の悪いところにお灸をすえています。ツボが分からなくても、押してコリを感じる場所にすえれば、身体の中は経絡でつながっているので、効果が現れます。難しいものではありません。足の三里のツボはあらゆる面に効果的なので、試してみるとよいと思います。胃腸が丈夫になります。食べたものを消化する力が人間の身体に大切なんですね。ここが整うと、かなり効果が実感できると思います。
足が冷えるので内くるぶしの後ろ側タイケイというツボもお灸をすえると、足がポカポカ温まるのを感じます。西洋医学では限界がある、日本の古来からのこうした知恵を見直す事は、自分の身体が徐々によくなり、広い範囲では、不必要な医療費がかからないから、とてもエコだなと思っております。
[PR]
by kisan35 | 2005-11-07 20:08 | その他