ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

セミ・ベジタリアン

今は家族のリクエストで、お肉料理もよく作りますが、ひとり暮らしをしていた時には、自分で肉を買ってきたことがありませんでした。味が嫌いだからとか、健康のことを考えてとかいうことではなくて、単に人間の目新しいものをいろいろ食べたいという欲求を満たすために作られた「動物の死体」を、食べる気になれなかったからです。

動物を飼っていると、彼らにも、細やかな心があるのだということが、よくわかります。意識があるということは、死の恐怖や不快感なども感じるだろうと、いうことです。気持ちの変化で、人や動物が体内に作り出す物質が変化することは、科学の世界でもよく知られています。恐怖や憎しみなどのネガティブな感情は、体内に有毒物質を作り出し、楽しいうれしいなどのポジティブな感情は有益な物質を作り出すそうです。

効率よく育てるために、劣悪な環境で、人工飼料や化学薬品を与えて育てられた牛、豚、鶏などの家畜なら、さらに有害な物質を体内に宿しているのだろうと思います。また、生命に対するなんの尊厳もない人間への、無意識のうらみのような感情なども、もしかしたら、あるのかもしれません。

これらの動物の肉に残留した有害物質が、食べた人間の体内にもはいって、同じようなネガティブな作用を発現させて、ストレスや病気、切れやすい頭などを、ひきおこす一因となっているとも考えられるのではないでしょうか。

かつてのアイヌやネイティブ・アメリカンやハワイアンなどの先住民族たちが、大切に育てた、あるいは狩で獲った動物たちに、祈りや感謝をささげてから食べたというのは、長い間につちかわれた、生命に対する深い知恵なのかもしれません。

同じように、太古からの宇宙の真理を伝えるヨガには、アヒムサーといって、生きるものへの慈しみの心、非暴力の考えがあります。ヨギたちにベジタリアンが多いのも、健康のためというよりは、動物に対するアヒムサーの心からなのです。

お肉料理をするときは、せめて大切に愛情こめて育てられた家畜の肉を、感謝しながらお料理しようと思うのです。(by Hakuru)
[PR]
by kisan35 | 2004-09-30 13:43 | エコロジー食

夢の中で数字を見ることが多い私ですが、最近は何度も「2160」と言われます。これは何か意味があるかもしれないと思い、年長で数字に詳しい友人に尋ねたところ「すごい夢を見ますね」と言われました。360÷12=30 30×72=2160 360×72=25920という数式を教えてくれました。2160とはひとつの星座 25920とは太陽系が一巡する年数を表しているらしい。その後インターネットで調べていたら、本当にそのようなことが書いてありました。地球の歳差運動により春分の日の夜明け、真東に現れる星座が2160年ごとに移動するらしい。2160年の長い魚座の時代が終わり、水瓶座の時代に来年あたりから移行するようです。すでに移行は始まっているのかもしれません。これから2000年以上続く水瓶座の時代は「自由と平等」「縦社会の崩壊」「情報、ネットワーク」がキーワードだそうだ。こんなことが2160という数字がきっかけとなって、調べることができました。

そう言われてみれば、最近、組織や管理社会が嫌いな自分に気がついたり、情報発信すると人と繋がりをもてたり、地域通貨に惹かれたり、数十年前の自分と大きく価値観が変わっています。星座の影響ってあるのかもしれませんね。2000年先まで分からないけれど、これから自由、平等の時代が来るなら、とても嬉しいことだなと明るい気分になります。

最近のヨガブームもテンペの流行と平行し、ますます流行そうな予感がします。ヨガは自分の中の神と繋がる運動だから、魚座時代のイエスのような神は必要なくなり、皆が自分の神聖さに気がつくのではないだろうか。人はかわいそうな動物を殺して食べることがなくなるのではないか。などど空想してみると楽しい。

25920とは人間の一日の呼吸数でもあるらしい。1分間の呼吸数18×60×24=2592072とは1分間の脈拍数だ!宇宙とすべての生き物は繋がっているのだなと、感心してしまいます。

夢に現れる数字はメッセージかもしれません。
[PR]
by kisan35 | 2004-09-30 11:04 | ヒーリング・精神世界

テンペ

テンペという大豆を発酵させた食品を見かけるようになりました。オーガニック、マクロビオティック・レストランのメニューには、このテンペを使ったお料理が必ずといってよいほどありますね。前から気になっていて、一体どんな味がするのだろうと近くのスーパーに出かけたところ、ちゃんと売っていました。昨日は焼いたり、煮たり、そのまま食べたり、思いつくままに料理をして楽しんでいました。その中でなかなかいけるなと思ったお料理です。お料理というほどのものではありませんが、テンペむすびをご紹介します。
b0034072_9494633.jpg

記念すべきテンペ料理第一号なので写真を撮りました。一体どんな味がするのかなと食べる瞬間はワクワクしました。味は、やはり大豆です。発酵食品だからおなかにもとてもよさそうでやさしい味がします。

テンペむすびですが、発想はハワイでポピュラーなスパムむすびの植物性たんぱく質バージョンです。アメリカでもテンペは大流行。スパムは沖縄でもよく食べられますが、豚肉のミートローフのような塩気の強い缶詰です。おそらくハワイの日系人がスパムむすびを発明したのだろうと思います。作り方はいたって簡単!テンペを適当に切って、にんにくひとかけを入れ、甘辛に似たものをおむすびの上にのせ(大きなお寿司のように)のりで巻いただけ。間にしその葉、玉子焼き、ルッコラなどはさむと(写真はルッコラ)おいしいですよ。これは栄養的にも優れています。コンビニのおむすびを買うのをやめて、時にはテンペむすびを食べて、身体に気を入れましょう。

テンペのプログはこちらです。
[PR]
by kisan35 | 2004-09-30 10:00 | エコロジー食

困り者のゴミ

以前、まだ環境に与える影響などをいちいち考えずに買い物をしていた頃に買ってしまった化学製品などが、使いきれずに洗面所の収納などに残っています。

殺虫剤、ペンキ、カビとり剤、シンナー、除光液、ワックスなどを、燃えないゴミの日に捨てしまうと、ジワジワしみ出た有害物質が土や水や空気を汚染してしまいますし、中身をボロ布などにしみこませて、燃えるゴミの日に出してしまうと、それもまた危険ですよね。どうしたらいいのかと、東京都清掃局に電話をして聞いてみたことがあります。

東京都では、中身は必ず使い切ってから捨てるように指導しているようです。家庭内で使う化学製品のたぐいなら、少しずつ使う分には、あまり環境の汚染について気にしなくてもよいでしょうと、いうことでした。

また、さまざまな化学製品をカンペキに処理する方法が清掃局にもないのが現状で、メーカーが回収する法律も今のところないのだそうです。市民の要望の声が強くならないと、法の改正はできないのですと、電話に出た方はおっしゃっていました。

とりあえず、買うときに捨てるときのことまで考えてから買うようにするしか、今のところはないようです。

・・・「原発」も、捨てるときのことまで考えていたら、作らなかったでしょうね、きっと。(by Hakuru)
[PR]
by kisan35 | 2004-09-29 13:43 | 環境・社会問題

エコノミー・エコロジー

今の日本の子供たちには、ペットボトルのない生活って想像もつかないのでは?と思うのですが、各家庭で麦茶をわかして、冷蔵庫に入れておいたり、水筒に入れて持って行くのが当たり前だった時代も、そう遠くない昔にありました。それでも誰も不便とは思わなかったものでした。

飲み終わったあと、リサイクルボックスに入れれば、それで環境優等生なのでしょうか。すべてが無駄なくリサイクルされているのでしょうか。リサイクルする過程でも、それを回収して運搬するエネルギー、選別、粉砕して、別なものを作るためのエネルギー、は使いますし、さらに廃液や廃棄物も出ます。

・・・などと、かたい話はさておいて、現実的な計算をしてみました。(近所のスーパーの値段で計算しています)

●1日2リットル入りのペットボトルのお茶を毎日買った場合

218円(ペットボトル入りお茶の値段)×365日=79,570円/年、プラス、空のペットボトルが365本

●1日2リットルの麦茶を家で作った場合(24パック入り麦茶で計算)

168円(パック入り麦茶24パック入り)÷24回  × 365日=2,555円/年

なんと  年間77,015円もおトクです。

出し殻はコンポストに入れればゴミが出ません。さらにティーパックではなくて粒々の麦茶(しかも国産品)を使えばエコ度がアップします。たまたま計算では麦茶にしていますが、もちろん、ウーロン茶、緑茶、ルイボス茶、なんでもOKです。・・・お茶を作るのも面倒な場合は、水に洗った備長炭を入れて、それを飲めば、さらにエコ度はぐぐーんとアップです。

自家製ドリンクは冷蔵庫に入れておいてもあまり長持ちしないのに、市販のドリンクは封を切ったあとも長いこと味が変わらないというのもなんだか不思議ですね。(by Hakuru)
[PR]
by kisan35 | 2004-09-29 13:13 | 環境・社会問題

EM交流会

第2回目のEM交流会を行います。詳細はEM菌家事日記のトップページをご覧ください。スペースの関係で10名定員にさせていただきました。EMのいろいろな使い方、抗酸化、非イオン化の威力など達人ハマさんのお話を伺いながら、皆様と交流できれば嬉しく思います。EMは微生物。EMで家事をすると楽しい気分になりますとよく言われますが、私もその一人です。油汚れもきれいに落ち、台所の流しもヌルヌル・ベトベトがなくなりました。使い続けるほど効果を実感できます。
微生物だから、悪玉菌(ヌルヌル・ベトベト)を殺すわけではなく、日和見菌を善玉菌の見方につけ、悪玉菌がおとなしく悪さをしなくなる環境を作るところが、今までの殺菌、抗菌という考えと違い好きだなと思っています。殺菌、抗菌は対処療法であって、一時よくなるけれど、次にはもっと強い菌が生まれてしまいます。抗生剤だって、むやみやたらに飲んでいたら、耐性菌が生まれて、終いに抗生剤が効かなくなるのと同じです。
人間に都合が悪いから殺してしまうのではなく、皆、仲良く共存している微生物の世界は理想の世界だと、ある造り酒屋のご主人が言われていました。
善玉、悪玉などと人間の都合で呼ばれていますが、本当は善も悪もなく、どちらも必要な大切な存在なんだろうなと思います。

この交流会まだ空きがありますので(4名)よろしかったらご参加ください。
[PR]
by kisan35 | 2004-09-28 17:58 | EM

ムーンカレンダー

今日9月28日は、旧暦では8月15日。十五夜で満月。

上新粉で作ったお団子を15個、お月様に供えて、秋の収穫に感謝をささげる日なのだそうです。

満月の光をたっぷり浴びて夜露のついたお団子をたべると、自然の生命力が体内に宿って長生きをするという、いいつたえがあります。

アシュタンガを始めてから、うちでもムーンカレンダーを普通のカレンダーと一緒に使っています。毎日の月の満ち欠けがわかるようになっているだけの、とてもシンプルな作りなのですが、これがなかなか良いのです。

アシュタンガの先生が、「満月には身体も精神的にもハイになり、新月には逆に地球に引っ張られるように重くなる」と、おっしゃる通りで、注意して、その日の体調などをムーンカレンダーと照らし合わせてみると、なるほどと思うことがしばしばです。

いつもと違う体調や精神状態になりやすいので、満月、新月時には、普段よりペースを落として生活をしたほうがよいのだそうです。

正確なメカニズムはよくわからないのですが、月と地球の引力の関係などがありそうです。潮の満ち引きはもちろん、女性の生理の周期や、動物の産卵などにも月の運行は影響を与えています。

人間も自然や宇宙のリズムの中で、生きているのだなあ、ということが、カレンダーひとつで、とても身近に感じられるようになりました。

たまにはお団子をこねてお月見を・・・でも、今夜は曇り空のようですね。(by Hakuru)
[PR]
by kisan35 | 2004-09-28 11:10 | その他

微生物はアースキーパー

健康な土には、土を活性化させるはたらきものの微生物が無数に住んでいます。空気の通りを良くしたり、栄養分を作り出したり、有害なものを分解したりと、見えないところで大活躍。スプーン1杯の土の中には、1億ほどの微生物が住んでいるのだそうです。もちろん、科学的にまだ検知できない、さらに小さなものまであるかもしれないので、その数は、はかり知れません。

ガーデニングなどで、いくら肥料や水を与えても、微生物が生き生きと活動していない死んでいるような土では、ただ単に植物を支えるための役目しかできず、植物もうまく育ちません。

また、金沢の伝統料理に、「こんか漬け」という、フグの卵巣の漬物があります。猛毒のフグの卵巣を、何年も塩やヌカに漬けて発酵させたもので、微生物が作り出す酵素が毒を分解して、猛毒が抜けてしまい、おいしい漬物になってしまうのです。以前いただいて食べたことがあるのですが、ちょっとカラスミに似ています。

昔ながらの製法で作られたお酒、味噌、醤油、酢など、発酵系のものは、みんな微生物の力を利用しています。最近は、カスピ海ヨーグルトのブームで、一段と微生物が身近に感じられるようになってきました。

見えないところでお世話になっている微生物たちを、むやみに敵視して殺してしまうような化学薬品などはなるべく使わずに、うまくおつきあいしながら暮らしたいと思うのです。 (by Hakuku)
[PR]
by kisan35 | 2004-09-28 10:41 | 環境・社会問題

焼きイモの季節

♪かきねのかきねのまがりかど~、たき火だ、たき火だ、落ち葉たき・・・♪

庭の落ち葉を集めてサツマイモを入れて焚き火して、ひと仕事終わったあとは、ホッカホカの焼きイモのできあがり。みんなでフーフーいいながら食べるアツアツの焼きイモは日本の秋の風物詩・・・でした。

でも、今はダイオキシンが発生するということで、焚き火をするのは良くないと言われています。

なぜ、木の葉っぱを燃やすとダイオキシンが発生してしまうのでしょう。もともと植物に、そんなものが含まれているのでしょうか。

ダイオキシンは、殺虫剤や除草剤などに副生産物や不純物として含まれているものなので、庭木や街路樹に散布したものが、葉っぱについたり、土の中にしみ込んで、それを植物が吸い上げたもの・・・と、考えるのが自然なのではないでしょうか。

「ダイオキシンが出るから焚き火はいけません」と、いうだけでなく、「なぜ、ダイオキシンという自然でないものが、もともと地球に生える自然な植物から出てしまうのか」と、考えてみると、見えてくるものが違ってきます。

ちなみに、ダイオキシンは、青酸ソーダの500~1000倍、サリンの2~10倍の毒をもち、ベトナム戦争で枯葉剤として撒かれ、今もその被害は続いているそうです。枯葉剤って、なんだか特別な薬品のようですが、いわゆる「除草剤」なんですよね。

「庭木や街路樹の消毒」と、いうと、いかにも清潔にしてくれそうに感じるので、ネーミングのマジックなのだなあと、感じます。

安心して焚き火で焼きイモが食べられる生活がしたいと、日差しが長くなってきた秋に思うのです。(by Hakuru)
[PR]
by kisan35 | 2004-09-28 07:50 | 環境・社会問題

アースキーパー

b0034072_7463446.jpgアースキーパー・ネットワークは組織ではなく意識の繋がりですが、カウアイ島のヒンズー寺院にアースキーパーという巨大な水晶があります。写真はヒンズー寺院からの一番美しい風景です。雲が出ていますが、カウアイ島で一番高いワイアレアレという山から続く川が流れています(ワイルア川) ここの水晶はきれいな形でとても大きく、この水晶の前で瞑想をしている人たちを見かけます。クリアーな波動を感じて、私はカウアイ島へ行くときは必ずこの寺院を訪れます。心の静寂を感じて、気持ちがいいです。寺院には大きなバニアンの木がありますが、このバニアンの木はハワイでは精霊の宿る木とされていて、屋久島のガジュマルに似ています。屋久島とカウアイ島は姿かたちや地形がとても似ているなと思います。
最近は波動(エネルギー)を色で感じるようになり、カウアイと屋久島はモスグリーンと青と土色に銀色のイメージで捉えています。アースキーパーの方々も同じような色を持っています。いろいろな物を色で感じると、おもしろい発見があります。(by kiki)b0034072_7473618.jpg
[PR]
by kisan35 | 2004-09-28 07:47 | ヒーリング・精神世界