ブログトップ

アースキーパー・ネットワーク

カテゴリ:その他( 265 )

屋久島の星川さんから以下のメールを頂きました。
TUP(平和をめざす翻訳者たち)

TUP速報393号 ビンラディンは中国にいる?
http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/417

オサマ・ビンラディンはブッシュの最強カードか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 インフォメーション・クリアリングハウス(ICH)という良質な個人運営の独
立系メディアサイトがスペインの大手紙から英訳したスクープ記事ですが、真偽
はわかりせん。長年、海外報道記者を務めた米国人筆者は諜報通の著述家で、50
冊以上の著書があるようです。ICHの記事冒頭には、筆者に照会したと明記して
あるので、たんなるガセネタではないでしょう。かりに誤報だとしても、ブッシュ
陣営による「オクトーバー・サプライズ」の噂が絶えない中、こういう情報があっ
たことを知っておくのは有益と考え、訳出しました。(訳者)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ビンラディンは中国にいる
ゴードン・トマス
10月13日付 エルムンド紙(スペイン)


 ラストスパートに入った大統領選で、ビンラディンがブッシュの最強カードに
なろうとしている。ワシントンはたったいま北京政府と、中国西域のイスラム圏
(新疆ウイグル自治区)に隠棲するビンラディンの引き渡し交渉を極秘で詰めて
いる。

 オサマの熱狂的支持者多数を含む500万人以上が住むこの地方は、地球上でもっ
とも不安定な場所のひとつに数えられ、人身売買と麻薬取り引きで西側諸国と結
びついた犯罪組織のメンバーが何千人もいる。ビンラディンは昨年、中国に身柄
を保護してもらうのと引き換えに、同国内のイスラム勢力による反政府ゲリラ戦
をやめさせるという合意に達した。中国人民解放軍は長年、この地域の反政府運
動を掃討するために何万人もの部隊を送り込んできたのだ。

 オサマ・ビンラディンの潜入以来、地域は比較的平穏で、イスラム系住民は人
身売買と麻薬取り引きの継続を黙認されている。だが、現在水面下で進む前代未
聞の米中交渉がまとまり、中国がアメリカに世界一のお尋ね者テロリストを引き
渡すことになれば、ビンラディンは籠の鳥である。ビンラディンの拘束で、ブッ
シュ二世の再選はほぼ確実になるだろう。まだ態度を決めかねている何百万人と
いうアメリカの有権者に、ビンラディンこそ9-11の首謀者なのだから、対テロ戦
争は正当化できると納得させられるからだ。

 先週、あるペンタゴン高官はこう述べた。「第二期ブッシュ政権は、中国を対
テロ戦争の新しい偉大な同盟国と持ち上げ、あらゆる便宜を図るだろう。何億ド
ル相当の契約が次々と承認され、中国による人権侵害の前科は不問に付されるだ
ろう」。高官はさらに、「中国を特別扱いするかわりにビンラディンを引き渡す」
というこの計画を知るのは、ブッシュ政権「最上層部」の一握りだとつけ加えた。
その中に、チェイニー副大統領とラムズフェルド国防長官が含まれるのは間違い
あるまい。

 匿名を希望する高官は、ブッシュ再選の切り札としてオサマ・ビンラディンを
拘束する計画の詳細を語った。アメリカの政権が大統領選にからめてこの手の仕
掛けをするのは、これがはじめてではない。カーター政権の末期、対立候補だっ
たレーガンとイランとのあいだで、レーガンの大統領就任当日、テヘランで人質
になっていた米外交官たちを解放するとの密約が交わされた。当時、イスラエル
のシャミール首相のもとで国家安全保障担当補佐官を務めたアリ・ベン=メナシェ
によれば、アメリカはイランの聖職者たちに巨額の身代金を支払ったという。こ
れが後にレーガンの「オクトーバー・サプライズ」(投票直前の10月に打つ奇策
の意)として有名になる交渉の鍵だった。

■口止めされたテレサ・ケリー

 民主党大統領候補ジョン・ケリーのテレサ夫人は、「もうひとつのオクトーバー
・サプライズ」が近いと知っていることをほのめかした。二週間前、「選挙前に
ブッシュがオサマをつかまえても驚かない」と公言して、ケリー陣営の政治顧問
たちをあわてさせたのだ。しかしその後、彼女はこの爆弾発言についてコメント
を拒んでいる。諜報筋では、ケリー夫妻が、ビンラディン拘束を含む米中合意に
これ以上言及することは、国家安全保障を脅かすと釘を刺されたのだろうとの噂
である。

 このほか、ワシントンの政治アナリスト、アル・サントーリ、国家安全保障担
当でカリフォルニア州選出のデーナ・ローラバッカー下院議員、定評ある『チャ
イナ・モニター』誌編集者の三人も、「オクトーバー・サプライズがあっても全
然驚かない」と認めた。

 ビンラディン捜索の米極秘機関が使うNSA衛星によって、何か月ぶりかに確認
されたビンラディンの居場所は、中国とパキスタンの国境にある湖の近くだとい
う。その隠れ家を見下ろす雪嶺ザースカル(Zaskar)山脈のパキスタン側では、
パキスタンとアメリカの特殊部隊が、命令を受けしだいビンラディンを拘束し、
飛行機でパキスタンに移送すべく待機している。

■50人のゲリラを引き連れて

 過去半年のあいだに、ビンラディンはパキスタン北西部の山岳地帯と平地で何
度か目撃されてきた。アメリカの諜報部員たちによれば、サウジ国籍の億万長者
は50人のムジャヒディン・ゲリラを引き連れてカシミールに向かい、そこから中
国側に入ったらしい。また諜報筋は、ビンラディンがそれに先立ち、北京当局と
何度も会合を重ねて、中国イスラム圏の安定化を約束したと考えている。カシミー
ル北部バンディプールの警察署長マンスール・アハメドは、「そういう会合があっ
たことを知っているが、場所は中国領内だった」と断言する。

 ビンラディンには、右腕であり専属医でもあるアイマン・ザワヒリが同行して
いる(ビンラディンは重い腎臓病がある)。ザワヒリはカイロで医学を学んだ外
科医で、エジプトにおけるテロ活動によって訴追され、国家反逆罪で死罪に問わ
れている。指名手配中の国際テロリストとしては、ビンラディンに続く大物だ。
ホワイトハウス関係者はこの件でおおやけの発言を拒むが、そのうちの一人は
「もし交渉が決裂するようなことがあれば、選挙直前のいま大統領がこういう交
渉に関わっているのを知られてはまずいから」と認めた。

 このような取り引きの可能性が浮上したのは今年のはじめ、極東歴訪中のラム
ズフェルドが中国政府代表団と会談した際だと思われる。その後、当時CIA長
官だったジョージ・テネットが、ビンラディン拘束作戦の可能性調査を命じ、中
国の協力がなければ無理だとの報告を受けていた。

 ペンタゴン高官は、「投票日までの残る数週間に、この米中合作が実現するか
どうかは、ブッシュが中国側に約束を守るという心証を与えられるかどうかにか
かっている」と言いきった。

(翻訳:星川 淳/TUP)

英文原文:
http://www.informationclearinghouse.info/article7077.htm
[PR]
by kisan35 | 2004-10-22 06:50 | その他

皆で共同で使う場所に関して、ネイティブ・ハワイアンはこのように考えています。

タロイモ栽培の農業共同体がメインの水路の溝(アウワイという)を掃除するやり方です。アウワイの一番下部にある農家が、まず水流を邪魔する根や草を刈る事から始めます。その農家は上流にある次の農家が水をひく地点までをきれいにします。そこから二軒目の農家が彼に加わり、二人は次の上流の農家まで作業を一緒にし、そこからまた一人が加わるというやり方です。このようにして作業はアウワイから水をもらっている全ての農家がマノにたどり着くまで続きます。(マノとは本流からアウワイに水流を転換するダム)そして彼らは、水を必要としている農家に充分なだけの水がアウワイに流れるように、必要に応じてマノの修復をします。この場合、それぞれの農家がやる仕事はその個人的な状況や位置に合わせたものになり、決して全員に均等とはなりません。ポノには、実用性と共に調和を重んじる適応性いう意味が言外に含まれています。

それぞれの農家は、アウワイを流れる水を使用する権利がある以上、当然その管理にも責任があります。このシステムでは、権利は責任と釣り合い、権利のある者はアプフアをケアする責任を期待されます。アフプアのシステムではこの関係はマラマと表現されます。マラマとはケアして敬うことを意味します。
[PR]
by kisan35 | 2004-10-06 18:59 | その他

アフプアアは先住ハワイ民族の共同体です。実際はとのような共同体なのか、こちらの絵を見ていただくと分かると思います。
http://www.anoano.net/vtp/index.html#event1
山と山に囲まれた扇状地で山、海、川を含みます。ここでは水のきれいな川が流れ、ハワイアンの主食であるタロイモ栽培が行われていました。日本のお米と同じです。

アフプアアを維持していく基本的な哲学は、アフプアアのどんな存在も、そこにある資源と関係していく遺伝的能力があるという考えです。その能力は、精神的に、また経済、教育的に、そして物理的に満たされた生を全うするよう授かったものです。この哲学はポノという実利的なコンセプトから練られています。ポノとは、それぞれがその必要とするものにあったものだけを使うべきであるという考え方です。

これはハワイのアフプアアの運営の基本的な考え方で、現代の環境管理システムを改良するのに利用できるアイディアです。アフプアアの精神的、社会的、そして文化的な要素を組入れることで、「西洋」の環境学や科学、自然科学の限界を超えた改良が出来るのです。地域ごとに資源を利用することはアプフアアのコミュニティに完成された管理システムを提供します。そのシステムは彼らの物質的なニーズに備えると共に理想的な学習できる環境ともなっていました。ネイティブハワイアンはアフプアア地域内だけの資源を利用していましたが、彼らはアロハ(敬う)ラウリマ(協力)マラマ(仕える)を実行していました。その結果として望ましいロカヒ(バランス)となりました。これは雲や森や小川や池、海そして人間がお互いに結びつきあっていることをきちんと認識している健全な資源管理です。


どのような存在もそこにある資源と関係していく遺伝的な能力があると思います。大昔アフプアアで暮らしていた先住ハワイ民族のこの知恵を、私たちは取り入れていく時がきていると思います。
[PR]
by kisan35 | 2004-10-03 18:33 | その他

プログを始めて、書くことは自分の中で整理することなのだなと思いました。情報発信が主体ですが、インターネットが普及している今、同じような情報はたくさんあります。ここにアクセスしてくださる方は、内容よりも、ご縁があるのかもしれません。私自身も、自分の方向性を確認する意味でプログを書いていこうと思いました。

という訳で、ハワイの知恵アフプアアを少し連載したいと思います。何故ハワイなの?とよく聞かれます。私も世界中のどこでも構わないけれど、たまたまハワイにはご縁があったとお答えしています。日本人でもハワイの知恵を、日常の生活に取り入れるのは間違っていなし、すべては繋がっているから、むしろ日本の事も良く分かるのです。

アフプアア「ahupua'a」とは昔の先住ハワイ民族の自給自足が可能な生活世界のことを言います。自然と調和した共同体としての社会で、かつての先住ハワイ社会の基盤を作っていたものです。先住ハワイ民族では所有という考えがありませんでした。「コノヒキ」といわれる、いわば自分たちの共同社会を統治していた人はいました。「コノヒキ」とは「コノ」=「招待する」「ヒキ」=「することができる」と言う意味があります。この二つの概念を使うと、「コノヒキ」の役割をする人は、問題となっていることについて一緒に仕事をする仲間を集めることができ、その仕事がやりとげられるようノウハウを知っている人ということです。「コノヒキ」は潤滑油役で、ある人達が問題を解決しようとしている時に、彼らに必要なものを供給してサポートします。そのサポートとは論理的なことであったり、社会活動的なことであったり、また精神的なこととか、色々な形をとります。「コノヒキ」はグループのメンバーと心を一つにして仕事に取り掛かる人のことです。命令だけを与える人とは全く違います。「コノヒキ」と一緒に成し遂げられた仕事は、住民に倫理的な手本を示したという意味でもコミュニティ全体に利益となるのです。

人にはいろいろな才能があって、「コノヒキ」のように共同社会の長のような人もいます。今の世の中、「コノヒキ」のような人が偉いと思われがちですが、ただ自分の才能をコミュニティに役立てただけです。かつて先住ハワイ民族は所有という概念がありませんでした。そのために、キャプテン・クックに始まりハワイに来島した宣教師たちに土地を登記されてしまった苦い経験もあります。


[PR]
by kisan35 | 2004-10-02 19:20 | その他

ムーンカレンダー

今日9月28日は、旧暦では8月15日。十五夜で満月。

上新粉で作ったお団子を15個、お月様に供えて、秋の収穫に感謝をささげる日なのだそうです。

満月の光をたっぷり浴びて夜露のついたお団子をたべると、自然の生命力が体内に宿って長生きをするという、いいつたえがあります。

アシュタンガを始めてから、うちでもムーンカレンダーを普通のカレンダーと一緒に使っています。毎日の月の満ち欠けがわかるようになっているだけの、とてもシンプルな作りなのですが、これがなかなか良いのです。

アシュタンガの先生が、「満月には身体も精神的にもハイになり、新月には逆に地球に引っ張られるように重くなる」と、おっしゃる通りで、注意して、その日の体調などをムーンカレンダーと照らし合わせてみると、なるほどと思うことがしばしばです。

いつもと違う体調や精神状態になりやすいので、満月、新月時には、普段よりペースを落として生活をしたほうがよいのだそうです。

正確なメカニズムはよくわからないのですが、月と地球の引力の関係などがありそうです。潮の満ち引きはもちろん、女性の生理の周期や、動物の産卵などにも月の運行は影響を与えています。

人間も自然や宇宙のリズムの中で、生きているのだなあ、ということが、カレンダーひとつで、とても身近に感じられるようになりました。

たまにはお団子をこねてお月見を・・・でも、今夜は曇り空のようですね。(by Hakuru)
[PR]
by kisan35 | 2004-09-28 11:10 | その他