アースキーパー・ネットワーク

earthkeepe.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:環境・社会問題( 117 )

アイスランドに学ぶ

毎月の電気代に、原発関連の費用が上乗せされています。
b0034072_10032545.jpg
今の若者は働き始めても正社員になれることは少なく、年収も少ないので、
奨学金の返済、国民年金の支払いに追われ、食費を抑えて働いているのが現状です。
先日も電車の中で、息子ぐらいの若者達が話していました。
食費は月に1万円ぐらいだそうです。
バイト先の賄い料理で食いつないでいるそうです。
お腹が空いて仕方がないので、お代わりが自由にできるので仕事はキツイけれどやっていると言っていました。

国民年金にしてもリスクのある株に投資して、かなりの赤字になっています。
これも勝手に安倍政権がやったことで、被害を被るのは国民です。特に若者。

原発も廃炉にできない危険なものであるのに、日本中にどんどん作り、
事故がおきたら、国民の負担になっています。

大学の授業料も奨学金で借り、卒業してもマイナスからのスタート。
しかも奨学金には利子もついてくるそうです。

堤未果さんの著書「貧困大国アメリカ」を読むと、こうした若者が奨学金を払ってくれる軍に入隊して戦場に行くと書かれています。

こんな状況をどうやって変えていくかのヒントが田中優さんのメルマガにありましたので、
転載させていただきました。

・・・・・・・・・・以下メルマガより・・・・・・・・・・・・・・・・・


「 隠されたアイスランド革命」  

 
  2012.8.15発行田中優有料・活動支援版メルマガより


◆ 革命の名に値する大逆転

 実際問題、政府は2009年、国家の負債として35億ユーロをイギリスとオランダ
に、月賦で15年間、5.5%の金利で支払うことにしていた。国民はわずか31万人
だから、赤ん坊を含めて一人あたり113万ユーロ(当時のレートなら一人170万円
だ)の負担がのしかかる予定だった。 

 そして2010年1月、政府管理下の銀行への公的資金投入を決定した。その資金
は国民に使われるのではなく、つぶれた銀行預金者の救済のために使われる。
実際の預金者はアイスランド人ではなく、英国やオランダなどの大口預金者だった。

 これにアイスランド国民が強く反発した。国民の反発を受けて大統領が提案に
拒否権を発動する。

 そして2010年3月6日、国民投票が行われ、93%の圧倒的多数により債務支払い
が拒否された。さらに危機を招いた銀行家や官僚らに捜査が入り、多くの企業役
員らが逮捕された。
 しかし英国やオランダ政府は、それぞれの国内で大口預金者の損失を「肩代わ
り」していた。大口預金者の預金を肩代わりして返済していたのだ。そこでそれ
らの政府は再度反発し、アイスランド政府に圧力をかけた。

 その結果アイスランド政府は2011年2月、人々の借金になる公的資金投入を決
定し、銀行の負債を英国などに払おうとした。しかし再び大統領が拒否権を発動
し、2011年4月、再び国民投票となり、再び英国などへの返済が否決された。

 人々は自分たちに関係のない民間銀行の負債を自分たちの借金にすることを拒
否したのだ。その結果、海外投資家に奪われるはずだった資金を守ったのだ。そ
の資金で行われたのは国民の住宅ローンの免除だった。人々は借金を負わされる
どころか、自らの負債の免除に使ったのだ。

 こうしてアイスランドは、ぼくが二回目に訪れるまでの間に、順調な黒字財政
から一転して債務危機に陥り、国民一人当たり170万円もの負担を強いられるとこ
ろを二度も蹴り飛ばし、安定に戻っていたのだ。

(中略)

 その後には「破産管財人」のような顔をしてIMFが入り、超緊縮財政と国際
の資産の売却によって国民生活は地を這う状態になった。これが普通の破綻のパ
ターンだ。金融ファンドから話を持ちかけられ、無責任な政府が同意し、経済破
綻へと進んでいく。
 その責任は罪のない国民のツケにされ、国民は赤貧の状態になって国の債務の
奴隷にされる。これが国際的な金融のルールなのだ。

 ところがアイスランドだけは違った。人々は「それは国民が作り出した借金で
はないのだから払わない」と主張したのだ。しかも国民投票という荒業を2度も
やってのけた。単なる民間銀行のツケを、国民のツケとはさせなかった。ギリシ
ャがもし同じだったなら、2001年当時の政府とゴールドマンサックスの関係者を
逮捕させ、彼らから負債を取り立てていただろう。共同で犯罪行為を行った彼ら
から、不当な利益を吐き出させればいいのだ。


◆ 隠された革命を日本にも

 そう、国民のツケにすることを拒否したアイスランドの事例は、腐敗した政府
や金融ファンド関係者には都合が悪い。そのせいでアイスランドの事例は報道さ
れないのだ。アイスランドの事例は先進国メディアから隠されてしまった。メデ
ィアの大口スポンサーである金融機関にとって都合が悪かったからだろう。

 人々のすべきことは明らかだ。アイスランドの事例を広く知らせ、政府と金融
関係者の作り出した「不法な債務」など、「国民は肩代わりしない」ということ
を知らせることだ。

 今回の福島原発事故の後始末も税金でされているが、これまで儲けてきた金融
やマスメディア、ゼネコンや原発メーカーなどの原発ムラの利益を吐き出させて
いないではないか。

 これまでの日本政府にも、たくさんの隠された負債がある。「日本危機」が訪
れたとき、私たちはその債務を政治家と共犯である金融機関や官僚に負担させる
べきではないか。「それは国民がした借金ではない」と主張して。それとも今後
も政府や一部の利権を持つ人々のために、支払い続けることでいいのだろうか。

 その日は近いかもしれない。私としては、一日も早く「国民投票制度」を作り
たい。債務を引き受けるかどうかの判断を、国民一人ひとりが判断できるように
すべきだ。
 
 この構造は福島原発事故の「原子力ムラ」の場合も同じだ。
すべての国民が原発推進を判断したかのように装うことで、実際に進めてきた原
子力ムラの人間は、不当な利益を受けたまま吐き出していない。一銭も負担せず、
無罪放免で国民の借金にして税金から負担させている。

 現に事故原因者である東京電力株式会社ですら破綻にならず、そこに貸し込ん
できた生命保険会社や銀行など金融機関の債権も、傷ひとつ受けていない。破綻
させれば少なくとも株主や融資した側への返済はされなくなり、それだけ国民負
担の額は減っていたはずだ。さらに不当な利益を吐き出させれば、国民の税金も
これほど多額に使わずに、事故処理できたかもしれないのに。

 だからアイスランドの事例は知らされないのだ。彼らの国が小さかったことも、
独自の言語や文化を大事にしてきたことも幸いしている。特に彼らの知的レベル
の高さと識字率の高さも幸いしている。

 日本でもこれを実現させられないものだろうか。



全文はこちらより
http://tanakayu.blogspot.jp/2016/04/blog-post_15.html


有料・活動支援版メルマガ最新版やバックナンバーのご購読、
写真・図付きをご希望の方は、こちらよりよろしくお願い致します。

⇒ http://www.mag2.com/m/0001363131.html

(登録初月無料 540円/月 バックナンバーのみのご購読も可能です)

・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無料メルマガはこちらから登録できます。

国有地を自分の私有地のごとくタダ同然であげたなら、減らされた資産に相当する金額を
関わった人たちに返してもらいたいです。

第二の森友学園が出てきましたね。まだまだいろいろ出てくるでしょう。
加計学園(首相が理事長と親しく、昭恵氏は名誉園長)へ愛媛県今治市が土地を無償譲渡か?36億円の土地
こちら





[PR]
by kisan35 | 2017-03-03 10:41 | 環境・社会問題

不穏な時代に

最近、不穏な感じがしています。
地球規模での異常気象もそうですし、安倍政権が向かっている愛国心
特攻隊が「おかあさん〜」と叫んでお国のために命を捨てていった戦争。
私の母は未だに、夜歩いていると憲兵さんが来るよとこわがります。

国民が理解できない安保法案成立。
これで自衛隊が南スーダンに派遣されました。
戦闘というと憲法9条に反するので、言葉だけ巧みな稲田防衛相.
LITERAがいい記事を書いています。

辺野古で基地反対の山城さんが逮捕されて4ヶ月。
人権侵害である。
政府がやろうとしていることに盾つくものは逮捕するぞというみせしめ逮捕です。

今、自由に発言できる権利を奪う法律が通ろうとしているのがとてもこわいです。

実家に行って朝日新聞を読みました。(2月21日朝刊)
とてもびっくりしたので、このブログを書いてます。
b0034072_18510773.jpg
折り曲がっていて読みにくくてすみません。
共謀罪につながる「テロなど準備罪」に賛成が朝日新聞の世論調査で44%。
読売新聞ならわかりますが、とにかくびっくりしたし、記事を読んでますますびっくりしたのは
内閣支持率が52%、トランプとの会談も「評価する」が54%。
唖然です。

今日の東京新聞の朝刊「本音のコラム」の鎌田慧氏が書いていらっしゃいますが
イージス艦、ミサイル、オスプレイ、ステルス戦闘機F35など超高額大量購入。
安倍首相は兵器を割引してもらってありがとうと言って帰国した。
しかも日本の公的年金をアメリカのインフラに投資する。
日経新聞の記事

それを54%の人が評価しているという。
おそらく本当のことを知らないで、テレビでの放送しかみていないのでしょう。
私たちが老後のために払ってきた年金は、アメリカのために差し出しているのが安倍総理です。
自分のお金だと勘違いしていませんか?

安倍晋三記念小学校のニュースは知っていますか?
校長は夫人です。
どんどん削除されているようなので早くみてください。
テレビ東京系列のカメラの記録です。
土地の購入に関して、破格の値段で購入(約十分の一の価格)
教育勅語を子供達に教える小学校が4月から開校です。

来月審議される共謀罪。
今の政府の悪口をいうものや反対派だと決めつけられたら逮捕されます。
辺野古の山城さん、先頭にたって環境保護やリベラルな考えを持っている人を犯罪者にできる法律です。

テロが起こると大変だろうと思うよりも
テロ等準備罪で、どれだけたくさんの社会を変えようと活動している人たちを
山城さんのような人が逮捕され、物言えぬ社会になるのだろうと危惧しています。
テロなど「など」はどこまでを含めるかもわかりません。
どうか通らないように。

瑞穂の小学校は、
お国のために命を捨てる子供達の教育施設としか思えません。

安倍政権になってから、都合の悪い記事を書いたりした人たちがどれだけ自殺(とみせかけた他殺)されているのかはこちらのブログでわかります。

司法までも安倍政権の息がかかっています。
マスコミも同じです。NHKの籾井氏もそう。
周りを固めているので、こわいものなしで好き放題。独裁政治。

真実は隠されていて、団欒でテレビを見ているとわかりません。
今なら、まだインターネットで真実を知ることができます。
認知症になっていない人は、目を覚ましてください。

私はこれからは、日本が地方分権になったらいいなと思います。
辺野古の問題は沖縄県の判断に任せればいい。
アメリカでは、トランプ政権の移民入国制限に関しても違法だとした州が提訴。
シアトルの連邦裁判所の裁判長は、政府の訴えを退けて、州政府の訴えに基づき大統領令を差し止めました。
BBCニュース
司法の正義が生きています。

地方分権になるためには、エネルギーを地域で作り、地域で循環していくことから始まるらしいです。
内橋克人氏のFEC自給圏 食べ物、エネルギー、介護がそれぞれの地域でまわっていくことから
時代は変わっていくのでしょう。
この不穏な空気を、新しい時代への扉に変えていきたいです。



[PR]
by kisan35 | 2017-02-22 10:05 | 環境・社会問題

2・2東京新聞「車代割り勘で白タク?」

今朝の東京新聞を読んだら、え!何これ?って思う記事がありました。
2月2日東京新聞朝刊28面 こちら特報部の記事です。
b0034072_18420868.jpg
記事はこちらから読めます(東京新聞WEB版)

反原発ツアーを企画した加須市の市職員の男性3人が無許可営業・白タク容疑で逮捕された記事です。
その日かかったレンタカー代や高速代、ガソリン代を同乗者が割り勘にしただけで、無許可営業・白タクになるものでしょうか?

本当におかしな話で、自宅を家宅捜査され逮捕された。
想像してみると、市職員の自宅を家宅捜査するというのは、
何か悪いことでもしたのだろうか?
と近所の人が疑いの目を向け始め、そこで暮らしている家族は居心地が悪くなる。
おまけに逮捕されたとなると、犯罪者の家族らしいと思われる。
それが狙いなのだろう。

今国会で審議している共謀罪が通れば、これも共謀罪になる。
安倍政権がやろうとしていることに反対すれば、いいがかりをつけられて
誰でも狙われば、逮捕されるということを教えてくれています。

一つの例ですが、ゴルファーは4人一組で、一台の車に便乗してゴルフ場に行くことが多いと思います。
道路の脇にゴルフバックを置いて、車を待っている人をよく見かけます。
この時に、ガソリン代、通行料を割り勘にするのは当たり前でしょう。
割り勘にすると白タクになるのでしょうか?

こんなことで逮捕令状、家宅捜査を出すのもおかしい。
見せしめでやっているとしか思えません。


[PR]
by kisan35 | 2017-02-02 19:13 | 環境・社会問題

高田造園の高田さん講演会

昨日、高田さんの「呼吸する大地」講演会が終わりました。
大盛況で、約60名もの参加者でした。
こんなに大勢の参加者の方の会場や駐車場の問題、交流会の場所など開催日寸前まで考えがまとまらずにいましたが、最終的に、まりりんの家になんとか60名が入る工夫が生まれたので、講演会、ワークショップ、交流会をすべてまりりんの家でやりました。それが結果的にとてもよかったです。

お昼のカレーも、しのちゃんが初めて70名の分量の豆カレーを作れるか心配していたけれど、
もうパーフェクトにできて、皆さんがおいしい!って言っていました。

まりりんと私は、7升のお米を薪で炊きました。
3台のお釜を使って、おこげが多くできちゃったお釜もあったけれど、おいしく炊けてホッとしました。

匝瑳に移住している人たちが、朝早くから動いてくれたので、問題も起こらずに、
とても良いイベントになりました。

高田さんの講演会はすばらしくて、何度も心から感動しました。
まりりんは高田さんの弟子になりたいと言っていたけれど、
私もどこかで開催される高田さんのワークショップにまた参加しようと思っています。

このブログに書くと、壮大な知恵の一部を抜粋して、
すべてはつながっているのに切り取った感じになる気がしますが、
ちょこっとだけ。
機会があればぜひ〜高田さんの知恵を聞きに行ってみてください。
NPO「地球守」高田造園 ダーチャ村プロジェクトなどで検索してみてください。
facebookでの投稿もあります。

「良い土地では、植物が多種多様になり、みんな仲良く共生している。長い根っこもあれば短い根っこもあって、
それぞれ優しい葉っぱになるので、人がそこへ行くと気持ちがいい気がする。悪い環境では、カビが生えたり、根っこも短くなり、藪のようになる。そこでは、周りの植物と競い合うように育つので、トゲトゲしている。彼らは苦しんでいるのです。」
今の安倍政権みたいだなと感じたのは私だけではないでしょう。
ミクロとマクロはつながっていて、植物環境は人間環境と相似性があります。大地を流れる河川も上空から見ると葉脈や血管のように見えます。すべては相似形。宇宙から地球を見れば、人間は地球の微生物。

まりりんの家は、湿気が多くて夏は蚊がすごいのです。そこを居心地のよい場所にするため、家周りを改善するワークショップでした。最初にやったことは水脈を観察し、水の流れを整える作業でした。次に裏庭の藪の手入れ。笹は下から刈らず、60センチぐらいの背丈で手前の部分だけ刈り取り、風の通り道を作りました。空気中の微生物が風で運ばれてきます。駐車場にもウッドチップや竹炭、もみがらくんたんをまきました。60名もいたので、駐車場、裏手、穴掘りなど、どんどん良くなっていきました。特に風が通るようになった裏庭は、とても気持ちが良くなりました。ウッドチップや炭を敷き詰めた駐車場は、ふんわり柔らかく、足元が暖かい!
大地が呼吸し始めました。
今年の夏は蚊がすくなるなるでしょう。

雑草を刈る時も、全部下から刈らずに、残してあげる。最初から全部切ってしまうと彼らは驚いて、もっとトゲトゲした葉っぱを出してくるそうです。少し残して刈り取ると、次に出てくる葉っぱはやわらかくなり、さっと鎌でで刈れるようになる。トゲトゲしているのは苦しんでいるから。植物の思いを感じながら、人が手をいれていくことで住みやすい環境になるのは気持ちがよい作業です。こんなに雑草が生えてしまった!と憎々しい思いでバサバサ刈り取っていくと良くならない。この感性が「アルクツールス人から地球人へ」の本に書かれていた共感的知性につながります。これからは感じる力をもっともっと高めていきたいです。高田さんは奈良県吉野の桜の環境整備にも関わっていて、鹿が次々と桜の葉っぱを食べてしまうのでその対策として、それまで行政がやってきた桜以外の植物を全部刈り取って肥料や農薬をかけるやり方ではなく、他の植物も生えることができるようにし、呼吸する大地に変えていったところ、桜の葉が変わり、鹿が来ても「この葉を食べていいのかなあ?」と考えているようで、引き返していくようになったそうです。


さて、
昨日、以前OHANA CAFEをやっていた時、とてもお世話になったトージバの神澤さんと久しぶりに話をし、また
学びがありました。香取の古民家へ神澤さん一家が越してきてすぐの頃、遊びに行ったことがあります。その時、都会のマンションから田舎の風通しのよい寒い古民家へ越してきた息子さんたち。ここでどう順応していくのかなあと思っていました。そうしたら大工さんの仕事を学び、宮大工の仕事場へ行くことになったそうです。お父さんとお母さんが古民家を改修しているのを見て、大工さんになろうと思ったでしょう。素敵!
親の生き方が子供に反映する!学校で学ぶことよりも大切なのは、親の生きる姿を見せることですね。

夜の交流会もとても楽しかった!みんなお料理上手!一品持ち寄りはいいですね。

盛りだくさんの1日で、たくさんの人たちと交流し、目に見えないけれど、微生物同士のやりとりもあったのでしょう。今朝は私の細胞にも風が通り、生まれ変わったような気がします。


[PR]
by kisan35 | 2017-01-22 10:42 | 環境・社会問題

映画「シリウス」期間限定で見れます

たくさんの方に見て欲しい映画です。
「シリウス」
今、無料で見ることができますので、ぜひ!

意識は時空を超える
異星人とつながるには、ロケットを飛ばすのではなく、瞑想して深いところでつながることなど
とても面白いと思いました。
そして、たくさんのUFOが確認されているのがわかります。
UFOは私も見たことがあります。
この映画の中でも言われていましたが、UFOを見たということで
世間から白い目で見られることがこわいから言えないそうです。
でも、見ている人がたくさんいるから言えばいいと思います。

UFO見ました!って

見たのに、ありえないとか
おかしいです。
不都合な真実なのでしょう。

隠されていたことが臨界点を超えて湧き出てくる予感がします。

「シリウス」の中でも言われていたけれど、臨死体験を経験すると魂は不滅なので
死ぬのがこわいと思わないそうです。
自分を含めて仲間が悪性腫瘍になった時、生き残ったのも
死ぬことが怖くないという意識があったからからかもしれないと言われています。

前のブログでも書きましたが、
死ぬのが怖くないという意識に向かうと、もしかしたら意識の変容が起こるかもしれません。

今まで感じていたことが研究されていて、それが世界中に広がっていることが嬉しいです。

無料で見られる間にぜひみてください。





[PR]
by kisan35 | 2016-05-24 17:43 | 環境・社会問題

あれから5年

14時46分
今日は鎌倉で「蘇生」&比嘉先生の講演会です。
その時間、白鳥監督とともに祈りを捧げます。
500人以上も集まるそうです。
祈りの力で原発、戦争のない平和な社会を作りましょう。

5年経って、まだ生かされていることに感謝です。

日常の出来事が、生かされているという観点から見ると、
ちっぽけにみえてきます。

「シリウス革命」を今、読み返していますが、
オコツト曰く「5は次のシステムの1になる」
5年目からは新しいシステムが始まります。

自然界はこのサイクルでまわっています。
たとえば稲の分蘖の仕方


b0034072_10322560.gif
緑葉が3枚(2.3.4)出ると、次の葉(5)が出るのと同時に一番下の葉の付け根(2)が枝分かれし、新しい茎(5)がでます。

こちらのサイトを拝借しました


5の中には1〜4までがすべて含まれていますが、次のシステムでは1になります。

どうか、2016年が新しいスタートの年になりますように。

高浜原発3号機停止
嬉しいニュースです。

****************************************************************************************************************************************************************************

前回のブログで作り始めた醤油が今朝仕込み終わりました。

b0034072_10395357.jpg
b0034072_10401474.jpg
45時間経て、出麹!
毎度のことながら、温度が上がりすぎて、納豆のような香りがするのもありますが、
ちゃんとお醤油になってくれますので大丈夫です。
5日に一回かき混ぜ、
時間の経過とともに美味しくなります。

[PR]
by kisan35 | 2016-03-11 10:48 | 環境・社会問題

認知症

今後65歳以上の4人に一人は認知症になるという報告もありますが、
私の母も認知症で、前頭側頭葉型認知症だと言われました。
いつも不機嫌で怒っていて、
家のものが盗まれると言い、私は年金泥棒と思われていて
「お金を返してちょうだい」と日々連絡があります。
こうした身内の恥をブログで書くのも、心のどこかで抵抗はありますが、
おそらく同じような悩みの人もいらっっしゃると思い書いています。
そして、認知症は薬害、公害のミックスした病気ではないかと思うので、
恥ずかしくはありますが、ブログで書くことにしました。

母の場合、自閉症と似ているところがあります。
ものすごくこだわりがあり、
お金にとても執着しているので、
お金を渡すと、2種類の下着に包んで(大切だから)どこかに隠してしまいます。
そして、怒って電話してくるのです。
「あなたが取った年金を返してちょうだい。この家には一銭もないの。
どうやって暮らしたらいいの』

時間がある時は、家中押入れの中タンスの中をすべて探して、お金が見つかることがあります。
妹は母と二世帯同居をしているので、常日頃この繰り返しで本当に大変です。
お金が見つかっても、すぐにまた隠すので無くなります。
一万円札をコピーして渡せたらと思いました。(それだけで犯罪のようなのでやめました)

もともと社交的でないので、デイサービスに行くのは嫌がり、
週に2度、リハビリの人が来てくれていますが、それも嫌みたいです。
脳と足の運びが連動しないので、できるだけ歩かないとうまく歩けなくなります。
特にくだり坂は、加速がついて、何かにぶつかるまで止まりません。

普段はめったに笑うことがなく、いつも嫌味をいったり
何か言うとすぐに怒り出して大変なのですが、
昨日、うちに来ていた時、お腹をかかえて笑いました。
「こんなに笑ったのは久しぶり」と言いながら、顔つきが変わってくるのを目の当たりにしました。

b0034072_18272969.jpg
これなんです。
田んぼの畦でとれた大豆の殻むきを一緒にやっていたら、
その時間の間は、いろいろなことを考えないで済むし、どうも楽しくなるようです。
母は
「私でもお役にたっているって思えるの」
って言っていました。

一緒にお昼を食べても、その後公園を散歩しても
数分後にはすぐに忘れてしまう母が、今朝電話してきて今日も大豆の殻むきしようねと言ったことを覚えていたのです。

すごくびっくりして
「覚えていたんだね〜」と言うと
「あたりまえじゃない」と返事

「食べたものとか人の顔とかすぐに忘れるのにすごいねえ」
「そういえばそうだね」

と普通の会話ができたので嬉しかったです。

お米や大豆を手に触れて作業していると、
身体が熱くなり、私は着ているものを一枚脱ぐことが多いです。
それだけこの作物はエネルギーがあるのです。

デイサービスに行けば、折り紙をやったりしますが、
大豆の殻むきとか稲わらを束ねるという作業をお願いすると、
脳が活性化するような気がしてなりません。
デイサービスでも、こうした作業を取り入れるといいと思います。
手で大豆の殻をむいたり、種取りしたりという作業は時間がかかりるので、
デイサービスで引き受けてみたら、面白いように思えます。

地の力は奇跡をおこしてくれるかもしれません。

今後、私がどれだけ母に関われるかにもよりますが、
認知症で別人だった母が、腹から笑い、笑いが記憶をほんのすこし呼び起こし、
楽しい作業と思うことで、生きがいにもなったような気がしています。
そして、大豆の殻むきをしながら話す内容は、子供時代のこと。
これは不思議と覚えているんですね。私がまだ2歳の時、屋根から落ちたことを話すと、よく覚えています。

あなたはいつも屋根に登っていて、
あんな高い所から落ちたのに、かすり傷ひとつしていなかったのよ。

私は、落ちた瞬間「死んだ!」って思いましたが、
意識を失って目を覚ましたら、母がいて生きていたのだと2歳ながら覚えていました。
当時は、母は生活面でやることも多く大変だったと思いますが、生きがいがあったのです。
生きがいがなくなることが認知症の原因のひとつかもしれません。
人はいつでも誰かの役に立っていると思えることがどんな病も良い方向に向かうと思います。

折り紙よりもこうした手作業の土のエネルギーをもらえる作業で、
まだ自分は社会に役立っていることが感じられることが大切だと思います。
デイサービスなどでも普及してくれますように。


[PR]
by kisan35 | 2016-01-12 18:51 | 環境・社会問題

根幹のない政治家と根幹のある市民

河野太郎さん
いままでは脱原発をブログで発信してきたけれど、
初入閣したとたんブログを削除しているのがツイッターで流れています。
こちら

中から変えようとしているのか?
それならいいけれど、イソップ童話のカラスのように思えてしまいます。

がっかりです。
でも市民活動は揺るがない。
根幹がしっかりしている。
それは、自分のためではなくて、社会や地球をよくしたいという
純粋な気持ちが行動になっているから。
大切なものは変わらない。

ヒラリークリントンもTPP反対と言い出したが、河野太郎さんと同じだと思う。
もともと、もっと基準の高いTPPを望んでいたのに、
一緒に戦っているサンダース上院議員の方が支持率が高いからだ。
この人も、国のためとか環境という意識が薄く、コロコロ変わる自分の根幹がないのだと思う。

経済だけで動いている生活、国、地球なんておかしなものだと思う。

今、この世に生を受けて生きている。
世界中で自然災害、戦争などたくさんの人が亡くなっているけれど、
地球は人が少なくなるのを喜んでいるのだろうか?

政治家には期待できないのは、分かりました。
絶望感もありますが、目覚めている人(この世の中がおかしいとおもっている人)は
変わらない根幹があるので、いずれカラスは仲間はずれになるでしょう。
カラスには、国を治める力がない。

[PR]
by kisan35 | 2015-10-09 20:12 | 環境・社会問題

岐路

安保法案=戦争法案=違憲

日本は第二次世界大戦で、もう二度と戦争しないと決めた憲法9条がありますが、
その時代の背景、戦争の悲惨さ、平和憲法を誇りに思って生きてきたのが、間も無く覆されようとしています。

権力とマスゴミNHKを味方につけ、昨日のシールズの奥田君の国会での公聴会での発言は
「寝ている議員さんが多いのですが」で始まっています。

練馬区の区議選でも同じ感じでした。
市民との対話の場で、対話せずに逃げ出した現在の練馬区長。
もう決まっているから、話聞くだけ無駄という雰囲気があります。

対話がなく公聴会での国民の声を聞く耳を持たないのは、人としてありえないですねえ。
政治家は国民の声を代表していると思っていたのに、がっくりです。

たぶん強行採決されてしまうと思うのですが、
今日の国会審議を阻止しようとした民主党議員、野党の皆さん、本当にありがとうございます。
日本人は、もう誰も殺したくないし、憲法9条を大切にしている人が多い。

世界中でいろいろなことが起こっています。

希望があるのは、イギリス、オーストラリアで左派のリベラルな党首が誕生したことです。
世界全体の動きを見て、時代は変わりつつあるのを感じています。
今、与党で安倍政権についている人は、この流れの中では生き残れないのを感じています。
すばらしい流れの始まりです。


b0034072_21313049.jpg
安倍総理「支持なくとも採決」「成立後に国民は理解」???
みんなあなたについていくことはできないのがわからないのか〜。

今まで野党は党派に縛られていて、それぞれがバラバラだった感じがしたけれど、
愚総理が祖父の亡霊に導かれて日本人の平和の心という根幹を崩したことで、
超党派が団結してよかった!安保法案強行採決反対で皆がまとまって平和を確認できた気がしています。

時代は変わり始めています。


[PR]
by kisan35 | 2015-09-16 21:51 | 環境・社会問題

天津での爆発事故

BBCが爆発の映像をあげています。
こちら

この爆発は、きのこ雲があがっているし、普通の化学工場の爆発とは違う?と思いました。
爆風がすごい。第一回目の爆発よりも、二回目がすごい威力で2キロ先の窓ガラスも割れています。

朝日新聞の記事を読んで、JSRという化学工場が爆発したのかなと思い、調べていたら
この会社は2012年5月5日にタイでも爆発事故を起こしているのですね。

いろいろネットで調べても、化学工場の名前が出てこなかったけれど、
朝日新聞では書かれています。
化学メーカーのJSRは自動車部品や家電に使う高機能樹脂三重県から天津の工場に輸出しており、「港の機能が止まれば、製品供給に影響が出る恐れがある」(広報)という。

三井化学の岩国大竹工場の爆発も、自動車タイヤの接着剤を作るプラントでした。

自動車工場の爆発事故は多いことがわかりました。
爆風がすごく映像が似ているように思いました。

2011年も千葉県市原の工場が炎上し劣化ウランを保有していることがわかりました。

で、こちらのブログを見つけました
すばらしいのは劣化ウランを保有しているところが載っているのです。

爆発した工場は劣化ウランを保有している工場なのかもしれません。

このJSRという会社は三重県から高機能樹脂を輸出しているようですが、
三重県四日市といえば三菱マテリアルの工場が爆発したところです。

三菱マテリアルも三井化学の岩国大竹も劣化ウランの保有量がとても多いのです。

三井、三菱、住友は劣化ウランを保有している。
安部総理も三菱系でしたね!

財閥系が劣化ウランを保有しているのは、軍事産業だからでは?

劣化ウランは劣化ウラン弾だけに利用されるのではなく、最新鋭の運動エネルギー弾も開発しているようです。
こちら
航空機にも使われているらしい。触媒にも。こちら

今回の爆発事故が、核爆発のように見えたので、
いろいろ調べてみました。
的はずれかもしれませんが、
国民の大多数の反対を無視し、安全性も確認できず、
責任の所在も分からないまま、川内原発を再稼動させた安部総理。
そんなに原発再稼働するとお金が潤うのかと思ったのでした。

まさか自動車の部品に劣化ウランは使われていないでしょうね?!

日本で劣化ウランを保有しているところ
b0034072_19411926.jpg
b0034072_19415036.jpg
旭化成といえばヘーベルハウスだけれど、こんなに保有していて、一体何に使うのだろう?

[PR]
by kisan35 | 2015-08-14 19:32 | 環境・社会問題