アースキーパー・ネットワーク

earthkeepe.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:エコロジー食( 107 )

はこべ

東京の小さな家庭菜園は、はこべとほとけのざに覆い尽くされています。
2月頃にまいたスナップえんどうが3株くらい生えています。
他にはおかのりの存在感。よく増えています。
今日は、はこべを刈り取り、土を耕して刈り取ったはこべを上に載せました。
籾殻くんたんや浜名農園さんから購入した肥料も入れました。
匝瑳では生ゴミを入れることができますが、ここはねこちゃんがいるので掘られてしまいます。
元気に発酵しているEM活性液を薄めてまきました。

自然農業塾で教えていただいた名言
美人と土は裸にするな
周りの畑はどこも裸ですが、うちの家庭菜園は土の上に稲わらや刈り取ったはこべがのっています。

はこべ
はこべは栄養価がタンパク質、カルシウム、鉄などのミネラルが多く含まれています。サポニン、葉緑素、酵素などとともに未知の成分も多く大きな薬効を持つ野草です(東城百合子著「自然療法」より)

はこべを料理してみました。
さっとゆがいてナムル風に、ヤンニョムとごまで和えました。
b0034072_20035001.jpg
左側がはこべです。水菜のようで美味しいです。

ヤンニョムは、いつもながら適当ですが
にんにくのみじん切り、韓国の唐辛子、ネギのみじん切り、みりん、砂糖、しょうゆ、ごま、ごま油を
適当に混ぜて作りました。市販のものは甘いので、自分で作ると美味しいです。

韓国料理の奥の深さ。
医食同源が家庭料理にあることで、時々作っているのはこちら
b0034072_20073972.jpg
4色の野菜とヤンニョムに浸けた牛肉をこんな風に鉄鍋に4箇所入れます。
本当はきれいに刻まれて、こんなに乱雑ではありません。
真ん中に卵を落とします。
これを煮ていきます。水とヤンニョムも加えます。
今日は、4色の野菜はごぼう、大根、人参、大根の葉です。
煮えてきたら、すべてかき混ぜてしまいます、
b0034072_20131128.jpg
これが宇宙を表しています。
宇宙はすべてかき回されて混ざっているのを韓国料理で教えられました。
この考え方がすごいなあって思い、時々宇宙を作っています。

宇宙を食べる。おいしい!


[PR]
by kisan35 | 2017-03-03 20:14 | エコロジー食

Bee Eco Wrapなどエコな話

⭐️Bee Eco Wrap
ラップは便利だけれど、材質と使い捨てが気になる人に朗報!
オーガニックコットンに樹脂と蜜蝋、ホホバ油を染み込ませ、繰り返して使えるラップです。


b0034072_12443039.jpg
焼いたパンを包んだり、瓶のふたにもなります。
油の多い食品は包めないけれど、おしゃれで蜜蝋の良い香りがします。
パンはBee Eco Wrapに包んでおくと、パサパサせずに、とても長持ちします。
ジプロックなどの袋に入れておくよりも、いい状態が保たれます。

オーストラリアの森の中に暮らすデヴァイン一家のところへは行政のゴミ収集はありません。自分たちで出したゴミをなんとかしようと、昔からの保存方法を選び、プラスティクやビニールにかわって土に還るものを作り出しました。ひとつひとつが家族の手作りです。サスティナブルな暮らしから生まれたサスティナブルなビジネスです。
しばらく使っていると蜜蝋の香りも薄れてくるので、そうしたらおむすびを包んでもいいなと思っています。

これからのビジネスのキーワードは、エコでサスティナブルでおしゃれですね!


⭐歯磨きは重曹で
歯磨き粉をやめて重曹で歯を磨くようにしました。
友人知人に話すと、ずいぶん前からやっているよ〜って言われました。
口の中のpHがアルカリのほうに傾くので、いいようです。重層を水で薄めてうがいするのもよし。
私は歯ブラシに少し重層をつけて磨いています。あまりたくさんつけると塩辛いです。
口の中がさっぱりして気持ちがいいです。

⭐️まこも風呂
5月の菖蒲湯のように、田んぼに生えていたまこもをお風呂にいれて入っています。
b0034072_13221192.jpg
こんな風に束ねてお風呂に入れます。一度で捨ててしまうのではなく、数回使えます。
まこも菌が皮膚を保護してくれるし、水道水の塩素も柔らかくしてくれるようです。
まこもは水質浄化作用があるので、お風呂に入れておくとお湯が少し緑っぽくなり、
香りもよくて気持ちがいいです。

⭐️砂糖を使わないヘルシーなお菓子
母乳の赤ちゃん(孫)が数日間排便がないので、これはどうだろう?と試しに作ってみたお菓子です。
食べるのはお母さんです。
以前よく作っていたロウ チョコボールのアレンジです。
プルーンとくるみを同量フードプロセッサーで撹拌します。そこに生の蜂蜜を少々、ココアパウダーを少々加え、
チョコボールのように丸めます。まわりにココナッツをまぶしてできあがり。

b0034072_13332401.jpg
なかなかおいしいし、効果てきめんでした。

[PR]
by kisan35 | 2017-02-06 13:40 | エコロジー食

醤油しぼり

農作業がない寒い時期は、味噌仕込み、醤油仕込みなど意外と忙しいです。
先週から、収穫して乾いた大豆のサヤを取る作業をしています。
早くとらないと仕込めないし、まだまだたくさんあるのです。

ここのところ、変化の時を迎え、結構忙しい。
ぼけそうな頭を使っています。
考えても、いい案が浮かばない時に、大豆の殻剥きをしていますが、
落ち着きます。何もそんなに考えなくても、いいんじゃん?みたいに思えることもあります。

そんな最中、
お醤油絞り開始しました。
今年は手で絞るのではなく、すばらしい器具を購入したので、
お醤油も澄んでいて、とても美味しい!
家に入るとぷ〜んとお醤油のいい香りがします。

b0034072_18140895.jpg
b0034072_18152764.jpg


自分で育てた大豆で味噌やお醤油を作り、それがすごく美味しい時、やった!
心から嬉しくなります。
本物はとても美味しいから、作ってみてくださいね。

教訓。
機材は多少高くても、購入すべし。
もろみが出てこないで、すごくきれいな醤油がとれました。
確か2万円ぐらいします。
ネジで圧力をかけると、どんどん絞れています。
一番絞りもおいしいけれど(圧力をかけていない醤油)
圧力をかけた醤油も、すごく美味しいです。

幸せな時間のために、この時期はせっせと大豆の殻をむいています。


[PR]
by kisan35 | 2017-01-24 18:24 | エコロジー食

チリコンカンと物思い

暑いですねえ。
暑くてもクーラーなしで平気でしたが、
今年は田んぼでの作業でも、具合が悪くなることが多く、
「もう母さん、年なんだから!」の息子の言葉に少し自分に優しくすることにしました。
なんだか、ぼ〜としてやる気がおきなかったり、
放射能の影響でぶらぶら病かな?なんて思うこともありますが、
少しお休みの期間にします。

ふと以前の手帳を見ていたら、
この時期はホロスコープで言われるサターンリターンと言われる、リセットの時期だとわかりました。
すべて納得です。
星座の動きは、とても影響を受けますので、
最近、なんとなく空回りしている感じや、
家族のこと、特に沖縄の孫のこととかが気になって仕方がないのです。

安倍政権になってから、弱いものを排除する傾向がすごく強くて、
それも子供や孫が戦争に行く日が来るのではないかと。
そうならないように祈ります。

私の場合は、サターンリターンは家族との関係性の中で、土台を作る時期になるらしいです。

タイミングよく、仏陀の教えのメルマガが届きました。

『親が子に教えることは
悪の道に入らぬよう教え
自分で暮らしを立てていけるよう
導くことである』

自分で暮らしを立てていけるよう導くのは、
今の時代は、良い学校に入れて良い会社に入ることではありません。
私が子育てしていた時は、そうでしたが、
今は、違うような感覚を持っています。

それこそ、不食に身体がなるまでは
自分で食べるものを作れたり、家の修理ができたり
具合が悪くなったら、どうしたらいいのか自然療法の知識をもてたり
そういう、生きていくために必要な知恵を
お金で買わないで自分でできること
そうなるように導くことだと解釈しています。

さて、昨日あまりに暑くて、
息子が激辛が食べたいというので、
うちの黒豆を使ったチリコンカンを作りました。
辛くて、おいしい。
b0034072_19261290.jpg

黒豆を茹でて、その茹で汁も使います。
ニンニクと唐辛子を炒め、豚ひき肉少々、トマト4つ、ピーマン5つの玉ねぎ半分のみじん切りを炒めます。
そこに、黒豆と茹で汁を加え、味付けはバジルと塩、こしょう。
ホーリーバジルが収穫時なので、加えました。

付け合わせのキャベツは香菜と唐辛子を塩麹で和えたもの。

今年はトマトも唐辛子も豊作なので、
有り余るトマトと唐辛子でオニオンとホーリーバジルを加えたレリッシュを作って
朝食のオムレツやパンなどに重宝しています。

夏にオススメの激辛チリコンカンです。
ひき肉を使わない場合は、寺田本家のむすひの酒粕を代用できます。

今日の、都知事選は投票率も高いようだし、どうなるかなあ〜。

[PR]
by kisan35 | 2016-07-31 19:39 | エコロジー食

野菜の苦味

匝瑳の家庭菜園は、生ゴミをEMぼかしであえた堆肥少々、籾殻くん炭少々、雑草や剪定した葉っぱを燃やしたもの(質素、リン酸、カリが植物を燃やすと適正に含まれるらしい)を土壌に入れています。
絶対量はかなり少ないかもしれません。
EMを海水で発酵させた液は、行くたびに(週に2回ぐらい)まいています。

夏野菜はトマト、きゅうりなどはおいしくできますし、じゃがいももとても美味しいのですが、
今の時期収穫したシソの葉やエルーゴという自然農法センターの種からできたレタスは、なぜか?苦味を感じます。

もともと甘い野菜に慣れているのかもしれません。
せっかく種から育てて、ようやく大きくなって食卓にのぼると、苦味を感じるので
美味しい野菜ですと胸をはって出せなかったのですが、
御茶ノ水GAIAの立ち上げ人で美味しい野菜の味がわかる東さんが、
すごく生命力があると言ってくださったので、かなり自信が生まれてきました。

確かに、家庭菜園の野菜は冷蔵庫に入れなくても、しおれるけれど腐ることはなく
虫に食べられてしまってもその後は虫に食べられない葉っぱが出てきます。

結構過酷な条件の中で生き抜いている野菜なので、苦味は仕方がないのかもしれません。
あしたばなどの野草は苦味が多いですが、苦味成分は虫に食べられまいとするアルカロイドなのかもしれません。

以前農業塾で、おいしい野菜を作るには動物性堆肥が必要だと教えていただきました。

今、動物性堆肥を入れるかどうか迷っています。
どうしようかな?

[PR]
by kisan35 | 2016-06-14 18:42 | エコロジー食

子供の虫歯

成人している子供が3人いる中で
下二人の男の子たちは、もう30歳、22歳になるけれど
虫歯が一本もありません。

なぜだろう?

孫は虫歯だらけで、
しょちゅう飴を欲しがります。

最近、ハワイのマイタイというカクテルを自宅で作るのに息子がはまっていて、
パイナップルジュースやらオレンジジュースが冷蔵庫に入っています。

息子曰く「ぼくが小さな時は、冷蔵庫にジュースが入っていたことがないね」

確かに、食べ物で体質改善しようと思っていたので、
飲み物は家で煮出した麦茶。
ジュースは基本的に、果物をジューサーで絞りだしたもの。

おやつは果物。

結構徹底して食事を管理していたのを思い出しました。

改めて22歳になっても一度も歯医者さんに行ったことがなくて
本人はありがたいと思っているようです。
やはり身体が基本ですね。

だらだらとお菓子を食べ続ける食生活は虫歯も増やしますね。






[PR]
by kisan35 | 2016-04-29 20:11 | エコロジー食

味噌、醤油仕込み〜新月

新月の今日は、あいにくの雨で苗床作りは延期しました。
昨年の苗床は、稲があまり成長しなかったので、山形の在来米「さわのはな」農家さんに尋てみました。
ホームセンターで苗床用の土が売ってはいるけれど、化学肥料は使いたくありません。
農薬、化学肥料を好まない「さわのはな」農家の高橋さんが、「苗床に堆肥を入れたらいいよ」
ということで、自家製堆肥を送ってくださいました。

「あまりいれちゃだめだぞ。」

籾殻くん炭の準備もでき、
浸水中の種もみも、ちょうど良いタイミングで芽が出てきています。

b0034072_12502461.jpg
先週、籾殻くん炭を作りました。(こげて灰になったところもありますが)
これを苗床のトレイの下にしき、田んぼの土を乾かして雑草を取り除いた後に堆肥をまぜあわせて
種もみをまきます。
今年も東京で約2ヶ月間衣装ケースの中に入れて育てます。
大きくなるかなあ〜

昨日は味噌仕込み会でした。
参加者の方が糀を触っていると汗が出てくるとおっしゃっていました。
糀の体温?生き物だと感じます。
糀と塩をまぜ、煮てつぶした大豆とまぜ、味噌玉を作る作業は、
とても楽しい!
一度味噌を仕込み始めると、毎年仕込む人が多く、
かなりのリピート率なのも、作業が楽しく簡単だからだと思います。
今年も味噌は無事仕込み終わりました。

今日から、いよいよ醤油作りが始まりました。
毎日のように大量の大豆を煮ているので、窓ガラスに水滴がたくさんついています。
味噌仕込みは簡単ですが、醤油は種麹が大豆につくまで、少し手間はかかります。
でも、温度調節なのでそれほど大変ではありません。
作り方は3年前のブログに詳しく書いたことがあります。
この頃と違うのは、よくかき混ぜる方法に変えたことです。
かき混ぜない楽な方法でも作れますが、味が醤油麹のような味噌っぽい味になるからです。

毎年作っていると、かなり段取りが良くなってきます。
苗作り、味噌作り、醤油作り、
なんでもそうですが、いきなりできないので段取りが必要なのです。
大豆を一晩水に浸けたり、種籾を20日間水に浸けたり、
季節のリズムが、こうした作業と連動してきているので
そろそろやろうか〜
になりつつあります。

b0034072_13213618.jpg
3キロの大豆をゆでて、40度以下に冷ましているところです。

b0034072_13244188.jpg
麹菌(緑色)をまぶした炒った小麦と大豆を手で混ぜ合わせます。
味噌も醤油も手で混ぜる作業で、常在菌も混ぜ込んで美味しくなるのでしょうね。
匝瑳の有機農家さんから、炒った無農薬の小麦を分けていただけるので、とても助かっています。
香ばしい香りが部屋中に漂います。
洗ったシーツの上で混ぜて、これで包みました。
b0034072_14205007.jpg


こたつの中がちょうど32度なので、このまま様子を見ながら、しばらく保温します。
夜中にかけて発熱するので、時々みてあげます。
今日の醤油の作業はここまでです。

今年は、まだ大豆が沢山残っているので、もう一回20キロの味噌を仕込む予定です。
糀に初トライしてみようかなあ〜。

田んぼの畦に種をまけば、何もしなくても大きくなる枝豆(大豆)。
簡単に作れておいしい無農薬の国産大豆が、遺伝子組み換えの大豆に変えられないように。
毎年、種採りをして作っていきたいです。

昨年作ったお醤油は、ようやく絞り終えて完成しました。
b0034072_14050648.jpg

大豆とは関係ありませんが、
息子が東京に戻ってきてからは、一緒に点心作りにはまっております。
饅頭の皮が、もちもちで美味しいです。
力があるからこね方がすごく上手です。
肉まんと野菜まんを大量に作って(強力粉6カップで、約24個できます。)
3人で1日でなくなってしまうほどおいしいので、参考までに自己流レシピです。

⚫️皮の作り方
強力粉 6カップ
砂糖  大さじ2〜3
イースト 一袋(7g)
ぬるま湯 1、5カップ強(加減しながら足していく)

これをひとまとめにしてよくこねて、しばらくねかせます。
暖かいと2〜3時間で倍に膨らんできます。
この皮を小さくちぎって、手のひらで丸くして、綿棒でのばします。

⚫️肉まんの具
豚ひき肉
干ししいたけ
長ネギみじん切り
あればたけのこ(うちはヤーコンを大きめのさいの目に切り歯ごたえを感じるようにします)
塩、こしょう、醤油、ごま油、
えびなど好きなものを入れると美味しいです。

しゅうまい、肉まんなどレシピを見ると砂糖を使いますが、
うちでは入れないで作ります。

⚫️野菜まん
ゆでたキャベツのざく切り
アミ(えびの代わり)
にんにく
塩、醤油、ごま油

野菜まんは、以前台湾の屋台で食べてすごく美味しかったので真似して作りました。
台湾では小籠包にして、焼き餃子のように焼き蒸したのを売っていました。

息子はアルバイトしています。
いざとなったら肉まんやさんはできるでしょう。

[PR]
by kisan35 | 2016-03-09 14:09 | エコロジー食

無農薬、無化学肥料国産大豆100%の納豆

b0034072_11171117.jpg
国産大豆100%と書かれていれば、今のところ遺伝子組み換え大豆ではないので、
豆腐や納豆を購入する時は安心して買っています。
その中でも、無農薬、無化学肥料の国産大豆と表示されているのはないに等しいです。

息子の喘息をよくしてくれた新庄水田トラストの在来種の米「さわのはな」と同じ農業生産法人が
ついに納豆「豆むすめ」の生産を始めました。
ファックスやメールで申し込みができます。送料は全国一律50個まで900円。
納豆は冷凍もできます。

大粒納豆好きにはたまらないおいしさです。

新庄水田トラストはこちら
新庄大豆畑トラストでは、無農薬、無化学肥料の大豆を使った味噌や醤油も購入できます。こちら

輸入大豆は遺伝子組換えの可能性があるので、できるだけ食べない方がいい。

お米のカメムシ対策のネオニコチノイドも、日本では農薬の基準値をますます甘くして、空中散布しています。
ネオニコチノイドは洗ってもとれないので、身体に蓄積され、認知症が増えているとも言われています。

これからますます食事には気をつけていきたいものです。

豆むすめ 

とってもおいしいので、ぜひお試しください。










[PR]
by kisan35 | 2015-11-22 11:43 | エコロジー食

サラダ

寒くなると、朝食は温かいものが美味しく感じますが、
朝のフルーツは金といわれるように、生野菜や果物の酵素を先に食べるといいと言われています。
ご飯が大好きなので、朝は味噌汁、ご飯、納豆を食べることが多いけれど、
今朝は、朝からサラダを食べたい気分。

匝瑳の家庭菜園で、小松菜、かぶ、高菜などの菜っ葉類を間引いてきて、
ホーリーバジルの葉っぱを加えてサラダにしました。

ドレッシングは
EM蘇生海塩
パレスチナオリーブオイル
オーガニックバルサミコ

この組み合わせが好きです。

b0034072_07510705.jpg
採りたて野菜は、柔らかで甘くておいしいです。
野菜のたくさんの微生物がお腹に入って腸の中で消化され、小腸の絨毛で血液となり、
赤血球が私の身体の細胞になるんだ!だから身体は食べ物からできている。
「よみがえる千島学説」を読んで、
血液が細胞になるし、細胞が血液にもなるので、
癌は赤血球が悪化したものであるから、血液をきれいに流れるようにしてあげれば、
がん細胞はまた赤血球になって、流れていく。

腑に落ちます。
怪我をして血が流れると、血の塊ができて、また細胞が再生される。
血液が細胞になるからなんですね。

千島学説は循環農法の赤嶺勝人さんによりたくさんの方に広がっていますが、
いまでもまだまだ理解されないそうです。完全に否定する人が多いと書かれていますが、
小腸=畑
絨毛=根毛
すごくわかりやすいので、農をやっている人はすぐに理解できます。

千島学説の内容で最高に素敵なのは、
人からバクテリアにいたるまですべての生物は親和力(愛)という精神的なものを持つ

サラダを食べながら私の体に溶け合う親和力に
この野菜は私でもあり、私は野菜でもあるという神秘に感動する朝です。

化学的に作られたものは親和力がないから、
できるだけ食べないほうがいいという考えにもなります。

遺伝子組み換えの作物の表示や基準が日本はとても甘くて、
肥料や餌に関してはほとんど知らない間に使われています。
こちらに署名があります。

ネットワーク農縁の高橋さんのお話で知ったのは、
遺伝子組み換えの稲はひげ根がない!
2002年7月5日、愛知県農業試験場内、解放水田で栽培された遺伝子組み換えイネは、このとき身の丈約25センチ、分けつ5-6株、根の長さ3センチのものが4-5本、9センチのものが2本、株の中央にさきの丸くなった1センチのものが4個、かたまってついている。「ひげ根」がまったくない。この試験場の遺伝子組み換えイネの見学に参加した、水田トラスト栽培者の高橋保広さんは「これは除草剤で伸びることが出来なくなった根で、やがてここは枯れる」という。
詳細はこちらに書かれています

農薬、化学肥料、放射能など食べ物への汚染で気になることはたくさんありますが、
遺伝子組み換え作物を食べ続けると、もしかしたら小腸の絨毛がなくなるかもしれなって思えてきてくるのです。

「よみがえる千島学説」おすすめです。




[PR]
by kisan35 | 2015-10-25 08:35 | エコロジー食

ホーリーバジル

友人から昨年いただいたホーリーバジル。
ラマトゥルーシー。
虫食いもありますが、順調に成長して、食卓に乗ることが多くなりました。
ホーリーバジルはアーユルベーダでは、不老長寿の薬として重宝されているようなことが
ネットで書かれていました。
抗酸化力が高くて、免疫力が高まるとか。
この葉っぱを1日5枚食べるといいようです。
香りが素晴らしく、うっとりします。

ミニトマトの脇に植えましたが、土壌の浄化もしてくれるようで、
EMとホーリーバジル効果で、ミニトマトの成長力がもはや、びっくりするくらいです。
ミニトマトが普通のトマトの大きさになりつつあり、
どんどん花を咲かせて、病気になることなく、実をつけています。

このホーリバジルは、生のまま色々と身体に取り入れています。
b0034072_18082857.jpg
飲み水に入れて。
ミニトマトとホーリーバジルとたまねぎで、サルサ風。
共働学舎のラクレットチーズトーストにのせると、抜群においしい!

おいしくて身体に良いものを食べると、体が喜びます。

昨日は、たまには外食しようということで、
夫と食べに行くことにしました。
私たちが食べに行くところはだいたい焼き鳥屋が多いです。

焼き鳥も、こだわりがあって、小さな店で店主が焼いているところ。
夫がパソコンで調べていてヒットしたところは自宅から歩いて40分かかる小さな店ですが、
大山鳥を使っていて、もとは鶏肉のおろしをしているだけあって、値段もとても安くて、美味しいお店でした。

おいしくてお酒も進み、食べ過ぎたのか
今日は二人してお腹が下痢して大変でした。

なんでだろうね?
って話していて、
やはり味の素、ハイミーをかけていたからかもしれないね。

美味しい素材なのに、化学調味料をかけるのが、なんだかなあ〜って思います。

無農薬で作られた大根にサッカリンを入れて沢庵にしたり。

ホーリバジルの収穫で、
こうしたものを取り入れてしまった身体をデトックスできたらいいなって思います。
不必要な添加物が多すぎますね。

農薬、化学肥料、化学調味料はいらない!

[PR]
by kisan35 | 2015-08-04 18:22 | エコロジー食