「ほっ」と。キャンペーン

アースキーパー・ネットワーク

earthkeepe.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:エコロジー衣( 7 )

洋服はX CHANGE

X CHANGEはご存知ですか?

古着を一枚持っていき、
別の古着と交換します。

古着にはメッセージカードを書きます。
「白いシャツがに合う男になりたかったけれど、着こなせなかった」
と書かれているカードもあり、持ち主の思いを感じることができますね。

先日渋谷の丸井でX CHANGEがありました。
b0034072_17204810.jpg


私は古着屋さんで購入した革のジャンバーを持参しました。
この日は1着で10着交換できましたemoticon-0100-smile.gif
お得感があります。

早速持っていったジャンバーをかけたら、
すぐにどなたかがゲットしてくれました。
ありがとう!

古着は愛着があるものも多いけれど
こうして誰かがまた着てくれると思うと
手放すことが容易になるなあ。

その日私は、オーバーコートにスーツにセーターに・・・
6枚頂いて帰りました。
本当は伊勢丹でスーツを購入しようと思っていたのですが、
X CHANGEで間に合ってしまいました。
しかもタダ
b0034072_17265176.jpg

Aラインの黒のオーバーです。
丸井の人が、これによく合うストールも選んでくれました。


翌日は息子も連れて行きました。
黒のオーバーを昨日頂いたので
今まで着ていた黒のオーバーを持って行きました。
このオーバーもすぐに貰われて行きました。
ありがとう!

この日はフリースを頂き、
最近毎日家で着ています。

X CHANGEはこちら

最近の洋服はタダが多いのは
ダウンシフトが加速しているからかしら・・・??
[PR]
by kisan35 | 2010-12-04 17:35 | エコロジー衣

PUENTE アルパカ衣類の展示会@中目黒

b0034072_2111314.jpg
b0034072_2112347.jpg


PUENTEの落合さん
b0034072_212299.jpg

こんなにかわいいemoticon-0155-flower.gif独身

彼女はボリビア、ペルーに行き、アルパカの毛糸を現地の人に紡いで、編んで、縫ってもらって
日本で販売しています。

落合さんのすごいところは、すべてひとりでやっているところです。
現地の人と対等な関係を築いています。

成田空港に届いたアルパカ製品も
レンタカーを借りて受け取りに行く


中目黒のhyggeで開催中
11/5~11/9
サイト

アルパカの手織りのものが
センスよくて、本当にどれにしようか迷ってしまった。
着てみると、いい香りがして(これが大切)、あたたかくて、気持ちがいいのです。

彼女は田んぼや農的暮らしにも興味のある、
気骨のある素敵な女性なのですね。
アルパカにもなんとなく似ているなあ(笑)

物がたくさんある時代
何を買うのか?という消費者の立場で思うに
誰がこの商品を売っているのか
その思いはどうなのか?
その商品を買うことは、誰かを犠牲にしていないだろうか
そんなことを思います。

お金を払うということは
それを作っている企業や人を応援することにつながります。

アルパカは高級品
現地でアルパカの毛糸を紡いで製品化していて、
本人が販売しているのは
安心感、信頼感がありますね。


さて、
一緒に行った友人が
マクロビ中華のランチを誘ってくれて
岩茶房に行ってきました
b0034072_2127056.jpg

中国茶はおいしいのだ

中目黒はおしゃれな街で、おいしいお店もいっぱいあって
川沿いはフランスのサンマルタン運河沿いのようだなと思いました。

おしゃれな中目黒にある
おしゃれな場所で
おしゃれなアルパカ衣類でした。

落合さんの活動はすばらしいのです。
[PR]
by kisan35 | 2009-11-05 21:51 | エコロジー衣

オーガニック コットンの糸つむぎ

カフェでスロービジネススクールの方が主催した「オーガニック コットン」の勉強会が開かれました。講師はメイド イン アース代表の前田剛さん。

綿花は、収穫される量の三分の一の農薬(枯葉剤を含む)をまかれています。全農薬の4分の一を綿花の栽培に使われているのです。実際にオーガニック コットンを製品化する場合、いろいろな薬を使うので、本当の意味でオーガニックとは言えないけれど、企業がオーガンックを選択することで、農業が変わるという前田さんのお話は、心に残りました。

消費者の選択が、企業を変え、農業を変えていくことができるのです。

大量に農薬をかけられた綿花の種は、牛のえさになるそうです。そしてその牛を人間が食べるわけですから、こわいですね。

糸つむぎは、思ったより難しかったけれど、コツをつかむと、結構面白く、またやってみたいなと思いました。綿がしっかり絡まって、糸になっていく様子は夢中になれます。こうした手作業の楽しさを発見しました。

写真はインドのガンジーのチャルカです。糸つむぎは奥が深いです。
b0034072_884454.jpg

[PR]
by kisan35 | 2006-02-20 08:10 | エコロジー衣

山形新庄トラスト 感謝祭

2005年 収穫・感謝祭
「今年は、生産者より心から感謝を込めて」
 


★12月4日「感謝・収獲祭」

* 日時:2005年12月4日(日)、10:00受付開始・開会~17:00閉会 (都合の良い時間にお越しください)
* 場所:横浜「TKP横浜会議室」(横浜駅西口の県民綜合センター裏・久保田ビル8F) 横浜駅徒歩5分。

ネットワーク農縁も皆様のおかげをもちまして、11年目の収穫を迎えました。
12月4日には、新庄のお百姓11名が上京いたします。

このお百姓たちは、2005年9月に「GMOフリーゾーン・東北」を立ち上げ、東北地方のお百姓、消費者と協同して、東北地方を「GMO(遺伝子組み換え作物)を作らない地域」とする運動を進めています。
大豆畑トラスト、水田トラストの他にも、新庄の水を考える新庄最上環境会議、有機農業者教会、 神室の自然を守る会、新庄バイオマスセンターと共に歩む会、神室産直協議会等の活動を継続しています。

<新庄の生産者からのメッセージ>

消費者と山形新庄の生産者との提携が始まって10年。
私達生産者が、まず、皆さんに会いたいのです。
私達生産者が、会員の皆さんの気持ちを知りたいのです。

生産者として、今後どうしていくことが、産・消提携にとって良いことなのかをつかんでいきたいと思っています。そのために皆さんとお会いして、皆さんの思っている想い、あるいは要望、希望を、そして不満や苦情を吐露していただき、アイディアもあれこれ受け取って、今後の10年に結び付けて、「顔と顔の見える関係」を築き上げていきたいと思っています。
 
今年の『収穫・感謝祭』は、私達新庄の百姓に、「これからも続けられる農業を」、「環境を守りながら生産活動のできる農業を」、「後継者の育つ農業を」の希望を実現させるために、産直・産消提携という形で、都市の消費者と結びつき、実践に踏み出してゆく勇気を与えてくれた『会員の皆さん』に、まず私達生産者が感謝を示したいと思い、とにもかくにも会員の皆さんに一目でも会えることを、一言でも話を交わせることを年頭において準備させていただきました。どうか横浜にあぞびがてらのついでに寄るような気持ちで、万障繰り合わせの上お越しください。生産者一同、漬け物やよもぎ大福、餅などを用意して、楽しみに待っております。

★12月4日夜「生産者・消費者合同寄り議」

* 日時:12月4日18時ー19時(夕食) 19時ー22時(合同寄り議)
* 場所:障害者研修保養センター「横浜あゆみ荘」横浜市都築区葛が谷2-3 ℡ 045-941-8383
  横浜市営地下鉄仲町台駅からバス(センター南行き等)、「都筑ふれあいの丘」下車徒歩5分です。
* 宿泊可(¥2600)、夕食も可です。

★ご都合のつく方おいでください。会員以外でも参加OKです。友達を誘っておいでください。
[PR]
by kisan35 | 2005-11-29 20:22 | エコロジー衣

ランドリーリング

スロービジネススクールと言うMLで話題になっていたランドリーリングを購入して、使っています。これは洗濯機に入れると、半永久的に洗剤を入れなくても、汚れが落ち、においもとれるようです。実際使い始めて、まだ数日ですが、本当に綺麗になり嫌なにおいも残りません。一番嬉しいのは洗剤で排水を汚さなくてもいいことでしょうか。仕組みは理解できないのですが、今のところこれはすごい!と思い、利用しています。
[PR]
by kisan35 | 2005-09-04 19:31 | エコロジー衣

自分でつくる

去年の夏ごろ、とつぜん機織をしたくなり、今、近所で、機織を習っている。手芸系にはまるのは、高校生のとき以来。私がつかっているのは、「つるのおんがえし」に登場するようなタイプの機織機。ほとんど木と糸だけで作られているシンプルな構造に、はじめて触ったときには、「こんな簡単な仕組みで、複雑な織物を作っているのかー。」と、昔の人の知恵を見るようで、しみじみ感動してしまった。

ストール2枚を織ったあと、今、教えていただいているのは、「糸つむぎ」。映画「ガンジー」の中で、ガンジーがチャルカを黙々と回しているのを見て、自分の手で自分の着るものをはじめからつくるのっていいなあ、と、思っていたので、嬉々として、取り組んでいる。つかっているのは、チャルカではなくて、グリム童話に登場するようなタイプの糸車。・・・あこがれの糸つむぎ・・・だけど、これがかなり難しい。極端に太くなったり細くなったり、途中で切れてしまったり。糸と対話しながら、自分の手の感触をたよりに、スムーズにつむげるようになるのは、量をこなして慣れる以外にないそう。

衣食住すべて、都会に住んでいると、売られているものを単純に買ってくることしかないように思うけれど、やってみると、自分でできることって案外たくさん、あるんだなあ、と、実感している。そのうち、化学薬品をまったくつかわなくてすむ草木染にも、チャレンジしてみたい。

下は、そのうち行ってみたいと思っている、綿農園のHP。とても参考になりました。

http://homepage2.nifty.com/wamen-nouen/

(by Hakuru)
[PR]
by kisan35 | 2005-01-16 10:02 | エコロジー衣

アイロンかけをさぼる口実

以前、ある雑誌の家事特集に、Tシャツにきちんとアイロンをかけている方が登場していたことがあります。好みなのでしょうけれど、うちでは、Tシャツにアイロンをかける・・・という発想そのものがなかったので、なんてマメな方なのでしょう、と、びっくりしてしまったことがあります。

最低限必要なもの以外は、電力や労力を無駄にしなくてすむので、わが家のアイロンかけは省略形にしています・・・というのは、タテマエで、ほんとうのところは、めんどくさいだけなのですが、ひと昔前なら、なんてズボラな・・・と、いわれそうなことでも、「そのほうがエコだから」のひと言で、相手も納得してしまう昨今は、「エコ!」を錦の御旗にして、あらゆる家事を堂々と手抜きしています。

ワイシャツは・・・。ズボンの中に入れてしまう部分にアイロンをかけても、どうせすぐにシワになってしまうので、下のほうにはかけません。衿や袖口、身ごろの上のほうだけ、シワがのびていれば、けっこうきちんと見えてしまいます。ノリをつかうかわりに、EMうすめ液をスプレーして、アイロンをかけると、パリッとします。

ハンカチも・・・。おしゃれ用ポケットチーフでなければ、ハンカチは実用品。バックやポケットの中にいれてしまうと、どうせシワっぽくなってしまうので、アイロンかけはしません。

それからシーツ・・・。私のまわりには、これにアイロンをかけている人は皆無なのですが、中には、こんな大きなものに、アイロンをせっせとかけている方もいらっしゃるそうです。確かにパリッとノリのきいたシーツで眠るのは気持ちが良いものですが、一晩使えばすぐシワクチャに。たった一晩の個人の快感のために、労力をつかう気になれません。

大きなものだけに、洗濯にも大量に水や洗剤をつかい、さらにアイロンでエネルギーを使ってしまいます。お客様用シーツだってアイロンなしでも大丈夫。環境意識の高い北欧では、かなりの高級ホテルでも、泊まっている間は、タオルやシーツの交換をしないところが、増えてきています。

ワイシャツのアイロンかけも手抜きですから、ほかの衣類は、おしてしるべしです。たいていの洗濯物は、物干し竿に干す時に、パーンとシワをのばしておけば充分間に合ってしまいます。

衣類の乾燥機は、梅雨時などには便利ですが、シワシワになるので、あとでアイロンをかけなくてはいけないものが増えてしまうので使いません。外に干せば日光が天然殺菌をしてくれますし、太陽エネルギー利用で乾燥させれば、電気料金もかかりません。朝は忙しくて干すのが難しければ、夜洗濯をして、夜干してしまいます。雨が続く日も、乾燥機はつかわずに、部屋干しします。EMをつかうと、臭くなるのを防げます。(by Hakuru)
[PR]
by kisan35 | 2004-12-20 13:04 | エコロジー衣