「ほっ」と。キャンペーン

アースキーパー・ネットワーク

earthkeepe.exblog.jp
ブログトップ

2017年 02月 16日 ( 1 )

匝瑳滞在

今回の滞在中に朗報が届きました!
昨年MY田んぼで一緒にお米を作ったTさんご家族(夫婦と子供二人)が、匝瑳に移住したい思いがあり家を探していましたが、ようやく移住する古民家が決まりました!入学までに家が決まってよかった!よかった!
私たちの家は、田んぼのあるところよりも、もっと海よりに家がありますが、決まった古民家は、うちから車で10分ぐらいの距離です。整理整頓されていて、とても美しい古民家。井戸水もあります。
古民家をお借りする場合、荷物の整理がとても大変ですが、こちらのお宅は片付いていました。
植木がたくさんあり、引越してくる頃は、老梅、梅、雪柳などが咲いて出迎えてくれることでしょう。
おめでとうございますemoticon-0157-sun.gif

田んぼを始めて、匝瑳に移住したいという人は年々少しづづ増えていますが、良い物件が見つかるとも限りません。
タイミングなのでしょう。
Tさんの二人の子供たちの入学、入園までに引っ越したいという強い意志が、こんなに素晴らしい家に出会えたと思います。家賃は2〜3万円。
昨年引越ししていらしたKさんご家族も息子さんの入学までにという、同じように強い意志で、3月にやはり素敵な古民家が見つかりました!
Tさんの奥様のイメージは、トイレというか便所が男性用の便器と女性用の便器が別で、陶器でできているといいなと思っていたら、まさにそうでした!と言われていました。
イメージ力は引き寄せます。
ジョセフ マーフィーの本にも書かれていますが、イメージし、しっかり潜在意識に思い込ませると、現実が引き寄せられます。こういうのを学校で教えてくれたらいいのになあと思います。
私たちの家も、イメージングで見つけたようなものです。
ジョセフ マフィーの話は、またいつか書きたいです。

我が家の庭の木々を剪定し、それらを前日掘った穴に入れました。この時、一緒に炭も入れました。
b0034072_09392264.jpg
こんな感じです

知らない人が見たらなんだろう?って思うだろうなあと考えると笑えます。
缶はもぐらが穴を掘らないようにおいていますが、あまり効果ないので、ペットボトルにかざぐるまの羽を工作したものに徐々に変えていっています。
Tさんの美しい古民家の庭と比べると、なんとも笑える庭です。

滞在中は穴掘りしたり、畑に生ゴミ入れたり、剪定したり、お天気も良かったので気持ちが良く、よく眠れました。
最初の晩は、まりりんとしのちゃんが夕食を食べに来ました。私も含めて、三人とも偶然にも大根料理!
持ち寄りや家で食べることが多いけれど、翌日は、たまには外食しようよと言うことで、八日市場駅近くの日本そばのお店「「内山屋」さんを訪れました。びっくりするくらい安くて昭和の日本そば屋さんの味で、また来たいなと思いました。カツ丼が有名らしいです。甘さが控えめの醤油が勝った味で私は好きです。

匝瑳には、ノスタルジーを感じるような飲食店がまだまだたくさんあって、食べ歩くのも楽しみです。

「呼吸する大地」の高田さんに教えていただいた上の方法で、まりりんの古民家の庭を一緒に手伝ってくれる人を募集しています。
詳細はまりりんのブログをお読みください。




[PR]
by kisan35 | 2017-02-16 14:30 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)