太陽を浴びて身体を動かす

土曜日から3泊で匝瑳に滞在しました。

2週間ぶりの匝瑳滞在ですが、
土曜日は里山活動とソーラーシェアリングの東さんの事務所でのワークショップに参加
バイトトイレ作りでした。

日曜日は田んぼ作業
冬期湛水不耕起の岩沢さんのお弟子さん五十嵐さんが極めた農法を試しにやることにしました。
冬期湛水不耕起の田んぼでも、収穫後の田んぼはひび割れするくらい乾かすのがいいようです。

b0034072_18335937.jpg
こんな風に田んぼの中に水路を作り、
今生えている稲株などをきれいに刈り取りました。
半分終わりました。
こうすることで田んぼの水がはけていきます。
来年は稲が倒伏しないといいです。

月曜日は、アースバックハウスのある堀川浜で作業。
小屋の解体、草刈りなど。

この3日間、毎日よく身体を動かしました。
太陽の光をあびて、戸外で身体を動かすのは気持ちがいいです。
至福感。ここで死んでもいいやみたいなすばらしい太陽の光でした。

東京に戻り思うのは
太陽の光をあびて身体を動かすことが健康の秘訣かもしれない。
あれだけ肉体労働したのに、夜はよく眠れるので疲れが残りません。

匝瑳での楽しみのひとつ。
家庭菜園がいい感じです。
b0034072_18395624.jpg
キャベツも白菜も最初の葉は虫食いだけれど、
中のまいてくる葉は食べられていません。

b0034072_11494111.jpg
b0034072_11500045.jpg
b0034072_11501875.jpg
ふた巻きしている!


微生物が、環境に応じて変化しているのだろうなあ。
死んでしまったような微生物も、ちゃんと耐性をもって甦るのだろうなあ。と思うことしばしば。

人体の90%が微生物を占めているらしいので、
人もよみがえる、輪廻転生はありえるなあと思いました。

匝瑳にいる間、死んだ愛犬の夢を連続してみました。
枕元で仰向けで寝ているルーク
デッキの上でハイビスカスの花の横にいるルーク

3日目は、勝さんも夢にルークが出てきたそうです。

ルークの夢を見た朝、
ダイニングの床にルークの毛が落ちているのを見つけました。
先週もちゃんと掃除をしたのに。このタイミングで見つけるなんて。

なつかしくて嬉しくて、切なくて
いるよ〜って
教えてくれたみたいです。
これも微生物のなせる技なのかしら・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日、もしお時間があればこんな勉強会があります。
お申し込みは下記までお願いします。

b0034072_11564212.jpeg











[PR]
by kisan35 | 2017-11-08 11:58 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31