漆喰塗り

昨日から匝瑳の家の和室の壁紙をはがして、漆喰を塗り始めました。
少しづつ、漆喰の壁を増やしています。

アースバックハウスを作る時、漆喰のことをいろいろ教えていただいたのが
役に立っています。

剥がした壁紙を以前、庭で燃やしたら、
もくもくと黒い煙をあげて、かなりやばいことになりました。
目も喉も痛かったので、今回は燃やさずにゴミ処理場に捨てにいくことにします。

漆喰壁は、調湿性もあるし、空気感ががらりと変わり、気持ちの良い部屋になります。
匝瑳の家は海前なので、しばらく留守にしていると、湿気ぽくてカビ臭くなるので
漆喰にしたら、改善されるといいな。

麻のツタを入れたり、いろいろやってみましたが、
やはり、消石灰と珪砂とこなつのまたが手に入りやすいです。

《我流の漆喰作り》

前回よりも珪砂の量を減らして消石灰の割合が高いですが、
この方が塗りやすいです。

b0034072_19451643.jpg
材料はこの3点+水です
ホームセンターで買ってくると出来合いの漆喰よりもかなり安くできます

b0034072_19465273.jpg
最初に水を入れてから消石灰を入れます。
後から水を入れると、混ぜるのに力がいるので女性では無理かも。
ある程度水に消石灰が混ざったら、珪砂とこなつのまた(海草から作られたノリ)を入れます。
飛び散るので、着ている洋服や辺り一面が白くなるので注意です。
この分量で、消石灰半袋、珪砂四分の一袋、こなつのまた半袋です
珪砂6号が細くて使いやすいと思います

この中でこなつのまたが一番値段が高いですが、半袋位いれた方が塗りやすい。
そして固さは、生クリームの泡立て7分目ぐらいが伸びていいと思います。
今までの漆喰は固めだったように思います。

固めの前回から残っている漆喰を塗ったら、ひび割れてきてしまって、
結局3回も塗り直して大変でした。
何が原因かな?と思うと、まずは水分が少ないのと、こなつのまたの量が少なかった、
あとは珪砂の量が消石灰と同じだったから多すぎたかもしれないと思います。

残った漆喰を保存する場合は上に水をはって、ビニール袋などで覆います。

ここまでの作業を一人でやってみて思うのは、
消石灰も珪砂の袋が重すぎます。
20キロなので、持って運ぶことはできますが、
かかえて水の中にいれるのは無理。
シャベルで少量づついれました。

で、製造メーカーさんへ提案です。
DIY女子も増えているので、一袋を10キロにしてくれたら
すご〜くありがたいです
昔の女性は、米俵60キロを担いだそうですが、
すごいことです。本来、女性も力持ちだと思うのですが。おねがいします〜。

b0034072_20034370.jpg
乾くとまだらもきれいになります

閃いて、間の桟にEMセラミックスパウダーをいれることにしました。
炭みたいなものですが、光合成細菌の力でイヤシロチになるかもしれないと期待しています。
セラミックスパウダーを入れて漆喰塗りをしていると、とにかく熱くて汗がでてきます。
b0034072_20105374.jpg
この中にスプーンで入れました

b0034072_20115111.jpg
今日は上の部分を塗りましたが
夕方6時には8畳の日本間の壁を塗り終えることができました。
やりました!

空気感が全然違います。

リフォームは楽しい。
左官屋さんの仕事は身体が結構大変だって経験から思います。
職人さんってすごいなあ。


[PR]
by kisan35 | 2017-09-22 20:20 | 匝瑳暮らし(田んぼ、畑、匝瑳情報)

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31