沖縄の運動会

梅雨明けしたばかりの沖縄で、先週小学校の運動会がありました。
暑かったです。
沖縄では子供や孫の運動会は、一大イベントです。
朝早くから抽選で場所取りをして、テントをはり、両親はもちろん、おじい、おばあも応援に来て、
オードブルの仕出し弁当や、それぞれお正月並みの豪華弁当を作ります。
娘も鳥の唐揚げ2キロも作っていました。
一緒にお弁当作りを手伝ったけれど、それでも結構大変なのに、
朝早く、運動場にはったテントの中で朝ごはんを食べているご家族もいらして、
一体何時に起きてお弁当作ったのだろうとびっくりしました。

沖縄県読谷村は日本一の人口だそうです。小学校も生徒数が増えて、600名。
校舎を増築したそうです。かけっこも8レーンで走ります。
読谷村に、こんなにも人が集まり、
一家族3〜4人の子供がいるので、運動会は大にぎわいでした。
基地のアメリカ人も多いので、日本語と英語でアナウンスがあり国際的です。

5年生、6年生が合同で踊るエイサーは全部で8曲。
すごく上手で圧巻でした。
よく覚えられました。

今回の沖縄でなんといってもびっくりしたのは、
中国、台湾からの観光客がものすごく増えていることでした。
夜イオンに行くと、中国語しか聞こえてこないので、ここはどこ?という雰囲気でした。
ホテル業界に勤めている人は、英語と中国語は必須のようです。

さて、都屋漁港に今年4月に直売店と海人食堂ができたので、行ってみました。
ここも買い物客は、ほとんど中国人でした。
都屋漁港はこちら
生きのいい新鮮な魚が安く、お刺身だと一皿300円で
食べたことのないような魚がいろいろ売っていました。
沖縄の刺身はまずいと言われますが、そんなことはなく
やはり新鮮だと身がしまっていて美味しいです。
かまぼこもおいしいし大好きです。

夕食は魚づくし。まぐろのてんぷらや刺身や煮魚。
b0034072_10461872.jpg
グルクマ
刺身でよし、煮ても焼いても美味い魚

読谷は那覇空港から車で約1時間半、渋滞していると2時間かかりますが、
青い海と辺り一面にさとうきび畑が広がり、
のんびりした空気が流れています。

翁長沖縄県知事は「沖縄は600年前から日本、中国、アジアの架け橋として貿易を行ったきた。
アジアをつなぐ国際物流拠点、世界水準の観光リゾート地として大きく発展している」言われていますが、
確かにその通りだと感じました。

沖縄から台湾へ行くのは、東京へ来るより近いので、
将来、台湾の大学で学びたいという子供もいるようです。
文化や風土も台湾と似ている沖縄は、これからますますアジアとの交流が深まっていくでしょう。

中国からの観光客も首里城などを見学すると、
同じルーツだと確認します。

基地のアメリカ人も一緒の運動会、
中国語が飛び交うショッピング。
沖縄暮らしは、インターナショナルな感覚を小さいうちから覚え、
いずれ子供達が国境のない世界へと羽ばたいてくれることを願っています。

b0034072_12310018.jpg





[PR]
by kisan35 | 2017-07-07 12:38 | 旅行

アースキーパーのつぶやき


by kisan35
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30